M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
秋田県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

秋田県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

秋田県における事業承継とは

秋田県における中小企業の割合は、全体の99.9%でそのうちの小規模企業は87.3%を推移しています。
2009年には39,925件あった中小企業も2014年には35,087件とおよそ5,000件が廃業又は休業していることになります。 秋田県における事業承継は、思うように進んでいないことが推測できます。 秋田県の社長の平均年齢も61.4歳と全国で2位にランクインしており、経営者自身の年齢が高齢化していることが分かります。 その中で、後継者の不在率も72.2%で全国ワースト8位にランクインしています。 また、事業承継の準備状況についても、十分していると回答している経営者は4.2%と低い水準を示しており、ある程度しているとしている経営者も27.0%、あまりしていないとしているのは24.9%、全くしていないとしている経営者も24.5%を推移しています。 事業承継は、短い期間でできるものではなく、後継者の教育も含めて10年程度の準備期間が必要だとされています。 経営者の平均年齢は60歳を超えている場合は、事業承継をするまでに現経営者が70歳ごろまで準備に要すると考えることができます。 後継者が決まっているとしている経営者に、予定者は現経営者の子供としているのは76.3%、親族以外の役員・従業員と回答しているのは13.8%、子供以外の親族が6.3%、親族以外の外部登用としているのは1.3%となっています。 自分の代で会社をやめたいとしている会社も26.9%と全体の4分の1に相当します。 事業承継については、できれば親族に継承したいと考える経営者が多く、次いで 役員・従業員となっており、M&Aなどの外部登用を検討している中小企業の経営者はまだまだ少ないのが現状です。

事業承継の流れや進め方

事業承継の流れは、まず事業承継に向けた計画が大切になります。
事業承継は、会社の経営者の交代と単純に考えることはできず、後継者の教育を含めて考えると、10年程度期間が必要だと考えた方がよいでしょう。 まずは、事業承継に向けた計画を立案することが必要になります。 事業承継にかかわる問題は、専門的な部分も含めて広範囲になるので、公認会計士や税理士などに相談するのが一般的で、必要であれば弁護士に相談する内容も含まれます。 また、事業承継の方法によっても準備の方法が変わってきます。 必要に応じて、専門家の力を借りながら準備を進めていきます。 事業承継に向けた準備ができたら、会社の経営状況や経営課題の把握を実施します。 これを「会社の見える化」といい、細部にわたって現経営者が現状を把握します。 会社自体の強みを強化して、弱みとなっている部分は改善課題として取り組む必要があります。 会社の経営状況については、経営資源である財務諸表の確認のほかに、会社が持っている不動産や知的資産などの目に見えない資産についても精査しておく必要があります。 また、不動産や金融機関からの借り入れについても、経営者自身のものなかの会社のものなのか、所在をはっきりとさせておく必要があります。 特に、会社の経営課題については見える化をしておく必要があり、会社の課題となる部分は後継者に引き継ぐ前に解決しておくとスムーズに事業承継ができます。 会社の状況などが見える化できた段階で、後継者の有無について検討します。 現経営者の子息や子女が後継者となる意思があることを確認し、親族内承継が可能であるか、親族内承継が難しい場合は役員や従業員などからの親族外承継を検討するか、第三者による事業承継が可能か、M&Aを含めて検討すべきなのか、現経営者と相談役とで最適な方法を検討します。 次に、事業承継に向けた経営改善を実施します。 会社の見える化をした時に、改善すべき点がある時は業績の改善や経費の削減などに取り組み、自社ブランドのイメージの向上や優良顧客の確保、金融機関や株主との良好な関係など、会社の強みとなる部分の磨き上げをしていきます。 会社の従業員に関しても優良な人材の流出を防いだり、営業力を向上させたりして事業承継がしやすいように整えておきます。 本業の競争力を強化して、「中小企業等経営強化法」を利用して、経営力向上計画を策定、実行することが有効になります。 この段階で、会社の体制を総点検して、よりよい状態に整えます。 様々な点で会社の総点検をして、整えたところで具体的にどのように事業承継を進めるのか、期間などを含めて計画を立てます。 事業承継の方法によって、計画の進め方が異なる点もあるので、事業承継する方法に合わせて計画を立てます。 事業承継の具体的な計画を立てたら、それに従って事業承継を進めていきます。 どのような方法で事業承継する場合でも、専門家の知識やアドバイスが必要になるので、弁護士や公認会計士、税理士などに協力してもらいながら進めていきましょう。

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継と親族外承継(役員や従業員)、M&Aの3つがあります。 親族内承継は、現経営者の子息や子女、兄弟、配偶者などに事業を承継する方法があります。
親族内承継は、現経営者の親族に当たる人が後継者となるので、従業員や取引先にも理解されやすく、相続や贈与に関する問題も比較的わかりやすく、承継しやすい方法です。 また、現経営者の子息や子女が後継者になる意思がある場合、早期に経営者教育が開始できるほか、事業承継の準備が早くできるというメリットもあります。 そのほかには、現経営者が存命の場合は贈与という形で後継者に経営権をバトンタッチするので、財産や株式の移転がやりやすく、所有と経営の分離を避けることができる可能性が高くなります。 しかし、現経営者の後継者となれるのは、複数人でない場合が多いので、親族の相続の遺留分などに留意する必要があります。 また、中小企業の場合は経営者に株式が集中していることもありますが、親族に株式を所有している人がいると、後継者に経営権を集中させることが難しくなる場合もあります。 親族外承継を選択する場合は、現経営者の子息や子女、親族の中に適切な後継者がいない場合などに、会社の役員や従業員を後継者とすることがあります。 親族外承継の場合は、会社内から適任だと思う人を選んで後継者とできます。 また、すでに会社に役員や従業員の場合は会社に在籍している期間もあり、会社の理念や経営方針などを理解しているので、事業に対する教育はほとんど必要ない場合が多く、引継ぎしやすいというメリットがあります。 反対に、デメリットとして考えられるのは現経営者の親族から理解してもらえない可能性もあり、現経営者の親族に会社の役員や従業員を後継者にすることをしっかりと理解してもらう必要があります。 そのほかには、株式取得などのために資金が必要となり、資金不足で株式の買い取りなどができない可能性があるので、金融機関に相談する必要もあり、場合によっては持株会社を新設して後継者となるケースもあります。 また、個人債務保証の引継ぎなどに問題が発生する可能性もあります。 次に、M&Aによる事業承継については、外部の会社や個人に会社を売却することで、事業承継を実施するのが一般的です。 M&Aにおける事業承継は、M&A仲介会社に仲介を依頼して買収してくれる会社を探すことになります。 この場合は、親族内や役員、従業員に適任の後継者がいない場合などに用いられる方法になります。 また、M&Aによって会社を売却することで現経営者が資金を得ることができるので、現経営者は収益を得ることが可能になります。 M&Aの手法には、様々なものがありますが、中小企業の場合は株式譲渡や事業譲渡でM&Aをすることが多く、希望の条件を提示して買収先を探すことになります。 M&Aに対しては、「身売りをするようで嫌だ」と考える場合や「家業を売ることはできない」などの考え方を持ちますが、適任の後継者がおらず廃業を選択すれば、従業員も職を失うことになりますし、会社が持つ技術やノウハウ、販路なども失うことになります。 廃業を選択する前に、M&Aの実施も検討すべきでしょう。

M&Aを活用した事業承継

近年、日本は少子高齢化が問題となり中小企業においても、経営者の高齢化、後継者の不在などによって会社の業績は良いのにも関わらず、廃業を選択している経営者が多くいます。
親族内や会社役員、従業員の中に適任の後継者が見つけられない場合は、M&Aによる事業承継を検討すると良いでしょう。 M&Aは合併と買収という意味がありますが、中小企業の場合は会社を買収することによってM&Aを成立させる場合が多いでしょう。 M&Aを選択する場合には、適任の後継者がいない場合でも買収してくれる会社が見つかれば、会社を存続させることができます。 中小企業の多くは、株式譲渡や事業譲渡によってM&Aを実施することが多く、中小企業の株式を買収してくれる会社に譲渡することでM&Aが成立します。 M&Aをする時は、売却する会社が取引価格や従業員の保護など、いくつかの条件があると思いますが、それらの条件を満たすことができる買収先が見つかれば、M&Aの交渉を進めることができます。 また、後継者がいないことで廃業を検討していた場合でも、廃業にかかる費用が掛からずに済むので、経営者にとってはメリットとなります。 良い面ばかりが目立つM&Aによる事業承継ですが、デメリットもあるので注意しましょう。 M&Aは売却を考える会社と買収を考える会社が存在しなければ成立しません。 そのため、売却を希望しても、買収してくれる会社が見つからなければM&Aの交渉を進めることができないので、買収先を探すのに時間がかかるということがあります。 売却する会社はできるだけ高く買って欲しいと思い、買収する会社はできるだけ安く買いたいと思うのが自然な流れです。 希望の条件ばかり主張していると、なかなか買収先の会社が見つからずM&Aが実施できない可能性が高まります。 そのために、M&A仲介会社を活用して会社の評価をしてもらい適切な企業価値を判断する必要があります。 様々な問題をクリアして、M&Aができれば事業承継も可能になり会社も存続して雇用も守られます。

秋田県で事業承継に強いM&A仲介会社ランキング

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社共生基盤

株式会社共生基盤は、東京都に本社を構えていますが、関東地方だけでなく東北地方の中小企業を対象にした事業承継におけるM&Aを多く実施しています。 中小企業の事業が「つづいていく」ことをモットーに、事業承継におけるM&Aを中心に提案や非源、コンサルティング、経営相談も実施しています。 会社代表者自身もM&Aを専門にしたコンサルティングを得意としており、フェイナンスや事業企画に関する助言、経営戦略などのセミナーも開催しています。 地方に多い小規模の会社のM&Aの実績もあり、様々な形のM&Aを実施してくれるM&A仲介会社です。 着手金については原則無料となっており、M&Aの可能性を診断する「ureruca」を設けており、M&Aに適したアドバイスができる仕組みがあり、インターネットで問い合わせができます。

株式会社エクステンド

株式会社エクステンドは、東京都に本社を構え、大阪、名古屋、福岡にオフィスを設けており、全国の中小企業のM&A案件を抱えるM&A仲介会社になります。 会社の所在地が秋田県にあっても、全国対応のM&A仲介会社なのでその後のM&Aの相談にも乗ってくれます。 中小企業の経営者の悩みに寄り添うコンサルティングを提案しており、規模が小さい会社でも親身になって、M&Aの相談に応じてくれます。 事業再生だけでなく、事業承継におけるM&Aの取り扱いもあり、親族内承継、親族外承継、M&Aに加えて、建設的廃業支援も実施しているので、中小企業の経営者が事業承継をどのように進めればいいのか、という点においても積極的にサポートしてくれます。 スモールM&Aも得意としているので、従業員が5人以下であったり会社の規模が小さいからと諦めていたりする経営者も一度相談してみると良いでしょう。

税理士法人MIRAI

税理士法人MIRAIは秋田県秋田市に事務所を構え、税務や会計にかかわる事業を主な事業としていますが、経営計画や相続、開業企業に関することも相談できます。 事業承継におけるM&Aについても、東京都に本社を構える株式会社日本M&Aセンターとの提携をしており、中堅や中小企業のM&Aのサポートをしています。 友好的なM&Aを目指しており、経営や事業承継に問題を抱える経営者に寄り添った形で、M&Aの相談を実施しており、秋田県に事務所を構えることからその地域が持つ特有の会社の社風などにも適応できます。 事業承継における事業譲渡や会社譲渡に関する相談は無料で受け付けており、M&A仲介サービスも実施しています。 中小企業の希望に合った買収先とのマッチングなどをして、実行支援をサポートしています。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、本社は東京都ですが大阪、名古屋、福岡に支店を構え、札幌、中四国、沖縄に営業所を構えています。 また、シンガポールにもオフィスがあるので海外に進出しようとする会社のサポートも実施しています。 株式会社日本M&Aセンターは、M&A業界の中でも老舗とされるM&A仲介会社で、設立は1991年4月で、もともと公認会計士と税理士が中心となってM&A仲介を始めています。 設立からこれまで地域の金融機関302件と会計事務所817件、専門士業1700人とのネットワークを作り、全国のM&A案件と取り扱っています。 秋田県には営業所などがありませんが、事業承継におけるM&Aの場合でも広いネットワークを利用して対応が可能になっているので、中小企業の経営者で事業承継をM&Aで実施したいという場合は、事前相談をしてみると良いでしょう。 全国各地の事業引継ぎセンターの支援会社となっているほか、地方銀行の事業承継セミナーなどの講師として招かれるなど、首都圏や支店、営業所がない地域のM&Aも多く取り扱っています。 事業拡大や事業再編のM&Aだけでなく、事業承継におけるM&Aも数多く実施しており、経験豊富な担当者が全面的にサポートしてくれます。

まとめ

秋田県は、東北地方に位置しておりどちらかというと閉鎖的な印象を受ける地域性を持っています。 そのような中でも中小企業の事業承継問題については、全国の中小企業と同じように経営者の高齢化や後継者不在の問題を抱えていながらも、何も対策をしていないという現状があるようです。 また、自分で興した会社は自分の代で廃業や解散しようという考えを持つ経営者も多く、秋田県における経済も今後数十年後には衰退することも予測できます。 それを回避するためには、今ある中小企業が適切な事業承継を実施して、多くの中小企業が存続することが望ましいと言えるでしょう。 事業承継には、現経営者の子息や子女が後継者となることだけでなく、従業員や役員を後継者にする方法もあり、第三者の会社や個人に譲渡するM&Aと言う方法もあります。 偏った考え方だけでなく、M&Aも視野に入れた事業承継の認知度を広げる必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら