2020年7月30日公開都道府県別M&A

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM&Aについても詳しく紹介します。

目次
  1. 九州地方のM&A・会社売却と事業承継事情
  2. 九州地方で見られる経済動向
  3. 九州地方のM&A・会社売却・事業承継の今後
  4. 九州地方の1000万円で買えるM&A・会社売却・事業承継案件
  5. 九州地方で1000万円で買える・個人向けのM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?
  6. 九州地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキング
  7. 九州地方の事業承継向け相談機関
  8. 九州地方のM&Aを扱う会社売買サイト・マッチングサイト
  9. 九州地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

九州地方のM&A・会社売却と事業承継事情

九州地方のM&A・会社売却と事業承継事情

九州地方のM&A・会社売却と事業承継事情

全国的にM&Aや事業承継はブームになっています。これは九州地方についても例外ではありません。この記事では九州地方のM&A・会社売却・事業承継事情やおすすめの仲介会社を紹介します。また、個人向け会社売買サイトや1000万円で買える案件についても紹介します。

九州地方でのM&A・会社売却事情

M&A・会社売却の成約件数は各業界での再編を理由に増加しています。例えば、2010年代は調剤薬局業界で再編が行われ、全国的に調剤薬局を対象とするM&A・会社売却の成約件数は増加しました。

それと同様に九州地方でも調剤薬局に関連するM&A・会社売却の成約件数は増加しています。今後もこのような傾向が見られてるため、九州地方でのM&A・会社売却の成約件数は増加すると予測されています。

九州地方での事業承継事情

事業承継によるM&A成約件数は経営者の高齢化を理由に増加しており、このことは九州地方についても該当します。以前は事業の経営を自身の子どもに引き継がせることが当たり前でした。しかし、職業選択の自由やリスクを取りたがらない若者が増えているため、親族内事業承継の件数が減少しています。

これに加えて、経営者の高齢化やコロナショックにより早急に将来のことを考える必要性が出てきました。これらが背景にあるため、事業承継を目的としたM&A成約件数は増加していきます。

九州地方で見られる経済動向

九州地方で見られる経済動向

九州地方で見られる経済動向

次は九州地方で見られる経済動向を各県ごとに紹介します。

福岡県

福岡県は九州地方で最大の人口を抱えている県です。福岡県はそれぞれの地域に重要な産業を有しており、北九州市では第2次産業が、福岡市では第3次産業が主な産業となっています。福岡県のM&A件数は2018年で114件でした

このM&A件数は過去最高の成約件数となっています。内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は23件、買い手のみが県内の企業である件数は42件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は49件でした。2018年に福岡県に本社を置く企業がM&Aを行った案件としてJIMOSや福岡運送などがあります。

大分県

大分県は別府温泉など有数の観光地を抱えている県です。大分県は観光業だけでなく、特産品がいくつか生産されている程第1次産業も重要であり、かつ第2次産業の割合も他県に比べて高くなっています。大分県のM&A件数は2018年で16件でした

このM&A件数は過去最高の成約件数となっています。内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は1件、買い手のみが県内の企業である件数は6件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は9件でした。

2018年に大分県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として九州興和開発やフォレストホールディングスなどがあります。

佐賀県

佐賀県は福岡県に隣接しており、九州の交通の要所である鳥栖市を抱えている県です。佐賀県の第1次産業の割合は全国平均以上で、第2次産業は福岡県と隣接することからウエイトは増加しています。佐賀県のM&A件数は2018年で3件でした

このM&A件数はほぼ横ばいの件数です。内訳は買い手・売り手ともに県内の事例はありませんでしたが、買い手のみが県内の企業である件数は2件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は1件でした。

2018年に佐賀県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として友桝ホールディングスや佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第三号などがあります。

長崎県

長崎県は全国的にも多数の港を有している県です。長崎県は一方で造船などを含めた第2次産業の割合は減少しており、観光消費などを中心とした第3次産業の割合が増加しています。長崎県のM&A件数は2018年で6件でした

内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は1件、買い手のみが県内の企業である件数は2件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は3件でした。2018年に長崎県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として西日本エンジニアリングやジャパネットホールディングスなどがあります。

熊本県

熊本県は九州地方で第2位の人口を擁している県です。熊本県の農業産出量は全国トップクラスで、かつ電子部品等の第2次産業についても熊本県の主要産業となっています。熊本県のM&A件数は2018年で23件でした

この件数は過去最高の成約件数となっています。内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は3件、買い手のみが県内の企業である件数は3件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は17件でした。

2018年に熊本県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として九州産交リテールやSYSKENなどがあります。

宮崎県

宮崎県は東国原知事時代から農産物等の産業に力を入れてきた県です。宮崎県の第1次産業は盛んで食料自給率は全国トップクラスです。また、第2次産業も主力産業となっています。宮崎県のM&A件数は2018年で11件でした

この件数は過去最高の成約件数となっています。内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は3件、買い手のみが県内の企業である件数は5件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は3件でした。

2018年に宮崎県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として宮崎信用金庫や宮銀ベンチャーキャピタルなどがあります。

鹿児島県

鹿児島県は農産物だけでなく、観光資源にも恵まれた県です。鹿児島県の第1次産業は漁業が主力となっており、島国を中心とした観光地では第3次産業が盛んになっています。鹿児島県のM&A件数は2018年で17件でした

鹿児島県でも過去最高の成約件数となっています。内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は2件、買い手のみが県内の企業である件数は7件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は8件でした。

2018年に鹿児島県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として日之出紙器工業や西原商会などがあります。

沖縄県

沖縄県は本土からの移住により九州地方で唯一人口が増加している地域です。沖縄県は第3次産業が主力産業で飲食サービスや娯楽業等の観光業が主な産業となっています。沖縄県のM&A件数は2018年で23件でした

沖縄県でも過去最高の成約件数となっています。内訳は買い手・売り手ともに県内の件数は5件、買い手のみが県内の企業である件数は2件でした。逆に売り手のみが県内の企業である件数は16件でした。

2018年に沖縄県に本社を置く企業がM&Aを行った案件として沖縄物産企業連合やメクマなどがあります。

九州地方のM&A・会社売却・事業承継の今後

九州地方のM&A・会社売却・事業承継の今後

九州地方のM&A・会社売却・事業承継の今後

九州地方のM&A・会社売却・事業承継の案件数は将来的に増加すると予測されています。特に事業承継によるM&Aの成約件数は増加します。その理由は九州地方の人口減少と経営者の高齢化です。先ほど紹介したように九州地方で人口が増加しているのは沖縄県だけです。

人口が減少するということは企業の担い手がいないため、企業数が減少します。それを避けたい経営者がとる最終手段がM&Aによる事業承継となります。

JR九州では事業承継ファンドを設立

2019年6月にJR九州が事業承継ファンドを設立することが発表されました。JR九州ではハイグレードの特急列車による付加価値で増収を実現していますが、九州地方の観光業・観光資源に魅力がなくなるとJR九州自体業績が悪化します。

このことから地場産業の維持・発展、JR九州とのシナジー効果を期待してJR九州では事業承継ファンドが設立されました

九州地方の1000万円で買えるM&A・会社売却・事業承継案件

九州地方の1000万円で買えるM&A・会社売却・事業承継案件

九州地方の1000万円で買えるM&A・会社売却・事業承継案件

続いては九州地方で1000万円で買えるM&A・会社売却・事業承継の案件を3つ紹介します。

①福岡市 プライベートジムの譲渡

1つ目の案件は福岡市にある最寄りの駅から徒歩30秒のプライベートジムの譲渡です。本ジムは新潟や九州で4店舗ジムを展開している事業会社が運営しています。しかし、後継者不足に加えてコロナショックによる戦略の見直しのために本ジムを譲渡します

希望譲渡価格は750~1000万円です。

②福岡県 オーダーメイドアクセサリー専門店の売却

2つ目の案件は福岡県にあるオーダーメイドアクセサリー専門店の売却です。オンラインによる受注が90%を占めており、全国から受注を受けています。本案件は後継者不足と人員不足によりアクセサリー部門のみを売却します

希望売却価格は500~750万円です。

③熊本県 デンタルクリニックの譲渡

3つ目の案件は熊本県にあるデンタルクリニックの譲渡です。現在は矯正歯科のみを行っていますが、一般歯科に移行することもできます。また、矯正メンテナンスの患者様もいるため、安定した売上が期待できます。本案件は後継者不足のために譲渡されます

希望譲渡価格は750~1000万円です。

九州地方で1000万円で買える・個人向けのM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?

九州地方で1000万円で買える・個人向けのM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?

九州地方で1000万円で買える・個人向けのM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?

次は九州地方で1000万円で買える・個人向けのM&A・会社売却・事業承継案件を見つける方法を紹介します。この記事では以下の3つを紹介します。

  1. M&A仲介会社を利用する方法
  2. 地元の公的・金融機関などに相談する方法
  3. 会社売買サイト・マッチングサイトを利用する方法

M&A仲介会社を利用する

1つ目の方法はM&A仲介会社を利用することです。M&A仲介会社はM&A・事業承継に成功するためのサポート業務を行うだけでなく、あっせん業務も行っています。そのため、M&A・事業承継を希望している各企業の目的に合った案件をたくさん保有しています

近年は公的機関や金融機関だけでなく、M&A仲介会社同士・会計事務所とのネットワークも持っているため、比較的容易に目的の相手先を見つけることができます。

【関連】会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

地元の公的・金融機関などに相談する

2つ目の方法は地元の公的・金融機関などに相談することです。事業引継ぎ支援センターや商工会・商工会議所などの公的機関であれば、相談料が無料であるため、費用を気にせずに相談することができます。

また、関与のある金融機関や会計事務所であれば、財務状況を把握してもらっているため、気軽に相談できます。これらの相談から関与先間でのあっせんやM&A仲介会社への紹介などネットワークを通じてM&A先を紹介してもらうことができます

会社売買サイト・マッチングサイトを利用する

3つ目の方法は会社売買サイト・M&Aマッチングサイトを利用することです。これらのサイトは、フルサポートではないため、M&A仲介会社に比べると費用を大幅に抑えられます。つまり、初期費用が抑えられるため、M&A・事業承継への敷居が低くなります

会社売買サイト・マッチングサイトに登録し、相手先を探すだけでよいため、様々な企業を出会える確率は高くなります。

【関連】M&Aは個人でもできる!小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介

九州地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキング

九州地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキング

九州地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキング

次は九州地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキングトップ5を紹介します。そのトップ5は以下の会社です。

  • M&A総合研究所
  • 九州M&Aサポート株式会社
  • 株式会社フォルテワン
  • 株式会社ビザイン
  • 株式会社ベア・ホールディングス

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://mastory.jp/

M&Aや会社売却、事業承継には莫大な資金と時間を要します。加えて経営法務や税務面など専門的な知識が必要です。M&Aや会社売却、事業承継で失敗することなく行うためには、自社や相手企業の分析・正確な評価が必要になります。

M&A総合研究所では、M&A・会社売却・事業承継に関する実績・知識がともに豊富なアドバイザー・M&A・会社売却・事業承継に精通した会計士・弁護士3名によるフルサポートを行っています

また、着手金・中間金・その他手数料は無料の完全成功報酬型である報酬体系を採用しています。つまり、成功したときにのみ報酬を支払うため、最初の費用を幅に抑えることができます

相談は無料で24時間年中無休でお受けしていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②九州M&Aサポート株式会社

九州M&Aサポート株式会社

九州M&Aサポート株式会社

出典:http://q-ma.com/

九州M&Aサポート株式会社は九州地方に特化したM&A支援を行う仲介会社です。九州M&Aサポート株式会社は他分野での専門家が多数在籍していることが最大の強みです。九州地方でも類を見ない専門家集団であることから、九州地方でM&Aや事業承継を行う際にはおすすめできる仲介会社です。

③株式会社フォルテワン

株式会社フォルテワン

株式会社フォルテワン

出典:https://forte-one.com/

3つ目に紹介する仲介会社は株式会社フォルテワンです。福岡に本社を置き、税理士法人から派生した仲介会社です。税務分野を軸に医療業界や建設業界など様々な業界でのM&Aや事業承継を成功させています

④株式会社ビザイン

株式会社ビザイン

株式会社ビザイン

出典:https://www.bizign.jp/

株式会社ビザインは、東京と福岡に拠点を構え、九州地方のM&A・事業承継も行うことができる仲介会社です。報酬体系は完全成功報酬制を採用しており、初期費用を大きく抑えることができます。また、超小規模M&Aにも対応しており、個人向けのM&A・事業承継も行うことができます。

【関連】ビザイン株式会社のM&A仲介事業の実績や特徴は?

⑤株式会社ベア・ホールディングス

株式会社ベア・ホールディングス

株式会社ベア・ホールディングス

出典:https://bear-holdings.jp/

最後に紹介する仲介会社は株式会社ベア・ホールディングスです。本社は福岡県にあり、当仲介会社の代表者が福岡県よろず支援拠点のチーフコーディネーターに就任するほどの豊富な知識とノウハウを有している仲介会社です

設立年数は10年未満と浅いですが、評判が非常によい仲介会社です。

九州地方の事業承継向け相談機関

九州地方の事業承継向け相談機関

九州地方の事業承継向け相談機関

続いては九州地方での事業承継向け公的機関をこの記事では5つ紹介します。

  • 九州経済産業局
  • 沖縄総合事務局経済産業部
  • 中小企業基盤整備機構 九州本部・沖縄事務所
  • 事業引き継ぎ支援センター (九州各所)
  • 事業承継ネットワーク (九州各所)

九州経済産業局

1つ目は九州経済産業局です。経済産業省直轄の九州地方での公的機関で、主に補助金申請支援・経営支援など中小企業向けの総合的な支援を行っています。さらに一歩踏み込んだ支援として事業承継に関する相談窓口も設置しています。

全国事業承継推進会議

全国事業承継推進会議は中小企業庁が主管となって行っている会議で、事業承継を事業承継ネットワークなどの機関と連携して後押ししています。2019年は熊本市で九州ブロックが開催されました。全国事業承継推進会議に加盟している機関であれば、手厚くサポートしてもらうことができます。

沖縄総合事務局経済産業部

沖縄総合事務局経済産業部は沖縄経済を支援する内閣府管轄の公的機関です。九州経済産業局は九州地区を管轄していますが、沖縄地区の経済は沖縄総合事務局経済産業部が担当しています。沖縄総合事務局経済産業部は沖縄経済支援の一環として事業承継の支援も行っています

中小企業基盤整備機構 九州本部・沖縄事務所

3つ目に紹介する公的機関は中小企業基盤整備機構九州本部・沖縄事務所です。九州の各県と沖縄県の中小企業に対して迅速で的確なサポートの実現を目指して支援体制を充実させています。事業承継だけでなく、人材育成や経営基盤強化など総合的なサポートを受けることができます。

【関連】中小機構による事業承継支援

事業引き継ぎ支援センター (九州各所)

4つ目は事業引継ぎ支援センターです。事業引継ぎセンターは九州・沖縄地方の各県内に設置されており、事業承継について無料で相談できる公的機関となっています。事業引継ぎセンターには後継者人材バンクも設置されています。ここでは事業の引継ぎに意欲のある人材とマッチングできるシステムが整えられています

事業承継ネットワーク (九州各所)

5つ目は事業承継ネットワークです。事業承継ネットワークとは九州の各県内で金融機関や商工会・商工会議所、会計事務所などが連携し、事業承継を後押しするつながりのことです。全国事業承継推進会議に参加している機関の1つです。

九州の各地にも設置されている公的機関ですので相談されることをおすすめします。

九州地方のM&Aを扱う会社売買サイト・マッチングサイト

九州地方のM&Aを扱う会社売買サイト・マッチングサイト

九州地方のM&Aを扱う会社売買サイト・マッチングサイト

続いては九州地方のM&Aや事業承継の案件も扱っている会社売買サイト・マッチングサイトを4つ紹介します。

  • M&A総合研究所
  • バトンズ (Batonz)
  • トランビ (Tranbi)
  • ビズリーチ・サクシード

M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://mastory.jp/

1つ目はM&A総合研究所です。M&A総合研究所のマッチングサイトは、案件が検索できるプラットフォームも有しています。それに加えて、仲介会社と同じような料金でサービスを受けることができ、利便性は非常に高いです

M&A総合研究所のマッチングサイトからM&A先を探したい方は是非一度をご利用ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

バトンズ (Batonz)

バトンズ (Batonz)

バトンズ (Batonz)

出典:https://batonz.jp/

バトンズは国内最大級の約5万件程度の案件を取り扱うマッチングサイトです。バトンズはバトンから由来しており、以前は事業承継に特化したマッチングサイトでした。近年はそこから派生し、ネットワークの広さ・安価な料金・圧倒的なスピードを持つマッチングサイトになりました

費用やM&Aのスピードを考慮している経営者の方は是非ご利用ください

トランビ (Tranbi)

トランビ (Tranbi)

トランビ (Tranbi)

出典:https://www.tranbi.com/

トランビは国内最大の事業承継・M&Aプラットフォームです。基本的には必要であれば専門家のサポートを受けるというシステムになっています。このことから場合によっては、買い手・売り手両方ともリーズナブルな価格で利用でき、かつ迅速にM&A先を見つけることができます

ビズリーチ・サクシード

ビズリーチ・サクシード

ビズリーチ・サクシード

出典:https://br-succeed.jp/

ビズリーチ・サクシードは完全審査・会員制のマッチングサイトです。売り手は登録すると厳選されたオファーが直接届きます。また、売り手側の情報は最小限公開され、情報管理は徹底されています。M&Aサポートは丁寧に行われるため、M&Aが初めての方にはおすすめのマッチングサイトです。

九州地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例

九州地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例

九州地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例

最後に九州地方でM&A・会社売却・事業承継に成功した事例を3つ紹介します。

①徳倉建設による九州建設の子会社化

1つ目の事例は徳倉建設による九州建設の子会社化です。いずれも総合建設会社ですが、特に九州建設は本社を福岡県に置く老舗の建設会社です。本案件で徳倉建設は九州地方に本格的に進出するとともに技術や人材等のシナジー効果を期待しています

②ヤギによるDream boxの完全子会社化

2つ目の事例はヤギによるDream boxの完全子会社化です。ヤギは繊維専門商社、Dream boxは九州初のヘルスケアベンチャーです。本案件でヤギはヘルスケア領域での商材・サービス開発とB to C事業のシナジー効果の強化に期待しています

③カクヤスによるサンノーの子会社化

3つ目の事例はカクヤスによるサンノーの子会社化です。サンノーは福岡県を中心に展開する業務用酒販販売を行う会社です。本案件によりカクヤスは事業収益基盤の拡大と強化を図る方針です

まとめ

九州地方のM&A・会社売却・事業承継 まとめ

九州地方のM&A・会社売却・事業承継 まとめ

今回は九州地方のM&A・会社売却・事業承継について紹介しました。今後、九州地方では事業承継に伴うM&Aが増加するため、案件が増加します。九州地方でエリアの拡大を考えている経営者の方は必ず注目しましょう。

【九州地方で1000万円で買える・個人向けのM&A・会社売却・事業承継案件を見つける方法】

  • M&A仲介会社を利用する方法
  • 地元の公的・金融機関などに相談する方法
  • 会社売買サイト・マッチングサイトを利用する方法

【九州地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキング】

  • M&A総合研究所
  • 九州M&Aサポート株式会社
  • 株式会社フォルテワン
  • 株式会社ビザイン
  • 株式会社ベア・ホールディングス

【九州地方で事業承継の相談を受けてもらえる公的機関】

  • 九州経済産業局
  • 沖縄総合事務局経済産業部
  • 中小企業基盤整備機構 九州本部・沖縄事務所
  • 事業引き継ぎ支援センター (九州各所)
  • 事業承継ネットワーク (九州各所)

【九州地方のM&Aを扱う会社売買サイト・マッチングサイト】

  • M&A総合研究所
  • バトンズ (Batonz)
  • トランビ (Tranbi)
  • ビズリーチ・サクシード

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)