2020年3月29日公開会社・事業を売る

インターリンクってどんなM&A会社?【評判/事例/実績あり】

インターリンクはM&Aの仲介会社の一つです。提案型のM&A会社で、買収側と譲渡側の両方から独立した視点でアドバイスします。この記事では、インターリンクの特徴や評判、事例を紹介していきます。M&A仲介会社の利用をお考えの方は、是非とも参考にしてください。

目次
  1. インターリンクとはどんなM&A会社
  2. インターリンクのポリシー
  3. インターリンクの特徴・サービス
  4. インターリンクの評判
  5. インターリンクの料金体系
  6. インターリンクの事例・実績
  7. インターリンクと比較したいおすすめのM&A仲介会社
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

インターリンクとはどんなM&A会社

インターリンクとは

インターリンクは、提案型のM&A仲介会社です。会社名にもなっている「インターリンク」は、「繋ぐ」という意味です。

この意味通り「繋ぐ」ことにこだわり続け、豊富な経験と洗練されたノウハウでM&Aをサポートしています。

インターリンクは、買収側と譲渡側に対して積極的に独自的な提案をして、M&Aを促進させており、社会に潜在しているM&Aニーズを、少しずつ顕在化させています。

買収側と譲渡側にとって信頼できるM&A仲介会社として存在しているといえるでしょう。

インターリンクのポリシー

インターリンクのポリシー

インターリンクは、業種を問わずさまざまなM&Aニーズに応え、M&A案件を成立させています。

この章では、事業規模に関係なく買収側と譲渡側に対して信頼関係を築くことができる、インターリンクのポリシーを紹介します。

【インターリンクのポリシー】

  1. 顧客至上主義
  2. 行動重視主義
  3. 成功重視主義
  4. 一意専心

1.顧客至上主義

買収側と譲渡側の双方の間に立ち、インターリンクが絶対的な信頼を気づくことで、M&Aを成立させることができるという考えを持っています。

そのために双方と密なコミュニケーションをとり、ニーズを徹底的に理解することに努めています。時間をかけながらも、顧客に対して真正面から向き合うことを大事にする姿勢がうかがえます。

2.行動重視主義

インターリンクは、買収側と譲渡側に対して信頼を築くため時間を大事に使う意識を持ち、クイックレスポンスや軽いフットワークを重視しています。

その理由は、M&Aを成立させるために最高のタイミングを逃さないためです。たとえ、よい組み合わせであっても、タイミングを逃してしまうと売却価格が半分以下になる場合があります。逆に、最適なタイミングであれば、売却価格が高くつくケースもあります。

最適なタイミングを掴むためにインターリンクは迅速に動き、行動で結果を出していきます。インターリンクは、行動せずに顧客の考えを否定することは絶対にしないというポリシーを持っています。

3.成功重視主義

案件が成立してはじめて顧客の利益に繋がることを信念に、一つの案件に集中して取り組む主義です。

協力を顧客に対して呼び掛けることもありますが、M&A成立までに現れる障害を協力して乗り越えていくことができるという考えを持っています。

4.一意専心

インターリンクは、生涯一M&AマンとしてM&A仲介業務に徹することを誓っています。仲介業務を続けるうえで、インターリンクの役員と顧客が生涯付き合いを持っていく覚悟を決めています。

M&Aに対するニーズが時代によって変化していく中でも、変化に対応しながらM&A成立に携わり、結果を出すために諦めない姿勢を貫きます。

インターリンクの特徴・サービス

インターリンクの特徴

インターリンクには、どのような特徴やサービスがあるのでしょうか。この章では、インターリンクの6つの特徴・サービスを紹介します。

【インターリンクの特徴・サービス】

  1. M&Aの企画・立案
  2. クロージングまでのトータルサポート
  3. 提案型のM&A会社
  4. 仲介型のM&A会社
  5. 独立・中立系のスタンス
  6. 各種分野に精通するプロ集団

1.M&Aの企画・立案

インターリンクは、独自のM&Aの企画を提案しています。顧客と綿密に情報交換を行い、企業内容・事業特性・ニーズを理解します。また、買収側と譲渡側では、提案する詳細が変わります。

【買収側】

  1. M&A戦略での目的、対象分野、想定されるターゲットの検討
  2. 買収戦略を活用できる分野と初期的な企業の絞り込み(必要な場合はリスティングも含めて検討する。)
  3. 買収側のニーズに合わせたM&Aの基本構想
【譲渡側】
  1. 譲渡理由を明確化
  2. M&Aの実現可能性やM&Aの問題点の初期的な想定
  3. M&A以外の選択肢と比較
  4. 譲渡側のニーズに合わせたM&Aの基本構想

2.クロージングまでのトータルサポート

インターリンクは、M&A案件の総合プロデューサーとして、クロージングまでトータルサポートをします。

M&Aの企画・立案から実現可能性に関する調査・分析、相手企業の選定・アプローチ、交渉の調整や仲介、交渉のアドバイスからクロージングまで、全てのプロセスにおいてサポートを行います。

3.提案型のM&A会社

インターリンクは、独自の経験やノウハウを駆使して提案を企業に対して行い、M&Aを推進するコントローラーのような役割を果たします。

例えば、「会社売却に対して周りは否定的ではないのか」「この話を仲介会社に相談したらどのように言われるのか」などといった不安もあるでしょう。

提案型のM&A会社は、この感情によって潜り込んでしまっているM&Aニーズを表に出すことができるため、会社の成長を望んでいる人にとっては前向きに検討することができます。

4.仲介型のM&A会社

インターリンクはM&Aの提案を行いながら、買収側と譲渡側の双方の間に立って、M&Aのサポートを行います。

双方が直接情報交換を行うことによって、M&Aで想定される障害をインターリンクと顧客の間で相互理解を図ります。

アドバイザー同士の交渉の場合、交渉がとん挫したり、一方的な利益を求めてしまいスムーズに交渉が進まなかったりするケースもあります。

インターリンクは「仲介」の形をとることで、双方のニーズに対して応えられるように、顧客の心理を理解し、信頼関係を構築していきます。

5.独立・中立系のスタンス

インターリンクは、特定の顧客と特別な関係を持つことなく、M&Aを成立させることにのみ集中しています。

顧客に対して正面から向き合って、M&A成立までに現れる生涯を真剣に解決することに尽力します。

ポリシーである顧客至上主義を守るには、独立・中立系のスタンスは必須の条件としています。

6.各種分野に精通するプロ集団

前身である旧インターリンクからさらに遡ったM&Aブティックの時代より、数々のM&A案件を成立させています。

顧客との信頼関係を築き上げ、培ってきた経験とノウハウを活かして、業界の中でスペシャリスト集団である自覚を持っています。

さまざまな分野でM&Aを成立させており、自動車メーカーやドラッグストア業界など、分野に関係なく最高のパフォーマンスを発揮することができます。

【関連】事業譲渡・事業売却のよくある相談内容まとめ【相談先一覧あり】

インターリンクの評判

インターリンクの評判

インターリンクは、「M&Aの企画・提案だけでなく、交渉のコントローラーとしてサポートしてくれる頼もしい仲介業者だった」という口コミが多く見受けられます。

また、レスポンスの速さや機敏なフットワークなど、対応のよさも評価されているようです。

インターリンクの社員はM&Aに関する知識が豊富で、ニーズに合わせたM&A案件を立案してくれるため、クライアントも気軽にM&Aを進めることを可能としています。

インターリンクの料金体系

インターリンクの料金体系

インターリンクの手数料は、具体的に着手時の着手金と最終契約時に支払う成功報酬に分かれています。成功報酬額は、株式や資産などの移動総金額によって、手数料が変動します。

【インターリンクの手数料】

  株式・資産などの移動送金額 報酬率
T1 5億円以下の部分 5%
T2 5億円超~10億円以下の部分 4%
T3 10億円超~50億円以下の部分 3%
T4 50億円超~100億円以下の部分 2%
T5 100億円超の部分 1%

成功報酬額は「T1+T2+T3+T4+T5」によって決まります。なお、着手金は案件着手時に支払うので、M&Aが不成立で終わっても返金はされません。

【関連】M&Aは完全成功(成果)報酬の会社がオススメな理由7選!

インターリンクの事例・実績

インターリンクの事例

インターリンクの実績や事例について紹介します。インターリンクの利用を視野に入れている人にとって、実績や事例を判断材料にしたい人は多くないでしょう。インターリンクのM&Aの成功事例を3つ紹介します。

ドラッグストアの地方有力企業と大手グループによるM&A事例

一つ目の事例は、ドラッグストア同士のM&Aの事例です。山形県を中心に展開していた有力企業と全国展開を狙っていた大手グループの間で成立しました。

譲渡企業である前者は、単独での成長を目指さずに、大手グループの一員として発展していくことを望んでいました。逆に、譲受け企業の大手グループは、全国展開を進めるために、地元で活躍する企業の強い地盤を求めていました。

M&A成立により、大手グループの全国展開への促進、地元の地盤を更に強めることができ、お互いに発展することができました。

電子機械の製造業によるM&A事例

譲渡企業は設立40年の制御盤専業メーカーで、譲受け企業は配電盤関連機器の製造販売を行う企業でした。譲渡企業は、オーナーの加齢と更なる発展を目指すことを動機に、M&Aを望んでいました。

譲受け企業は、高い収益力を有していた、東証一部上場企業でした。譲受け企業では、更なる事業展開を図っていました。

インターリンクは、譲渡企業を東証一部上場企業の一員にすることで、両社が成長できることを提案して、M&Aが成立しました。

自動車関連の製造業によるM&A事例

譲渡企業は自動車関連製造業で、特殊車両の改造サービスを事業としていました。この分野において国内有数の企業でしたが、経済的に窮地に追い込まれていたため、民事再生手続きの申請を行っていました。

一方、譲受け企業は、タクシー事業や自動車教習所の事業などを展開していました。M&A成立により、譲渡企業に民事再生への支援を行うことができました。

インターリンクと比較したいおすすめのM&A仲介会社

インターリンクとの比較

M&A・買収・売却・事業承継をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、主に中小規模の案件を取り扱っており、M&A成約率は70%を誇ります。

M&A総合研究所では、案件ごとにアドバイザー・会計士・弁護士が就き、万全のサポート体制でクロージングまで支援いたします。

M&Aに対する専門知識と豊富な経験を活かしたサポートによって、スムーズかつ満足度の高いM&Aの実現が可能です。

料金体系は、レーマン方式による完全成功報酬制ですので、成約まで費用が発生いたしませんので、安心してご利用いただけます。

電話またはWebによる無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、M&A・買収・売却・事業承継をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

インターリンクのまとめ

インターリンクにはM&A仲介会社としてさまざまな特徴があり、多くのM&の実績で培ってきた経験やノウハウを活かして、最高のM&A成立を目指しています。

【インターリンクの主な特徴】

  1. クロージングまでトータルサポート
  2. 提案型の仲介会社
  3. 独立・中立系のスタンス
  4. 各種分野に精通するプロ集団
M&Aを成功させるためには、適切なサポートが受けられるM&A仲介会社を選ぶことが重要です。強みやサポート体制、料金体系は会社ごとに異なるため、比較検討してから決めるようにしましょう。

M&A総合研究所では、アドバイザー・会計士・弁護士のM&Aに精通した3名のフルサポート体制を採用しており、M&Aの成約率は70%、お客様満足度は91%と高い評価を得ています。

専属契約を結ばないので、M&Aのセカンドオピニオンとしてもご利用いただけます。M&Aをご検討の際は、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)