M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
徳島県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

徳島県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

徳島県における事業承継とは

徳島県における事業承継については、後継者不在率が46.3%で、全国の後継者不在率66.4%と比較しても低い水準となっています。
しかし、調査開始時の2011年では45.6%を示しており、それと比較すると0.7ポイント上昇しています。 全国的に見ても徳島県の事業承継は後継者不在率が低く、が大きな問題になっているわけではないように感じられます。 業種別で見ると、建設業が51.2%、運輸・通信業が48.5%、サービス業も48.5%を推移しており、小売業が48.2%、不動産業も46.2%となっており、製造業は40.1%、その他は36.4%となっています。 建設業は、全国的にも後継者不在率が比較的高く、建設業の事業承継が難しいことを表していると考えられます。 次に、売上規模率で見ると。5000万円未満では63.4%、5000万円から1億円未満で62.2%と半数を超える数値となっており、1億円から10億円未満では43.9%、10億円から50億円未満では44.2%、50億円から100億円未満では18.6%と急激に後継者不在率が下がります。 さらに、従業員数別で見ると5人以下では57.8%、6人から20人以下では46.38%、21人から50人以下では38.1%、51人から100人以下では38.1%、101人以上では33.3%となっています。 これらを合わせて見ると、売上規模が少なく、従業員も少ない会社ほど後継者不在率が高いことが分かります。 売上規模も多く、雇っている従業員が多いほど後継者不在率が低く、事業承継の準備を含めて後継者不在の問題が少ないと考えられます。 後継者がいるとしている会社を対象にした調査で、後継者の属性を見ると、子供としているところが49.4%、親族としているところが21.0%、配偶者が10.2%となっており、非同族としているところが19.4%を占めています。
全国の数値は子供が39.7%となっており、親族が20.7%、配偶者が6.5%、非同族は33.0%となっています。 徳島県内の会社と全国を比較すると、子供を後継者と考えている会社は9.7ポイントに差があり、非同族については13.6ポイントの差があります。 このことから、徳島県内では親族内承継が優位となっており、非同族に事業承継する方法を選択する会社が少ないことを示しています。 徳島県における事業承継とは、現在でも親族内承継が優位となっており、非同族による事業承継の割合は少ないということが言えます。

