2020年2月5日更新会社を売る

プルータス・マネジメントアドバイザリーはM&Aの成約率が高い?口コミや評判をご紹介!

プルータス・マネジメントアドバイザリーはワンサイドアドバイザリーというスタイルをとることにより、M&Aを行うクライアントを徹底的にサポートしています。ここでは、プルータス・マネジメントアドバイザリーにおけるM&Aの成約率や評判などについてご紹介していきます。

目次
  1. はじめに
  2. プルータス・マネジメントアドバイザリーの企業情報
  3. プルータス・マネジメントアドバイザリーの特徴
  4. プルータス・マネジメントアドバイザリーの強み
  5. プルータス・マネジメントアドバイザリーの評判・口コミ
  6. プルータス・マネジメントアドバイザリーのM&A事例・実績
  7. プルータス・マネジメントアドバイザリーの採用情報
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

はじめに

M&Aを考えている経営者にとって、優れたM&A仲介会社のサポートは重要なものです。しかし、M&A仲介会社にはさまざまな種類があり、それぞれの実績や提供しているサービスが異なっているため、どれを選べばいいか悩んでしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、プルータス・マネジメントアドバイザリーをご紹介します。プルータス・マネジメントアドバイザリーとは、公認会計士を中心とするメンバーで構成された会社で、M&Aアドバイザリー業務に特化したサービスを提供しています。

また、プルータス・マネジメントアドバイザリーはM&Aの成約率も高いと評判であるため、気になる方も多いのではないでしょうか?ここではプルータスM&Aアドバイザリーのサービスの内容や口コミ・評判などをお伝えしていきます。

※関連記事

M&A実績の豊富な仲介会社

プルータス・マネジメントアドバイザリーの企業情報

はじめにプルータス・マネジメントアドバイザリーの企業情報をお伝えしていきます。

プルータス・マネジメントアドバイザリーの会社概要

 

会社名 株式会社プルータス・マネジメントアドバイザリー
設立日 2017年1月
代表執行役会長 野口 真人
代表執行役社長 門澤 慎
従業員数 13名
事業内容 M&Aアドバイザリー業務
アクセス 銀座線 虎ノ門駅[13]徒歩2分 / 霞ヶ関駅[A13]徒歩6~9分
所在地 〒100-6030 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング30階
お問合せ先 03-3502-1223
関連会社 株式会社プルータス・コンサルティング

(出典:当社ウェブサイト、2020年2月現在)

プルータス・マネジメントアドバイザリーの事業内容

プルータス・マネジメントアドバイザリーの事業内容は以下のようなものがあります。

  1. 売り手/買い手へのM&Aアドバイザリー
  2. 親族外事業承継アドバイザリー
  3. 組織再編アドバイザリー

①売り手/買い手へのM&Aアドバイザリー

プルータス・マネジメントアドバイザリーのメイン業務は「M&Aアドバイザリー」です。

そもそもプルータス・マネジメントアドバイザリーはベンチャー企業のM&Aを得意としています。ベンチャー企業のEXIT支援や成長につながる理想的なM&Aスキームを設計することで、それぞれの立場に見合ったサービスを提供しているのです。

ベンチャー企業にとって、会社売却はさらなる成長や将来的なビジョンを実現させる重要な経営手法です。プルータス・マネジメントアドバイザリーは、それを踏まえた上でクライアントの企業の現状を客観的に見据えてサポートします。

一方、買い手へのM&Aアドバイザリーに関しては、クライアントの企業価値を最大化に活かすために、ベンチャー企業M&Aに長けているからこそ持つ豊富な知識を活かして、M&Aの成約に貢献します。

②親族外事業承継アドバイザリー

プルータス・マネジメントアドバイザリーは、昨今増えている親族外事業承継へのアドバイザリーも行っています。プルータス・マネジメントアドバイザリーの親族外事業承継に関しては、クライアント企業の歴史や経営者としての想い、経営理念などのさまざまな事柄を踏まえ、クライアントにとって理想的な事業承継を実現できるように支援してくれます。

③組織再編アドバイザリー

組織再編アドバイザリーは売り手へのM&Aアドバイザリーに付随するものです。ある程度の規模まで成長し、グループ化してきた企業にとっての課題は「選択と集中」だといえます。

規模が大きくなり、さまざまな事業を経営するようになると、経営者は「限られた資金をどの事業に振り分けるべきか」「どうすれば意思決定を迅速に行えるか」を考慮に入れた上で慎重に選択する必要があります。その結果、必要があればコア事業とノンコア事業を振り分け、切り離すこともあるでしょう。

このように、プルータス・マネジメントアドバイザリーは組織再編のサポートも行っており、M&Aを駆使することで効率的な組織体制を実現してくれます。

プルータス・マネジメントアドバイザリーの従業員数

プルータス・マネジメントアドバイザリーは知名度が高いM&A仲介会社です。しかし、実際は従業員数は10名超で経営しており、代表取締役をはじめとするほとんどのスタッフが、大企業・金融機関の出身者や公認会計士の資格を持っている優れた人材ばかりです。

また、プルータス・マネジメントアドバイザリーのスタッフの中には、有名なコンサルティング会社であるプルータス・コンサルティングの出身者もいるため、その技量は非常に信頼できるものです。もちろんどのスタッフもM&Aの経験や知識が豊富であり、クライアントのニーズに最大限応えてくれます。

以上を踏まえると、プルータス・マネジメントアドバイザリーは「小規模」というよりも「少数精鋭」のM&A仲介会社だと言えるでしょう。

※関連記事

親族外承継

適格組織再編とは?適格要件と適格組織再編の種類

プルータス・マネジメントアドバイザリーの特徴

プルータス・マネジメントアドバイザリーの特徴は大きく分けて以下の3つがあります。

  1. ワンサイドアドバイザリー
  2. 事業承継に強い
  3. 公認会計士が在籍している

①ワンサイドアドバイザリー

プルータスM&Aアドバイザリーの最大の特徴は「ワンサイドアドバイザリー」です。ワンサイドアドバイザリーとは、全面的にクライアントの味方になり、時には代行者として買い手・売り手と交渉するスタイルのことを言います。

プルータス・マネジメントアドバイザリーは、クライアントとタッグチームを組み、クライアントの立場になってM&Aを進めていきます。一方、通常のM&A仲介会社は、売り手と買い手双方の利益を重視する業者が多いため、プルータス・マネジメントアドバイザリーのスタイルとは異なります。

もちろん通常のM&A仲介業者の「売り手と買い手双方の利益を重視するスタイル」にも利点はありますが、中にはクライアントの都合よりも相手の都合を優先するケースがあり、クライアントが不安に思うことも少なくありません。

以上を踏まえると、完全にクライアントの味方になってくれるプルータス・マネジメントアドバイザリーのワンサイドアドバイザリーは非常に魅力的だといえます。

また、プルータス・マネジメントアドバイザリーはM&A仲介を一切行わず、アドバイザリーに特化しているM&Aアドバイザリー会社です。そのため、M&A仲介の過程で発生し得るしがらみに囚われず、クライアントに集中してサポートしてくれます。

一方、M&Aの仲介自体をスムーズに行いたい場合は、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームをぜひご利用ください。M&A総合研究所には日本全国から多種多様な業界・業種のM&A案件が集まっており、理想的な売り手を見つけることができます。

また、豊富なM&A案件の中からAIがマッチングするという独自のシステムを持っています。そのため、買収ニーズを登録するだけで自動的に条件の合う案件が紹介され、効率的にM&Aの候補探しをすることができます。

>>買収ニーズ登録はこちら

②事業承継に強い

事業承継に強いこともプルータス・マネジメントアドバイザリーの強みです。先述した通り、プルータス・マネジメントアドバイザリーは事業承継アドバイザリーも行っており、クライアントのビジョンを理解した上で理想的な事業承継を実現してくれます。

また、プルータス・マネジメントアドバイザリーはワンサイドアドバイザリーを行っているため、事業承継においてもクライアントの最大の味方になってくれます。

③公認会計士が在籍している

先述したように、プルータス・マネジメントアドバイザリーには公認会計士の資格を持つスタッフが在籍しています。

M&Aにおいて公認会計士の存在は非常に重要です。譲渡価格の決定やデューデリジェンスなどといった場面では、公認会計士の財務の知識が非常に重要になります。また、専門的な知識を持つプロフェッショナルがサポートしてくれるだけでもM&Aが成功する確率は大幅にアップします。

一般的なM&A仲介会社は、外部の会計士事務所と連携し、必要に応じて別途で公認会計士を紹介するという会社がほとんどです。しかし、プルータス・マネジメントアドバイザリーであれば、その場で公認会計士のサポートを受けることができるのです。

たとえば、M&A総合研究所では、M&Aアドバイザーをはじめ、M&A専門の会計士と弁護士が在籍しています。経営者の独力でM&Aの理想的な相手を見つけることは大変難しく、膨大な時間と手間がかかります。M&Aの仲介について悩んだときは、ぜひ一度M&A総合研究所にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業承継の方法

M&Aにおける公認会計士の役割

プルータス・マネジメントアドバイザリーの強み

プルータス・マネジメントアドバイザリーの最大の強みはベンチャー企業のM&Aです。そのため、M&Aを将来的に考えているベンチャー企業の経営者の方には特にオススメだと言えます。

近年では、ベンチャー企業のM&Aも増加してきました。なぜなら、ベンチャー企業は規模の都合上、一定のステージに達するとそれ以上の成長が難しくなる傾向にあるからです。そのため、M&Aを行い大手の資本の傘下に入ることで、その企業の成長につながり、さまざまな経営戦略が実践できるようになります。

M&Aの本場である欧米では、実際にベンチャー企業のM&Aが一般的に行われており、M&Aありきで創業する起業家も少なくありません。そのため、M&Aを考えているベンチャー企業の経営者であれば、プルータス・マネジメントアドバイザリーに相談することをオススメします。

もちろんベンチャー企業より規模が大きい企業の経営者にとっても、プルータス・マネジメントアドバイザリーはオススメな会社です。より大きな規模のM&Aを行う場合でもしっかりバックアップしてくれます。

※関連記事

ベンチャーのM&A【M&A成功マニュアル】

プルータス・マネジメントアドバイザリーの評判・口コミ

プルータス・マネジメントアドバイザリーは、「プルータス・コンサルティング」というコンサルティング会社が母体になっています。プルータス・コンサルティングは、カネボウやソフトバンク、トヨタ自動車などといった大企業の株式鑑定などに関わってきたことがあり、非常に注目度が高いコンサルティング会社です。

そのため、プルータス・コンサルティングへの評価は高く、日本ファイナンシャルアドバイザーランキングで4位、日本フェアネス・オピニオンランキングでは1位を獲得した経験があります。

くわえて、プルータス・コンサルティングの流れを汲むプルータス・マネジメントアドバイザリーの評判・口コミへも好意的な声が多く集まっています。

また、プルータス・マネジメントアドバイザリーではさまざまなセミナーを開催しており、M&Aの知識や情報を積極的に発信しています。セミナーも人気があり、非常に多くの受講者が出席しています。

プルータス・マネジメントアドバイザリーのM&A事例・実績

プルータス・マネジメントアドバイザリーのM&A事例・実績にはどのようなものがあるのでしょうか?

プルータス・マネジメントアドバイザリーはホームページ上にさまざまなM&A事例を公開しています。ベンチャー企業同士のものだけではなく、中には東証一部上場を果たしている企業や知名度の高い企業が関わっているM&Aもあり、多種多様な案件のM&Aアドバイザリーを手掛けていることがわかります。

また、別のM&A仲介会社からM&Aアドバイザリーを委嘱されるケースもあり、プルータス・マネジメントアドバイザリーがM&A仲介会社からも信頼されていることがわかります。

プルータス・マネジメントアドバイザリーの採用情報

ここではプルータス・マネジメントアドバイザリーの採用情報についてお伝えしていきます。

年収

プルータス・マネジメントアドバイザリーの年収は公開されておらず、詳細は不明です。しかし、母体であるプルータス・コンサルティングに関しては、年収が公開されており、マネージャー800万、エグゼクティブマネージャー1,000万、ダイレクター1,200万であるとされています。

もしプルータス・マネジメントアドバイザリーがプルータス・コンサルティングと同じやり方を引き継いでいるのであれば、上記のような年収が得られる可能性は高いでしょう。

また、プルータス・コンサルティングは実績に応じて年齢を問わず高いインセンティブを支払う会社ですので、プルータス・マネジメントアドバイザリーのインセンティブも高くなることが期待できます。

給与体系

プルータス・マネジメントアドバイザリーの給与体系はどうなっているのでしょうか?

プルータス・マネジメントアドバイザリーは年俸制を取っており、正社員の年俸は従業員のスキルや経験、貢献度を加味して決定されます。また、インターンシップの場合は時給1,000円に設定されています。

求人

プルータス・マネジメントアドバイザリーは現在求人を行っており、新卒・中途採用問わず募集しています。ホームページからそのまま応募できるため、興味のある方はぜひ閲覧してみてください。

先述したようにプルータス・マネジメントアドバイザリーには、有名企業や金融機関出身者が多く、会計士の資格を持っているスタッフもいます。採用においてはM&Aに関わってきた経験の有無も重視されるでしょう。

ただし、プルータス・マネジメントアドバイザリーは未経験者でも採用可能としており、熱意があれば積極的に採用するスタンスをとっています。

インターンシップ

プルータス・マネジメントアドバイザリーは、インターンシップも積極的に募集しています。インターンシップは学生の内からM&Aアドバイザリーに触れたい、経験を積みたいという方に向いており、プルータスM&Aアドバイザリーの業務を一通り経験することができます。

学生の内からM&Aに触れる機会はあまりないため、貴重な機会を得ることができるでしょう。インターンシップの実働時間は正社員と同じであり、フレックス制度を使って働くこともできます。

まとめ

プルータス・マネジメントアドバイザリーはワンサイドアドバイザリーというスタイルをとることにより、M&Aを行うクライアントの味方として徹底的にサポートしてくれます。

また、プルータス・マネジメントアドバイザリーは、M&A仲介を行わずM&Aアドバイザリーに特化しているため、優れた実績を持っており優秀な人材も揃っています。

さらに、プルータス・マネジメントアドバイザリーはベンチャー企業のM&Aを得意としていますが、上場企業や有名企業のM&Aにも貢献してきた経験もあるため、あらゆるM&Aに対応しています。

要点をまとめると下記の通りです。

・プルータス・マネジメントアドバイザリーとは?

 →公認会計士を中心とするメンバーで構成された会社で、M&Aアドバイザリー業務に特化したサービスを提供している

・プルータス・マネジメントアドバイザリーの事業内容

 →売り手/買い手へのM&Aアドバイザリー、親族外事業承継アドバイザリー、組織再編アドバイザリー

・プルータス・マネジメントアドバイザリーの特徴

 →ワンサイドアドバイザリー、事業承継に強い、公認会計士が在籍している

・プルータス・マネジメントアドバイザリーの母体は?

 →プルータス・コンサルティングという有名なコンサルティング会社

・プルータス・マネジメントアドバイザリーのM&A事例・実績

 →ベンチャー企業同士はもちろん、東証一部上場を果たしている企業や知名度の高い企業が関わっているM&Aの実績もある

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A Bankは、M&A情報を発信しているm&a 情報サイトです。M&Aを検討する経営者に対象に、過去の事例や海外M&Aの最新情報を届けることで、M&Aの普及拡大に貢献しています。本記事では、...

M&A
レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

レコフは、日本初のM&A専業会社として知られる老舗会社です。M&Aの草創期からM&A事業に携わっており、これまでに数多くの企業の経営戦略のサポートを実現させてきました。本記事では、レコフの沿革・...

M&A
GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴィアン)は、日本・米国・欧州を中心に活動するグローバルなM&A仲介会社です。クロスボーダーM&Aを検討する企業にとって頼りになる仲介会社であるといえます。本記事では、GCA(G...

M&A
フロンティア・マネジメントのM&Aの実績は?特徴、年収や口コミ・評判を解説!

フロンティア・マネジメントのM&Aの実績は?特徴、年収や口コミ・評判を解説!

フロンティア・マネジメントは、企業経営に関する各専門家で構成されるM&A仲介会社です。本記事では、フロンティア・マネジメントの会社概要・年収・採用情報・M&Aの実績を紹介しています。M&Aの相談...

M&A
新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

世界経済に影響を及ぼす新型コロナが感染拡大した後には、M&A市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか。当記事では、新型コロナの影響を加味したM&A市場の予測について、リーマンショックとの比較や、...

M&A
M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所は平成30年に設立されたM&A仲介会社で、経営者目線の親身なサポートが特徴です。事業内容もM&A仲介以外に、M&AプラットフォームやM&Aメディアなど幅広く展開しています。この記...

M&A
新型コロナで事業承継・譲渡が急増?買い手はいる?【失敗事例あり】

新型コロナで事業承継・譲渡が急増?買い手はいる?【失敗事例あり】

新型コロナの影響で経営に大きなダメージを受ける企業が急増する中、企業の事業承継・事業譲渡にも変化が見られます。本記事では、新型コロナによる事業承継や事業譲渡への影響、新型コロナ後の社会でも事業承...

M&A事業譲渡
M&Aにおける企業価値評価とは?手法、営業権を加えた算出方法を解説

M&Aにおける企業価値評価とは?手法、営業権を加えた算出方法を解説

M&Aにおける企業価値評価には、実に様々なアプローチ方法があり、業種や業界によって適した手法が分かれています。本記事ではM&Aの企業価値評価の代表的な3つの手法を比較を行い、それぞれの違いを明ら...

M&A
ビジネスマン必見!M&Aの基礎知識、代表的手法、メリット

ビジネスマン必見!M&Aの基礎知識、代表的手法、メリット

会社や個人事業を売買する「M&A」の知識は、いまや経営者だけでなく会社員を含む全てのビジネスマンにとって必携となりつつあります。本記事では、ビジネスマンが知っておくべきM&Aの基礎知識について、...

M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)