M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
山口県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

山口県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

山口県における事業承継とは

山口県における事業承継は、後継者不在率が76.4%と全国で二番目に高く、今後の事業承継をどのようにしていくのかが課題と言えます。
事業承継において、後継者がいないという問題はその後の会社の存続にも大きな影響を与えるので、後継者がいなければM&Aを実施するのか、廃業をするのかなどの選択になります。 後継者不在としている中小企業の経営者の年齢別でみると30歳代が98.3%と最も高い割合になりますが、経営者の年齢が30歳代と言うのは、まだ開業したばかりである場合などを含めて、事業承継の準備を始める段階ではない年齢だとも言えます。 問題視しなければならないのは、60歳代の経営者で全体の66.7%の割合になります。 また、70歳代でも46.8%、80歳以上が41.5%と比較的高い割合となっています。 経営者の年齢が概ね60歳になったら、事業承継の準備をするのが望ましいとされている中で、後継者がいないとしている60歳代の経営者60%を超えているのは、事業承継が進んでいないことを泡らしています。 事業承継はできるだけ早く準備を始めて、適切な時期が来たら事業承継を実行することになります。 しかし、現時点で60歳代の経営者に後継者いないという結果になると、その後の会社の存続をどのようにしていくのか、経営上の問題として捉える必要があるでしょう。 後継者がいないとしている会社の規模では、売上規模が71億円未満の会社では82.0%、1億円以上10億円未満が77.5%、10億年以上100億円未満では69.8%となっており、売上規模が低い会社ほど、後継者がいないという事実があります。 さらに、会社の従業員数についても10人未満の会社では80.3%、10人から100人未満が74.4%、100人から1000人未満が68.1%となっています。 この場合も、従業員の人数が少ないほど後継者がいないという結果になっています。 これらをまとめると、会社の規模は売上規模が低く、従業員の人数が少ない会社では後継者不在の割合が高いことを示しています。 一方、後継者がいるとしている会社で、後継者候補について属性別にみると「子供」としているのが58.7%、親族が16.0%となっています。 やはり、事業承継の方法がいくつかありますが、できれば「子供」を後継者にしたいと考える経営者が多いのでしょう。 非同族を後継者としている割合については、21.4%となっており、以前の調査と比較すると-2.9%となっています。
近年、後継者不在の問題で非同族を後継者とする中小企業が多い中で、山口県では非同族に承継する中小企業はわずかではありますが、低下しているようです。

事業承継の流れや進め方

山口県に限らず、日本国内の経済は中小企業によって支えられています。
そのことを重く感じた日本政府は、中小企業の事業承継を進めて事業活動を活性化することが不可欠だとしています。 そのため、事業承継に関する事業を中小企業庁が実施して事業承継についても、ガイドラインが策定されています。 また、地域にも事業引継ぎセンターの開設などを実施して、中小企業の経営者が事業承継の相談ができる体制を整えています。 事業承継の進め方は、5つのステップで進めることができます。 ステップ1は、事業承継に向けた準備と必要性の認識になります。 事業承継は、現経営者が準備を始めるとしなければ開始することができません。 現在、日本は長寿国となり平均寿命は84歳を超えているので、60歳前後では「まだまだ現役」と頑張る経営者も多くいますが、いずれ事業の承継をする時を迎えるので慌てないように、事業承継について準備を始めておくことが大切になります。 通常は、後継者教育も含めて事業承継の準備期間は10年とされています。 そのため、現経営者の年齢が概ね60歳になった頃には、事業承継の準備を始める時期だと認識する必要があるのです。 中小企業の場合は、経営者と社員が近い関係にあることもあり、一緒に仕事をしている場合もあります。 従業員から事業承継の準備について、助言するのが難しい場合は、取引のある金融機関の担当者や顧問税理士などが助言するのが望ましいでしょう。 中小企業庁の事業承継ガイドラインの巻末には「事業承継診断」があり、それを活用して事業承継の必要性を感じてもらうきっかけにすることもできます。 ステップ2は、経営状況・経営課題などの把握(見える化)です。 会社の経営状況をしっかりと把握して、会社を取り巻く環境の変化やそれに伴う懸念材料がないか、把握しておく必要があります。 会社を取り巻く環境の変化については、業界で実施している勉強会などに参加すると今後の動向を知ることができます。 経営状況については、会社の財務諸表を確認して現在の売上高や損失額を把握します。 会社が所有している施設や不動産についても、会社借り入れにかかる担保設定や経営者と会社間の貸借関係も明らかにしておきます。 財務や税務についても、法律を守って適正な決算処理が実施されているか点検をします。 また、株式についても自社株の発行枚数や評価額の確認もしておくと良いでしょう。 事業に関しても、毎月の売上や費用、自社の人気商品やサービスの確認や製造工程での不良品の発生状況、製造ラインの課題の把握なども実施します。 目に見える資産や設備などだけでなく、従業員との良好な関係や優秀な人材についても把握しておきましょう。 会社の現状を把握しながら、課題となる点も把握しておきます。 まずは、後継者候補となる人材がいるか、という点も重要なポイントになります。 現経営者の子供や親族の中に後継者候補となる人はいるか、親族の中に後継者となる人がいない場合は、会社の役員や従業員の中に後継者候補になる人材はいるか、などを検討します。 選んだ後継者に対して、株主や取引先からの異論が出る可能性を考え、対策を講じる必要もあります。 ステップ3は、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 ステップ2で、経営の状況を把握すると改善した方が良いと思われる点も見つけることができます。 会社の業界を取り巻く環境の変化に対しては、本業の競争力を強化することで改善できるところも多くあります。 自社製品のシェアを高くしたりサービスを良くしたりする方法で、業界の環境の変化にも屈しないように対策を講じておきます。 そのためには、設備投資をしたり優秀な人材を確保したりする必要が出てくるかもしれません。 しかし、スムーズな事業承継をするためには、会社が強みにしている部分をさらに強化する必要がある場合もありますし、弱みとなっている部分は確実に改善しておく必要があるのです。 経営体制の総点検も実施します。 会社の役職員の職制や職務権限を明確にして、会社の規定やマニュアルを改める機会でもあります。 今まで通りで良いのか、精査して経営体制を整える必要があります。 会社の事業内容に不要な資産や滞留在庫の処分や余剰負債の返済なども実施して、スリム化しておきます。 ステップ4は、事業承継計画の策定になります。 事業承継を第三者に引き継ぐ場合は、M&Aの実施の準備となります。 事業承継計画は、ステップ1から3を踏まえて、具体的に計画を策定します。 ステップ2から3の間は、プレ承継の時期でもあるので後継者にも計画を共有して事業承継が確実に実施できるようにしておきます さらに、事業承継にかかわる可能性のある人材にも計画を共有してスムーズに事業承継ができるようにします。 ステップ2、3の内容の中には、税理士や会計士、弁護士などの助言が必要な内容も含まれるので、顧問税理士や会計士、弁護士などに協力を求めるようにしましょう。 事業承継計画の中には、後継者の教育にかかわるところもあります。 後継者には、事業内容をしっかりと把握してもらうのと同時に信用性や現経営者の会社経営に対する考え方なども承継するように盛り込むようにします。 事業承継は、後継者に経営権をバトンタッチすることで、新事業への参入のきっかけになる場合もあります。 そのようなことも踏まえて、具体的な計画を作るようにします。
第三者への引継ぎをする場合は、M&Aを実施することになるのでM&A仲介会社の選定をしておきます。

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継と役員・従業員承継、第三者への引継ぎの三つがあります。
親族内承継は、現経営者の親族に会社を承継する方法になります。 一般的には、現経営者の子供に会社を引き継がせることが多いでしょう。 現経営者が急死した場合などは、配偶者や兄弟などが引き継ぐ場合もあります。 親族に承継する場合は、社内の従業員や役員、取引先などにも心情的に受け入れられやすく、比較的スムーズに事業承継ができます。 しかし、現在は生活の多様化などによって家業があっても、後継ぎにならない選択をする子供多く、親族内承継ができないケースも増えています。 親族内に後継者がいないとなると、会社の役員や従業員の中に後継者候補となる人材がいないか探すことになります。 会社の役員や従業員が会社を承継することを役員・従業員承継と言います。 多くの場合は、親族内に後継者がいないために会社の役員や従業員の中から後継者となる人材を候補として承継することになります。 会社の役員や従業員はすでに、会社の事業内容や経営理念、方針などを理解しているので、経営者教育の時間を短縮できるメリットがあります。 以前は、後継者となった役員や従業員に株式を譲り渡すときに資金調達が難しいということがありました。 その点については、種類株式や持株会社の設立などを活用すれば資金調達の問題はクリアできます。 さらに、事業承継税制についても以前は親族内承継だけが対象でしたが、改正され役員・従業員承継でも適用されるようになったので、役員や従業員を後継者にしても大きな問題にならなくなってきています。 次に、第三者への引継ぎについてはM&Aを実施して、会社をほかの会社や個人に会社を譲り渡す方法になります。
現経営者の親族や会社の役員や従業員でもない人や会社が会社を引き継ぎ、運営していくことになります。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、親族内にも会社にも後継者となる人材がおらず、会社を売却して存続することになります。 M&Aを実施するには、経営者が自分でやるのは難しいのでM&A仲介会社に仲介を依頼して実施することになります。
しかし、後継者がいないことや経営者の高齢化などを理由にM&Aを選択する場合でも、会社の経営状況や経営課題の把握の必要がありますし、経営課題の改善の必要になります。 魅力がある会社でなければ、買収してくれる会社や個人は現れませんので、事業承継におけるM&Aの場合も会社の経営状況を精査しておく必要があります。 M&Aを活用した事業承継をするには、先にも述べたように会社の経営状況を精査することも重要ですが、どのような条件で売却するのか、と言うことも明確にしておきます。 例えば、従業員の雇用は守って欲しい、会社名は変えないで欲しい、などの希望する条件を検討しておきます。
M&Aの実施を決めたら、M&Aを仲介してくれる仲介会社を選定して、仲介契約を結びます。
すると、売却する会社の企業価値評価をしてもらい、買収をしてくれる会社とのマッチングをしていくつかの会社を紹介してくれます。 その後は、交渉や面談をして基本合意契約を結んでデューデリジェンス(買収監査)を実施します。
そして、問題がなければ最終的な売買契約を結んでクロージングとなります。

山口県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社経営承継支援

中堅・中小企業のスムーズな事業承継ができるようにコンサルティングをするだけでなく、M&A仲介やアドバイス業務をしている会社です。
会社は東京都にありますが、山口県の事業引継ぎセンターの登録機関となっており、大阪、福岡にも事務所があるので、山口県の中小企業の事業承継やM&Aの相談にも乗ってくれます。 株式会社経営承継支援は、M&Aの相談や仲介も実施していますが、本当にM&Aが最適な方法なのかと言うことを診断して、いくつかの可能性について検討して提案をしてくれます。 全国に1000を超える独自のネットワークを持っているので、最適なマッチングをして買収先の会社を探してくれます。 会社に在籍しているスタッフも、M&Aの経験が豊かで専門知識も十分に備わっているので、安心してM&Aの仲介を依頼できるでしょう。

弁護士法人牛見総合法律事務所

山口県山口市に事務所を構えており、法人代表者が山口県弁護士会にも所属しており、弁護士、中小企業診断士、M&Aシニアエキスパートの資格を保有しています。
山口県内の中小企業に対応しており、事業承継におけるM&Aの相談を受け付けています。 山口県の中小や零細企業に特化したM&Aを多く取り扱っており、M&Aだけでなく事業承継の相談にも乗ってくれます。 売り手と買い手の両方が満足のいく、M&Aの実施を目標としています。 初期相談、費用の見積もりを無料でしてくれるので、M&Aの実施を検討している経営者は一度相談に行ってみると良いでしょう。 M&Aの仲介を依頼すると着手金と成功報酬の手数料がかかりますが、リーズナブルな価格となっているようです。 M&Aを実施する会社に併せて費用設定をしています。

山口県事業承継アドバイザリー株式会社

山口県内でも事業承継に特化したアドバイザリー事務所となっています。 所在地は、山口県下関市にあり、事業承継に関するコンサルティング、M&A、組織再編のコンサルティングを実施しています。 提携先には税理士事務所、公認会計士事務所もあり、安心してM&Aの相談ができる会社です。 会社代表者も会計士、税理士の資格を保有しているのでM&Aに必要な専門的な知識も十分に兼ね備えています。 また、経験も豊富な実績があるのでM&Aを検討している中小企業で親身になってくれるところを探している経営者にオススメです。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、M&A業界のリーディングカンパニーとして存在するM&A仲介会社です。 本社は東京都にありますが、大阪、名古屋、福岡に支店を持ち、札幌、中四国(広島県)、沖縄に営業所を構えています。 シンガポールにもオフィスがあるので、海外の会社とのM&Aにも対応しています。 多くのM&Aの成約実績があり、年間649件にも及びます。 最高のM&Aとして、会社を売る側にとっても買う側にとっても友好的なM&Aが実施できるようにサポートをしています。 M&Aは会社の新しいステージとして、M&Aが成立するまでにサポートを行い、その後のフォロー体制も整っています。 全国の地方銀行や信用金庫、会計事務所と提携しているので山口県の中小企業にも対応しています。 経験が豊富でM&Aの知識も十分にあるので、安心して依頼できるM&A仲介会社です。

まとめ

山口県は本州と九州地方を結ぶ拠点でもあり、様々な産業を事業としている中小企業が多くあります。
事業承継に関して言えば、会社の規模が小さいことで「自分の代で廃業しよう」と考える経営者が多いのかもしれません。 しかし、廃業してしまえばそこで働いていた人の雇用が失われます。 どんなに規模の小さな会社でも、そこで働く従業員がいます。
会社の経営状態が良いのであれば、M&Aも視野に入れた考え方をしていく必要があるでしょう。 会社の業績が悪く、今後の事業の将来性を感じられないとしてもM&Aを活用すれば会社を存続できる可能性もあります。
会社の規模に関係なく、事業承継ができる方法を検討すべきでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら