M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

目次

    現在価値

    ビジネスにおいて、現在価値は重要な概念です。

    現在価値は、今後得られるキャッシュフローの実質的な価値を判断する上で有用です。

    M&Aや投資の場面では、現在価値の理解が必須となります。

    この記事では、現在価値について分かりやすくご説明します。

    M&Aや株式投資等に関心のある方必見です。

    現在価値とは?現在価値の意味

    まず初めに、現在価値の意味を解説します。

    現在価値とは、将来得られるキャッシュフローの現時点での価値です。

    現在価値は、将来キャッシュフローを金利等の割引率を用いて割り引くことで求める為、割引価値とも呼ばれています。

    1年後に手に入れることが出来る100万円は、現在価値に換算すると100万円ではありません。

    現在価値と1年後の価値が一致しない理由は、金利が存在するからです。

    例えば金利(年間)が10%である場合、1年間銀行に100万円を預金すれば、10万円だけ資産が増えます。

    つまり1年後の110万円は、現在価値に直すと100万円となります。

    以上の通り現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す為、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

    M&Aでも現在価値は重要な概念です。
    現在価値を踏まえてM&Aを行うのであれば、M&A総合研究所に相談してみてください。
    M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。
    相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
    また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。
    通常のM&A取引では交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、M&A総合研究所は早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
    それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行っているからです。
    電話で無料相談 WEBから無料相談

    ※関連記事

    M&Aとは?M&Aをわかりやすく解説します

    現在価値と将来価値

    次に現在価値の理解を深める為に、将来価値と現在価値との違いを解説します。

    ⑴将来価値とは

    将来価値とは、現在保有している資産が将来いくらになっているかを表す概念です。

    現在価値と対になる概念であり、現在価値に金利分の資産価値増加分を上乗せする事で算出できます。

    例えば金利(年間)が10%である場合、100万円を銀行に預金しておけば、一年後には100万円が110万円となります。

    つまり今現在の100万円は、1年後の将来価値で表すと110万円になる訳です。

    現在価値と将来価値は、着眼する時点が異なるものの、実質的な価値は同一です。

    ⑵将来価値の計算式

    将来価値を実際に算出する際には、下記の計算式を用います。

    • 将来価値=現在価値×(1+金利)^n

    ※「^」は乗数、nは年数を表します。

    例えば現時点で保有する500万円を、1年後〜3年後の将来価値として表すと下記になります(金利10%)。

    • 1年後の将来価値=500×(1+0.1)^1=550万円
    • 2年後の将来価値=500×(1+0.1)^2=605万円
    • 3年後の将来価値=500×(1+0.1)^3=665.5万円

    年数が経てば経つほど、将来価値は上昇していきます。

    将来価値の計算を使いこなせば、M&Aや事業投資等の難しい意思決定を合理的に下せます。

    その為には現在価値の理解も不可欠です。

    ※関連記事

    株価算定方法を解説します

    現在価値の計算式

    この項では、現在価値の計算式をご説明します。

    現在価値の計算式は、将来価値の計算式「現在価値×(1+金利)^n」を変形する事で導き出せます。

    現在価値は将来価値を割り引く事で算出するので、下記の計算式となります。

    • 現在価値=将来価値÷(1+金利)^n

    例えば金利が10%であるケースでは、1年後に獲得できる1,000万円の現在価値は、下記の通り算出されます。

    • 現在価値=1,000÷(1+0.1)^1≒909万円

    つまり一年後に獲得可能な1,000万円は、現時点では909万円の価値があるという訳です。

    1,000万円を獲得できるのが5年後の場合には、現在価値はいくらとなるでしょうか?

    5年後に1,000万円得られるケースでは、現在価値は下記になります。

    • 現在価値=1,000÷(1+0.1)^5≒621万円

    1年後に得られるケースと比べると、およそ288万円も現在価値が減少しています。

    つまりキャッシュを得られる年数が早いほど、現在価値は大きくなります。

    何故なら早くキャッシュを獲得すれば、金利に相当する分の利益を手に入れることが出来るからです。

    ※関連記事

    M&Aにおけるバリュエーション

    現在価値の割引率

    この項では、現在価値の割引率について解説します。

    ⑴割引率とは

    現在価値を計算する際には、「割引率」と呼ばれる指標を用います。

    割引率とは、将来受け取るキャッシュフローを現在価値に割り引く時に用いる率であり、金利等が用いられます。

    割引率の数値次第で、現在価値の大きさは変動します。

    インフレの進行度が鈍化している経済では、割引率として用いる金利は通常低くなります。

    逆にインフレの進行度合いが早いほど、割引率として用いる金利は高くなる傾向があります。

    現在価値の計算式の構造上、割引率が大きいほど現在価値は小さくなります。

    つまりインフレ率が高い(景気が上向きであるほど)程、現在価値は小さくなります。

    ⑵現在価値の割引率とリスク

    現在価値の割引率は、将来のリスクも表しています。

    ファイナンス理論上、将来的に得られるリターンとリスクは正の相関関係を示します。

    つまりリターンが大きければ、基本的にはリスクも大きいという訳です。

    割引率である金利が高いほど、得られるリターンとそれに伴うリスクの双方が大きくなります。

    将来得られるキャッシュに伴うリスクが高い場合には、高い割引率を設定します。

    高い割引率を設定する為、結果的に現在価値は小さくなります。

    割引率と現在価値の関係を理解する為に、以下2つの例を比較しましょう。

    例1)1年後の将来価値:1,000万円、割引率20%

    この場合の現在価値は、下記の通り計算されます。

    現在価値=1,000÷(1+0.2)^1≒833万円

    例2)1年後の将来価値:1,000万円、割引率10%

    この場合の現在価値は、下記の通り計算されます。

    現在価値=1,000÷(1+0.1)^1≒909万円

    上記の通り年数や金額が同じでも、割引率に違いがあるだけで現在価値が異なります。

    割引率が低い(リスクの低い)例2の方が、現在価値は大きいです。

    ⑶割引率の種類

    割引率には、金利以外にも様々な種類があります。

    預金や給料の現在価値とは違い、証券や事業への投資には、負債や株主資本、不確実性等様々な要素が介入します。

    様々な要素が複雑に関係し合う為、割引率には金利以外の指標を使用します。

    M&Aや事業に対する投資ではや「株主資本コスト」や「WACC」等の指標を用います。

    株主資本コストは株主が要求する最低限の利益(支払い)であり、WACCは株主と債権者の双方を考慮した割引率です。

    どの割引率を用いるかに正解は無い為、複数の割引率を用いて計算し、その中で比較検討する事が重要です。

    ※関連記事

    資本コスト

    キャッシュフローと現在価値

    この項では、キャッシュフローと現在価値の関係について解説します。

    将来得られるキャッシュフローを割引率で割り引いたものが、現在価値となります。

    ⑴キャッシュフローとは

    では、キャッシュフローとは一体何でしょうか?

    キャッシュフローとは現金の流れを意味しており、現金が入ってくる事を「キャッシュイン」と呼び、現金が出ていく事を「キャッシュアウト」と呼びます。

    キャッシュインからキャッシュアウトを差し引けば、キャッシュフローを算出できます。

    • キャッシュフロー=キャッシュイン−キャッシュアウト

    会計上の利益では売掛金等も含めますが、キャッシュフローの計算では売掛金の収入は含めません。

    つまりキャッシュフローとは、実際に出入りした現金の量を表します。

    このようにキャッシュフローは会社の資金繰りや将来的な収益に影響されるものです。
    そのため、売り手の内情をどうなっているかは重要なファクターだといえます。
    よりよいキャッシュフローの売り手を見つけ出すなら、M&A総合研究所に相談してみてください。
    M&A総合研究所は日本最大規模のM&Aプラットフォームを持っており、独自のAIを駆使して買収ニーズの登録だけで条件の合う売り手をマッチングします。
    >>買収ニーズ登録はこちら

    ⑵キャッシュフローを用いた事業価値の計算

    キャッシュフローは、事業価値の計算でも用いられます。

    事業価値とは、会社が行う事業によって得られる経済価値の総和を意味します。

    一般的に事業価値は、将来的なフリーキャッシュフローの現在価値の合計となります。

    フリーキャッシュフローは、税引後営業利益と減価償却費の合計額から、運転資本増加額と設備投資費用を差し引いた金額となります。

    算出したフリーキャッシュフローは、WACC(加重平均資本コスト)を用いて現在価値に割り引きます。

    WACCは、下記の計算式により算出されます。

    • WACC={E×rE+D×rD×(1−t)}÷E+D

    ※参考指標

    1. E→株主資本総額
    2. D→有利子負債総額
    3. rE→株主資本コスト
    4. rD→負債コスト
    5. t→法人税率

    事業価値の算出は、M&Aのバリュエーションに役立てる事が出来ます。

    ※関連記事

    フリーキャッシュフロー

    正味現在価値法

    最後に、正味現在価値法について解説します。

    正味現在価値法(NPV法)とは、プロジェクト投資の意思決定に役立つ手法です。

    プロジェクトが生み出すと予想される将来のフリーキャッシュフローの現在価値合計と投資額を比較し、投資額をキャッシュフローが上回れば投資します。

    下記の計算式で算出したNPVがプラスの数値であれば、プロジェクトに投資する意思決定を下せます。

    • NPV=一年目のCF÷(1+金利)^1+二年目のCF÷(1+金利)^2+・・・n年目のCF÷(1+金利)^n−初期投資額

    正味現在価値法の理解を深める為に、下記の例を示します。

    例)一年目CF:10万円、二年目CF:100万円、三年目CF:200万円、初期投資:250万円、割引率5%

    正味現在価値法を用いると、下記の通りNPVが算出されます。

    • NPV=10÷(1+0.05)^1+100÷(1+0.05)^2+200÷(1+0.05)^3−250=23万円

    NPVがプラスとなったので、このプロジェクトには投資するとの意思決定を下せます。

    投資の意思決定手法には、正味現在価値法以外にも「IRR法」や「回収期間法」等があります。

    正味現在価値法はキャッシュフローの時間的な価値を考慮している為、最も合理的な投資評価手法と言われています。

    ※関連記事

    企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説

    まとめ

    M&Aや投資において、現在価値の理解は大事になります。

    事業や設備への投資や証券投資、M&Aを実施する際には、現在価値の理解が不可欠です。

    是非理解を深めて有効活用しましょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    お電話でのご相談
    03-6427-8841
    WEBから無料相談