2021年6月8日更新会社・事業を売る

スピードM&Aとは?評判や案件内容、マッチング事例について徹底解説

スピードM&Aとは、株式会社アイデアルパートナーズが運営するM&Aマッチングプラットフォームであり、2018年のリリースから急成長している評判の高いサービスです。本記事では、スピードM&Aの評判や案件内容、マッチング事例などについて解説します。

目次
  1. スピードM&Aとは? 
  2. スピードM&Aを利用するメリット・デメリット 
  3. スピードM&Aの料金体系
  4. スピードM&Aの評判・口コミ
  5. スピードM&Aの案件内容・マッチング事例
  6. M&Aの相談は仲介会社がおすすめ
  7. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

スピードM&Aとは? 

スピードM&Aとは?

スピードM&Aとは、株式会社アイデアルパートナーズが運営するM&Aマッチングプラットフォームで、2018年のリリースから急成長しており高い評判を得ています。

本記事ではスピードM&Aの評判や案件内容、マッチング事例などを紹介しますが、まずはスピードM&Aの概要を解説します。

スピードM&Aの特徴

スピードM&Aでは売り手と買い手が直接交渉できるので、スムーズなやり取りができ迅速なM&Aが実現可能です。

また、スピードM&Aにはあらゆる規模の案件が掲載可能となっており、個人でも手の届くような小規模案件から大規模な案件まで幅広く探すことができます。

インターネットを通じてで全国の相手とマッチングが可能となるため、地域に縛られない案件探しができます。

スピードM&Aでは豊富な機能を持ったチャットを利用することができ、スピードM&Aのチャットには秘密保持契約締結機能やファイル添付機能が付いています。

スピードM&Aのターゲット層

スピードM&Aは、初めてM&Aを行う場合でも使いやすいよう工夫されているので、M&Aの始め方がわからないという人からわかりやすいという評判を得ています。

また、スピードM&Aでは早く会社を売りたいというニーズにも応えられる設計となっています。さらに、手数料を安く抑えたいというニーズにも対応しており、売り手側は手数料が完全無料、買い手側は成功報酬のみとなっています。

マイペースでM&Aを進めたい、周りの人に知られたくないといったニーズにも応えられるプラットフォームとなっています。

スピードM&Aのサービス内容

スピードM&Aの主なサービス内容は、M&Aマッチングプラットフォームの提供です。M&Aマッチングプラットフォームとは、M&Aの専門家を通さずにインターネットで直接売り手または買い手を探せるサイトをいいます。

近年はスモールM&Aの需要が高まっているため、M&Aマッチングプラットフォームに参入する大手M&A仲介会社も増えており、M&Aマッチングプラットフォームの質は向上しています。

スピードM&Aは、2018年にリリースされた比較的新しいM&Aマッチングプラットフォームですが、サービスの質の高さで評判を呼び急成長しています。

スピードM&Aを利用するメリット・デメリット 

スピードM&Aを利用するメリット・デメリット

スピードM&Aは高い評判を得ているM&Aプラットフォームですが、利用する際はメリットだけでなくデメリットを考慮しておく必要があります。本章では、評判の高いスピードM&Aを利用するメリットとデメリットを解説します。

メリット

スピードM&Aの利用者の口コミなどをみると、以下のようなメリットがあることがわかります。

【スピードM&Aを利用するメリット】

  1. ストレートにM&A相手とやり取りできる 
  2. 匿名性がある 
  3. 個人でも利用できそうな小規模案件が多い

1.ストレートにM&A相手とやり取りできる

専門家を通してM&Aを行う場合、売り手と買い手の間に専門家が入ってM&A相手とのやり取りする形が一般的です。専門家を通すため、その分M&A手続きに時間がかかったり手数料が高くなったりする場合もあります。

一方、スピードM&Aの場合は専門家を通さずにM&A相手と直接やり取りすることが可能なので、素早く会社を売りたい人や手数料を安く抑えたい人から好評を得ています。

2.匿名性がある

スピードM&Aの場合、M&A相手と匿名で交渉をスタートさせることができ、M&A手続きはM&A相手と直接完結させることができます。

周囲にM&A手続きを始めたことが伝わることなく進めることが可能であるため、スピードM&Aの匿名性と秘匿性は多くの利用者から良い評判を得ています。

3.個人でも利用できそうな小規模案件が多い

スピードM&Aには、個人でも手の届くような小規模案件も数多く登録されています。

近年はスモールM&A・個人M&Aが注目されるようになってきましたが、スピードM&Aであればそのような小規模の案件も探すことができるとの評判を得ています。
 

デメリット

一方、スピードM&Aを利用するデメリットとしては、以下の2点が考えられます。

【スピードM&Aを利用するデメリット】

  1. 大手仲介会社の提携ではない 
  2. 個人・スモールM&A狙いの買い手が多そう

1.大手仲介会社の提携ではない 

近年はスモールM&Aの需要急増に伴って、質の高いM&Aマッチングプラットフォームも増えてきました。

なかには大手仲介会社が運営しているM&Aマッチングプラットフォームもあり、M&Aマッチングプラットフォームの信頼性と評判は高まり続けています。

スピードM&Aも高い評判を得ているM&Aマッチングプラットフォームですが、運営会社である株式会社アイデアルパートナーズは2021年1月現在、大手仲介会社と提携してはいません。

そのため、もし大手M&A仲介会社からM&Aをサポートしてもらいたいと考えた場合でも、スピードM&Aを通してサポート依頼をすることはできないというデメリットがあります。

2.個人・スモールM&A狙いの買い手が多そう

スピードM&Aに限らずM&Aマッチングプラットフォームは小規模案件が中心であることが多いので、買い手も小規模案件狙いである可能性が高くなります。そのため、買い手の買収資金は小規模案に合わせられていることも少なくありません。

ある程度の売却金額を望むのであれば、M&AマッチングプラットフォームではなくM&A仲介会社に直接依頼したほうがよい場合もあります。

【関連】M&Aタイムス(M&A Times)とは?M&Aニュース配信量でNo.1

スピードM&Aの料金体系

スピードM&Aの料金体系

M&Aを行う際にかかる一般的な手数料には、以下の種類がありますが、スピードM&Aを利用する際はどのような手数料が必要になるのでしょうか。本章では、スピードM&Aの料金体系を解説します。

【スピードM&Aの料金体系】

  • 相談料 
  • 着手金 
  • 月額報酬 
  • 中間報酬 
  • 企業価値算定費 
  • 成功報酬

相談料

スピードM&Aでは、売り手・買い手とも相談料は無料となっています。スピードM&AのM&Aマッチングプラットフォームでは専門家を通さずにM&A相手と直接やり取りができますが、必要に応じてサポートを受けることもできます。

売却・買収の相談や案件登録のサポートに関する相談、企業価値算定に関する相談などは、M&Aコンサルタントに無料で行うことが可能です。

また、
スピードM&Aでは会員登録やメッセージのやり取り、マッチングといったサービスも無料で利用することができます。

着手金 

スピードM&Aでは、着手金も売り手・買い手ともに無料となっています。一般的に、着手金はM&Aの専門家と業務委託契約を結ぶ際に支払い、M&Aの専門家がサポートを行うための作業費に充当されます。

しかし、スピードM&Aの場合、M&Aマッチングプラットフォームの活用により作業費が抑えられているので、着手金は無料となっています。

また、小規模案件の利用者が多いM&Aマッチングプラットフォームの場合、着手金があると利用者にとっては大きな負担になってしまうので、スピードM&Aでは着手金が無料となっています。

月額報酬 

スピードM&Aでは月額報酬も売り手・買い手ともに無料です。月額報酬とは、専門家と顧問契約を結んでサポートしてもらう場合に毎月支払う手数料です。

しかし、スピードM&Aでは短期間でのM&A成約が多く、専門家にサポートを依頼しないことも多いので、月額報酬制はあまり意味を持たないため、スピードM&Aでは月額報酬も無料となっています。

中間報酬 

中間報酬とは、売り手と買い手の交渉がある程度まとまった、M&Aの中間段階で専門家に支払う手数料です。スピードM&Aでは、中間報酬も売り手・買い手ともに無料となっています。

中間報酬は、専門家がM&Aの中間地点までサポートしてきたことが無駄にならないよう、設定されている手数料ですが、利用者側にとってはメリットのないものです。

専門家を通さずにM&Aを進めることの多いスピードM&Aではなおさら意味がないため、中間報酬も無料に設定されています。

企業価値算定費 

スピードM&Aでは企業価値算定も無料で受けることができます。企業価値算定は、M&A価格をいくらに設定するか検討するうえで参考になります。

特に、売り手と買い手が直接交渉することの多いスピードM&Aでは、企業価値算定が特に重要となるので、売却希望額をいくらで設定すればよいかわからない場合は、企業価値算定を受けておくとよいでしょう。

成功報酬

成功報酬とは、M&Aが成約した場合に支払う手数料のことです。スピードM&Aの場合は売り手と買い手で手数料が異なります。

スピードM&Aは売り手の成功報酬は無料になっています。売り手は完全無料でM&Aを行うことができる点が評判を呼んでいます。

一方、買い手の成功報酬は以下のようになっており、
例えば、売買金額が5000万円の場合は「3000万円 × 5% + 2000万円 × 3% = 210万円」となります。
 
売買金額 手数料率
最低成功報酬 20万円
3,000万円以下の部分 5%
3,000万円超〜1億円以下の部分 3%
1億円超の部分 1.5%

【関連】M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

スピードM&Aの評判・口コミ

スピードM&Aの評判・口コミ

スピードM&Aにはさまざまなよい評判がありますが、なかでもM&Aの評判・口コミで多くみられるのは、登録の際のわかりやすさです。

M&Aを行う多くの人はM&A自体が初めての経験なので、登録時もさまざまな不安を覚えながら進めていくことになります。

M&Aでは難しい用語や考え方が多いので、利用者を集めてスムーズにM&Aを進めてもらうためにはわかりやすさが重要ですが、スピードM&Aの登録の仕方は直感的にわかりやすいという評判が多くみられます。

また、スピードM&Aの評判・口コミとして、小規模の案件が多いという評判もみられます。

【関連】レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

スピードM&Aの案件内容・マッチング事例

スピードM&Aの案件内容・マッチング事例

この章では、スピードM&Aに2021年1月現在登録されている案件の一例を紹介します。スピードM&Aには幅広い業種、事業規模の案件が多数掲載されており、日々案件数は増え続けているので、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

プリンの製造・販売

売上高 500万円〜1000万円
営業利益 0万円〜−100万円
譲渡希望価格 700万円

カラオケレストラン
売上高 2億500万円〜5億円
営業利益 0万円〜−100万円
譲渡希望価格 0円〜1000万円

スマホゲームアプリ
売上高 0万円〜100万円
営業利益 0万円〜100万円
譲渡希望価格 149万円

リラクゼーションサロン
売上高 3000万円〜5000万円
営業利益 100万円〜500万円
譲渡希望価格 2000万円〜

車両陸送事業
売上高 5億円〜
営業利益 3000万円〜5000万円
譲渡希望価格 2億5000万円〜

【関連】GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

M&Aの相談は仲介会社がおすすめ

M&Aの相談は仲介会社がおすすめ

本記事ではスピードM&AのM&Aマッチングプラットフォームを紹介しましたが、M&Aマッチングプラットフォームを利用する場合とM&A仲介会社にサポートを依頼する場合では、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そのため、M&Aを検討する場合は自身の状況や考え方、目的などに合った方法を選ぶ必要があります。

M&A総合研究所では、豊富な経験を持つM&Aアドバイザーによるフルサポートを行っています。さまざまな業種での支援実績で培ったノウハウを活かして、ご相談からクロージングまで迅速かつ丁寧に対応いたします。

また、M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談は随時受け付けておりますので、M&Aをご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ 

まとめ

スピードM&Aとは、株式会社アイデアルパートナーズが運営するM&Aマッチングプラットフォームで、2018年のリリースから急成長し高い評判を得ているサービスです。

M&Aを実施する際はM&Aマッチングプラットフォームを利用して相手先を探す方法のほか、M&A仲介会社にサポートを依頼する方法もあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自社の目的や考え方に合ったところを選ぶことが大切です。
 
スピードM&Aを利用するメリット
  1. ストレートにM&A相手とやり取りできる 
  2. 匿名性がある 
  3. 個人でも利用できそうな小規模案件が多い
 
スピードM&Aを利用するデメリット
  1. 大手仲介会社の提携ではない 
  2. 個人・スモールM&A狙いの買い手が多そう

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

近年、中国企業が日本の大手企業や中小企業を買収する事例が増えており、日本における中国企業の買収・M&A動向を押さえておくことが重要になっています。本記事では、中国企業の買収・M&...

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

2016年に税制が改正されてから、役員への報酬としてストックオプションに代わり、譲渡制限付株式を採用する上場企業が増えています。本記事では、譲渡制限付株式について、その仕組みやメリット・デメリッ...

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

M&Aは複数の買い手候補と交渉できますが、基本合意締結後は優先交渉権や独占交渉権を付して、買い手を絞っていくことになります。本記事ではM&Aの優先交渉権について、その特性や適切な...

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

2021年度はM&Aの各種補助金に制度変更や、新しい補助金が創設されているので、制度を正しく理解して活用することが大切です。本記事では、2021年度のM&Aの補助金について、事業...

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

従業員への残業代が未払いになっている中小企業は多いといわれていますが、これはM&Aの際に買い手のリスクとなります。本記事では、M&Aで未払い残業代がどうなるか解説するとともに、2...

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

近年、中食業界のM&Aが活性化しています。市場は拡大傾向にあり、消費税増税に伴う軽減税率の導入やコロナ禍の外出自粛などで需要をさらに高めています。本記事では、中食業界のM&A動向...

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは、事業方針を決定する機関が他の会社の支配下に置かれている会社のことです。決定機関は主に株主総会を指しており、決算承認や配当金額などの決議が行われます。本記事では、子会社を設立するメリッ...

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aは専門家任せにするのではなく、経営者自身も基礎知識やノウハウを知っておくことが大切です。本記事では、M&Aを成功させるために知っておきたいノウハウや、戦略策定の手順などを解...

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

近年、会社を売りたい経営者が増えつつあります。経営者の悩みは、後継者問題や個人保証・担保などのさまざまなものがあり、会社売却で解決できるのが多いためです。今回は、会社を売りたい人が絶対に読むべき...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)