事業承継の流れと進め方

事業承継には、人(経営)、資産、知的資産の3つの要素があります。
これらすべてを継承することで、事業承継が成功するのです。 人(経営)は、経営権、後継者の選定・育成、後継者との対話、後継者教育となります。 後継者の育成には5年から10年程度の期間がかかることもあり、事業承継の準備期間は概ね10年と考えた方が良いでしょう。
資産は、株式、事業用資産(設備や不動産など)、資金(事業運転資金、借入金など)、許認可になります。 中小企業の場合は経営者の個人資産を事業用としているケースもあるので、個人資産と会社との関係を整理する必要があります。 知的資産は、経営理念や方針、経営者の信用、取引先との仁欲、従業員の技術・ノウハウ、顧客情報になります。 経営者と従業員の信頼関係も含まれており、中小企業は経営者と従業員が直接交流を持つなどの場合が多いので、従業員との良好な関係も後継者に引き継ぐ必要があります。 事業承継は、経営者だけが認識していれば良いという問題ではなく、後継者が関係者にも共有して認識してもらう必要があります。 それには、まず現経営者が事業承継の必要性を認識して準備に取り掛からなければなりません。 しかし、現在は平均寿命が84歳を超え、60歳代ではまだまだ第一線で仕事をしている経営者も多くいます。 先にも述べたように、次行承継には10年程度の期間を要するため、60歳から準備を始めた場合でも、70歳になって事業承継を実行することになります。 そのため、現経営者が60歳前後になったら事業承継の準備の必要性を認識しなければなりません。 現経営者自身が認識していない場合は、顧問税理士や取引のある金融機関からの助言も必要となります。 次に取り掛かるのは、経営状況と経営課題などの把握になります。 事業内容を把握し、会社の将来性の分析、経営体質を把握して、会社の強みと弱みを再確認します。 この作業をすると、取り組むべき課題も把握できます。 資産状況についても細部にわたって把握しておく必要があります。 中小企業の経営者の場合は、経営者個人が所有している土地に事務所や工場などを建設している場合もあるので、不動産については経営者個人の所有なのか、会社所有なのか精査しておきます。 また、経営者と個人資産について会社との貸借関係があるのか確認しておきます。 後継者に残せる経営資源をはっきりとさせておくことで、後継者も不安がなく承継することができます。 財産についても把握しておきます。 法律にのっとって決算処理がされていることを確認して、適切な会計処理ができていることも確認します。 客観的な財務状況を明確にしておくことで、金融機関や取引先からの信用も得ることができるようになります。 これによって、資金調達や取引先との関係もスムーズになります。 様々な視点で経営状況や課題を明確にしたところで、事業承継に向けて会社を「磨き上げ」していきます。 会社の価値が高く魅力的な会社にするために、強みをより強化して他社には負けないような会社づくりをします。 会社の業務の流れに問題はないか、効率的な組織体制が整っているかなどを再確認します。 従業員との情報共有によって、生産体制を強化したり、会社と弱みとなっている部分を精査して経営資源を集中させたりする作業をします。 不要な在庫や経費削減などに努める必要もあるでしょう。 次は、事業承継の計画策定から実行へと進めていきます。 事業承継を進めていくには、具体的な計画策定が必要になります。 会社の状況を細部まで把握して、課題を洗い出し、磨き上げを進めていきながら、事業承継計画を策定していきます。 この時は、現経営者だけでなく後継者にも参加してもらい、資産の移転や経営権の移譲などを進めていきます。 事業承継は、専門的な知識も必要になるので、税理士や公認会計士、弁護士などの協力も得るようにすると良いでしょう。
このように、順を追って事業承継を進めていき、最終的に事業承継を実行します。 適任の後継者がいないなどの問題がある時は、社外への引継ぎも検討してM&Aを実施する場合は、具体的な希望条件を検討します。

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、社外への引継ぎの3つがあります。 親族内承継とは、現経営者の子供や配偶者、兄弟などの親族に事業承継する方法です。 以前は、親が会社を経営していると子供が後継者となって事業承継するケースが多くみられましたが、最近では仕事や生活の多様化によって親の会社の後継者になることを選ばない子供も増えています。 また、経営者自身も会社の将来性などを考えて、子供を後継者としない場合も増えています。親族内承継の場合は、従業員や取引先などから理解されやすく、株式や財産の移転なども実施しやすいので、現経営者の子供が事業承継する場合が多くみられます。 しかし、子供に後継者となる意思がない場合もあり、親族内承継は徐々に減少傾向にあります。 親族外承継は、会社の役員や従業員を後継者とする方法になります。 会社に在籍している役員や従業員を後継者とすることで、会社の経営理念や方針も引き継がれるので、一貫性を持って事業承継することが可能になります。 事業承継をする時に株式の買い取りなどの資金調達の問題がありましたが、種類株式や持株会社の設立、会社持株会などを利用して資金調達が可能となったので、現在ではさほど問題視されていません。 また、事業承継税制についても改定があり、親族外承継でも税制制度の適用を受けることができるので、親族外承継を選ぶ会社も増えています。 次に、社外への引継ぎは一般的にM&Aを実施することになります。 M&Aは、合併と買収のことを言いますが、中小企業における事業承継の場合は、買収を表す場合が多いでしょう。 M&Aによって、会社を売却して第三者が後継者となって会社を存続させます。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、親族内、親族外に適任の後継者がいないなどを理由に、M&Aを選択して事業承継を目指します。 M&Aと言うと、「身売り」または「マネーゲーム」のようにとらえられることも多く、現在でも、M&Aによる事業承継をためらう経営者も多くいます。 しかし、後継者がいないことや経営者の高齢化によって、M&Aを選択する傾向も増えつつあります。 M&Aを活用した事業承継をする場合は、準備として会社の磨き上げをする必要があります。 業界内での競争力の強化や内部統制の構築など、会社の価値を高めておかなければなりません。 その理由には、魅力のない会社を買収しようと考える会社が存在しないからです。 M&Aは、売り手側の会社と買い手側の会社があって成立するものです。 会社の磨き上げをして、買い手側の会社に魅力をアピールできなければ、買収してくれる会社は現れないでしょう。 M&Aの代表的な手法は、株式譲渡、事業譲渡があり、会社のすべてを譲り渡す場合は株式譲渡なります。 事業譲渡は、設備や知的財産権、顧客などの事業にかかわる部分を譲渡する方法です。 M&Aは、専門的な知識が必要となるため、M&A仲介会社に仲介してもらってM&A取引をする場合が多いでしょう。 最近では、中小企業を対象としたM&A仲介会社も多く、会計士や税理士、弁護士などが在籍しているM&A仲介会社もあります。 M&Aを活用する場合は、売却する時の希望条件をまとめて、できるだけ希望条件に合った買収先を見つけるようにしましょう。 M&Aの流れは、M&A仲介会社やアドバイザーの選定、仲介契約、売却する会社の企業評価、買収先とのマッチング、交渉、買収先の会社の選定、基本合意の締結、デューデリジェンス、最終契約の締結、クロージングとなります。

徳島県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは東京都に本社を構えますが、中四国にも営業所があり、徳島県の中小企業のM&Aにも対応しています。 地方銀行の90%、信用金庫の80%と提携しており、全国の会計事務所とも提携しており、広いネットワークを持っています。 M&A仲介業界のリーディングカンパニーとしての存在が大きく、東証一部上場も果たしています。 多くの税理士、会計士、弁護士とのネットワークもあり、全国の中小企業のM&A成立の実績を持っています。 豊富な経験と実績を兼ね備えているので、安心してM&A仲介を依頼できる会社となっています。

株式会社フォーバル

株式会社フォーバルは東京都に本社を構え、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、福岡、佐賀、鹿児島にも事務所を構え、全国の中小企業のM&Aサポートをしています。 事業承継に伴うM&Aの仲介も取り扱っており、規模の小さい会社でも対応してくれます。 親族内承継や親族外承継のサポートもしているので、M&Aに限らず事業承継全般についてアドバイスをしてくれます。 豊富な経験とノウハウを持ち、しっかりとしたサポートを受けることができます。

マスエージェントグループ

徳島県徳島市に事務所を構えるグループ会社で、中心となるのは税理法人マスエージェントとなっており、グループにマスエージェントM&Aセンターがあります。
もともと税理士事務所なので、税務や財務に強く的確なM&Aのアドバイスをしてくれます。
強みとしているのは、事業承継における複雑な税務処理を得意としており、M&Aに関しては株式会社日本M&Aセンターとの提携によって、豊富なM&Aスキームを提案しています。
M&Aに必要な企業評価や買い手企業のマッチング、買い手企業との交渉、最終契約の締結などのサポートを受けることができ、友好的なM&Aが可能になっています。

株式会社すばる

徳島県徳島市に事務所を持つM&A仲介会社で、事業承継におけるM&Aにも対応しています。 「どこでも事業引継ぎサポート」のサービスをしており、後継者不在などの問題を抱える中小企業へのアドバイスをしています。 全国の専門家と専用情報流通システムと結ばれており、全国のM&A案件の中からマッチングができる仕組みとなっています。 小規模企業のM&Aもサポートしているので、会社の規模が小さくM&Aを諦めていた経営者でも一度相談してみると良いでしょう。 M&Aシニアエキスパートの資格を保有しているアドバイザーもいるので、どのようなM&A案件でも対応してくれます。

まとめ

徳島県は、後継者不在率が低く、事業承継に向けた準備や計画がすでにあるという会社が多いように感じられます。そのような中でも、事業承継は難しい問題でもあり、経営上の問題としている中小企業の経営者も多いでしょう。 中小企業の存続は、今後の日本経済にも大きな影響を与えます。
廃業を選択する前に、M&Aで会社に存続が可能になることの認知度を上げていく必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら