M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
起業家の悩みとは?5つの悩みと解決方法

起業家の悩みとは?5つの悩みと解決方法

目次

    起業の悩み

    独立を掲げる人にとって企業は決して失敗できないものですが、起業に際しては様々な悩みを抱えがちです。

    その悩みを解決できなければ起業しても上手くいかなくなることは充分に考えられますし、起業自体できなくなってしまう恐れもあります。

    いかにして早い段階で起業に関する悩みを解決できるかが重要だといえるでしょう。

    今回はありがちな起業の悩みと、それに対する代表的な解決策についてお伝えします。

    起業の悩み①:資金不足

    起業の悩みである意味最も多いものといっても過言ではないのが「資金が足りない」です。

    資金が足りないと起業も経営も上手くいかない

    資金が足りないことは起業を行う人にとって致命的な障害だといえます。

    最近は会社を「1円起業」という言葉もあるように、起業に際して必要な資金が少なくなっているイメージがあるかと思います。

    しかし1円起業は起業それ自体にかかるお金が1円で済むわけではなく、あくまで資本金を1円からスタートさせることができるという意味です。

    起業に際して行われる手続きには費用が発生しまし、当然ながらその額は1円では済みません。

    個人事業主であれば開業資金は不要ですが、法人として会社を設立する場合、登記事項証明書や定款の提出などといった手続きの過程で発生する費用は諸々を合わせると25万円近くにまで膨れます。

    さらに事業を行っていくための設備や施設の購入、当面の運転資金や生活資金を加味すると数百万円単位の資金は必要になるでしょう。

    このように会社の設立のためには一定以上の資金が必ず必要となります。

    起業をする以上、ある程度資金を貯めてから行う人がほとんどだと思いますし、起業するために必要な資金が足りなくて起業を諦める…なんてことはないかと思います。

    しかし起業してからすぐに運転資金を確保できるだけの売上を出すことは難しいですし、起業したてであるならしばらく赤字経営が続くことがほとんどです。

    起業したてだと融資を受けることも難しいという点です。

    ほとんどの会社は運転資金の確保のために銀行などの金融機関から融資を受けるものですが、起業したばかりだと実績もないため社会的信用性がどうしても低くなってしまい、融資を受けることが難しくなります。

    これらの点を踏まえると、起業をする際には設立に要する資金のみならず、起業してから経営をしていくうえで必要な資金をいかに確保するかが重要だといえます。

    資金不足への解決策

    資金不足の解決策は決して少なくありません。

    起業したての会社は融資を受けることが難しいとお伝えしましたが、決して融資が使えないというわけではありません。

    最近は日本政策金融公庫の融資や商工会議所のマル経融資、自治体の融資など、起業したてで実績がない会社でも融資をしてくれる機関が増えています。

    こういった融資は低金利、無担保、無保証と借りる側にとっては嬉しい設定になっているうえに審査の期間も短いため、起業後の運転資金の確保にはもってこいです。

    さらに魅力的な会社に投資して経営のアドバイスをくれるエンジェル投資家や成長途上の会社を支援するベンチャーキャピタルといったものも資金不足の解決策となります。

    起業の悩み②:顧客や販路の開拓

    資金不足と並んで起業の悩みになりがちなのが顧客や販路の開拓です。

    起業したてで顧客や販路の開拓は難しい

    起業したてだとやはり顧客や販路の開拓は簡単ではありません。

    起業したばかりの会社は知名度が低いですし、ネットワークも持っていません。

    最初は自分の家族や友人、知人など身近な人間を顧客にしたり、地道な営業活動を通じて販路を開拓していくことになるでしょう。

    また顧客や販路の開拓は決して「やれはやるほどいい」といいわけでもありません。

    顧客が順調に増え、販路がどんどん広がっていくことはもちろん会社にとっては悪いことではありませんが、注文が増えすぎると対応できるだけ人的次元が不足したり、設備の限界を迎えてしまう可能性もあります。

    そうなればかえって会社の負担を増やしてしまうことになるでしょう。

    もし注文に対応できなくなれば、会社の信頼を落としてしまうことにもなりかねません。

    そうならないためにも、顧客や販路の開拓は計画的に、効果的に行うことが重要だといえます。

    顧客や販路の開拓の解決策

    顧客や販路の開拓は丁寧に、地道にやっていくことが一番です。

    依存し過ぎると逆効果ですが、最初は家族や友人、取引先のネットワークを生かして地道に顧客を増やし、販路を拡大しながら、適切な範囲での宣伝を行っていくことがベターな解決策だといえます。

    また昨今ではFacebookやTwitterのようなSNSを駆使して顧客や販路の拡大を行っているケースも多く見られます。

    業界によって手法は異なりますが、より幅広く、効率的に顧客や販路の開拓を行うのならインターネットは外せないツールだといえるでしょう。

    起業の悩み③:知識の不足

    知識の不足は起業経験がない起業家にとっては切実な悩みの一つだといえます。

    経営者に必要な知識はたくさんある

    起業して経営者になる以上、経営を行っていくうえで必要な知識は多くあります。

    法務・税務・財務などといった専門的な知識は普通なら外部の専門家に委託するのが一番ですが、起業したばかりで資金に限りがある状況であれば専門家に依存してばかりはいられませんし、それらの専門的な知識を請け負うバックオフィス業務を担当する部署も起業したてでいきなり充実させることはできません。

    程度は経営者自身で対応する必要があり、基本的な知識は身につけておくべきでしょう。

    法務・税務・財務などといった専門的な知識はいずれも簡単なものではなく、ある程度勉強しなければ身に着くものではありません。

    また、経営者である以上、株式や契約、経営戦略の手法など様々な知識も学ばなければなりません。

    どのような方針で、どのような舵取りで会社を動かしていくかはどれだけ知識を得ているかによって左右されるといっても過言ではありません。

    知識の不足の解決策

    知識の不足の解決策は、ただ書店で本を買って勉強する以外にも様々な方法があります。

    まずおすすめなのが経営や税務、法務、税務など様々な知識を教えてくれるセミナーを受けることです。

    セミナーというと経営コンサルティング会社がやっているような有料のものもありますが、商工会議所のような公的機関であれば無料で参加できるセミナーが開催されていることもあり、気軽に受けることができます。

    こういったセミナーではわかりづらい知識を丁寧に教えてくれるだけでなく、同業者や他の会社の経営者との出会いのきっかけにもなるため、ネットワークを広げるきっかけにもなります。

    忙しくてそういったセミナーに足を運べないという人も最近ではインターネットでセミナーの動画を公開していることもあるので、そういったものを活用するのもいいでしょう。

    起業の悩み④:従業員の雇用

    従業員の雇用も起業の際に悩みになりがちなものです。

    初めての従業員の雇用には注意

    起業した当初は経営者1人や数人の役員で業務を回すことが多いですが、業務が増えてくると従業員を雇い入れることになるかと思います。

    しかし初めて従業員の雇用を行う際には注意が必要です。

    そもそも従業員の雇用は意外と複雑なものです。

    待遇の設定や社会保険の手続きなど従業員の雇用に際して行わなければならないことは多くあり、いずれも適切に行わなければ採用した従業員に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

    また雇用する従業員の採用基準にも注意しておくべきでしょう。

    起業したばかりであるなら当然即戦力になるような人材が欲しいものですが、スキルに長けていても人間性がイマイチだったり、人間性が良くてもスキルがないといった従業員を採用してしまうと手間がかかるものです。

    雇用した従業員の育成や研修も決しておろそかにはできないものです。

    起業したばかりだと目の前の業務を片付けることで手いっぱいになり、育成や研修ができないために従業員のポテンシャルを伸ばせないといったことにもなりかねません。

    従業員の雇用は軽はずみに行わず、入念な準備をしたうえで行わなければなりません。

    従業員の雇用の解決策

    従業員の雇用の解決策はさきほどもお伝えしましたが、入念な準備をすることが重要です。

    従業員の雇用に際しては雇用契約書の作成、社会保険・労働保険の加入などといった重要な手続きが多くあります。

    これらの手続きをプロセスは従業員を雇い入れる前にしっかり把握しておいた方がいいでしょう。

    また待遇条件の設定も重要です。

    労働時間や休日の設定も重要ですが、どのようなインセンティブを得られるかも採用に応募する基準になることが多いです。

    中途採用を行う場合であれば、前の会社との待遇を必然的に比較されることになるため、自分の会社の事業の魅力だけでなく、どれだけの利益を与えられるかも精査した方がいいでしょう。

    採用基準に関してもただ履歴やスキルに固執せず、人間性や成長性、やる気など多角的な評価を加味したうえで設定すべきでしょう。

    採用に要する時間は決して長く取れないことが多いですが、それでもじっくり応募者と話をして相手の特性を引き出すように尽力しましょう。

    もちろん採用したらそれで終わりというわけではありません。

    採用した従業員のポテンシャルを引き上げるには研修や育成は欠かせないプロセスです。

    しかし業務上の都合で研修や育成に時間を割けないことは多いでしょう。

    最近は研修や育成のアウトソーシングを行っている会社も多く、商工会議所でも研修を請け負ってくれることもあります。

    それなりの料金はかかりますが、様々な会社を見てきた外部の人間だからこそ得られる知識は従業員のレベルアップに役立つでしょう。

    起業の悩み⑤:業績不振

    業績不振は起業家のみならず、どの会社の経営者でも悩みの種になるものかと思います。

    業績不振の原因は一つではない

    業績不振というと売上の減少などで発生するイメージがありますが、必ずしも原因がそれだけとは限りません。

    コストの増加や負債など会社の資金繰りをどのように行っているかも業績にダイレクトに影響してくるものです。

    つまり業績不振は会社が提供しているサービス・商品の売れ行きのみならず、日ごろからの経営者の資金繰りのやり方も原因になり得るといえます。

    そのため業績不振が発生したからといって、ひたすら設備投資や新商品開発に資金をかければ解決するというわけではありません。

    むしろ原因を読み違え、誤った解決策を講じれば業績不振に拍車をかけてしまうことにもなりかねません。

    業績不振を解決するにはまず冷静に原因を分析することが何よりも大事だといえるでしょう。

    そして時には経営者自身のこれまでの経営方法を反省することも大切なことです。

    業績不振の解決策

    業績不振の解決策は何よりもまず原因を見極めることです。

    単純に商品・サービスのヒットがなく、売り上げが落ちているなら設備投資や研究開発を積極的に行えばいいですが、それ以外の原因の場合はこの解決策では効果が薄くなってしまいます。

    まずは帳簿などをチェックし、会社の資金繰りに無駄はないかを徹底的に分析してみましょう。

    そこで確認された無駄を整理するだけで黒字に転換するケースは少なくありません。

    また売り上げが落ちているからといって従業員をこき使うだけでなく、逆に休ませたり、福利厚生を積極的に取り入れて環境を変えてみるのもいいでしょう。

    こうすることで従業員の作業効率や士気が向上し、業績アップにつながることもあります。

    もし原因がわからない、解決策が思いつかないという場合は経営コンサルティング会社や商工会議所のような機関に相談し、専門家のアドバイスを得るようにしておきましょう。

    まとめ

    起業の悩みはどれも重要なものであり、一つも怠ってはいけないものです。

    起業してから事業が軌道に乗るまで、経営者は様々な問題に行き当たり、その都度悩むことになるかと思います。

    しかし問題の中には経営者1人が悩んでも解決できないことも少なくありません。

    そんな時は専門的な知識に長けた相談相手を見つけ、悩みを話してみることも解決策を見つける糸口になるでしょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    お電話でのご相談
    03-6427-8841
    WEBから無料相談