M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
熊本のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

熊本のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

目次

    熊本のM&A

    熊本のM&Aの現状

    熊本県は九州地方の中心あたりに位置する県で、県庁所在地の熊本市は政令指定都市となっています。

    熊本県は卸売業、小売業が全産業の27.6%と最も多く、次いで宿泊業、飲食サービス業が11.7%、建設業が10.0%を推移しています。

    また、1事業所の平均従業員数は9.6人で、従業員数が1人から4人としている事業所が全体の57.2%と過半数を超えています。

    このように、規模が小さい事業所が多く、点在している熊本県はM&Aを実施しようと思っても、会社の規模が小さいために後継者問題や経営者の高齢化などの問題になった時に、廃業を選択するケースが多いようです。

    また、熊本県は2016年4月に大きな地震があり、その影響で事業所数が減っており、減少率は全国でも最大となっています。

    震災をきっかけに、事業を廃業しようと決断する経営者も増えたようです。

    そのような中でも、会社の存続をかけて再編しようとする経営者も多くいる中で、やはり後継者不足が問題となって、熊本県の事業引継ぎセンターを利用している経営者が多く見受けられるようです。

    全国的に見ても、中小企業の後継者不足は問題となっており、現経営者が事業を廃業してしまうと多くの就業先を失うことになり、失業者が増えるという構図が予測できます。

    そのため、親族内承継が難しいのであれば、親族外承継も検討しようとする中で、思うように後継者が見つからない場合はM&Aを実施して、事業の存続を望む声も多いようです。

    熊本県でも、全国の中小企業と経営者と同じように後継者問題に悩む経営者は多く、その悩みを解決するために、M&Aというものがある、と言うことを知る場合もあるでしょう。

    事業所の規模が小さくても、M&Aが実施できることが認知されつつある中で、熊本県の中小企業でもM&Aは徐々に広がることが予測できます。

    熊本県では、M&Aという選択肢があることがあまり認知されておらず、どのようなものなのか知りたいと考えている経営者多いようです。

    M&Aの認知度を広げるために地域の商工会議所や事業引継ぎセンター、県政などが取り組んでいようです。

    熊本のM&A仲介会社オススメ5選

    M&A仲介会社には、本社が東京都にあっても全国の案件を取り扱っている会社も多くあります。

    また、本社が東京都にあっても支店が九州にあるところや九州を拠点としているM&A仲介会社もあるので、M&Aを検討している場合は仲介会社の利用を検討すると良いでしょう。

    会社を売却したいと考えて、経営者自身が実施しようとしても法律や財務、税務など専門的な知識が必要になります。

    会社を売却しようと考えても買ってくれる会社や個人を探すのも、経営者自身が行うのも大変な作業です。

    このような作業もM&A仲介会社の役割ですので、M&A仲介会社を利用して成立を目指した方が効率的です。

    熊本県のM&Aを仲介してくれるオススメの会社を紹介します。

    株式会社M&A総合研究所

    全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
    規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

    また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

    通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

    それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
    安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

    株式会社日本M&Aセンター

    本社を東京都千代田区に構えるM&Aのリーディングカンパニーとして存在するM&A仲介会社ですが、福岡県、沖縄県にも支店があり熊本県の中小企業の経営者にも対応が可能なM&A仲介会社です。

    M&Aのリーディングカンパニーとして多くの実績があり、駐在しているスタッフも経験豊かなので、安心してM&Aの交渉から成立までを任せられるM&A仲介会社になります。

    年間のM&A製薬支援数は649件ととても多く、会社設立からの実績累計では4500件としています。

    最も特徴的には、M&Aが成立した後のフォロー体制にあり、M&Aが成立すれば完了と言う考え方ではなく、M&A成立後の会社の発展までを見据えた計画を立ててくれます。

    M&Aは、買収をした会社と売却をした会社の統合になりますが、経営の統合、企業理念などの統合、人事交流などが重要になります。

    この点において、M&Aを実施した後のことも予測して、M&Aの成立を目指しながらその後の会社のあり方についても計画を実施しているのです。

    また、近年では熊本県のM&Aを実行させるために尽力している一面もあり、熊本県で事業承継セミナーも実施しています。

    上場企業の案件も取り扱っていますが、中小企業や小規模企業の案件の取り扱いも実施しています。

    また、どのような職種の案件にも対応していますし、会社の売却を考える経営者の希望を叶えることが可能になります。

    そのプロセスには、事前相談、M&Aサービスとして戦略の立案を実施してマッチングをします。

    その後、適切な買収会社との交渉などを行い、成約に至った場合もアフターサービスをしっかりとしてくれます。

    株式会社経営継承支援

    本社を東京都千代田区に構えるM&A仲介会社になります。

    福岡県にも事務所があり、熊本県の案件にも対応しています。

    また、熊本県の事業引継ぎ支援センターにも登録されており、地域の事業引継ぎの支援をしています。

    主な事業として、中堅・中小企業の円滑な事業承継のためのコンサルティング業務と中堅・中小企業の継続・発展に資するM&A仲介・助言業務としています。

    大手企業の案件ではなく、中堅や中小企業のM&A案件を多く取り扱っており、小さな規模の会社であってもM&Aの相談に応じてくれます。

    株式会社経営継承支援では、全国に商工会議所や地方銀行、税理士事務所などのネットワークが1000を超える独自のネットワークを持っているので、会社が熊本県にあっても対応可能となっています。

    事前相談は無料となっており、事業承継やM&Aに関する相談ができます。

    その後、事業承継にかかわるM&Aなのか、事業再編にかかわるMA&なのかを精査して最善の方法でM&Aの実施を目指してくれます。

    熊本県内の会社同士のM&Aばかりでなく、県をまたいだM&Aでもしっかりと仲介してくれるので、いろいろな可能性が広がります。

    例えば、福岡県の調剤薬局と東京都の調剤薬局のM&Aによる株式譲渡の実績もあります。

    このように、県をまたいだ取引の実績も多く、異業種とのM&Aの実績もあります。

    料金体系は着手金と月額報酬は無料としており、基本合意の契約時に100万円の請求があります。

    その後、クロージング時にレーマン方式で支払うことになります。

    最低成功報酬金額は500万円となっていますが、基本合意時の100万を差し引いた金額を支払うことになります。

    株式会社ベア・ホールディングス

    本社を福岡県福岡市に構えるM&A仲介会社になります。

    もともと熊本県熊本市で2013年10月に設立しており、2015年4月に福岡県に本店を移転しています。

    また、中小企業庁の「福岡県よろず支援拠点」のチーフコーディネーターを受託しており、福岡県をはじめとする九州地方の中小企業の支援をしています。

    九州地方の会社を売却した経営者の支援を主に行っており、支援体制が整っているM&A仲介会社になります。

    会社の代表者自身もM&Aの経験があり、都市銀行での15年間の経験もあります。

    会社を売却した経営者は、売却する会社の情報をできるだけ漏らしたくないと考える場合も多いですが、ノンネームシートの作成を行っており、秘密保持契約の取り交わしもあります。

    成功報酬は、レーマン方式を採用しており、株式譲渡の対価を基に利率をかけて価格を決定します。

    最低成功報酬は設定されておらず、1億円の場合は500万円、5億円の場合は2500万円としています。

    株式会社エフルート

    熊本県熊本市に拠点を構えるM&A仲介会社で、地元に密着した会社です。

    熊本県に多い、小売店や規模小さい会社のM&Aの実施をしており、事業承継や企業の第三者への譲渡と承継の仲介業務をしています。

    友好的なM&Aの実施を心がけており、M&Aに対するマイナスなイメージを中小企業の経営戦略の一つとして捉えて、M&Aの実施を進めています。

    料金体系もわかりやすく、売買価格が3000万円未満の場合は150万円の成功報酬となっており、3000万円以上の場合は売買価格の5%としています。

    そのほかの相談料や着手金は無料となっています。

    M&Aの仲介を依頼した時点で秘密保持契約を結び、M&Aが成立するまで従業員や顧客、取引先などに情報が漏れないように情報管理を実施しています。

    日本M&Aアドバイザー協会にも認定を受けているので、小さな規模の会社で地元の仲介会社に依頼したい会社に向いているM&A仲介会社になります。

    熊本のM&A案件の探し方

    熊本にいながら、M&Aの案件を探す時はインターネットを活用すると探しやすいでしょう。

    まずは、会社を売却したいと考えている場合には、買ってくれる会社を探す必要があります。

    自力で探そうとしても、なかなか見つからないので全国の案件の取り扱いを行っているM&A仲介会社のプラットフォームなどを利用して、会社の情報を掲載してみると良いでしょう。

    会社を売却することを従業員や取引先などに知られなくない、という場合は最寄りの商工会議所や事業引継ぎセンターなどに相談する方法もあります。

    また、M&A仲介会社は基本的に秘密保持を厳守しているところが多いので、電話での相談をしても良いでしょう。

    適当なM&A仲介会社が見つからない場合も、インターネットを使って「熊本県 M&A仲介会社」などのワードで検索をするとM&A仲介会社を探すことができます。

    東京を拠点としている仲介会社でも、熊本県の案件を引き受けてくれる会社は多くあるので、希望にあった仲介会社を選ぶと良いでしょう。

    選ぶ時のポイントは、料金体系が分かりやすいところや実績が豊富なところなどが良いでしょう。

    会社の規模が小さくでも対応してくれるM&A仲介会社は多くあるので、まずは事前相談に行くことをお勧めします。

    また、M&A仲介会社が実施しているセミナーに参加するとどのような仲介会社が分かる場合もあるので、M&Aを検討しているのであればセミナーに参加することもお勧めです。

    まとめ

    熊本県は農業や漁業なども盛んで、法人化している場合もあります。

    しかし、農業や漁業などは後継者がいないことが問題となり、事業承継が難しい産業でもあります。

    このような問題を解決できるのがM&Aでもあり、会社の存続を叶える方法でもあります。

    2016年には大きな地震もあり、復興支援も受けている地域です。

    そのような中で、会社の存続を諦める経営者も多くいます。

    会社が廃業すれば、そこで働いていた人が失業するという構図になります。

    熊本県の経済を支えるためにも、M&Aの実施が必要だといえます。

    中小企業のM&Aは珍しいものではなくなっていますが、熊本県ではM&Aの実施そのものが少ない状況です。

    知名度を上げて、M&Aを進めていく必要があります。

     

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    お電話でのご相談
    03-6427-8841
    WEBから無料相談