2020年4月8日更新会社・事業を売る

中小企業M&AサポートはM&Aの成約率が高い?口コミや評判をご紹介!

中小企業M&Aサポートは中小企業に特化しており、優れたアドバイザーや確かなノウハウ、独自のネットワークを使ってクライアントを支えるM&A仲介会社です。成約率が80%に達しているため、M&Aが成功する確率が飛躍的に上がるでしょう。

目次
  1. 中小企業M&Aサポートについて
  2. 中小企業M&Aサポートの会社情報
  3. 中小企業M&Aサポートの特徴
  4. 中小企業M&Aサポートはこのような人におすすめ
  5. 中小企業M&Aサポートの評判・口コミ
  6. 中小企業M&AサポートのM&A仲介手数料
  7. 中小企業M&Aサポートとの相談について
  8. 中小企業M&AサポートのM&A事例・実績
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

中小企業M&Aサポートについて

M&A仲介会社は多種多様ですが、中小企業M&Aサポートはその中でも中小企業のM&Aに特化したM&A仲介会社です。これまでさまざまな事情で会社売却を考える中小企業のM&Aを支援し、多くの成約実績を積み重ねた中小企業M&Aサポートは、どのようなサービスを提供しているのでしょうか?

今回は中小企業M&Aサポートの会社情報やサービスの内容、料金、実績などについてお伝えしていきます。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

中小企業M&Aサポートの会社情報

まずは中小企業M&Aサポートの会社情報をご紹介します。

中小企業M&Aサポートの事業内容

中小企業M&Aサポートの事業内容は以下のとおりです。

M&A仲介業務

M&A仲介業務は、M&Aを考える企業に売り手・買い手をマッチングする業務です。M&Aを成功させるうえで最も重要なのは、売り手と買い手の「出会い」といっても過言ではありません。お互いにニーズを持ち、条件がマッチする売り手と買い手が出会わなければ、M&Aの成功は実現しないからです。

中小企業M&Aサポートの強さは数千を超える買い手の登録があり、常に買収ニーズを持つ企業を控える状態なので、より多くの買い手にめぐり会える点です。また、中小企業M&Aサポートは確度の高い独自のネットワークを有し、売り手にとって理想的な相手を選びます。

さらに、中小企業M&Aサポートは直接仲介にこだわります。直接仲介とはブローカーや別のM&A仲介会社を中継せずに仲介を行うことです。直接仲介により、中小企業M&Aサポートは、クライアントの情報を徹底的に守ります

M&Aは情報の秘匿を徹底する経営手法です。M&Aの情報が漏れてしまうと、その会社の従業員や取引先の混乱を招くことになりかねません。中小企業M&Aサポートは直接仲介を行うことにより、そのようなリスクを徹底的に排除します。

M&Aのコンサルティング業務

M&Aのコンサルティング業務はクライアントのM&Aの進行をサポートし、適宜アドバイスや支援を行うサービスです。より良いコンサルティングを行ううえで欠かせないのがM&Aの知識・経験が豊富なアドバイザーですが、中小企業M&Aサポートはその点でも安心できるでしょう。

中小企業M&Aサポートでは、多くのM&Aの成約に携わったプロフェッショナルアドバイザーのみがコンサルティングを行うため、非常に質の高いサポートを受けられます。アドバイザーは交渉力や調整力にも優れているため、M&Aの煩雑な作業をスムーズに進行するのです。

また、クライアントとの信頼関係を第一とするため、親身になって経営者の悩みや課題に向き合います。さらに、M&Aにおける買い手・売り手の意向を組みながらWin-Winの関係でM&Aを終えるため、双方の友好関係の構築に貢献します。

事業再生・経営のコンサルティング業務

多くの企業を見てきた経験のあるアドバイザーが在籍することもあり、中小企業M&Aサポートは事業承継や経営のコンサルティング業務も行います。中小企業M&Aサポートのアドバイザーは会社経営の経験が豊富であるため、会社経営の建て直しやM&Aに備えての磨き上げに貢献します。

