M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

目次

    経営者保険

    経営者保険に加入していますか?

    経営者保険とはその名の通り経営者が加入する保険であり、運用次第では会社の経営に大きなメリットをもたらしてくれます。

    しかし経営者保険に限らず、保険は分かりづらいうえに種類も多く、どれを選べばいいかわからないという人も少なくありません。

    ただセールスマンの言う通りに加入するのも抵抗感があるかと思います。

    今回は経営者保険の仕組みや加入するメリット、おすすめの保険などをお伝えします。

    経営者保険とは?その意味について

    まずは経営者保険とはどういったものかについてお伝えしていきます。

    経営者保険はその名の通り経営者のために設計された保険であり、法人保険とも呼ばれます。

    会社の経営は決して安定しているものとはいえず、浮き沈みが激しい時もあるものです。

    今は黒字をキープできていても、将来的に何がきっかけで赤字に転落するかはわかりません。

    また中小企業のように経営者個人への依存度が高い会社であれば、経営者が病気やケガで倒れた際に会社の経営が停滞してしまう可能性もあるでしょう。

    経営者としてはそんな時に備えて何かしらの蓄えや引き出せる資金は確保しておきたいところです。

    経営者保険はそんな経営者のニーズに応えてくれるものであり、万が一の際に会社をサポートしてくれるものです。

    詳しくは後述しますが、経営者保険はニーズに合わせた様々な種類があり、また運用の仕方によっては会社の万が一に備えられるだけでなく、節税や引退した後の老後の生活をサポートしてくれるものもあります。

    経営者が保険に入るメリット・デメリット

    ここでは経営者が保険に入るメリットとデメリットについてお伝えします。

    保険というと「万が一の備える」というメリットが代表的ですが、経営者が保険に加入することにはそれ以外にも様々なメリットがあります。

    ただ、デメリットもあることを念頭に置いておいた方がいいでしょう。

    ①経営者が保険に入るメリット

    経営者が保険に入るメリットには以下のようなものがあります。

    リスクに備えた資金調達ができる

    経営者保険の最大のメリットはやはり「リスクに備えた資金調達ができる」という点でしょう。

    会社を経営していく中で経営者の万が一があった際や何かしらの理由で資金が必要になる場面は少なくありません。

    経営者保険はいうなれば簿外でできる積み立てであり、一定以上の資金を貯めることができればいざという時に備えて資金調達を行うことができます。

    経営者保険は審査に時間がかかる融資や確実に得られる保証がない補助金・助成金と比べて確実性が高いため、緊急時の資金調達手段として有効的です。

    また事業承継で後継者に会社を譲り、経営が不安定化した際にも経営者保険を活用すれば後継者を助けることができます。

    しかし、M&Aのように株式を売却したうえで経営者が完全に変わる際には経営者保険は解約する必要があります。
    ただ、経営者保険の種類やM&Aの手法によっては継続できる可能性もあります。
    もしM&Aの際の経営者保険を扱いに困ったらM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。
    相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
    また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。
    電話で無料相談 WEBから無料相談

    節税効果が得られる

    経営者保険に加入するもう一つのメリットは節税効果が得られるという点です。

    保険会社のセールスマンにこのメリットを強調されたという経営者も少なくないでしょう。

    経営者保険に加入した際、発生した保険料は損金に算入できるため、法人税の節税に効果があります。

    そのうえ決算前に想定外の利益が出て早急に節税対策をしなければならない場合でも、経営者保険はすぐに効果を発揮してくれます。

    一方で経営者保険は解約返戻金が入ると益金としては算入されますが、このタイミングで設備投資を行うなど出費を出せば相殺することも可能であり、キャッシュフローを悪化させることもありません。

    節税目的のみで経営者保険に加入することはあまりおすすめではありませんが、運用次第では会社の負担を軽減してくれるでしょう。

    ②経営者が保険に入るデメリット

    経営者が保険に入ることには少なからずデメリットも存在します。

    経営者保険に加入する前にちゃんと留意しておくようにしておきましょう。

    無駄な保険に入っても意味がない

    さきほども少し触れましたが、節税効果ばかり期待して無駄な保険に入っても意味はありません。

    いくら節税効果があるとはいえ、経営者保険は定期的に保険料という形で出費を発生させるものです。

    保険料を損金に算入できるとはいえ、補償内容が合っていない保険にたくさんかけたところでいざという時の助けにはなりません。

    それどころか保険料がかさんで逆に会社に負担をかけてしまうことにもなるでしょう。

    経営者保険に加入する際には安易にセールスマンの口車に乗らず、必要な補償がある保険かどうかを慎重に選択し、必要な分だけ加入するように心がけましょう。

    運用を間違えると思ったより効果がないこともある

    経営者保険は運用を間違えると思ったより効果がないこともあり得ます。

    特に貯蓄性が高く、解約返戻金が重要なタイプの経営者保険となると、どのタイミングで解約するかによって得られる金額がだいぶ変わります。

    中には一定期間が経過しないと十分な金額の解約返戻金が発生しないこともあります。

    長期的に貯蓄するか、短期的に貯蓄するかによって解約返戻金の増え方はかなり変わってきますので、ちゃんと先々の計画を組んだうえで加入するように心がけましょう。

    経営者保険の仕組み

    ここでは経営者保険の仕組みについてお伝えします。

    経営者保険は基本的には一般的な保険と同じであり、大きく分けて生命保険と損害保険に分けられます。

    前者は被保険者の死亡や相続、退職金などに備えるようなタイプであり、後者はケガや事故、火事、賠償責任などを補償してくれるタイプです。

    今回は主に前者の生命保険のタイプについてお伝えします。

    基本的に経営者保険においてこのタイプは貯蓄性を持っているものが多く、解約した際に発生する解約返戻金や死亡した時の保険金で貯蓄した金額を受け取るという運用がメインです。

    ただ、単純に保険料を払った分だけ解約返戻金が貯まるわけではなく、一定期間は金額の増加率が下がっており、特定の時期にピークを迎えるというタイプがほとんどです。

    経営者が気になる経営者保険の選び方とその種類

    ここでは経営者保険の選び方と種類についてお伝えしていきます。

    さきほどもお伝えしましたが経営者保険は様々な種類がおり、目的によって選び方が変わります。

    経営者保険の選び方は大きく分けて3種類あり、「長期的な貯蓄を行いたい」、「短期的な貯蓄を行いたい」、「病気・ケガに備えつつ貯蓄したい」といったものがあります。

    それぞれの選び方に応じた種類の保険は以下の通りです。

    長期的な貯蓄を行いたい:長期平準定期保険、養老保険

    引退後の生活を見据えて長期的な貯蓄を行いたいという場合におすすめの種類の経営者保険は長期平準定期保険や養老保険です。

    いずれも長期にわたって補償が続く保険であり、貯蓄性が非常に高いという特徴があります。

    これらの保険は経営者や役員といった会社の要となる役職の人の死亡リスクにも備えられるだけでなく、弔慰金の準備など福利厚生の一環として応用することも可能です。

    さらに解約返戻金がピークになるタイミングで解約すれば老後の生活に備えられるうえに、急に資金が必要になった際に活用することが可能です。

    さらに保険料を損金として算入できることも大きなメリットだといえるでしょう。

    ただ両方とも保険料が割高であり、また解約するタイミングを間違えると解約返戻金が少なくなってしまいます。

    長期的な貯蓄が目的の保険とはいえ、どのタイミングで資金が必要になるかをあらかじめ決めておいてから加入した方がいいでしょう。

    短期的な貯蓄を行いたい:逓増定期保険

    資金が必要となるタイミングを把握しており、そのタイミングが数年後のような短期的なものであれば、逓増定期保険のような保険に加入することがおすすめです。

    逓増定期保険は解約返戻金がピークになるタイミングと保険料が逓増するタイミングが重なっており、加えてそのタイミングを契約者が加入する段階で任意に決定することができます。

    そのため引退する時期を決めていたり、設備投資をするタイミングが近づいているという人におすすめの保険だといえます。

    ただ逓増定期保険も保険料が割高な傾向があり、逓増されると負担が大きくなってしまいます。

    また逓増定期保険は解約返戻金がピークになるタイミングが早い一方、タイミングを逃すと解約返戻金が下がってしまうという難点があります。

    逓増定期保険も解約を前提にして運用するものであるため、解約するタイミングを逃さないようにしておきましょう。

    病気・ケガに備えつつ貯蓄がしたい:医療保険・がん保険

    病気・ケガにも備えながら貯蓄がしたいという人には医療保険・がん保険がおすすめです。

    医療保険やがん保険というと掛け捨てのものが多いイメージですが、法人向けに設計されている医療保険やがん保険は貯蓄性があり、解約返戻金が設定されているものがほとんどです。

    加えて病気やケガに対する補償も手厚くなっているため、万が一の際の保証も充実しています。

    この手の医療保険やがん保険というと健康状態によっては告知に引っかかってしまうことがありますが、最近では体調に不安を抱えている人でも申し込みができる保険も増えています。

    また病院でわざわざ診断を受けなくても申し込めるタイプも多いため、過去の保険と比べると加入しやすくなっています。

    さらに一生涯保証が続くタイプも多いため、ずっと補償を持っておくことができます。

    ただ補償が手厚い分、一般的な医療保険やがん保険より保険料は割高であるため、注意が必要です。

    経営者におすすめの法人保険ランキング

    ここでは経営者におすすめの法人保険をランキング形式でお伝えします。

    紙面の都合上、保険の種類別ではなく、保険会社ごとのランキングをお伝えします。

    ①アフラック

    医療保険やがん保険に加入したい場合はCMでも知名度が高いアフラックがおすすめです。

    アフラックの法人向けの医療保険・がん保険は人気であり、一生涯の補償を持っておくことができます。

    またアフラックの医療保険やがん保険は保険料をあらかじめ払い込んでおくことで最短2年で保険料の支払いを完了させることができます。

    払い込みの時期を調節すれば引退した後の保険料の負担を抑えることもできるため、ゆくゆくは個人のために用いることもできます。

    ②日本生命

    日本の生命保険の中でもトップクラスの大手である日本生命も経営者におすすめできる保険です。

    日本生命の長期平準定期保険や傷害保障重点期間設定型長期定期保険といった長期的な貯蓄を行う保険は人気が高いものです。

    とりわけ長期平準定期保険の「スーパーフェニックス」は発売前からすでに評判を呼んでいるなど、かなり評価されています。

    販売されてからもスーパーフェニックスはランキングで上位を占めているなど、依然人気の高さを誇っています。

    長期的な貯蓄を目的にしているなら日本生命が選ぶことがおすすめです。

    ただ、日本生命の保険は長期的な払い込みが続くものであるため、計画的な運用が不可欠になります。

    加入する際には資金が必要となるタイミングをちゃんと計画しておくようにしておきましょう。

    ⑶エヌエヌ生命

    エヌエヌ生命は発売している様々なタイプの保険が人気ランキングの上位に入っており、コンスタントに良い保険を提供できている保険会社です。

    エヌエヌ生命が販売している保険は保険料を全額損金に算入できるタイプもあるなど、節税効果が非常に高いことが魅力的です。

    ただし全額損金に算入できるタイプの保険の中には解約返戻金が設定されていないタイプもあるため、注意が必要です。

    一方で解約返戻金が設定されているタイプの保険は解約返戻金の返戻率が高く、他の会社と比べて高水準で解約返戻金を得ることができます。

    節税効果や解約返戻金の点から考えると効率的に運用できるうえに高いリターンを期待できることがエヌエヌ生命の特徴だといえます。

    まとめ

    経営者保険は経営の際に発生するコストを抑え、いざという時の資金を確保するうえで有効的な資金調達の手段となります。

    しかし経営者保険はたくさんかければいいというものではありません。

    無駄に保険料をかければ、保険貧乏になりかねません。

    そういった事態を避けるためにも、資金が必要となる時期を見定め、効率的に運用できる範囲で経営者保険に加入するようしましょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら