M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
富山県のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

富山県のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社の役割は、会社を売ろうと思っている会社と会社を買おうとしている会社のマッチングを行うことが一つ目にあります。
会社を売ろうとしている会社は、できるだけ高く買って欲しいという希望や会社を売却しても従業員の雇用は守って欲しいなどの希望があります。 会社を買おうとしている会社も事業拡大や販路の拡大など何かしらのシナジー効果を期待して会社の買収を行います。 売却しようとしている会社と買収する会社とのお互いのニーズに合った会社同士をマッチングしてM&Aの仲介を行います。
そのために、地方の金融機関や公認会計士、税理士などとのネットワークを広げて多くの売買情報を入手しています。 M&A仲介会社は、売却を考えている会社と買収を考えている会社のマッチングだけでなく、売却する会社の評価を行い、売却価格の試算も行います。
M&Aの手法はいくつかありますが、中小企業の場合は株式譲渡や事業譲渡の場合が多く、合併は少ない傾向にあります。
株式譲渡の場合は、株式の評価額にプラスして会社の将来性や成長性などを含めて会社の評価価格とする場合が多いでしょう。 事業譲渡の場合も、事業内容や会社の将来性や成長性、収益性などを含めて評価価格とする場合が多くあります。 売買価格の試算が行われると基本合意を行いますが、売られる会社に問題やリスクがないかデューデリジェンス(買収監査)が実施します。
デューデリジェンスについては、財務や税務、法律などの専門的な知識が必要になります。 これに対応してくれるのが、M&A仲介会社の役割でもあります。 そのために、M&A仲介会社に在籍する公認会計士や税理士、弁護士の力を借りて売買に問題がないか監査を実施します。 監査を実施して問題がなければ、M&Aの最終契約を結んでクロージングとなります。
この一連の作業を会社の経営者に代わって実施してくれるのがM&A仲介会社の役割となります。 M&Aを実施する時には専門的な知識が必要になるので、基本合意の時や最終契約の時などに適切なアドバイスをしたり助言したりするのもM&A仲介会社の役割になります。
また、M&Aのマッチングをする前にM&Aを実施するのが適当なのか相談に乗ってくれる場合もあります。

富山県のM&A仲介会社の手数料

M&A仲介会社の手数料は、M&Aの仲介をお願いした時点で着手金が発生する場合があります。
相場は50万円から500万円の範囲のところが多くあります。 M&Aを実施する会社の規模によって着手金の金額は変わってくるようです。
しかし、中小企業を対象としたM&Aの仲介をしている会社は事前相談、着手金は無料としているところが増えており、手数料の体系も仲介会社によって様々です。 そのほかには、中間手数料、月額報酬、デューデリジェンス費用、成功報酬などがあります。
中間手数料は、基本合意をした時点で支払いが発生する手数料で、相場は成功報酬の10%から20%としているところが多く見受けられます。 この場合は、最終契約が済んでクロージングとなった場合の成功報酬から中間報酬が引かれることが多いようです。
例えば、成功報酬が1000万円だった場合で中間報酬を成功報酬の10%と支払っていると、すでに中間報酬として100万円支払っていることになります。 そして、成功報酬を支払う時には中間報酬として支払った100万円を引いて900万円を成功報酬と支払うというものです。
月額報酬は、M&A取引のクロージングがされるまでの間は平均して半年から1年程度かかると言われていますが、その間毎月手数料を支払うというものです。 相場は30万円から200万円となっていますが、月額報酬は設けていないところが多く、中小企業のM&A取引の場合は、無料としているところが多いでしょう。 次に、デューデリジェンス費用については、買収する会社の財務や税務、法律にかかわるところの監査を行う時の費用になります。 多くの専門知識を持った専門家が監査を行うので、成功報酬とは別に費用が請求される場合もあります。 相場は、数十万円としているところが多いでしょう。 成功報酬については、多くのM&A仲介会社がレーマン方式の利率で請求を行っています。
レーマン方式は5億円以下では5%、5億円を超える10億円以下を4%、10億円を超える50億円以下を3%、50億円を超える100億円以下を2%、100億円以上は1%となっています。 しかし、中小企業におけるM&Aに売買金額は5億円を超えないことも多く、1億円以下では500万円、1000万円以下では150万円としている仲介会社もあります。 成功報酬については、最低成功報酬の金額を決めているM&A仲介会社が多く、相場は150万円から500万円の範囲のところが多いでしょう。
そのほかには、売買のマッチングを行い10件の会社に打診をする費用を10万円している仲介会社もありますし、遠方への出張費用や交通費を別途請求される場合もあります。 詳細の手数料については、M&A仲介会社によって異なるのでM&A仲介契約を結ぶ時にしっかりと確認を行いましょう。

富山県のM&Aの現状

富山県は、日本の中央部に位置しており日本海に面している新潟県、富山県、石川県、福井県の4県で北陸地方と言います。
日本海に面しており富山湾があるので、漁業も盛んに行われており、魚津、滑川、氷見などで海産物が豊富に水揚げされており、中でもホタルイカは県の特産として有名です。
また、北陸工業地帯を形成しており、YKKや三協立山などの大手金属製品メーカーの創設地でもあり、製造業が盛んな地域でもあります。 地域の発展としては、2015年に北陸新幹線の開通や能越自動車道の開通など交通の利便性もよくなり、観光業やサービス業の発展も見込める地域と言えます。
富山県は、第一次産業に分類される農業も盛んな地域で、水田率は全国第一位となっておりチューリップに栽培も盛んな地域です。 第二次産業に分類される物では、水力発電を利用した産業が発展しており、電気料金は北陸電力が日本で最も安い電気料金とされています。
また、多量な水を使うアルミニウム精錬とその関連産業を営む中小企業が多く、臨海部を利用する石油精製や重化学工業、各種電気製造なども発展しています。 そのほかには、「越中の薬売り」と言われる通り、医薬品の製造や販売も盛んです。 製造業では、大手のYKK APや三協立山、パナソニックの影響、PDPドライバ等の国内最大の拠点としています。 製薬分野においても、インドメタシンや漢方薬などの製造、販売などの研究施設が多くあります。
このような中で、富山県内では大手製造業メーカーや医薬品メーカーの下請け会社なども多く、中小企業が多く存在します。 富山県の平成29年度の調査では、60歳以上の経営者において、後継者が未定であると答えている人は、アンケート回答者の37.6%を推移しており、後継者が不在という現実があります。 この結果から、富山県政も事業相に対する意識が不足しており、地域の経済に深刻な影響を及ばすとしています。 中小企業の経営資源や技術力を確実に後継者に引き継ぐとともに、事業承継を契機にして経営革新や事業転換を図る必要があることを認識しています。
そのため、富山県事業承継ネットワークや事業承継支援、中小企業の未来を考えるシンポジウムなどの開催を実施しています。 その中で、事業承継の方法の一つにM&Aがあることを認識してもらい、認知度を上げることで事業の存続をM&Aで実施する有効性を中小企業の経営者に周知する活動も行われています。
北陸三県におけるM&Aは本業回復の傾向が表れ、経営上のシナジー効果を狙ったものが見られました。 富山県ではスギノマシンが富山市の環境測定の安全性研究センターの買収を行っています。 この買収は、環境関連ビジネスの展開を視野に入れたものとなっています。 また、富山市の産業機械レンタル、生産技術が東京のレンタルのニッケンに事業譲渡を行っています。 このように、知名度のある会社が同業種の会社とM&Aを実施しています。
富山県も全国的にみられるように、少子高齢化が進んでロ、2040年には65歳以上の人口が総人口の38%に増加するとみられ、生産年齢人口(15歳から64歳)は総人口の52%に減少する見込みとなっています。 このようなことから、現在の時点で存続している中小企業が廃業したり休業したりすることが増えていくことが予測され、富山県内の経済が不安定なることが懸念されます。
中小企業のM&Aが会社の存続につながるケースが増えていくことを周知することで、県内の経済を支えていくことにつながるでしょう。 そのため、公益財団法人等や科研新世紀産業機構や事業引継ぎセンターなどがM&Aの紹介を積極的に行っています。

富山県のM&A仲介会社オススメ5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社トマック

株式会社トマックは、富山県の高岡氏と富山市にオフィスを構えるM&Aコンサルティング会社です。 設立は1974年(昭和49年)で元々は税理士事務所として開設をしています。 その後、経営コンサルタント業務も本格的に開始し、1998年(平成10年)にM&A事業を開始して、株式会社日本M&Aセンターとも提携をしています。 地元に密着した形で、中小企業や規模の小さい会社のM&Aの取り扱いも実施しています。 富山県内には、従業員が少ない会社も多く、資本金なども少ない会社も多くあります。 しかし、そのような会社こそM&Aを実施して、会社の存続を進めていくべきだという考え方があります。 料金体系は、初期相談は無料となっていますが、案件化料と起業評価料が発生し、簿価総資産額が2億円以下の場合は案件化料50万円、企業評価料50万円の合計100万円が必要になります。 2億円を超える10億円以下では合計200万円、10億円を超える20億円以下では合計300万円、20億円を超える場合は500万円が必要になります。 成功報酬についてはレーマン方式による利率で手数料が発生し、最低成功報酬金額は1000万円となっています。 M&Aによる合併、会社分割などの資本政策や業務提携の場合は基本手数料を500万円として、提携形態、規模などによって手数料が変動するようです。 そのほかには、買収監査、税務企画書作成の費用や不動産鑑定、登記などに係る実費や弁護士や公認会計士、税理士、司法書士などに依頼した場合も別途費用が掛かるようです。 地元に本拠地を構えるM&A仲介会社なので、地域の案件を多く保有していますし、電話やメールだけでは不安という経営者にとっては、相談しやすいM&A仲介会社と言えるでしょう。

株式会社のぞみ創経

株式会社のぞみ創経は、富山県富山市に事務所を構えるM&A仲介会社です。 会社設立は平成22年4月で新しい会社ではありますが、税理士、法律事務所、社労士、司法書士、行政書士、経営コンサルタントとの提携もあり、どのようなM&A案件にも対尾プしているM&A仲介会社です。 また、全国規模のM&Aの取り扱いを行っている株式会社日本M&Aセンターとも提携しており、富山県内だけでなく全国の案件とマッチングを実施することができます。 株式会社のぞみ創経は、M&Aの成立だけではなく、経営者の家族や従業員、取引先に喜んでもらえるM&Aを目指しており、売却する会社と買収する会社の間に入って、双方ともにWIN⁻WINの形でM&Aの提案を実施しています。 そのため、調整力、交渉力を強みにしたアドバイザーが対応を行い、経験豊かなプロフェッショナルアドバイザーが担当します。 M&Aを進めていくうえで、質の高いコンサルティングを実施して、双方の要望に合わせて調整や交渉を進めていくことを強みとしています。 相談からM&A成立までをスムーズに進めて、できるだけ早い成立を目指してサポートをしていきます。 M&A案件の様々なケースを経験しており、北陸地方や全国の案件とのマッチングを実施して成立を目指してくれるM&A仲介会社です。

あおぞら経営株式会社

あおぞら経営株式会社は、あおぞら経営税理士法人に属する会社で、主な事業をコンサルティング業務、事業承継業務、M&A業務、リスクマネジメント業務を行っています。 富山県富山市に事務所を構えており、富山県内のM&Aの取り扱いが多く、関連会社として、税理士法人と特定社労士事務所があるので、M&Aを実施する時でも、専門家の知識を活用することができます。 また、公認会計士や税理士、日本ファイナンシャルプランナーズ協会や日本医業経営コンサルタント協会、メディカル・マネジメント・プランニンググループ、総合福祉研究会などにも所属しているので、幅広い業種のM&Aの実施が可能と言えます。 そのほかにも、不動産鑑定士や、保険代理店、金融機関、生命保険会社、情報処理会社との連携も取れているので、M&Aを実施する上でも、しっかりとサポートが受けられるでしょう。 M&Aについては、事業承継やリスクマネジメントなどの相談もできるので、本当にM&Aが必要なのか、という判断もしてもらえる可能性があります。 そのほかにも、自社株対策や相続税対策などの相談もできるので、経営者の悩みを相談するのにお勧めのM&A仲介会社と言えます。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、M&A取引のリーディングカンパニーとして多くM&A取引の実績があります。 「最高のM&A」として、M&Aの成立をゴールとして捉えるのではなく、M&A成立はスタートだと捉えて、新たなステージへ進み成長していくことこそがM&Aのゴールという考え方を持っています。 会社を売却する経営者にとっては、我が子を送り出すような気持ちであることが多いでしょう。 このようなことを含めて、最高のM&Aとなるように最善を尽くすという考え方を基にM&Aの成立を目指します。 中小企業間のM&A支援を多く取り扱っており、会社設立から27年目の実績があり、売却をしようとしている会社と買収をしようとしている会社、双方の会社をよく理解してM&Aの支援を行っています。 また、M&A成立の支援も年間649件、累積で4500件を超えるもので、顧客のニーズに合わせたサポートを実施しています。 弁護士や公認会計士、税理士などを含めたサポートチームを組織して、M&Aの成立を目指します。 自社のサポートチームのほかにも、全国地方銀行の90%、信用金庫80%、会計事務所817件との提携もあるので、全国のM&Aを希望する会社を支援することが可能となっています。 株式会社日本M&Aセンターの最も特徴的なところでは、M&A成立後のフォロー体制にあることです。 通常は、M&Aが成立すればクロージングとなり、サポートが終わるところが多いですが、株式会社日本M&Aセンターでは、成立後にPMIと呼ばれる成約後統合についても、計画を立てて、双方の経営者、従業員、取引先などとの統合と成長のサポートを実施しています。 同業種であっても、会社はそれぞれに社風や文化が確立しています。 そのような中で、2つの会社がM&Aによって統合すれば、それぞれの会社の社風や文化が衝突する可能性もあります。 このようなことがないように、2つの会社がひとつになるまでの取り組みも実施しています。

富山県のM&A案件の探し方

富山県のM&A案件の探し方は、経営者自身が自分で探してみたいという考えであれば、インターネットが便利です。 M&Aの案件は、それぞれのM&A仲介会社が多く保有していることが多く、どのような会社が売却を希望しているのか、また反対に買収を希望しているのか、と言うことを調べるだけであれば、M&A仲介会社が運営するホームページで検索をすれば、案件を探すことが可能になります。 しかし、後継者が不在の問題や経営者自身の高齢化などによって、本格的にM&Aを検討している場合は、M&A仲介会社の問い合わせフォームなどから会社名や会社代表者氏名、連絡先などを入力して、必要な案件を紹介してもらう方法もあります。 M&Aを実施するには、まず会社の状況やなぜ、M&Aを実施しようとしているかなどの事前相談が必要になります。 遠方のM&A仲介会社とのやり取りであれば、メールや電話を利用して行うことになりますが、地元のM&A仲介会社で出向くことが可能であれば、実際のM&A仲介会社に出向いて相談することになります。 M&A案件はM&A仲介会社だけでなく、地元の金融機関や公認会計士、税理士などが情報を持っている場合もあります。 身近に公認会計士や税理士がいれば、相談するという方法もあります。 そのほかには、地元の商工会や商工会議所、事業引継ぎセンターなどを活用すると案件を探すことができます。

まとめ

富山県も全国と同じように少子高齢化によって中小企業の存続に対して後継者がいないという場合や経営者の高齢化などを理由に、M&Aを検討する必要がある地域です。 しかし、M&Aは大きな企業が実施するもので、従業員数が少なく、資本金も少ない会社は相手にしてもらえない、と感じるところが大きいようです。
しかし、中小企業が抱える問題は会社の規模が小さくても、後継者がいないことや経営者自身の高齢化などが問題となる場合もあります。 そのほかには、地域の人口が減っていく中で売り上げが伸びない、経営不振なども問題となります。 このような場合もM&Aを活用して、経営再編や事業の拡大を検討する場合もあるのです。 会社がどのような状況で、何が問題なのか、ということを明確にすればM&Aを実施することも可能になるのです。 富山県内の会社やそれ以外の地域の会社とのM&Aも可能になるので、様々な問題を抱えている会社はM&Aという選択肢をあることを認識しておくべきでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
お電話でのご相談
03-6427-8841
WEBから無料相談