コンサルティング業務を行うM&A仲介会社は多いです。しかし、高い成約実績を誇る中小企業M&Aサポートであれば、より質の高いコンサルティングを受けられるでしょう。

中小企業M&Aサポートの企業概要

中小企業M&Aサポートは1999年に創業したM&A仲介会社です。日本でM&Aが一般化する前からM&A支援に携わってきました。20年以上M&Aに携わり、M&Aを支援するさまざまなサービスを提供しています。また、知識も経験も豊富で優秀なアドバイザーが、親身になってM&Aをサポートします。

中小企業M&Aサポートは東京と大阪に営業所を持ち、日本全国の中小企業のM&Aに対応可能です。業界・業種も選ばないため、クライアントが安心して依頼できるM&A仲介会社といえます。

中小企業M&Aサポートの特徴

中小企業M&Aサポートの特徴は、大きく分けて以下の3つです。

中小企業に特化

中小企業M&Aサポートは、中小企業に特化したM&A仲介会社です。かつてM&A仲介会社は規模の大きいM&A案件しか扱わない傾向があり、中小企業はなかなかM&Aのサポートを依頼できない状況でした。しかし事業承継や経営再建など、中小企業がさまざまな目的でM&Aを行う昨今、M&A仲介会社は必要不可欠です。

中小企業M&Aサポートであれば、規模が小さいM&A案件でも安心して依頼できます。中小企業のM&Aの経験が豊富であるため、よりクオリティの高いサポートを得られることも魅力です。また、M&Aの規模に関わりなくハイレベルなサービスを提供することがモットーなので、一切手を抜くことはありません。

M&A専業会社

中小企業M&Aサポートは直接仲介を行うM&A仲介会社です。そして、M&Aに特化したM&A専業会社です。そのため、スタッフやサービスは全てM&Aに特化しており、より充実したサポートを受けられます。また、直接仲介によって情報拡散が防がれるため、クライアントは秘密を守られながらM&Aを進められるでしょう。

中小企業M&Aサポートは、事業引継ぎ支援センターの登録専門家でもあります。事業引継ぎ支援センターは日本全国に支部があり、中小企業や個人事業の事業承継支援を目的に設立された公的な機関です。このような事業引継ぎ支援センターの登録専門家であることからも、中小企業M&Aサポートの社会的信用性の高さがうかがえます。

高い成約率

中小企業M&Aサポートは高い成約率を誇ります。中小企業M&Aサポートは成約「数」よりも成約「率」にこだわるM&A仲介会社です。成約できそうなM&A案件ばかり追いかけるのではなく、各M&A案件が成約する可能性を上げることに重点を置きます。

そのため、中小企業M&Aサポートではこれまで成約させたM&A案件を綿密に分析し、蓄積したデータを用いて科学的な分析を行っています。その結果、クライアントのニーズに対して的確なサポートを行えるのです。また、経験豊富なアドバイザーの直感を加味することで、データだけでは網羅できない部分へのアプローチも完璧に行います。

中小企業M&Aサポートは成約率が80%に達するといわれており、他のM&A仲介会社と比べて卓越した数値です。詳細なデータ分析と優れたプロフェッショナルのスキルを組み合わせているからでしょう。

※関連記事
事業引継ぎ支援センターに相談するのは危険?仲介会社との違いは?

中小企業M&Aサポートはこのような人におすすめ

中小企業M&AサポートはM&Aを検討する中小企業の経営者におすすめです。中小企業M&Aサポートは中小企業のM&Aに特化したM&A仲介会社で、成約率も非常に高いです。また対応エリアも日本全国と広く、業界・業種も問わないため、あらゆる中小企業に対応します。

さらに、中小企業M&Aサポートは報酬もリーズナブルであるため、手軽な料金でM&Aのサポートを依頼できます。

中小企業M&Aサポートの評判・口コミ

中小企業M&Aサポートの評判・口コミはどうなっているのでしょうか。中小企業M&Aサポートを実際に利用した経営者の多くは、サポートの手厚さと親身さ、そしてスピーディーさを評価しています。

中小企業の経営者にとってM&Aは人生で一度あるかないかのものであり、その方法がわからない経営者もいます。M&Aの成功率は3~5割程度です。さまざまなスキームがあるため、多種多様な知識が求められるので、経営者がM&Aに取り組むことは並大抵の苦労では済まないでしょう。

しかし、中小企業M&AサポートはM&A初心者の経営者にも基本的なことを親身に教え、M&Aが成約するように手厚く支援します。クライアントとの信頼関係を構築し、どのようなM&A案件でも成約に至るよう懸命に尽くす中小企業M&Aサポートだからこそできることです。

また、スピーディーにM&Aを成約に導く点も中小企業M&Aサポートの強みです。評判・口コミの中には「半月で買い手とのマッチングが実現した」という声もあります。

中小企業M&AサポートのM&A仲介手数料

中小企業M&AサポートのM&A仲介手数料は、以下のとおりです。

着手金・中間金

中小企業M&Aサポートの着手金と中間金は、売り手と買い手によって異なるので注意してください。売り手の場合は着手金がゼロですが、基本合意時に100万円の中間金が発生します。買い手の場合はM&A仲介契約締結時に50万円の着手金、そして基本合意時に50万円の中間金が発生します。

成功報酬

中小企業M&Aサポートの成功報酬は、売り手・買い手で設定が共通しています。成功報酬の最低金額は150万円で、譲渡価格が1億円以下までは一定の金額での設定です。買収価格が1億円を超えてからはレーマン方式にのっとり、特定の報酬率をかけることで成功報酬が決まります。

最低手数料

中小企業M&Aサポートにおける最低手数料は、売り手・買い手ともに100万円+成功報酬です。成功報酬に関しては譲渡価格次第であるため、事前に中小企業M&Aサポートの報酬体系をチェックしましょう。

その他の手数料

中小企業M&Aサポートは、サービスによっては別途手数料がかかります。弁護士や司法書士の協力を得た場合は、報酬や実費がかかります。弁護士や司法書士に関しては、中小企業M&Aサポートから紹介を受ける形でその内容により報酬が変わるため、その都度確認しましょう。

また、株券を印刷した場合も数万円程度の費用が発生します。他にもM&Aを行うと税金が発生し、税金はM&Aのスキームや売り手・買い手の立場によって変わります。税金の計算は税務の知識が不可欠で簡単ではないため、中小企業M&Aサポートの力を借りながら算定しましょう。

※関連記事
M&Aは完全成功(成果)報酬の会社がオススメな理由7選!
M&Aにおける仲介手数料とは?相場やランキング、仲介手数料の種類を解説

中小企業M&Aサポートとの相談について

中小企業M&Aサポートは、メールや電話による無料相談を受け付けています。面談は、情報の秘密保持の関係や、社員・取引先などによる風評被害を避けるため、基本的に中小企業M&Aサポート事務所での面談です。

事務所がある東京・大阪以外で訪問を希望する場合は、相談により交通費(実費)などの請求があるため、可能であれば事務所での面談をおすすめします。中小企業M&Aサポートでの面談を行う場合は、事前に連絡をしましょう。

中小企業M&AサポートのM&A事例・実績

中小企業M&Aサポートはホームページ上にさまざまなM&A事例を公開しており、自由に参照できます。中小企業M&Aサポートが関わったM&Aの事例は多種多様であり、株式譲渡・事業譲渡といったいろいろな手法に加え、業界・業種、対応エリアもさまざまです。

M&Aの動機もいろいろとありますが、事業承継が動機であるM&Aが多いです。中小企業において事業承継を目的としたM&Aは増えており、中小企業M&AサポートはそのようなM&Aに多く関わっています。

一方、中小企業M&Aサポートの実績には、数ヶ月でM&Aが完了したケースも少なくありません。M&Aは最低でも半年、長ければ1年半以上かかることも珍しくなく、長期的な視点で向き合う必要があります。しかし中小企業M&Aサポートなら、M&Aに要する時間を大幅に短縮可能です。1ヶ月程度でM&Aが成約したケースもあります。

サポートを依頼する前に、中小企業M&Aサポートが関わったM&Aの事例を閲覧しておくのも良いでしょう。

まとめ

中小企業M&Aサポートは中小企業に特化し、優れたアドバイザーや確かなノウハウ、独自のネットワークを用いてクライアントを支えるM&A仲介会社です。

成約率が80%に達する中小企業M&Aサポートであれば、M&Aが成功する確率が飛躍的に上がるため、M&Aを検討する経営者はぜひサポートを依頼してください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)