M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
プルータスM&AアドバイザリーはM&Aの成約率が高い?口コミや評判をご紹介!

プルータスM&AアドバイザリーはM&Aの成約率が高い?口コミや評判をご紹介!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

プルータスM&Aアドバイザリーとは

M&Aを考えている経営者にとって、優れたM&A仲介会社のサポートは重要なものです。ただ、M&A仲介会社には様々な種類があり、それぞれ実績や提供しているサービスが異なっているため、どれを選べばいいか悩んでしまうでしょう。

今回はプルータスM&Aアドバイザリーについてお伝えします。プルータスM&AアドバイザリーはM&Aの成約率が高いと評判ですが、実際はどうなのでしょうか?ここではプルータスM&Aアドバイザリーのサービスの内容や口コミ・評判などをお伝えしていきます。

プルータスM&Aアドバイザリーの企業情報

まずはプルータスM&Aアドバイザリーの企業情報をお伝えしていきます。

プルータスM&Aアドバイザリーの事業内容

プルータスM&Aアドバイザリーの事業内容は以下のようなものがあります。

売り手/買い手へのM&Aアドバイザリー

プルータスM&Aアドバイザリーが行っている業務のメインといっても過言ではないのが、M&Aアドバイザリーです。そもそもプルータスM&Aアドバイザリーはベンチャー企業のM&Aを得意としており、ベンチャー企業のイグジットや成長につながる理想的なM&Aスキームを設計します。プルータスM&Aアドバイザリーは売り手か買い手かによってその内容が異なっており、それぞれの立場に見合ったサービスを提供します。

売り手へのM&Aアドバイザリーに関しては クライアントのイグジットとなるようにM&Aを設計し、利益を得られるようにしてくれます。ベンチャー企業にとって、会社売却はさらなる成長や将来的なビジョンを実現させるうえで重要な経営手法です。それを踏まえたうえで、プルータスM&Aアドバイザリーはクライアントの企業の現状を客観的に見据えてサポートします。

他方で、買い手へのM&Aアドバイザリーに関してはクライアントの企業の企業価値の最大化に貢献すべく、ベンチャー企業M&Aに長けているからこそ持つ豊富な知識を活かして、M&Aの成約に貢献します。

親族外事業承継アドバイザリー

プルータスM&Aアドバイザリーは、昨今増えている親族外事業承継へのアドバイザリーも行っています。プルータスM&Aアドバイザリーの親族外事業承継アドバイザリーは、クライアントの企業の歴史や経営者としての想い、経営理念など様々な事柄を踏まえ、クライアントにとって理想的な事業承継を実現できるように支援してくれます。

組織再編アドバイザリー

組織再編アドバイザリーは売り手へのM&Aアドバイザリーに付随するものです。ある程度の規模まで成長し、グループ化してきた企業にとっての課題は「選択と集中」だといえます。規模が大きくなり様々な事業を擁するようになると、限られた資金をどの事業に振り分けるべきか、どうすれば意思決定を迅速に行えるかを踏まえ、経営者は慎重に選択する必要があります。

必要があればコア事業とノンコア事業を分け、後者を切り離すこともあるでしょう。プルータスM&Aアドバイザリーはそんな組織再編のサポートも行っており、M&Aを駆使することでスムーズな組織再編を行い、効率的な組織体制を実現してくれます。

プルータスM&Aアドバイザリーの従業員数

プルータスM&Aアドバイザリーの従業員数はどうなっているのでしょうか?プルータスM&Aアドバイザリーは知名度が高いM&A仲介会社ですが、実は従業員数は9名とかなり少なくなっています。しかし代表取締役をはじめ、いずれの面々も大企業や金融機関の出身者だったり、公認会計士の資格を持っていたりと、優れた人材ばかりです。

また、詳しくは後述しますが、プルータスM&Aアドバイザリーのスタッフは名うてのコンサルティング会社であるプルータス・コンサルティングの出身者もいるため、その技量は信頼に値するでしょう。もちろんいずれの面々もM&Aの経験や知識も豊富であり、クライアントのニーズに最大限応えてくれます。この点を踏まえると、プルータスM&Aアドバイザリーは小規模というよりも少数精鋭のM&A仲介会社だといえるでしょう。

プルータスM&Aアドバイザリーの特徴

プルータスM&Aアドバイザリーの特徴は大きく分けて以下の3つがあります。

ワンサイドアドバイザリー

プルータスM&Aアドバイザリーの最大の特徴はワンサイドアドバイザリーです。ワンサイドアドバイザリーとは完全にクライアントの立場に立ち、時には代行者として買い手・売り手と交渉するスタイルのことをいいます。プルータスM&Aアドバイザリーはクライアントとタッグチームを組み、クライアントの側にたってM&Aを進めていきます。

M&A仲介会社の中には売り手と買い手双方の利益を重視する業者が多く、プルータスM&Aアドバイザリーのスタイルと異なっています。もちろん売り手と買い手双方の利益を重視するスタイルも利点はありますが、中にはクライアントの都合よりも相手の都合を優先するケースもあり、クライアントが不安に思うことも少なくありません。

そう考えると、完全にクライアントの味方になってくれるプルータスM&Aアドバイザリーのワンサイドアドバイザリーは非常に魅力的だといえます。また、プルータスM&AアドバイザリーはM&A仲介を一切行わず、アドバイザリーに特化しているM&Aアドバイザリー会社です。そのため、M&A仲介の過程で発生し得るしがらみに囚われず、クライアントに集中してサポートしてくれます。

事業承継

事業承継に強いこともプルータスM&Aアドバイザリーの強みです。さきほどお伝えした事業内容にあったように、プルータスM&Aアドバイザリーは事業承継アドバイザリーも行っており、クライアントのビジョンを理解したうえで理想的な事業承継を実現してくれます。プルータスM&Aアドバイザリーはワンサイドアドバイザリーを行っているために、事業承継においてもクライアントの最大の味方になってくれます。

公認会計士

さきほどもお伝えしたように、プルータスM&Aアドバイザリーは公認会計士の資格を持つスタッフが在籍しています。これもプルータスM&Aアドバイザリーの魅力だといえるでしょう。

そもそもM&Aにおいて公認会計士の存在は非常に重要です。譲渡価格の決定やデューデリジェンスなどといった場面で公認会計士の財務の知識は活用されるものであり、専門的な知識を持つプロフェッショナルがサポートしてくれるだけでもM&Aが成功する確率は大幅に上がります。

一般的なM&A仲介会社は外部の会計士事務所と連携し、必要に応じて別途で公認会計士を紹介するというケースが多いですが、プルータスM&Aアドバイザリーであれば、ワンストップで公認会計士のサポートを受けることができます。

電話で無料相談WEBから無料相談

プルータスM&Aアドバイザリーはこんな人におすすめ

プルータスM&Aアドバイザリーはどんな人におすすめなのでしょうか?プルータスM&Aアドバイザリーの最大の強みはベンチャー企業のM&Aであるため、やはりおすすめできるのはM&Aを将来的に考えているベンチャー企業の経営者の方です。

そもそもベンチャー企業のM&Aは昨今珍しくありません。ベンチャー企業は規模の都合上、一定のステージに達するとそれ以上の成長が難しくなる傾向があります。しかしM&Aを行い、大手の資本の傘下に入ることができれば成長のきっかけを掴めますし、様々な経営戦略が実践できるようになります。

実際M&Aの本場である欧米ではベンチャー企業のM&Aは一般的な経営手法であり、むしろM&Aありきで創業する起業家も少なくありません。そのため、M&Aを考えているベンチャー企業の経営者であれば、プルータスM&Aアドバイザリーにまず相談してみることがおすすめです。

もちろんベンチャー企業より規模が大きい企業の経営者にとっても、プルータスM&Aアドバイザリーはおすすめです。より大きな規模のM&Aを行ううえでも、プルータスM&Aアドバイザリーはしっかりバックアップしてくれます。

プルータスM&Aアドバイザリーの評判・口コミ

プルータスM&Aアドバイザリーの評判・口コミはどうなっているのでしょうか?プルータスM&Aアドバイザリーは、元々プルータス・コンサルティングというコンサルティング会社が母体になっています。プルータス・コンサルティングはカネボウやソフトバンク、トヨタ自動車などといった名だたる企業の株式鑑定などに関わってきたことがあり、非常に注目度が高いコンサルティング会社です。

プルータス・コンサルティングへの評価は高く、日本ファイナンシャルアドバイザーランキングで4位、日本フェアネス・オピニオンランキングでは1位を獲得した経験があります。そしてそのプルータス・コンサルティングの流れを汲むプルータスM&Aアドバイザリーの評判・口コミは好意的な声が多く集まっています。

さらにプルータスM&Aアドバイザリーは様々なセミナーを開催しており、M&Aの知識や情報を積極的に発信しています。そのセミナーも人気であり、いつも多くの受講者が出席しています。

プルータスM&AアドバイザリーのM&A事例・実績

プルータスM&AアドバイザリーのM&A事例・実績にはどのようなものがあるのでしょうか?プルータスM&Aアドバイザリーはホームページ上に様々なM&A事例を公開しており、自由に参照することができます。

プルータスM&Aアドバイザリーはベンチャー企業を得意としていますが、これまで携わってきたM&Aはベンチャー企業同士のものだけではありません。中には東証一部上場を果たしている企業や知名度の高い企業が関わっているM&Aもあり、多種多様な案件のM&Aアドバイザリーを手掛けていることがわかります。また、別のM&A仲介会社からM&Aアドバイザリーを委嘱されるケースもあり、プルータスM&AアドバイザリーはM&A仲介会社からも信頼されていることがわかります。

プルータスM&Aアドバイザリーの採用情報

ここではプルータスM&Aアドバイザリーの採用情報についてお伝えしていきます。

年収

プルータスM&Aアドバイザリーの年収は公開されておらず、詳細は不明です。しかし母体であるプルータス・コンサルティングに関しては、年収がマネージャーなら800万、エグゼクティブマネージャーなら1,000万、ダイレクターなら1,200万といわれています。

もしブルータスM&Aアドバイザリーが同じやり方を引き継いでいるのなら、それだけの年収が得られる可能性は高いでしょう。また、プルータス・コンサルティングは実績に応じて年齢を問わず高いインセンティブを支払う会社ですが、これも同じであれば、プルータスM&Aアドバイザリーのインセンティブも高くなることが期待できます。

給与体系

プルータスM&Aアドバイザリーの給与体系はどうなっているのでしょうか?プルータスM&Aアドバイザリーは年俸制を取っており、正社員の年俸は従業員のスキルや経験、貢献度を加味して決定されます。他方で、後述するインターンシップの場合は、時給1,000円で設定されています。

求人

プルータスM&Aアドバイザリーは現在求人を行っており、新卒・中途採用問わず募集しています。ホームページからそのまま応募できるため、興味のある方はぜひ閲覧してみてください。ただ、さきほどもお伝えしたようにプルータスM&Aアドバイザリーは有名企業や金融機関出身者が多く、会計士の資格を持っているスタッフもいます。

もちろん採用においてはM&Aに関わってきた経験の有無も重視されるでしょう。ただ、プルータスM&Aアドバイザリーは未経験者でも採用可能としており、熱意があれば積極的に採用するスタンスをとっています。

インターンシップ

プルータスM&Aアドバイザリーは、インターンシップも積極的に募集しています。インターンシップは学生の内からM&Aアドバイザリーに触れたい、経験を積みたいという人向きであり、プルータスM&Aアドバイザリーの業務を一通り経験することができます。

学生の内からM&Aに関わる機会はなかなかないため、プルータスM&Aアドバイザリーに入社するかどうかは別にしても、貴重な機会を得ることができるでしょう。インターンシップの実働時間は正社員と同じであり、同様にフレックス制度を使って働くこともできます。

まとめ

プルータスM&Aアドバイザリーはワンサイドアドバイザリーというスタイルをとることにより、M&Aを行うクライアントの味方として徹底的にサポートしてくれます。M&A仲介を行わず、M&Aアドバイザリーに特化しているのもあってプルータスM&Aアドバイザリーは優れた実績を持っており、優秀な人材も揃っています。

プルータスM&Aアドバイザリーはベンチャー企業のM&Aを得意としていますが、上場企業や有名企業のM&Aにも貢献してきた経験もあるため、あらゆるM&Aに対応してくれるといえます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら