M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
法人税申告における提出・添付書類と申告時期

法人税申告における提出・添付書類と申告時期

目次

    法人税の申告

    利益を獲得した法人は、法人税の申告が必要です。

    法人税の申告は複雑な手続きを伴います。

    提出書類や添付書類は多岐に渡り、独力で一から揃えるとなると非常に大変です。

    この記事では、法人税の申告について必要書類や手続きを詳しく解説します。

    法人税の申告とは?法人税申告手続き

    まず初めに、法人税の申告とは何かをお伝えします。

    事業運営で得た利益に対しては、法人税と呼ばれる税金が課税されます。

    法人税は国に納める税金であり、法人の種類や規模によって法人税率が異なります。

    近年法人税率は低くなっており、中小企業(資本金1億円以下)であれば15%(年800万円超の部分は23.2%)の税率となっています。

    株式会社や一般社団法人は勿論、PTA等の「人格のない社団」が獲得した利益に対しても法人税が課されます。

    利益を得た法人には法人税以外にも、法人事業税や法人住民税と呼ばれる税金もかかります。

    会社は法人税を納める為に、毎年一定期間の間に税務上の所得を基に、法人税額を税務署に申告します。

    この手続きを「法人税の申告」と言い、申告しなければペナルティにより税負担が重くなるのでご注意ください。

    ※関連記事

    法人税および法人に課せられる税金の種類

    法人税申告の提出書類

    法人税申告には「別表」と呼ばれる提出書類が必要で、その種類は全部で20種類もあります。

    別表の中でも細かく項目が分かれています。

    今回は20種類弱ある別表の中から、特に法人税申告で多用されている5つの提出書類をご紹介します。

    ⑴別表一

    別表一とは会社の基本情報や法人税額を記す提出書類であり、法人税申告書の本体と言えます。

    代表者による自署と代表印を併記した基本情報に加え、法人税の金額、繰越欠損金の金額等を記載します。

    様々ある提出書類の中でも特に重要であり、法人税申告の根幹を成しています。

    ⑵別表四

    別表四とは、税務上の所得税額を記す提出書類です。

    決算で作成した損益計算書は会計ルールに基づいている為、そのままでは法人税申告に活用できません。

    会計規則に基づく利益と税務規則に基づく所得は異なっており、法人税の申告では税務上の所得を算出しなくてはいけません。

    会計上の利益に対して、益金不算入や損金不算入項目を調整することで、税務上の所得を算出します。

    益金不算入には受取配当金や法人税還付金、損金不算入には減価償却費や交際費等が該当します。

    別表四の記載事項に誤りがあると正確に法人税を申告できない為、慎重に作成する必要があります。

    ⑶別表五

    別表五は(一)と(二)に分けられる提出書類であり、各項目ごとに記載内容が異なります。

    別表五の(一)には、利益積立金および資本金等の計算を記載します。

    別表五(一)の「繰越損益金」と、決算書の「繰越利益剰余金」の金額増減が一致します。

    別表五の(二)には、租税公課の納付状況を記載します。

    租税公課や法人税、事業税等に関して内訳を記す形となります。

    ⑷別表六

    別表六は、確定申告時の法人税額から源泉徴収された税額を控除する為に、作成する提出書類です。

    源泉徴収された税金は既に支払っているので、確定申告では二重納税を防ぐ為に控除する必要があります。

    源泉徴収の対象には、預金利子や配当金が該当します。

    預金利子に関しては源泉徴収された全額を控除出来る一方で、配当金に関しては全額控除できないケースもあります。

    ⑸別表七

    欠損金に関する事項を記載する提出書類が、別表七です。

    欠損金とは税務上の赤字を意味し、欠損金は今期の所得から控除したり、来期以降に持ち越せます。

    欠損金の活用により所得額を減らす事ができる為、節税対策につながります。

    余分な税金を払う事態を回避する上で、別表七は無視できない提出書類です。

    法人税申告の添付書類

    法人税の申告では、提出書類(別表)に加えて各種添付書類を揃える必要があります。

    添付書類は、申告された法人税額の妥当性を判断する材料になります。

    法人税の申告では、主に下記5つの添付書類を提出します。

    ⑴貸借対照表

    貸借対照表はある時点の財務状態を、資産の部(左側)と負債・純資産の部(右側)で表す財務諸表であり、バランスシートとも呼ばれます。

    資本の運用状況を資産の部が表し、資本の調達源泉を負債・純資産の部が表します。

    ⑵損益計算書

    損益計算書は一会計期間の経営成績について、収益の部(左側)と費用の部(右側)で表す財務諸表です。

    損益計算書を見れば、会社の取り分である当期純利益を算出できます。

    ⑶販売費及び管理費内訳書

    販売費及び管理費内訳書とは、文字通り販売費や管理費の具体的な内訳を記した添付書類です。

    ⑷株主資本等変動計算書

    株主資本等変動計算書とは、貸借対照表のうち純資産(株主資本)の変動状況を表す添付書類です。

    株主資本等変動計算書を確認する事で、当期純利益をどの様に活用したかを把握できます。

    ⑸事業概況説明書

    事業概況説明書とは、事業内容や従業員数等を記載した添付書類です。

    法人税の申告では、事業状況を把握する目的で添付が義務付けられています。

    ※関連記事

    法人税の税率と計算方法

    法人税申告を郵送で行う方法

    法人税の申告は原則税務署で直接行いますが、面倒であったり時間がない場合には郵送でも可能です。

    この項では、法人税申告を郵送で行う場合のポイントをお伝えします。

    ⑴返信用封筒

    法人税の申告が受理された旨を確認したい場合には、郵送時に返信用封筒を添付しましょう。

    返信用封筒には郵便番号や住所、自身の名前を忘れずに記載する事は勿論、切手を必ず貼らなくてはいけません。

    ⑵郵送の方法

    郵送方法は様々ありますが、法人税の申告に関しては必ず郵便物として送りましょう。

    「ゆうパック」や「宅急便」ではNGです。

    ⑶消印の期限

    後述しますが法人税の申告には時期が設定されており、それを過ぎるとペナルティが課されます。

    郵送で法人税申告を実施する場合、申告時期内の消印が付く必要があります。

    ⑷郵送先

    法人税申告を郵送で実行する際、郵送先を間違えるケースが少なくありません。

    最寄りの税務署ではなく、住んでいる市区町村の税務署に郵送する必要があります。

    非常に間違えやすい点なので、法人税を申告する際には十分に注意してください。

    法人税の申告時期

    この項では、法人税の申告時期について説明します。

    個人事業主であれば所得税の申告時期は、2月15日から3月15日までと定められています。

    法人は個人事業主とは異なり、会社の決算時期によって法人税の申告時期が異なります。

    法人税の申告時期は、原則決算日から二ヶ月間となります。

    例えば決算日が3月31日の場合、法人税の申告時期は5月31日までの二ヶ月間となります。

    決算日の二ヶ月後が土日祝日である場合は税務署自体が閉庁日となる為、翌営業日が申告期限になります。

    時期内に法人税の申告を行わないと、無申告加算税や延滞税等のペナルティが課されます。

    悪質であると判断されると、青色申告の取り消し等更に厳しいペナルティが課されるのでご注意ください。

    ※関連記事

    法人税と消費税の違いとは?計算方法・納付期限

    法人税申告の延長

    最後に、法人税申告の延長に関する特例をご紹介します。

    原則決算日から二ヶ月間が法人税の申告時期とされていますが、一定条件を満たすと申告時期を延長できます。

    法人税の申告時期を延長できる条件は下記になります。

    ⑴監査を受ける等の理由により決算が確定しない

    株主総会の承認や会計監査人による監査等を経て確定した決算に基づいて、法人税の申告は実行されなくてはいけません。

    会計監査人の監査に時間がかかり、法人税の申告時期内に決算が確定しない場合があります。

    上記の場合には、例外的に法人税の申告時期を一ヶ月間延長可能です。

    会計監査人を設置していない法人に関しては、株主総会が決算日から3か月以内に開催される場合に限り、法人税申告の時期を延長可能です。

    法人税の申告時期を延長したい場合は、事業年度の終了日までに、申告時期の延長特例申請を行いましょう。

    ⑵災害等やむを得ない事由が発生

    災害等やむを得ない事由により、期間内に法人税の申告を実施できない場合には、当該事由が解消されてから最大2か月間延長できます。

    事由の種類や規模により、税務署への申請有無等が異なります。

    以上が法人税の申告時期を延長できる条件となります。

    法人税の申告時期を延長すると、延長日数に応じて利子税が課されるのでご注意ください。

    ※関連記事

    決算対策と節税

    まとめ

    今回は、法人税の申告に関して説明しました。

    法人税の申告は、事業を営む法人にとって不可欠です。

    法人税申告で必要な提出書類や添付書類は多岐にわたり、手続きも複雑です。

    一企業が独力で法人税の申告を実施することは、手間がかかり大変です。

    多少費用はかかりますが、税理士に業務を依頼することをオススメします。

    要点をまとめると下記になります。

    • 法人税の申告とは

    →税務上の所得を基に、法人税の金額を申告・納税すること

    • 法人税申告の提出書類
    1. 別表一→法人の基本情報や法人税額を明記
    2. 別表四→税務上の所得税額を明記
    3. 別表五→利益積立金および資本金等の計算、租税公課の納付状況等を記載
    4. 別表六→確定申告時の法人税額から源泉徴収された税額を控除する為に作成
    5. 別表七→欠損金に関する事項を記載
    • 法人税申告の添付書類

    →貸借対照表、損益計算書、販売費及び管理費内訳書、株主資本等変動計算書、事業概況説明書

    • 法人税申告を郵送で行う方法

    →申告期限内の消印が付いた書類を、郵便物として住んでいる市区町村の税務署に送付する

    • 法人税の申告時期

    →決算日〜2ヶ月以内が期限

    • 法人税申告の延長

    →法人税の申告期限を1ヶ月〜2ヶ月間延長出来る(条件あり)

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら