2020年11月10日更新業種別M&A

フォーバル事業承継は中小企業のM&Aに特化!事例・案件を紹介【口コミ・評判あり】

フォーバル事業承継は、中小零細企業といった規模の小さい企業のM&Aサポートに特化したM&A仲介会社です。これまでに多くの小規模M&Aを手がけ、年間20万人の経営者と面談するなど保有案件も豊富です。フォーバルの事業内容や評判、料金体系などについてご紹介します。

目次
  1. フォーバル事業承継の企業情報
  2. フォーバル事業承継の口コミ・評判
  3. フォーバル事業承継をおすすめできるケース
  4. フォーバル事業承継のM&Aの料金
  5. フォーバル事業承継のM&A案件情報
  6. フォーバル事業承継のM&A事例
  7. フォーバル事業承継のセミナー情報
  8. フォーバル事業承継の採用情報
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

フォーバル事業承継の企業情報

まずは、フォーバルの事業内容や従業員数、事業承継事業の特徴についてご紹介します。

事業内容

フォーバルの主な事業内容は情報通信コンサルティングと経営コンサルティングであり、具体的にはIP統合システム、情報セキュリティ、WEB構築などのコンサルティングや経営、海外進出、事業承継支援、人材教育などのコンサルティングを行っています。

また、16ある連結子会社ではアジア人材の紹介やデータ入力、アンケート集計代行なども行っており、グループ全体で多岐に渡る商品やサービスを提供しています。

従業員数

フォーバルの従業員数は2019年3月末の時点で1,815人です。北海道から九州まで全国に10拠点を設けています。

事業承継事業の特徴

フォーバルの事業承継事業では創業以来、中小零細企業の経営者と向き合い、企業経営の支援を通して多くの利益に貢献しています。国内にある中小零細企業の多くが後継者不在の問題を抱えており、問題を解決できずに休業や廃業を選択していることが問題視されています。

これを解決するために、フォーバルでは中小零細企業が休業や廃業に追い込まれる前にM&Aを用いて会社の存続をかなえようとしています

中小・小規模企業に特化

フォーバルは中規模・小規模会社の事業承継、M&Aに特化しています。銀行や証券会社は大企業を中心にM&Aの仲介をしており、従業員や売上高が少ない会社はM&A仲介会社に依頼しても断られるケースもあります。

しかし、日本国内には規模の小さい企業が多数存在しており、もしも小規模企業がすべて休業や廃業を選択すれば、多くの失業者を生み出して日本の経済が立ち行かなくなってしまいます。

フォーバルでは、小規模企業であってもM&Aの仲介を行うこととしており、対象としている会社や事業の規模は問わず対応可能です。経営相談契約顧客20,000社以上という大きな基盤を活かしたスピーディーな企業マッチングが、小規模企業に特化するM&Aサービスを可能にしています。

また、M&Aによる事業承継のみならず、従来の事業承継である親族内承継や役員・従業員に事業承継する親族外承継についてのサポートやアドバイスにも対応可能です。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
事業継承とは?承継との違いや引継ぎ先、成功ポイントなどを解説

フォーバル事業承継の口コミ・評判

フォーバルは多くの企業と経営相談契約を締結しているため、そのノウハウを活かした迅速で的確な対応をしてくれると評判です。また、M&Aに限らず経営全体にかかわる問題の相談にも応じてくれ、M&Aによらない親族内承継や親族外承継の可能性についても検討してくれ高い満足度を誇っています。

さらに、M&A仲介会社の中でも手数料が低価格で利用しやすいという評判もあり、それでいて柔軟な対応やサポート力が高く、会社の規模や業種を問わずさまざまな会社のM&Aのサポートやアドバイスをしているので、顧客からの信頼も高いようです。

実際にフォーバル事業承継を利用した会社の経営者は「M&Aはわからないことばかりでしたが、相談当初から信頼できたことが成約につながった」とし、最後までしっかりとサポートを受けられたので諦めないで良かったという感想を持っているようです。

フォーバル事業承継をおすすめできるケース

フォーバルの事業承継が適しているケースを紹介します。事業承継を計画している方はフォーバルのサポートを一度検討してみるとよいでしょう。

企業が小規模

フォーバル事業承継は、業種を問わず中小零細企業のM&Aに特化しているため、従業員数が1名や2名しかいない企業や年間売上が1億円に満たない企業など、小規模企業に向いています。親族または役員・従業員に事業承継したいと考える経営者にもおすすめです。

最適な選択肢を知りたい

また、顧客の要望や企業の状況に応じた事業承継や株式上場、廃業なども提案しています。顧客である経営者が選択した方法を豊富な知識を持ったスタッフがより良い方法でサポートしているので、あらゆる選択肢の中から最適な方法を選択したい人にもおすすめです。

買収後に経営相談したい

M&Aの買い手となって企業を買収した経営者が、M&A後も経営相談したい場合にもフォーバルはおすすめです。さきほどもご紹介しましたように、フォーバルの主力事業は経営コンサルティングであり、多くの企業が経営相談契約を結んでいます。

そこで培われた経験やノウハウは非常に有効なアドバイスとなって、買収後の経営に良いアドバイスをもらえる可能性があります。企業を買収して終わりではなく、そこから成長させてこそM&Aが成功したといえますので、信頼できる相談先を確保したい場合にもおすすめだといえます。

フォーバル事業承継のM&Aの料金

ここで、フォーバル事業承継のM&Aのサポートを受ける際の料金体系をご紹介します。

相談料

フォーバルへの相談は原則無料です。電話で相談可能であり、ホームページから譲受や譲渡のニーズを登録することもできます。

着手金

フォーバル事業承継とM&A仲介依頼契約を結ぶと、簿価総資産額に応じて以下の着手金が発生します。

1億円未満 50万円
1億円以上10億円未満 100万円
10億円以上 200万円

※金額は税別ですので、上記金額に消費税が加算されます。

なお、調査会社の市場予測や特別な技術評価をする場合、経営計画策定コンサルティングをする場合、不動産鑑定を行う場合などは別料金が発生します。また、海外に譲渡対象企業の関係会社・事業所・工場などがある場合で、事前に財務調査または現地調査などが必要な場合も別料金が必要です。

着手金は、M&Aの対象となる会社の企業価値の算出や相手先の会社とのマッチング、打診などの作業を行うためや、M&Aの交渉を進めていく中で必要な書類の作成や立ち合いなどにかかるために必要となります。

成功報酬

成功報酬額はレーマン方式を採用しており、営業権を含んだ時価総資産額に応じて以下のように手数料率が変わります。

5億円以下の部分 5%
5億円超10億円以下の部分 4%
10億円超50億円以下の部分 3%
50億円超100億円以下の部分 2%
10億円長の部分 1%

※上記の料率で算出された金額に消費税が加算されます。

そのほかに、不動産鑑定、登記、株券印刷などの実費や、公認会計士、税理士、弁護士費用などの専門家費用の実費もサポートを受けると料金が発生します。また、合併などで組織再編を行う場合や複雑な案件などの場合には、上記の金額以外に料金が発生する可能性があります。

親族内承継・親族外承継の料金体系

親族内承継や親族外承継によって事業承継を行う場合は、さきほどのM&Aにかかる費用とは別の料金体系となり、以下の料金が発生します。

事業承継計画書作成 100万円~
事業承継実行支援 月額20万円~

※上記金額に消費税が加算されます。

親族内承継・親族外承継を行うにあたり、計画書の作成を支援するための料金として最低100万円かかり、期間は2ヶ月程度としています。ただし、業務委託費用はこれに含まれておらず、期間の延長などによってはさらに料金は発生します。

また、実際に事業承継の支援を行うための費用として最低で月額20万円が必要であり、規模などによってはそれ以上の金額になることもあります。

企業再生支援の料金体系

フォーバルでは企業再生の支援も行っており、依頼する場合は以下の料金が発生します。

再生計画書作成 100万円~
企業再生計画実行支援 月額20万円~

※上記金額に消費税が加算されます。

こちらも計画書の作成を最低100万円から支援しており、期間は2ヶ月程度で業務委託費は別途発生します。作成した計画の実行についても、最低で月額20万円となっております。

PMIの料金体系

フォーバルでは、PMIと呼ばれるM&A後の統合プロセス支援を税別100万円で行っています。このサービスでは、M&Aの効果分析や企業価値の向上などの仕組みを100日間かけて作り上げていきます。

※関連記事
PMIとは?M&A・買収におけるPMIの重要性

フォーバル事業承継のM&A案件情報

フォーバル事業承継ではさまざまな業種・地域のM&A案件を保有しており、譲渡理由として目立つのが後継者不在です。近年の中小零細企業では後継者不在が大きな経営上の問題として取り上げられることも多く、後継者不在を理由に廃業や休業を選択する企業が多くあります。

フォーバル事業承継では、特に建設やアパレル、介護、飲食業などの案件が見受けられ、売上高については5,000万円以上2億円未満としている会社が目立ちます。

買収希望の案件も多数保有

フォーバルには買収を希望する案件も多数掲載されており、介護やシニア富裕層向けビジネス、不動産、飲食業などさまざまな会社が買収を希望しています。譲受理由としては売り上げ増加を見込んだものが多く見受けられます。

売上高については不問としているところが多く、規模が小さい会社でも売り上げ増加が見込める会社であれば譲り受けたいと考える会社が多数あるようです。

フォーバル事業承継のM&A事例

フォーバル事業承継で行われた実際のM&A事例をご紹介します。

資金力強化を目的としたM&A事例

クラウドサービスの開発販売事業を行っていたA社は、クラウド事業が軌道に乗りつつあった状態でしたが、さらに拡大していくために資本力の強化が必要だと考え、譲り渡すことを検討。これにB社が興味を示し、M&Aの交渉を進めていく中でA社の事業内容を高く評価し、譲り受けることを決断したようです。

B社は東証一部上場企業であり、A社はそのグループの傘下になったことで資金力強化だけでなく会社の強みも増し、大手企業との取引がスムーズに進むようになったとしています。

事業の方向性や方針が合致したM&A事例

これは、システム企画・システムコンサルティングを行うX社を、システム受託開発を行っているY社が譲り受けた事例です。Y社は必要としていたコンサルティング推進室を組織化して事業を進めていこうとする中で、事業の方向性が合致した案件をフォーバル事業承継から紹介されてM&Aの話を進めていくことにしました。

X社は請け負う業務にそれなりに多くの工数が必要で、マンパワーが不足していることを実感していたようで、引き受けられる業務も限られており、受注できる業務が偏ることなく安定的に対応するためには組織に入って業務を運営していくことが必要だと考えるようになったようです。

複数人で行えば他の業務にも着手でき、より幅が広い業務を請け負うことも可能になります。双方の会社の方向性や方針が合致したM&Aが実施され、事業拡大に大きな一歩を踏み出せたようです。

フォーバル事業承継のセミナー情報

フォーバルではイベントやセミナーを定期的に開催しており、2019年は1月、2月、6月、7月にセミナーを開催しています。セミナーのテーマは「次世代の成長する経営者の極意とは」、「中小企業における働き方改革 はじめの一歩の踏み出し方と続け方」などさまざまです。

フォーバルが開催しているセミナーは、首都圏地区だけでなく関西や中部地区でも開催されており、どのセミナーも参加費は無料です。中小企業の経営者を対象としたセミナーが多く、会社の経営や人材教育に関するものなどがあります。

2020年もセミナーやイベントの開催予定がありますが、諸般の事情により3月のセミナーが中止になっているので、興味のある人は事前にホームページで調べるとよいでしょう。

フォーバル事業承継の採用情報

フォーバル事業承継が求める人物像としては、ポジティブ思考で挑戦し続けられる人や仲間とのコミュニケーションがとれる人、経営支援のためにときには常識を超えられるほど高い志を持つ人などです。

経営コンサルティングという企業の深い部分にまで入り込み、事業承継事業ではクライアントと相手企業の間に立って交渉を行っていくため、粘り強く仕事ができる人やコミュニケーション能力が高い人を求めている傾向が強いです。

採用後に就く職種はコンサルティング営業職や技術職、業務スタッフ職であり、全国にある拠点に転勤の可能性もありますが、特定の地域のみで仕事に就く地域限定採用もあります。

中途・キャリア採用にも積極的

フォーバルでは中途・キャリア採用も積極的に行っており、求めている人物像は先ほどと変わりありません。給与は前職を考慮した支給としており、目標達成度合に応じてインセンティブ制度も導入しています。

中小・小規模企業の事業承継・M&Aに関する実務経験者を優先的に募集しているようですが、提案折衝経験がある人材でも応募が可能のようです。また、金融機関や監査法人で企業再生・M&Aの実務経験を持っている人、ハンズオン支援に関する実務経験がある場合でも応募ができるようです。

希望資格としてFP2級、日商簿記2級、税理士、司法書士、中小企業診断士の資格を保有していた方が良いとされていますが、資格を保有していなくても入社した後にFP2級、日商簿記2級の資格を取得するようであり、学歴は不問となっています。

まとめ

フォーバル事業承継は、中小企業や規模の小さい企業に対するM&Aサポートに特化したM&A仲介会社であり、多くの経営相談契約で築き上げたネットワークを活かしたマッチングや経営コンサルティングのノウハウを活かしたサポートを強みとしています。

今でこそ少なくなっていますが、小規模のM&Aや事業承継は専門家に相談してもサポートを断られてしまうケースがあり、事業承継を諦めて廃業を選択する中小零細企業は少なくありません。しかし、フォーバルでは業種。規模を問わず対応していますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

近年は、後継者不足の影響で事業承継が進められず、廃業・閉鎖するケース会計事務所が増えています。次の世代に事業を引き継ぐためには、計画を立てて準備をしておく必要があります。今回は、会計事務所の事業...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、喫緊の家...

訪問看護ステーションのM&A・事業承継!動向・流れ・注意点、相場を解説【事例付き】

訪問看護ステーションのM&A・事業承継!動向・流れ・注意点、相場を解説【事例付き】

高齢化が進む日本では、訪問看護ステーションの需要は今後も増加すると考えられており、それに伴う事業規模拡大や新規参入を目的としたM&Aや事業承継も増加すると見込まれています。この記事では、訪問看護...

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

現在、塗装工事会社の多くは慢性的な人手不足に陥っており、廃業やM&A・事業承継が増加しているのが現状です。本記事では、塗装工事会社のM&A・事業承継について、塗装工事会社の業界動向や相場、気を付...

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

現在物流業界は、ユーザーのニーズが変化していることや働き方改革などによって業界再編期にあり、M&A・事業承継も増える方向にあります。当記事では、物流業界のM&A・事業承継動向やメリット、注意点、...

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護は近年国が推し進めている地域包括ケアシステム実現のための重要な業種で、M&Aも今後活発になると予想されます。本記事では、訪問介護のM&A・事業承継について、業界動向やM&A手続きの流れ、...

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)