2021年5月19日更新事業承継

かえでファイナンシャルアドバイザリーは独立系M&A仲介会社!評判・口コミは?

かえでファイナンシャルアドバイザリーは中小企業のM&Aを専門にしつつもクロスボーダーM&Aを数多く扱うなど、多種多様なM&Aを手掛けてきた実績のある会社です。報酬も完全成功報酬をベースにすることでリーズナブルになっています。

目次
  1. かえでファイナンシャルアドバイザリーは独立系M&A仲介会社
  2. かえでファイナンシャルアドバイザリーの業務内容
  3. かえでファイナンシャルアドバイザリーの会社情報
  4. かえでファイナンシャルアドバイザリーの口コミ・評判
  5. かえでファイナンシャルアドバイザリーと相性がよい経営者
  6. かえでファイナンシャルアドバイザリーの仲介手数料
  7. かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績
  8. かえでファイナンシャルアドバイザリーの年収・採用情報
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは独立系M&A仲介会社

M&A仲介会社は様々な業者がありますが、その中でもかえでファイナンシャルアドバイザリーは好意的な評判や口コミが多く集まっている業者の一つです。しかしそれだけでは、かえでファイナンシャルアドバイザリーがそのほかのM&A仲介会社とは異なることがわかっても、具体的にどの点が違うかわかりづらいです。

かえでファイナンシャルアドバイザリーにはあり他のM&A仲介会社にないことは、何なのでしょうか?今回はかえでファイナンシャルアドバイザリーの特徴や実績、そして評判や求人についてもお伝えしていきます。

※関連記事
M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

かえでファイナンシャルアドバイザリーの業務内容

かえでファイナンシャルアドバイザリーの業務内容は、大きく分けて以下の6つです。

事業承継M&A

かえでファイナンシャルアドバイザリーは事業承継M&Aの支援を重視しています。事業承継は昨今の中小企業の経営者にとって、重要な課題の一つです。これまでは後継者に事業承継を行っていましたが、最近は後継者不在のために経営者の引退が迫っていても事業承継ができないケースが急増しています。

中小企業にとって後継者がいないことは致命的な問題であり、事業承継できなければ会社は存続できません。そのため、M&Aを利用して第三者に事業承継を行う中小企業が増えており、新しい事業承継の方法として認知されています。

ただ、事業承継とはいえM&Aである以上、専門家のサポートは欠かせません。かえでファイナンシャルアドバイザリーは多くの事業承継M&Aをサポートしてきた実績から、有益なアドバイスやサポートを提供しています。

事業再生M&A

かえでファイナンシャルアドバイザリーが行うもう一つのM&Aアドバイザリー業務が、事業再生M&Aの支援です。M&Aは事業再生のために行われるケースもよくあります。負債や業績低下の影響で経営不振に陥っている会社にとってM&Aは非常に有効的な解決策になります。

M&Aで大企業に買収されるとその資本の傘下に入るため、経営基盤を強化できます。とりわけ資産や融資に限界がある中小企業は経営不振に陥ると脱却が難しくなるため、M&Aは重要な打開策です。

かえでファイナンシャルアドバイザリーはクライアントの会社状況を適切に把握しつつ、着実に経営状態を回復するための理想的なM&Aの実現を支援します。

PMIコンサルティング

PMIコンサルティングも、かえでファイナンシャルアドバイザリーが行っている業務の一つです。PMI(Post Merger Integration)とは経営統合を意味し、M&A後に買い手の会社と売り手の会社が経営統合を行うプロセスをさします。

このPMIは非常に重要で、これ次第でM&Aによるシナジー効果の発揮が左右されます。しかし、中小企業のM&AではこのPMIが軽視されることが多く、M&Aが失敗するケースも少なくありません。

かえでファイナンシャルアドバイザリーはM&Aアドバイザリーの過程でPMIを踏まえて計画を策定するため、クライアントの会社の経営統合を円滑に進めます。

株価算定

かえでファイナンシャルアドバイザリーは株価算定も行っています。上場企業にはあまり必要のないプロセスかもしれませんが、非上場中小企業の株式株価は不明なことが多く、経営者自身も把握していないケースも少なくありません。

事業承継やM&Aの場面では、株価は重要なファクターです。そのため、正確に算定する必要があります。かえでファイナンシャルアドバイザリーは多角的に会社の情報を分析し、的確に株価を算定していきます。

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスはデューデリジェンスの一種であり、財務面から売り手の会社のリスクを精査するものです。デューデリジェンスはM&Aにおいて重要なプロセスの一つであり、M&Aの成功を左右するといっても過言ではありません。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは公認会計士や金融機関経験者が在籍しており、財務デューデリジェンスにおいて不可欠な専門家のサポートを提供しています。

ベンチャーM&A

昨今はベンチャー企業がM&Aを行うケースが増えていることもあり、かえでファイナンシャルアドバイザリーはベンチャーM&Aのサポートも行っています。ベンチャー企業にとってM&Aは、IPOに代わる新たな手段として多用されています。

また、大企業もベンチャー企業への投資を増加しています。M&Aや投資を考えているベンチャー企業や大企業にとって、かえでファイナンシャルアドバイザリーは優れたパートナーとなるでしょう。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

かえでファイナンシャルアドバイザリーの会社情報

かえでファイナンシャルアドバイザリーの売上と経営層について見ていきましょう。

売上

かえでファイナンシャルアドバイザリーは自社の経営利益などを公開していないため、売上がどれくらいあるのかは不明です。ただ、かえでファイナンシャルアドバイザリーは日本全国のみならず、世界各国からもM&Aの依頼を受けているM&A仲介会社であり、年間数百件の依頼に対応しています。

この点を踏まえると、かえでファイナンシャルアドバイザリーの売上はかなりのものだと予想できます。

経営層

かえでファイナンシャルアドバイザリーの経営層は代表取締役の佐武伸氏を始め、スタッフも公認会計士や税理士の資格を持つ人材で固められています。

M&Aにおいて財務・税務の知識は非常に重要であり、かえでファイナンシャルアドバイザリーは経営層から実際に業務に携わるスタッフまで全員がM&Aに対応可能だといえます。

かえでファイナンシャルアドバイザリーの口コミ・評判

かえでファイナンシャルアドバイザリーは国内外のM&A案件を手掛けていることもあり、口コミ・評判では幅広いジャンルのM&Aに対応してくれるM&A仲介会社という声が多いです。

また、かえでファイナンシャルアドバイザリーは完全成功報酬をベースにしているため、リーズナブルな料金体系や、膨大な情報を活かしてM&Aをサポートする点を評価する声もたくさんあります。

さらに、かえでファイナンシャルアドバイザリーはホームページで料金体系や業務内容を明瞭にしており、クライアントに対して親身にサポートを行う点を評価する口コミも多く見られます。

かえでファイナンシャルアドバイザリーと相性がよい経営者

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、成約するまで一切報酬を取らない完全な成功報酬制度を採用しています。着手金、月額報酬、中間報酬はかかりません。また、成功報酬の計算方法もホームページ上に明記してあるためわかりやすいです。

そのため、かえでファイナンシャルアドバイザリーは、できるだけ費用を抑えてM&Aを行いたい経営者におすすめです。

また、かえでファイナンシャルアドバイザリーはクロスボーダーM&Aも得意としています。クロスボーダーM&Aで海外進出を考えている経営者にも、適したM&A仲介会社だといえます。

かえでファイナンシャルアドバイザリーの仲介手数料

かえでファイナンシャルアドバイザリーは完全成功報酬制のM&A仲介会社であり、仲介手数料は以下のとおりです。

着手金

かえでファイナンシャルアドバイザリーは着手金を取らないM&A仲介会社です。着手金とはクライアントがM&A仲介会社に依頼した際に、成功報酬とは別に支払う料金のことです。着手金は手付金のようなものですが、これはM&Aの成功・失敗にかかわらず支払わなければなりません。

しかし依頼する立場からすると、着手金を支払うことはあまり気分がよいものではありません。成功するか失敗するかまだわからない時点なので、無駄になることもあるでしょう。かえでファイナンシャルアドバイザリーは着手金がないため、無駄になり得る出費を減らすことができます。

中間金/月額報酬

中間金は基本合意の段階でインセンティブ的な意味合いで支払われるものです。月額報酬はリテイナーフィーとも呼ばれる定額顧問料です。中間金も月額報酬も、着手金と同様にM&Aの結果によっては無駄な出費になる恐れがあります。

ただ、かえでファイナンシャルアドバイザリーは着手金と同様に中間金も月額報酬も発生しません。しかし、かえでファイナンシャルアドバイザリーは国内のM&Aと海外のM&Aで料金設定を変えており、海外のM&Aは中間手数料が発生することに注意してください。

完全成功報酬

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、完全成功報酬をベースにしています。完全成功報酬では、M&Aが成約した際の成功報酬のみを請求します。つまり、クライアントはM&Aが成功した場合のみ出費が発生するということです。

国内料金と海外料金の違い

海外でのM&AであるクロスボーダーM&Aを、かえでファイナンシャルアドバイザリーは積極的に請け負っていますが、完全成功報酬がベースになっている報酬体系は国内料金で、海外料金は設定が異なることに気を付けてください。

クロスボーダーM&Aの場合、かえでファイナンシャルアドバイザリーでは中間手数料が発生します。成功報酬とは別途ではなくその何パーセントかを前払いする形になるため、その後成功報酬を支払う際には中間手数料が差し引かれます。

ただ、海外出張の際に発生する交通費や宿泊費などの実費は、別途で支払う必要があるので注意しましょう。

※関連記事
M&Aにおける仲介手数料とは?相場やランキング、仲介手数料の種類を解説

かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績

かえでファイナンシャルアドバイザリーは中小企業のM&Aを専門とし、事業承継M&Aや事業再生M&Aにも対応していますが、業界・業種や会社の規模を問わず様々なM&Aも受注しており、中には上場企業も含まれています。

また、かえでファイナンシャルアドバイザリーはクロスボーダーM&Aも得意としており、海外進出を考えている企業にも心強い味方です。かえでファイナンシャルアドバイザリーは、あらゆるM&Aに特化しているといっても過言ではありません。

かえでファイナンシャルアドバイザリーはその実績が認められ、2019年にREFINITIVが発表した日本関連M&Aリングテーブルで2位を記録しました。前年の5位から大きくランクアップしています。みずほグループや野村證券などの有名企業よりも上位であり、その実績は確かだといえます。

※関連記事
クロスボーダーM&Aを成功させるには

かえでファイナンシャルアドバイザリーの年収・採用情報

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、2020年3月時点では会計・税務、事業継承M&Aアドバイザリー業務などが募集されています。

業務内容は、税務会計業務からM&Aアドバイザリーなどの各種コンサルティングまで幅広いです。月次監査、確定申告、税務相談、企業価値評価、財務調査、M&A仲介、成長支援、再生業務、ベンチャー企業のインキュベーションなど、経験や能力に応じた適切な業務が任されます

かえでファイナンシャルアドバイザリーの年収は、ホームページなどでは公表されていません。そのため、具体的な数字は不明です。ただ、以前の情報で中途採用の場合は月収が30万円程度となっている点や成果主義を掲げている点を見ると、年収は400万円を超えることが予想されます。

まとめ

かえでファイナンシャルアドバイザリーは中小企業のM&Aを専門にしつつクロスボーダーM&Aを数多く扱うなど、多種多様なM&Aを手掛けてきた実績がある会社です。報酬も完全成功報酬をベースにすることでリーズナブルにしているため、非常に頼りやすいM&A仲介会社だといえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?事業承継に活用するメリットを解説!

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?事業承継に活用するメリットを解説!

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継のに関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリッ...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では、合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)