2022年6月6日更新業種別M&A

アパレル業界のM&A!動向、事例20選を徹底紹介【2022年最新版】

アパレル業界の市場規模はほぼ横ばいで推移していますが、活発にM&Aが行われています。M&Aが活発化している理由はさまざまですが、経営戦略としてのM&Aが多く見受けられる状況です。本記事では、アパレル業界のM&A動向・事例などを中心に解説します。

目次
  1. アパレル業界の定義と業態
  2. アパレル業界のM&A・買収の最新動向
  3. アパレル業界でM&Aを行うメリット
  4. 2021年~2022年アパレル業界のM&A事例5選
  5. 2020年アパレル業界のM&A事例2選
  6. 2019年アパレル業界のM&A事例2選
  7. 2018年以前のアパレル業界のM&A事例4選
  8. 異業種によるアパレル業界のM&A事例7選
  9. アパレル業界のM&A・買収に積極的な企業
  10. アパレル業界のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

アパレルのM&A・事業承継

アパレル業界の定義と業態

アパレル業界とは、衣類(服)の製造・流通・販売を行う業界のことです。ここには、メーカーから服を仕入れて販売する小売店や、服のデザイン企画から流通までを行う会社など、さまざまな業態が含まれます。

一般的な服屋さんだけでなく多種多様なビジネスモデルがある業界である点が大きな特徴です。このうち企画・製造・小売までを一貫して行う形態は、「SPA」と呼ばれています。SPAとは、「Speciality store retailer of Private label Apparel」というビジネスモデルです。

たとえば、ユニクロのように、企画から小売までを一体的に行うビジネスモデルをさします。ニーズの動向をスムーズに製品に反映させられる点が主な特徴です。

また、フクルという企業では、複数の会社が保有する生地やデザインなどをデータ化して、顧客が自分の好みに合わせて発注する「オーダーメイド型マスカスタマイズ生産」というビジネスモデルを確立させています。

これは、在庫リスクを最小限に抑えつつ顧客のニーズに対応できる点がメリットです。このように、アパレル業界といっても業態はさまざまであり、各々の強み・特徴は大きく異なっています。

特に、はやりやニーズに敏感になりがちな業界であるため、SPAのようなビジネスモデルがある点も大きな特徴だといえるでしょう。

アパレル業界の特徴

ここでは、アパレル業界の主な特徴を整理します。アパレル業界の代表的な特徴は以下のとおりです。

  1. 流通構造
  2. 季節とはやりに大きく左右される業界

①流通構造

まずは、基本的な流通の流れからです。アパレル業界の流通構造は、しばしば「川上」、「川中」、「川下」と表現されます。これは川の流れにたとえた流通構造であり、以下のようにそれぞれに異なる役割があるのです。

  • 川上:繊維素材の生産
  • 川中:素材から商品を生産
  • 川下:商品を消費者へ販売

各々の段階でメーカー・小売業者などが業務を行っていますが、最近ではこれらの企画・製造・小売を一貫して行うSPAの台頭も目立っています。

②季節とはやりに大きく左右される業界

服を扱う以上、アパレル業界は季節とはやりに大きく左右されます。まず季節について説明すると、基本的に夏服よりも冬服の方が単価は高くなる点が特徴的です。そのため、季節に応じた適切な販売戦略を策定しなければなりません。

また、アパレル業界には、特定時期にしか着ない服が売れ残った場合の在庫リスクもあります。インナーなどは、年間をとおして需要があるため戦略策定しやすい商品です。しかし、夏に着る半袖の服・冬に着るコートなど季節性のある服も、もちろん扱わなければなりません。

たとえば、冬用のコートが売れ残った場合、春以降どのように扱うかが問題となります。この場合、値引き販売などの対策が考えられますが、やはり在庫リスクは簡単には拭えません。

さらに、服のはやりは次々に変わるため、消費者の動向にも注意する必要があります。1年たっただけではやりが大きく変わったというケースも珍しくありません。はやりとニーズの動向をより正確に分析する必要がある点も、アパレル業界の大きな特徴です。

アパレルメーカー・小売店を取り巻く環境

さきほど少し触れましたが、最近のアパレル業界ではSPA(製造小売業)の台頭も目立っています。SPAは企画・製造・小売が一貫しているため、コストの安い海外で大量生産を行ったうえで小売の段階に持っていくことが可能になります。

また、川下である小売業が川上に進出するという形で、大手アパレルが低価格化や店舗展開などを積極的に行うようになっており、収益源の確保として海外展開を進める企業も現れました。

さらに、ECサイトと百貨店の動向にも大きな特徴が見られます。市場規模がほぼ横ばいとなっているのは、インターネットの急速な普及により、ECサイトでの販売が好調を維持している点も大きな要因です。そのため、大手のアパレル企業は、ECサイトでの販売に力を入れています。

一方で、インターネットによる購入が普及した現在では、百貨店での販売が低迷傾向です。インターネット上での購入でも以前よりもスムーズな配達が実現しているため、直接買いに行かなくてもよいと考える人も増加えてきました。

このように、販売チャネルが大きく変わろうとしている点も、アパレル業界の特徴的な動向といえます。

アパレル製造業を取り巻く環境

「川上」、「川中」であるアパレル製造業に該当するのが繊維産業です。経済産業省の「繊維産業の現状と経済産業省の取組」によると、繊維産業の現在の状況は以下のようになっています。

  • 2017(平成29)年時点の繊維産業の事業所数は1991(平成3)年の約4分の1に減少
  • 2017年時点の繊維産業の出荷額も1991年の約4分の1に減少
  • 国内企業の減少分を補うように輸入品の割合が上昇

これは、アパレルメーカー各社が製造コストを抑えるために、労働力が安価である海外に製造工場を設けたことが要因です。そこで、残った国内のアパレル製造業者は、大量生産品は受注せず、高品質で少数ロットの製品を多種受注する戦略を取っています。

日本のアパレル製造業者の品質の高さについては、海外のアパレルブランドからも評価を受け、国外からの受注を多く集めているメーカーも少なくありません。

コロナ禍がもたらした影響

2020(令和2)年から2022(令和4)年2月現在まで続く新型コロナウィルス感染拡大問題は、アパレル業界にも影響を及ぼしています。具体的には、テレワークによって外出・出勤が激減したため、ビジネス・フォーマルウェアの売上が大きく落ち込みました。

帝国データバンクの「2020年度 上場アパレル企業決算動向調査」によると、上場しているアパレル企業45社のうち8割(37社)が減収、赤字企業は24社となっています。大手企業であったレナウンは倒産してしまいました。

ただし、EC事業は伸びている会社も多かったり、テレワーク向けの新商品にも注目が集まったりなど各社選ら約転換を図っており、2021(令和3)年度は、6割の企業が増収増益を見込んでいます。

【関連】新型コロナで事業承継・譲渡が急増?買い手はいる?【失敗事例あり】| M&A・事業承継の理解を深める

アパレル業界のM&A・買収の最新動向

前章も踏まえ、アパレル業界のM&Aの最新動向について整理していきます。最近のアパレル業界では、販売チャネルの強化を目指したM&Aや、異業種も含めたM&Aの実施が多い点が特徴的です。

詳細は後述しますが、三井物産によるビギホールディングスの買収は、アパレル業界における代表的なM&A事例でした。このM&Aは、アパレル企業であるビギホールディングスが、三井物産の持つ物流などのネットワークを活用して販路の強化を目指した事例といえます。

その一方、三井物産はファッション・繊維事業において、販売・マーケティング事業に注力している企業です。そこでビギホールディングスの買収で、企画・販売プラットフォーム機能を強化しています。

このように、各々の目的を達成するため、異業種も含めたM&Aが加速している点がアパレル業界のM&Aに見られる特徴です。

販売チャネルやインターネットへの対応が急務

アパレル業界では競争の激化やインターネットを介した販売の急速な普及が起こっているため、販売チャネルの強化やインターネットへの対応が急務とされています。その一方で、特に中小規模のアパレル企業では、こうした対応を講じるのは難しいです。

しかし、M&Aを活用すればスピーディーに対応が取れるため、この点もアパレル業界においてM&Aが活発化している1つの要因となっています。

異業種のネットワーク活用や経営の安定化を図るためのM&A

アパレル業界のトレンドに対応するには、異業種が持つネットワークを活用する戦略も1つの方法です。たとえ異業種でも、資金力のある大手企業に買収されれば、大手傘下のもとで経営基盤を安定させられます。

これを実現するために、M&Aによる買収・売却が効果的な手法として注目されているのです。一例として、業績が低迷しているアパレル企業が資金力のある異業種の企業に買収されるM&Aは、典型的な事例といえます。

したがって、M&Aの際は、業種にこだわらず幅広い視野で相手探しを行うことも大切です。アパレル業界では、今後もさまざまな業種とのM&Aが増える見込みであることから、異業種企業のアパレル業界参入もますます増えると推測されます。

これに伴い、アパレル業界全体の動向が変わることも想定されており、近い将来、これに対応するためのM&Aも増える見込みです。

M&A相手の同業者・異業種企業を探す場合、経営者1人の力では限界があり、M&Aを進めるには、M&A・税務・会計・法律などさまざまな専門知識が必要です。そこで、M&Aをご検討中でしたら、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所にはM&Aに関する知識・経験が豊富なアドバイザーが多数在籍し、これまで培ってきたノウハウを生かしながらM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。相談料は無料となっておりますので、アパレル業界でM&Aを検討される場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

アパレル業界でM&Aを行うメリット

昨今のアパレル業界ではさまざまな目的でM&Aが増えておりますが、ここではM&Aにより受けられるメリットを整理します。売り手のメリットと買い手のメリットをそれぞれまとめました。

売り手のメリット

M&Aによって会社を売却する売り手のメリットは、以下のとおりです。

  1. 後継者不足問題の解決
  2. 経営基盤の安定化
  3. 創業者利益の獲得
  4. 個人保証や担保の解消
  5. 従業員の雇用維持

①後継者不足問題の解決

後継者不足に頭を悩ませている経営者は少なくありませんが、M&Aにより会社を売却すると別の経営者にバトンタッチできます。そのため、身内や社内に会社を引き継ぐ人がいない場合でも、後継者不足問題を解決できるのです。

②経営基盤の安定化

特に中小企業からすると、M&Aでの売却後に安定した経営基盤のもとで事業継続が可能です。M&Aで大手企業の傘下に入れば、財務面が安定します。また、大手企業(親会社)の持つネットワーク・ノウハウを生かせば、事業強化・事業エリア拡大につなげることも可能です。

また、販売チャネルの強化という面でも、大手企業からの買収を狙う戦略は有効策といえます。アパレル業界ははやりに左右される点が特徴ですが、大手のアパレル企業であれば扱う商品のバリエーションが多いため、いかなるはやりにもある程度、対応できるからです。

さらに流通体制が整っていれば、はやりへの対応をスムーズに進められます。これらの強みを得るために、大手企業の傘下入りを目指すという考え方もあるのです。

③創業者利益の獲得

会社を売却すれば、それに見合った対価が支払われます。つまり、創業者や経営者はそれだけの利益を獲得でき、将来の資金に充てられるのです。M&Aでは、単に廃業しただけでは得られなかった利益を獲得できます。

④個人保証や担保の解消

アパレル企業では、起業時や設備投資など経営に必要となる資金を借入により賄っている会社も少なくありません。中小企業では、経営者が個人保証や担保を差し入れて融資を受けているのが実情です。

M&Aで会社売却(株式譲渡)した場合、債務は買い手は引継がれるため、個人保証や担保は解消されます。ただし、事業譲渡というM&A手法の場合、債務は引き渡せません。そのため、M&A仲介会社などからアドバイスを受けてM&Aを実施することが肝要です。

⑤従業員の雇用維持

会社を廃業すると、これまで一緒に働いてきた従業員を解雇する必要があります。しかし、M&Aで会社を売却すれば、基本的に自社従業員の雇用も引き継がれるため、雇用を心配する必要がなくなるのです。

ただし、従業員が安心して継続的に働けるよう雇用内容を変えないことを、M&Aの条件として相手側に提示し了承を得ましょう。

買い手のメリット

会社を買収する買い手のメリットとしては、以下のものが挙げられます。

  1. 事業エリアの拡張
  2. 事業規模の拡大
  3. 優秀な人材の確保

①事業エリアの拡張

同じアパレル業界の会社が買い手となる場合、売却側が持っていた事業エリアをそのまま取り込めます。また、異業種の企業がアパレル企業を買収する場合、比較的簡単に新規事業への参入を果たせる点も大きなメリットです。

自社のみで事業エリアを拡張したりゼロからアパレル業界に参入したりするよりも、アパレル企業をM&Aにより買収する方がはるかに効率的だといえます。

②事業規模の拡大

取り扱う服のバリエーションが多い大手のアパレル企業であっても、特定分野の服に弱いというケースが見られます。そこで、特定分野の服に特化したアパレル企業を買収すると、簡単に弱点を強化できるのです。これは、アパレル企業同士のM&Aで得られるメリットです。

最近では、販売チャネルの強化を目的にアパレル企業が同業他社を買収する事例も多く見られます。たとえば、インターネットに特化しているアパレル企業を買収すると、自社の販売チャネルを大幅に強化可能です。

近年のアパレル業界では、EC分野の強化は必須といっても過言ではありません。仮にインターネットへの対応を検討している場合、M&Aによる買収を利用すればゼロから構築する手間を省略できます。

③優秀な人材の確保

事業エリアや規模を拡大させても、それを支える人材がいなければうまく機能しません。M&Aで優秀な人材がいる会社を買収できれば、売り手企業の人材をそのまま自社グループの従業員にできます。

人材育成は多くの企業で課題とされますが、育成には時間も費用もかかるため、即座に結果は表れません。この問題を解決する方法としても、M&Aは有効な手法です。

【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介| M&A・事業承継の理解を深める

2021年~2022年アパレル業界のM&A事例5選

アパレルのM&A・事業承継
アパレルのM&A・事業承継

ここでは、2021年から2022年にかけて実施されたアパレル業界関連のM&A事例を紹介します。

  1. キムラタンによる和泉商事の完全子会社化
  2. ワールドによるナルミヤ・インターナショナルの連結子会社化
  3. アダストリアによるゼットンの連結子会社化
  4. ベルーナによるセレクトの完全子会社化
  5. C Channelによる子会社マキシムの株式譲渡

①キムラタンによる和泉商事の完全子会社化

2022年2月、キムラタンは、和泉商事の全株式を取得し完全子会社化することを発表しました。取得予定日は同年4月、取得価額は公表されていません。キムラタンは、ベビー・子供服の企画・生産・販売などを行っています。和泉商事は、不動産賃貸業を行っている企業です。

キムラタンは、少子化などを背景とする近年の主力事業の不振により、新たに不動産事業に注力することを決定しています。

②ワールドによるナルミヤ・インターナショナルの連結子会社化

2022年2月、ワールドは、TOB(株式公開買付け)を実施しナルミヤ・インターナショナルを連結子会社化しました。ワールドは、従前よりナルミヤ・インターナショナルの株式25%を所有していましたが、これをTOBで51.59%に引き上げたものです。

TOBでの取得価額は33億900万円でした。ワールドは、衣料品の販売事業とそれに関するブランド事業、デジタル事業、プラットフォーム事業を行うグループの持株会社です。ナルミヤ・インターナショナルは、ベビー・子供服の企画販売を行っています。

ワールドとしては、連結子会社化することで従前よりも多岐にわたってシナジー効果が得られると判断しました。

 

③アダストリアによるゼットンの連結子会社化

2021年12月、アダストリアは、ゼットンとの間で資本業務提携契約を締結し、最終的に連結子会社化することを発表しました。まず、ゼットンは第三者割当増資を同年同月に実施し、アダストリアはこれを12億9,225万5,800円で引受けています。

アダストリアが取得した株式数は全体の25.14%です。そして、アダストリアは2022年1月から2月にかけてTOBを実施し、合計で51%分の株式を取得しゼットンを連結子会社化する計画となっています(記事執筆時点ではTOBの結果は出ていません)。

TOBの予定買付け代金は15億8,500万円です。アダストリアは、グループ子会社13社(海外子会社含む)の体制で衣料品・雑貨などの企画・製造・販売を行っています。ゼットンは、飲食店などの経営・開発・コンサルティングを行っている企業です。

アダストリアとしては、顧客層への多様なライフスタ イル提案の一環として、飲食事業に参入する機会を獲得することで、相互に企業価値向上が得られると判断しました。

④ベルーナによるセレクトの完全子会社化

2021年8月、ベルーナは、セレクトの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されていません。ベルーナは、総合通販事業、化粧品健康食品事業、グルメ事業、ナース関連事業、データベース活用事業、呉服関連事業、プロパティ事業などを行っています。

セレクトは、30代女性向け中心の人気アパレルECサイト「Pierrot(ピエロ)」を運営している企業です。ベルーナとしては、グループ全体での事業拡大とシナジー効果による企業価値向上が図れるとしています。

⑤C Channelによる子会社マキシムの株式譲渡

2021年3月、C Channelは、完全子会社であるマキシムの株式29.3%をNext Mホールディングスに譲渡しました。譲渡価額は公表されていません。C Channelは、メディア事業、eコマース事業、海外事業を行っています。

マキシムは、Eコマース、リアル店舗運営、アパレル商品企画卸、アプリケーション開発運営、メディア運営、WEB構築などを行っている企業です。Next Mホールディングスは、代表者がマキシムの代表者と同一人物で、株式・有価証券の保有・運用・管理を行っています。

C Channelとしては、今後の事業拡大に向けた手元資金確保のために株式譲渡を実施しました。

【関連】不動産仲介業界のM&A動向は?売却・買収事例、売る・買うメリット、費用の相場も解説| M&A・事業承継の理解を深める

2020年アパレル業界のM&A事例2選

ここでは、2020年にアパレル業界で行われたM&A事例を紹介します。

  1. TSIホールディングスによる3ミニッツのアパレル事業の譲受
  2. 花菱縫製によるメルボグループの生産・販売事業の統合

①TSIホールディングスによる3ミニッツのアパレル事業の譲受

2020年8月、TSIホールディングスは、M&Aにより3ミニッツのアパレル事業を譲受しました。事業取得価額は非公開とされています。買収側のTSIホールディングスは、東京都港区に本社を置くアパレル企業です。

幅広い顧客層のさまざまなニーズに応えるブランドポートフォリオ経営を推進しており、中期経営計画では「デジタル企業化」を重点領域として掲げています。売却側の3ミニッツのアパレル事業「ETRÉ TOKYO」は、アパレル商品企画販売事業です。

自社Eコマースを主要販路にしつつ、ファッションインフルエンサーをクリエイティブディレクターに起用しています。また、SNSなど新たなデジタルメディアをコミュニケーションツールとして活用するマーケティング手法により、20~30代女性を中心に支持を広げてきました。 

本件M&Aの目的は、SIホールディングスグループの持つ商品企画開発力をはじめとする生産物流および海外の事業インフラなどの活用を推進し、アパレル事業の成長スピードを加速化させることです。

②花菱縫製によるメルボグループの生産・販売事業の統合

2020年3月、三井松島ホールディングスは、連結子会社でオーダースーツ事業を展開する花菱縫製と、メルボ紳士服工業などを展開するメルボグループにおけるオーダースーツ事業の生産・販売部門を統合すると発表しました。

花菱縫製は1935(昭和10)年に創業され、オーダースーツ生産の工業化を成功させた日本初の企業として高い知名度を誇っています。一方のメルボグループは、「麻布テーラー」、「TAILOR FIELDS」などのスーツブランドの展開や、2つの生産工場の運営などを手掛けてきました。

本件M&Aの目的は、昨今オフィスウェアのカジュアル化が進み、スーツ事業の経営環境が厳しくなる中で、オーダースーツ事業の競争力を強化させることです。

【関連】アパレル・雑貨小売業におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説| M&A・事業承継の理解を深める

2019年アパレル業界のM&A事例2選

ここでは、2019(平成31、令和元)年に実施されたアパレル業界のM&A事例を紹介します。

  1. ナルミヤ・インターナショナルによるハートフィールの子会社化
  2. アングローバルによるアンドワンダーの子会社化

①ナルミヤ・インターナショナルによるハートフィールの子会社化

2019年3月、ナルミヤ・インターナショナルは、ハートフィールの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は7億900万円と発表されています。買い手であるナルミヤ・インターナショナルは、子供向けのアパレル事業を中心に手掛ける企業です。

一方、売り手となったハートフィールは、子供用衣料品や服飾雑貨の企画・生産・販売などの事業を中心に展開しています。2010(平成22)年の設立以来、小中学生男児向けのアパレルブランドにおいて自社eコマースを中核としながら事業を展開してきました。

本件M&Aの目的は、男児に向けたアパレルブランドを育成させることです。

②アングローバルによるアンドワンダーの子会社化

2019年1月、TSIホールディングスのグループ会社であるアングローバルは、アウトドアブランド「アンドワンダー」の全株式を取得し完全子会社化すると発表しました。株式取得価額は非公開とされています。

買い手のアングローバルは、TSIホールディングスのグループ会社であり、婦人服・紳士服・服飾品の企画・製造・輸入・販売(小売および卸売)などを手掛けている企業です。

売り手のアンドワンダーは、人気ブランド「andwandar」を保有しています。アウトドアウェアおよびギアを主軸に事業展開しています。本件M&Aの目的は、ブランドのさらなる成長を促進させることです。

【関連】アパレルの事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

2018年以前のアパレル業界のM&A事例4選

ここでは、2018(平成30)年以前に実施されたアパレル業界のM&A事例を紹介します。

  1. TSIホールディングスによるHUF Holdings, LLCの子会社化
  2. スタートトゥデイによるVASILYの子会社化
  3. ジャパンイマジネーションによるスタニングルアーのアパレル事業の譲受
  4. ライザップグループによるジーンズメイトの子会社化

①TSIホールディングスによるHUF Holdings, LLCの子会社化

2017(平成29)年11月、アパレル企業のTSIホールディングスは、30カ国に展開しているブランド「ハフ(HUF)」の企画販売を手掛けるHUF Holdings, LLCの株式90%を取得し子会社化することを発表しました。

同年12月に、HUF Holdings, LLCはTSIホールディングスの傘下となっています。こちらは、日本と海外のアパレル企業によるM&A事例として有名です。「ハフ」は米サンフランシスコ発のスケートブランドとして、アメリカや欧州を中心にグローバル展開をしているブランドとなります。

この「ハフ」を手掛けるHUF Holdings, LLCの子会社化により、TSIホールディングスは海外事業の拡大につなげられました。なお、TSIホールディングスの子会社であるジャックは、以前より「ハフ」の国内販売権を取得しており、2015(平成27)年から販売代理店として運営しています。

この2年間の協業もあり、TSIホールディングスとHUF Holdings, LLCは密接な関係にありました。HUF Holdings, LLCとしても、TSIホールディングスの事業モデルを取り入れて、さらなる業績の拡大につなげたい考えです。

②スタートトゥデイによるVASILYの子会社化

2017年10月、「ZOZOTOWN」の運営会社スタートトゥデイ(現ZOZO)は、VASILYの全株式を取得して完全子会社化することを発表しました。この事例は、アパレル業界の中でも、特にIT分野に特化したM&Aとして大きな特徴があります。

売却側のVASILYは、「IQON(アイコン)」などのファッションメディアの運営や、ソフトウェアの受託開発などが事業内容です。一方、買収側のスタートトゥデイは、ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の運営で有名な企業でしょう。

VASILYの完全子会社化により、スタートトゥデイはVASILYの開発技術をさまざまな分野で応用できるようになりました。VASILY側では、ZOZOTOWNのデータを生かしつつ技術力と合わせて、幅広い事業展開を実現しています。

③ジャパンイマジネーションによるスタニングルアーのアパレル事業の譲受

2017年3月、アパレル企業のジャパンイマジネーションは、瀧定大阪の子会社であるスタニングルアーのアパレル事業を譲り受けることを発表しました。

その後、スタニングルアーのアパレル事業を、ジャパンイマジネーションが同年3月10日に設立した新会社スタニングルアーが譲り受けています。この事業譲渡により、ジャパンイマジネーションは、ウィメンズブランド「スタニングルアー」の全事業を運営することになりました。

この事例は、アパレル企業が同業他社の事業を譲り受けたケースとして有名です。ジャパンイマジネーションは、20代女性をメインターゲットとした「セシルマクビー」などのブランドを展開しています。

④RIZAPグループによるジーンズメイトの子会社化

2017年1月、フィットネスクラブ「RIZAP(ライザップ)」の運営会社であるRIZAPグループは、カジュアル衣料専門店のジーンズメイトを子会社すると発表しました。これにより、TOBによる取得と第三者割当増資の引き受けを行っています。

本件M&Aに伴い、RIZAPグループは同年2月にジーンズメイトを連結子会社化しました。業績不振が長期化していたジーンズメイトは、ライザップグループ傘下のもとで業績の立て直しを目指しています。

一方、アパレル関連事業に進出していたライザップグループでは、ジーンズメイトの子会社化により、アパレル事業の拡大・強化を図る考えです。

【関連】ライザップによる買収・M&Aとは?買収事例やM&A戦略について解説| M&A・事業承継の理解を深める

異業種によるアパレル業界のM&A事例7選

ここでは、異業種企業がアパレル業界企業との間で実施したM&A事例を紹介します。

  1. アスコによるネクスプレミアムグループの買収
  2. EPSホールディングスによる尚捷集團控股有限公司の子会社化
  3. ヤフーによるZOZOの買収
  4. 北興化学工業による村田長の買収
  5. サイバーステップによるECライフコーポレーションの買収
  6. マーチャント・バンカーズによるケンテンの買収
  7. 三井物産によるビギホールディングスの買収

 

①アスコによるネクスプレミアムグループの買収

2021年11月、ネクスプレミアムグループの完全親会社であるネクスグループより、ネクスプレミアムグループの全株式をアスコに譲渡する基本合意書締結が発表されました。ネクスプレミアムグループは、子会社2社も含めアパレル事業を行っています。

アスコは飲食業、サービス業を行っている企業です。ネクスグループとしては、新型コロナウィルス感染拡大問題の渦中において、グループ内の事業の選択と集中を検討した結果、業績不振であるアパレル事業会社の売却を決めた模様です。

②EPSホールディングスによる尚捷集團控股有限公司の子会社化

2021年4月、EPSホールディングスは香港のの尚捷集團控股有限公司(Speed Apparel Holding Limited)株式75%を取得し子会社化しました。取得価額は3.705億香港ドル(当時の為替レートで約51億8,700万円)と発表されています。

EPSホールディングスは、医薬品・医療機器の開発サポートなど医療分野におけるさまざまなサポート事業を中心に行うグループの持株会社です。尚捷集團控股有限公司は、香港を拠点としてアパレルのサプライチェーン・マネジメント・サービス事業を行っています。

EPSホールディングスとしては、新規事業進出に向けたM&Aの実施です。なお、尚捷集團控股有限公司は、同年5月に商号をEPS 創健科技集團有限公司(EPS Creative Health Technology Group Ltd.)に変更しました。

③ヤフーによるZOZOの買収

2019年9月、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」を運営するヤフー(現Zホールディングス)は、ZOZOに対してTOBによる買収を行うと発表しました。この事例は、各分野でともに知名度の高い大手企業のM&Aとして有名です。

本件買収により、同年11月、ZOZOはヤフーの連結子会社となりました。ヤフーでは、ZOZOの運営するZOZOTOWNにより、PayPayモールにおけるシナジー効果を獲得しています。ZOZOとしても、ヤフーユーザーを取り込みやすくなりました。

また、それぞれの企業では顧客層が異なっており、M&Aによる効果で、2社の利用者や会員数の大幅な増加が期待されています。さらに、ZOZOTOWNの決済方法にPayPayが追加されることで、購入者の利便性向上にもつながりました。

④北興化学工業による村田長の買収

2019年3月、北興化学工業は、村田長の全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されていません。北興化学工業は、農薬の製造販売事業、ファインケミカル(電子材料、医薬品原料、機能性セラミックス原料など)の製造販売事業などを行っています。

村田長は、産業用・衣料用繊維資材の販売事業を行っている企業です。北興化学工業としては、新たな素材製造販売事業に進出を果たすとともに、グループ内における多種のシナジー効果創出が期待できると判断しました。

⑤サイバーステップによるECライフコーポレーションの買収

2018年11月、サイバーステップは、ECライフコーポレーションの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されていません。サイバーステップは、オンラインゲームの開発・運営や3Dグラフィックエンジンの研究開発などを行っています。

ECライフコーポレーションは、アパレル製品の販売業を行っている企業です。サイバーステップとしては、Eコマース事業進出に向けて、ECライフコーポレーションのノウハウを獲得する狙いがあります。

⑥マーチャント・バンカーズによるケンテンの買収

2018年4月、マーチャント・バンカーズは、ケンテンの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されていません。ケンテンは、アパレル・雑貨の販売受託事業を行っている企業です。

マーチャント・バンカーズは、不動産への投資業務・M&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸・管理業務、宿泊施設・飲食施設・ボウリング場などの運営・管理などを行っています。マーチャント・バンカーズとしては、アパレル・雑貨の販売受託事業への進出が目的です。

 

⑦三井物産によるビギホールディングスの買収

2018年1月、三井物産は、「ヨシエイナバ」、「メンズ・ビギ」、「メルローズ」などの著名ブランドを擁するビギホールディングスの全株式を取得すると発表しました。

出資比率は三井物産などが出資するMSDファンドが66.6%・三井物産が33.4%とされ、同年2月に株式譲渡が行われています。売却側のビギホールディングスは1970(昭和45)年創業のアパレル企業で、日本を代表する著名ブランドを数多く擁していることで有名です。

M&A当時の年商は500億円ほどで、業界内でも大きな存在感を持っています。三井物産の傘下入りで、ネットワークを生かした海外展開による販路強化を図る考えです。買収側の三井物産は、「リテール・サービス」を成長分野の1つに定める総合商社です。

ファッション・繊維事業では、販売・マーケティング事業を最注力分野としています。ビギホールディングスの買収は、三井物産からすると企画・販売プラットフォームの機能強化として大きな意味を持つ行為です。

【関連】ヤフーの事業売却(M&A)とは?株式譲渡との違いや事例をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

アパレル業界のM&A・買収に積極的な企業

ここでは、アパレル業界の企業とのM&Aを積極的に検討している企業を一覧にして紹介します。

会社名 会社概要・強み
データセクション ・小売店設置のカメラよりAIで来店客を分析するサービスを展開
・アパレル業界の課題をデータ分析で解決に導く
・新規事業を世界20カ国で同時に展開中
・Win-WinのM&Aを目指す柔軟さ
ココラブル ・SNS広告、越境コマース、メディアまでさまざまな事業を推進
・新事業、新メンバーとの融合を多く経験
・文化的になじみやすい風土を持つ
フォース ・メインは日本酒を世界に輸出する事業
・IT技術、新たなビジネスモデルの事業を展開していきたい
・20年以上IT企業経営に携わった代表者が売り手の事業継続をサポート
・対象事業の拡大や効率化のサポートにも対応可能
バリュエンスホールディングス ・時計、バッグ、ジュエリーを中心とするブランド品のリユース業を展開
・一般客向け買取店および業者向けオークションを運営
・リユース業界の常識を打ち破るCtoBtoBのビジネスモデルを構築
Logos&Pathos Consulting ・メイン事業は経営コンサルティング
・コンサル会社向けソリューション開発、M&Aアドバイザリー、CVCのほか、農業や健康食品などの新規事業開発にも取り組む
・フレームワークによる経営コンサルではなく、実行支援を得意とする

【関連】日本酒業界のM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説| M&A・事業承継の理解を深める

アパレル業界のM&Aまとめ

アパレル業界では、市場縮小への懸念や競争激化などを理由にM&Aが増加しています。異業種からの参入、競争力の強化など、さまざまな目的でM&Aが活発化している点がアパレル業界の大きな特徴です。

特にインターネットへの対応が求められていることから、販売チャネルの強化を目指したM&A事例も多く見られます。このようなケースでは異業種の持つネットワークの活用が効果的であるため、異業種とのM&Aを実施するアパレル企業も少なくありません。

また、競争が激化しているため、事業領域や事業規模の拡大を目的にM&Aを行うケースも増加傾向にあります。同業者同士のM&Aが加速すれば業界再編も進むでしょう。双方のノウハウを生かして高いシナジー効果が発揮されると、業界の活性化にもつながります。

M&Aは「市場縮小になんとか対応する」ための行為ではありません。市場縮小を打開し、業界の活性化につなげられるのがM&Aの特徴になります。昨今のアパレル業界は確かに厳しい状況が続いていますが、まだまだ将来性もある業界です。

こうした現状を打破するためにも、M&Aを選択肢の1つとして考えることに大きな意味があります。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響で、認知症高齢者グループホームなどの介護事業所の経営が悪化し廃業危機にひんしている事業者が増加中です。本記事では、グループホームを廃業するよりM&Aによる売...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

今後、調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きが見られます。本記事では、調味料・食品...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A...

調剤薬局・会社の身売り(M&A・事業承継)は大手に?理由、メリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局・会社の身売り(M&A・事業承継)は大手に?理由、メリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や大手薬局のM&A動向、身売りを検討す...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

アパレルのM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)