M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは?

純金積立とは、毎月一定の金額を積み立て、純金を購入する投資のことをいいます。
純金積立は金投資の一つで、田中貴金属工業や三菱マテリアルといった会社のほか、SBI証券などのネット証券、住信SBIネット銀行などのネット銀行でも扱われています。以下、純金積立の特徴や仕組みについて、ポイントをご紹介します。

金投資とは何か?

純金積立は金投資の手法の一つですが、まず金投資の意味や特徴について整理しておきます。
金投資というのは、貴金属の金(きん)に対する投資のことです。金投資の大きな特徴は、実物そのものに価値のある金に対して投資するという点です。金は普遍的な価値のある実物資産のため、景気の動向によって価値が失われることがありません。

このことは、株式などの有価証券と比較するとわかりやすいです。株式の場合、企業が倒産すればその資産価値はなくなります。つまり、株式投資は企業の影響を直に受けることになり、株価急落などのリスクがあります。一方で、金投資は、それ自体に価値のある金に投資するため、企業の影響を受けることはありません。景気の影響を受けにくいという意味で、金は安全資産となります。

また、世界経済や世界情勢が不安定になれば、金への投資は増える傾向があります。株式や国債に投資するより、金に投資した方が安全だからです。世界経済が不安定になると金の価値は上昇することになり、その意味でも金は世界共通の安全資産と言えます。

このような金に投資する手法が金投資であり、その一つに純金積立があるのです。

純金積立の特徴

次に、純金積立の特徴について整理しておきます。
純金積立は、毎月一定の金額を積み立てることにより、純金を購入するという投資手法です。例えば、月々1,000円、月々3,000円といったように、少額で投資を開始できます。多額の初期費用は必要なく、気軽にコツコツ積み立てる形で投資できるという特徴があります。そのため、時間と手間をかけずに投資を進めることが可能です。

また、購入した金は取扱会社に預けるという形になります。実物の金を管理するわけではないので、管理コストなどの手間もかかりません。

現物化や現金化の流れ

積み立てた分は金地金に交換することができます。金地金以外にも、金貨や金のジュエリーなどと交換することも可能です。

また、売却して現金化することもできます。解約して現金化するケースだけでなく、積み立てた金を売却して現金化することもできるのです。

純金積立のメリットとは?

ここまでご紹介した内容も踏まえ、純金積立のメリットを整理しておきます。

少額で投資を開始できる

純金積立は、月1,000円というかなりの少額で投資を開始できることにメリットがあります。金地金を購入するとなると、一般的には数百万円程度かかりますが、純金積立は毎月少額を積み立てる形で投資を進めることが可能です。多くの資金をまとめて用意する必要がないという点は大きなメリットです。

ドルコスト平均法による積立購入となる

純金積立は、「ドルコスト平均法」という方法による積立購入となります。
ドルコスト平均法というのは、継続して同じ金額の商品を買うことをいいます。例えば、月3,000円と決めていれば、どの月でも3,000円しか購入しないということです。これは、高値のときは少ししか買わず、安値のときは多く買うという効果をもたらします。この仕組みについて整理してみましょう。

日々価格が変わる金は、価格変動リスクがあります。そのため、「毎月○グラムの金を買う」と決めている場合、月々によって購入金額が変わることになります。一方で、「毎月○円しか買わない」と決めていれば、月々で購入する金の量が変わります。つまり、高値のときには少ししか買わず、安値のときには多く買うという状態になるわけです。こうした「毎月○円しか買わない」という仕組みが、ドルコスト平均法です。そして、「高値のときには少ししか買わず、安値のときには多く買う」という状態を、自動的に実現することができるのです。

このように、ドルコスト平均法は購入価格が平均化されるため、価格変動リスクを抑えることができます。そのため、リスク分散として効果的な方法になります。

純金積立のデメリットとは?

純金積立にはいくつかデメリットもあります。
純金積立を検討する場合、メリットだけでなくデメリットも把握し、総合的に判断する必要があります。以下、純金積立のデメリットについてご紹介します。

短期間で利益を出しにくい

先ほどご紹介したように、純金積立はドルコスト平均法による積立購入となります。この方法は、価格変動リスクを抑えるなどのメリットはありますが、短期間ですぐに利益が出る方法とは言えません。その性質上、どうしてもコツコツ積み立てるという流れになるので、短期で利益を出したい場合は他の投資手法も検討する必要があります。

手数料に注意する必要がある

純金積立は、年会費などの手数料が発生することがあります。詳しくは後述しますが、年会費、購入手数料などが発生することは知っておきましょう。

例えば、1,000円の年会費が発生する、毎月の購入時に2%程度の手数料がかかるなど、それぞれの会社で手数料などが設定されています。ただし、扱う会社によっては年会費や購入手数料がかからない場合もあります。特にネット証券の場合、年会費無料で利用できるサービスが多く見られます。

価格変動に影響を受ける

ドルコスト平均法によって価格変動リスクを抑えることはできますが、金の価格が日々変わる以上、価格変動リスクがないわけではありません。売却時の金額が投資金額を下回れば、損失が発生することになります。

先ほども述べたように、金は実物そのものに価値があるので、価値が全くなくなるということはありません。株式であれば、会社が倒産してしまえば価値がゼロになりますが、金は価値がゼロになることはないのです。ただし、価格変動リスクはある程度考慮しておく必要があります。適切なタイミングで売却し、利益を出すためにも、市場の動向はこまめに確認しなければなりません。

純金積立に向いている人とは?

さて、ここまでご紹介したポイントも踏まえ、どのような人が純金積立に向いているのか、整理しておきます。

少額で投資を開始したい人

純金積立は、毎月1,000円、3,000円程度の金額で投資を進めることができます。そのため、少額で投資を開始したいと考えている方にはおすすめです。金地金を購入する場合は一般的に数百万円程度かかりますが、純金積立なら月1,000円から投資をすることができるのです。投資をしたいけれどそこまで多くの資金は用意できないという方には、特におすすめです。

ある程度長期的な視点で投資をしたい人

積立の性質上、純金積立は短期ですぐに利益が出るわけではありません。そのため、早い段階で利益を得たい方にはあまりおすすめできない商品です。反対に、ある程度長期的な視点で投資を考えている人にはおすすめできます。

毎月コツコツ積み立てて投資を進め、適切なタイミングを慎重に見極めて利益につなげることが大切です。この点を踏まえ、長期的な投資でも問題ないという方にはおすすめです。

初心者の人

純金積立は投資初心者の人にも向いています。資産そのものが安定していることに加え、少額で投資を開始できるからです。

投資に関する知識があまりない段階で、いきなりリスクの高い投資を行うことは好ましくありません。初心者の段階では、リスクが比較的少なく安定している分野で投資を行う必要があります。純金積立は、こうした初心者向けの商品とも言えるでしょう。

ただし、先ほどご紹介したようなデメリットは、もちろん事前に把握しておく必要があります。

分散投資を考えている人

どのような投資でも、ある程度リスクは発生します。そのため、リスクをどのように分散するかが重要になりますが、その方法の一つに「分散投資」があります。

分散投資とは、複数の投資先に投資を分散させることをいいます。例えば、株式と債券に投資するといったケースです。分散投資をしておけば、ある投資先で大きな損失が発生しても、他の投資先で出た利益が大きければ、損失をカバーできるというメリットがあります。

例えば、株式と債券の両方に投資をしていれば、もし株式の価値が下落したとしても、債券による利子で損失をカバーできる場合があります。もし、株式だけに投資をしている場合、その株価が下落すれば、投資そのものが失敗し、損失を被ることになります。こうした事態を防ぐため、分散投資をしてリスクを分散させておく必要があります。

金投資も、分散投資として活用するメリットがあります。先ほども述べたように、世界経済や世界情勢が不安定になれば、株式や国債に投資するよりも金に投資した方が安全です。この場合に、株式、国債、金に投資を分散させておけば、不測の事態に備えることもできます。

もちろん、金投資の一つである純金積立も、分散投資としてのメリットがあります。そのため、分散投資を考えている人にも純金積立は向いています。

純金積立の主な手数料

次に、純金積立における主な手数料についてご紹介します。代表的な手数料は、「購入手数料」と「年会費」です。

購入手数料というのは、毎月純金を購入する際に発生する手数料のことです。購入手数料は、売買代金に一定の割合を乗じて計算されるもののほか、金額ごとに手数料が決まっているものもあります。例えば「取引手数料:売買代金の2.5%」「購入(買付)時のみに手数料が発生する」と規定されていれば、購入手数料として代金の2.5%が発生することを意味します。また、「購入手数料:購入金額○円までは購入金額1,000円につき30円」といったように、金額ごとに手数料が定められている場合もあります。

また、年会費は毎年発生する会費のことをいいます。ただ、会社によっては年会費が無料になるケースもあります。

純金積立を扱う会社を比較

純金積立を扱っている主な会社についても比較しておきます。

ネット証券

ネット証券では年会費が無料になるケースが多く、メリットが多いです。主なネット証券の手数料等を比較すると、以下のようになります。
 

  積立額 購入手数料 年会費
楽天証券 毎月1,000円から 売買代金の2.7%(税込) 無料
SBI証券 毎月1,000円から 売買代金の2.16%(税込) 無料
マネックス証券 毎月1,000円から 売買代金の2.7%(税込) 無料

いずれも、積立額は毎月1,000円から可能です。また、3社とも売買の手数料は購入のみとなり、売却時には発生しません。一方で、購入手数料はSBI証券が2.16%で最も低くなっています。

さらに、3社とも年会費は発生しません。この点は大きなメリットとなります。

その他

ネット証券以外の会社についても比較しておきます。主な会社の手数料等は次のようになります。
 

  積立額 購入手数料 年会費
三菱マテリアル
(三菱ゴールドパーク)
毎月3,000円から 月額積立購入金額1万円以上:1,000円につき25円
月額積立購入金額1万円未満:1,000円につき30円
(いずれも税込)
864円(税込)
田中貴金属工業
(田中貴金属の純金積立
(旧商品名:金定額総合口座、プラチナ定額口座))
毎月3,000円から <積立手数料率>
1ヵ月の積立金額合計3,000円~2万9,000円:2.5%
1ヵ月の積立金額合計3万円~4万9,000円:2.0%
1ヵ月の積立金額合計5万円以上:1.5%
 
1,080円(税込)
住信SBIネット銀行 毎月1,000円から 購入代金1,000円につき月額25円(税込) 無料
KOYO証券 毎月3,000円から 無料 1,500円(税込)

このように、それぞれで積立額、購入手数料、年会費に特徴があることがわかります。例えばKOYO証券のように、年会費がかかっても購入手数料が無料というサービスもあります。

また、住信SBIネット銀行のサービスは、先ほどご紹介したネット証券3社と似ています。毎月1,000円から積立可能となること、年会費は無料になることなど、いくつか共通点も見られます。

一方、上記で挙げた他3社のサービスでは、積立額はいずれも月3,000円からとなっています。また、いずれも年会費がかかる点が、先ほど挙げたネット証券との大きな違いです。

まとめ

純金積立とは、毎月一定の金額を積み立て、純金を購入する投資のことです。毎月1,000円から積み立て可能のサービスもあり、少額で投資を開始できる点が大きなメリットです。また、近年ではネット証券でも純金積立を扱っており、年会費無料などのお得なサービス内容も見られます。

純金積立は、実物そのものに価値がある金に対する投資です。そのため、株式や債券などと比較すると景気の影響を受けにくく、リスクも比較的低いと言えます。また、分散投資として活用するメリットもあります。

一方で、純金積立は、コツコツ積み立てていく形での投資手法です。ドルコスト平均法による積立購入となりますが、短期ですぐに利益が出るわけではありません。そのため、ある程度長期的な視点で投資を考える必要があります。また、購入手数料などの各手数料も発生するので、サービスを扱っている会社の料金体系もきちんと確認しなくてはなりません。

純金積立を検討する際には、その仕組みや特徴、メリットやデメリット、向いている人の特徴から各社の比較まで、総合的に判断することが大切です。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら