2019年12月24日更新会社を売る

事業売却における仲介サポート

事業売却の仲介サポートを専門業者に依頼するときは、知っておくべき注意点があります。この記事では、事業売却における仲介業者の概要、仲介業者の種類、仲介業者を利用するメリット・デメリット、オススメの仲介業者などを幅広くご紹介します。

目次
  1. 事業売却における仲介サポートとは?
  2. 事業売却における仲介業者の種類
  3. 事業売却における仲介業者を利用するメリット
  4. 事業売却における仲介業者を利用するデメリット
  5. 事業売却で仲介業者を選ぶときのポイント
  6. 事業売却で活用できる仲介業者
  7. 事業売却で活用できる仲介サイト
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業売却における仲介サポートとは?

事業売却の場合をふくめて、M&Aを行うときは専門の業者に依頼して仲介サポートを受けるのが一般的です。しかし仲介業者の仲介によって多くのメリットが得られる一方で、デメリットもあるので注意する必要があります。

そのため事業売却の仲介を受けるときは、あらかじめ注意点を把握しておくことが大切です。とはいえ、事業売却における仲介について、実はよく理解できていないという経営者の方も少なくありません。そこでまずは、事業売却における仲介の概要と役割について紹介します。

事業売却における仲介の概要と役割

事業売却の仲介を受けることで、経営者が事業売却を実行するときにかかる負担を軽減してもらえます。仲介業者として挙げられるのは、M&A仲介会社や経営コンサルティング会社のほか、税理士事務所・会計士事務所・弁護士事務所などです。

事業売却のすべてのプロセスを当事者のみで完遂させることは容易ではありません。買い手候補となる会社の選定・会社への交渉を行うソーシング・契約書をはじめとする書類作成・バリュエーション・デューデリジェンス・クロージングなどのプロセスは非常に複雑です。

また上記のプロセスでは、法務や税務、会計など様々な専門的知識が必要となります。さらに事業売却における最適な買い手会社を見つけるときには、様々な会社や業界の動向の情報やネットワークを駆使しなければなりません。これらの問題を解決するために役立つのが仲介業者です。

知識や経験が豊富な仲介業者に依頼すれば、事業売却のプロセスをスムーズに済ませられます。中には医療福祉・飲食・ホテルなど特定業界に特化した仲介業者もあり、会社の意向を汲み取りつつ手厚く仲介してもらえます。事業売却するときは、様々な仲介業者を調べると良いです。

とはいえ迅速かつ安価な手数料で事業売却を成功させたいなら、最適なのはM&A総合研究所への相談です。M&A総合研究所には、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&Aをサポートいたします。

一般的なM&A取引は、交渉から成立までに半年から1年程度かかりますが、M&A総合研究所では早いクロージングを目指しています。そのため平均3ヶ月程度でのクロージングを実現可能です。また完全成功報酬制となっているため、成約しない限り手数料は発生いたしません。

なお発生する手数料についても、国内最安値水準を誇っています。相談料は無料ですので、M&Aによる事業売却をご検討される際には、まず気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業売却とは?方法や事例、価格算定方法や事業売却益をわかりやすく解説

バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

M&Aにおけるソーシング

事業売却における仲介業者の種類

事業売却の仲介を行う業者のタイプは2種類あって、それぞれ仕事内容が異なっています。仲介業者によって専門業界や得意領域が異なるため、相性のいい仲介業者を選ぶことをおすすめします。仲介をする会社の形態は、それぞれ以下の2とおりです。

(1)仲介会社

仲介会社は、仲介に特化しており、買い手会社と売り手会社の間に立ってサポートしてくれます。つまり、買い手と売り手の間に立つ仲人です。つまり仲介会社は、買い手会社と売り手会社の双方に向き合って、それぞれの利害を調整する能力が重要になります。

いずれの立場の会社も利益を得る、いわばウィン・ウィンの関係にできるかどうかが、仲介会社の使命です。ちなみに中小企業で行われる事業売却などのM&A活用されることが多いといえます。

(2)アドバイザー会社

アドバイザー会社は、買い手会社と売り手会社いずれかの会社に付き、会社の代理人として事業売却を進めます。つまりアドバイザー会社は、中立的な立場を取らず、依頼された会社の立場から、最大限の利益が得られるよう案件に取り組むことが使命です。

なおアドバイザー会社は、大企業や海外の会社での事業売却で広く活用されていて、買い手会社と売り手会社それぞれが別々のアドバイザー会社を雇っていることが多いです。当然ながらアドバイザー会社は、クライアントの利益のために業務を行うため、高度な交渉力が求められます。

※関連記事

M&AサポートにおけるM&A仲介業者の役割や売却事例/買収事例をご紹介

M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

事業売却における仲介業者を利用するメリット

ここでは事業売却で仲介業者を利用するメリットについて紹介します。事業売却において仲介業者を利用するメリットは、以下の3つです。
 

  1. 事業売却をスムーズに進められる
  2. 専門家目線で事業売却を進められる
  3. 経営者の相談相手になってもらえる

これら3つのメリットを押さえておけば、自社の事業売却において仲介業者に依頼することで得られる利益を把握できます。それでは、それぞれのメリットを順番に詳しく見ていきましょう。

(1)事業売却をスムーズに進められる

仲介業者を利用する最大のメリットは、事業売却をスムーズに進められることです。前述したとおり、事業売却には煩雑なプロセスが多く、専門的な知識が問われることもあります。事業売却ふくめM&Aを経験したことのある経営者は少ないのが現状です。

そのため事業売却をどのように進めるべきなのか悩んでしまうことが多いです。しかし仲介業者には、事業売却をふくめ様々なM&A案件に関わってきた経験と実績があります。そのため過去の案件で培った知識やノウハウをもとに事業売却プロセスをスムーズに進められるのです。

また仲介業者の中には税理士や会計士、弁護士などといった専門家が在籍していたり、あるいは専門家に通じるネットワークを持っている企業も多く、専門的な観点から手厚いサポートが受けられるメリットがあります。

(2)専門家目線で事業売却を進められる

専門家目線でプロセスを進めていくことは、事業売却を行う上で有利なことです。当事者同士で事業売却を進めると、無理な条件や価格を出されてしまったり、正式な手続きが取られていないことに気づけない可能性があります。

仲介業者は事業売却をふくめ、様々なM&A案件を手掛けてきた経験を豊富に持っているため、クライアントとなる経営者の要望を受けつつ、専門家目線で慎重に事業売却のプロセスを実施することが可能です。

(3)経営者の相談相手になってもらえる

多くの仲介業者では、経営コンサルティングも得意分野としており、経営にまつわる様々な相談に乗ってもらえます。

もしも特定業界に特化している仲介業者であれば、業界ならではの悩みも聞いてくれるはずです。そもそも事業売却は、事業拡大だけでなく、経営再建や組織再編など様々な理由で行われます。そんなとき仲介業者は、経営方針に関する良き相談相手として役立ちます。

経営に関するアドバイスをもらいながら、意見交換できることは非常に大きなメリットです。仲介業者はこれまでに様々な会社の案件を扱ってきた専門家であり、その経験に裏打ちされている有益なアドバイスや意見をもらえる可能性が高いです。

事業売却の仲介を依頼するなら、その機会に経営に関する事柄について相談してみることをおすすめします。

※関連記事

M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

事業売却における仲介業者を利用するデメリット

ここまではメリットを紹介しましたが、事業売却で仲介業者を利用するときにはデメリットが生じることもあるため、しっかり把握しておくと良いです。事業売却において仲介業者を利用するデメリットとして、以下の2つを紹介します。
 

  1. 費用がかかる
  2. プロセスが増える

これら2つのデメリットを押さえておけば、自社の事業売却において仲介業者への依頼を慎重に検討できます。それでは、それぞれのデメリットを順番に見ていきましょう。

(1)費用がかかる

仲介業者に事業売却の仲介を依頼すれば、報酬として支払うための費用がかかります。そして仲介業者の報酬は、業者や対応する案件の内容によって異なるということを把握しておかなければなりません。

そのため明確な相場は存在しませんが、中小企業の事業売却であれば、数百万円~数千万円ほどの費用が発生することも珍しくありません。したがってあらかじめ用意できる予算額を決めておき、予算に見合った仲介業者を探すことが大切です。

あわせて気を付けておきたいのが、業者の報酬形態です。仲介会社やアドバイザー会社の仲介業務は、着手金や手数料をあらかじめ支払う型と、案件が成約時のみ報酬が発生する完全成功報酬型の2つがあります。

つまり前者は案件の成否に関わらず報酬が発生するタイプ、後者は案件が成功しないかぎり報酬が発生しないタイプです。完全成功報酬型の方がリスクが少ないイメージがありますが、中には報酬のために条件が悪い案件でもむりやり成約させようとする仲介業者が存在します。

このように質の悪い事業売却を強いられるおそれがあるため、注意が必要です。したがって報酬形態だけでなく、仲介業者自体の実績や報酬の明朗さなど他の要素も幅広くチェックして依頼を検討することが大切です。

(2)プロセスが増える

事業売却に仲介業者が関わると、彼らとの話し合いを何度も重ねていくことになるため、当然プロセスが増え、手間がかかることもあります。つまり仲介業者が関われば、事業売却に要する時間全体は減るものの、何度も話し合いを重ねる必要があり、プロセス自体は増えるのです。

そのため経営者の方によっては、面倒に感じることがあるかもしれません。またもしも仲介業者との相性が悪ければ、話し合いがスムーズに進まない可能性もあります。仲介業者に依頼する以上、プロセスが増えてしまうのはやむを得ないことです。

とはいえスムーズにプロセスを進めるためにも、コミュニケーションがとりやすい仲介業者を選ぶことが大切です。

※関連記事

M&Aの費用

M&Aの注意点 (売り手編)

事業売却で仲介業者を選ぶときのポイント

ここまで様々なメリット・デメリットを紹介しました。それらを踏まえ事業売却では、ポイントを意識しながら仲介業者を選べば、メリットを最大限に獲得しつつデメリットを最小限に抑えられます。事業売却で仲介会社を選ぶときのポイントは、以下の3つです。
 

  1. 事業売却の実績が豊富なのか確認する
  2. 危険な仲介業者の特徴を知っておく
  3. 速さを優先するか条件を優先するかを決めておく

これら3つのポイントを意識しながら仲介業者を選べば、満足のいく事業売却の成立に近づけられます。それでは、それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

(1)事業売却の実績が豊富なのか確認する

仲介業者を選ぶときは、その会社の事業売却の実績を確認しておくと良いです。事業売却の実績が豊富な仲介業者であれば、高い確率で自社と類似した案件を取り扱った実績を持っています。そのためその当事の経験やノウハウが活かせるため、プロセスをスムーズに済ませやすいです。

最近では、日本企業におけるM&A・事業承継案件の増加に伴って、仲介業に進出する企業が増えています。そのため多くの仲介業者の中から選べる自由度そのものは高まりました。とはいえ事業売却は、慎重に行うべきであり、初心者ではなく経験豊富な仲介業者に任せると良いです。

(2)危険な仲介業者の特徴を知っておく

事業売却において仲介業者を選ぶときは、あらかじめ危険な仲介業者の特徴を知っておくと、大きな失敗を回避できます。前述したとおり仲介業者の中には、報酬のために条件が悪い案件でもむりやり成約させようとするなど、依頼者の利益を損なう会社が存在します。

そのため、会社売却や事業継承などでM&Aの仲介を依頼するときは、このような危険な仲介業者の特徴を知って、依頼を控えることが大切です。危険な仲介業者には、以下のような特徴があります。
 

  • 契約内容のすべてをクライアントに教えない
  • 相手企業の問題点をクライアントに教えない
  • 事業売却の成約ばかりを急いでいる
  • 会社の情報を外に漏らしている
  • 過去に関わった案件において、訴訟を起こされている

上記のような特徴がある仲介業者に依頼すると、事業売却に失敗するだけでなく、相手企業との訴訟に発展するなどの不利益を被るおそれがあります。依頼前には、あらかじめ上記の特徴に当てはまらないかチェックすることが大切です。

(3)速さを優先するか条件を優先するかを決めておく

事業売却において依頼する仲介業者を選ぶときは、あらかじめプロセス完遂までの速さを優先するのか、それとも好条件の追求を優先するのかを決めておくと良いです。たとえば、速さを優先したいなら仲介会社を、好条件の追求を優先したいならアドバイザー会社への依頼が最適です。

このように優先度によって仲介業者の種類を変えるべきなのは、仲介会社とアドバイザリー会社の仕事内容がそれぞれ異なるためです。前述したとおり仲介会社は、中立的な立場から、当事会社双方の利害を調整してくれるため、よりスムーズなプロセス完遂が目指せます。

その一方でアドバイザー会社は、依頼された会社(クライアント)の立場から、最大限の利益が得られるよう案件に取り組んでくれるため、より良い条件での事業売却が狙えるのです。以上のことから、仲介業者選びに迷ったら、事業売却における優先順位を整理すると良いです。

※関連記事

M&A実績の豊富な仲介会社

事業売却で活用できる仲介業者

ここでは、仲介業者の選び方のポイントを踏まえた上で、事業売却で活用できる代表的な仲介業者を紹介します。今回紹介するのは、以下の3つの仲介業者です。
 

  1. 日本M&Aセンター
  2. M&Aキャピタルパートナーズ
  3. ファンドブック(FUND BOOK)

これら3社の特徴をそれぞれ押さえておけば、自社の事業売却に最適な仲介業者に依頼できるはずです。それでは、それぞれの仲介業者を順番に見ていきましょう。

(1)日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、M&A仲介会社の中でも知名度が高く、様々なM&A案件を手掛けてきた豊富な実績と確かなノウハウが魅力です。日本全国及ぶネットワークを持っているため、理想的な案件を見つけやすいため、事業売却もスムーズに進行できるでしょう。

この他にも、サミットや講演など様々な情報を提供してくれるサービスがあるため、事業売却などM&Aの知識を付けたい経営者は利用してみると良いです。

(2)M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、東証一部上場の仲介業者であり、主に中堅・中小企業向けに事業継承サポートを実施しています。M&Aサポートの中でもとりわけ仲介業を得意としていて、案件ごとに専任のスタッフがついて対応するのが魅力です。

そしてプロセスの途中で担当者が交代することがなく、事業売却の相談からクロージングまでを安心して依頼できます。なお着手金は発生しないものの、中間金を支払う必要があるため、報酬体系については注意が必要です。

(3)ファンドブック(FUND BOOK)

ファンドブックは、M&A仲介を専門としているM&A仲介会社であり、買い手側の会社にも売り手側の会社にも手厚いサポートをしてもらえます。ファンドブックの魅力は、最先端のIT技術を生かしてスムーズなマッチングを実現してもらえる点です。

またクライアントの機密情報が漏洩しないように徹底した情報管理も行っており、機密にしておきたい事業売却の案件の情報もしっかり守ってくれる点も魅力的です。

※関連記事

M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

事業売却で活用できる仲介サイト

最後に、事業売却をするときに仲介業者とあわせて活用できる仲介サイトを紹介します。事業売却を検討する会社が仲介サイトを活用すれば、買い手側とWEB上でマッチングでき、M&Aの成約に繋げることができます。事業売却で活用できる代表的な仲介サイトは、以下の2つです。
 

  1. トランビ(TRANBI)
  2. M&A PARK

これら2つの仲介サイトに魅力を感じるならば、仲介業者への依頼とあわせて検討してみるのも良いです。それでは、それぞれの仲介サイトの特徴を順番に見ていきましょう。

(1)トランビ(TRANBI)

トランビは、株式会社トランビが運営する事業承継・M&Aマッチングサイトです。会社や事業(個人事業)を売りたい・買いたい経営者が集まって情報発信しており、情報を閲覧した上で相手方とコンタクトをとり交渉することで、M&Aを実施できます。

自社のみで買い手先企業を選ぶためリスクもありますが、目的に合った相手をこだわって探せる点は魅力的です。売却する側は、着手金・中間金・成功報酬ふくめて無料で利用できるので、手軽に利用できるのもポイントといえます。

なお成約した場合には、トランビに対する報告義務が設定されているため、その点には注意が必要です。

(2)M&A PARK

M&A PARKは、最大級のM&A仲介サイトであり、事業を売りたい・買いたい経営者がサイト上でマッチングできるサービスです。ありとあらゆるM&A案件の情報が集まっており、事業売却を行う理想的な相手を見つける上で役立ちます。

なおM&A PARKでは、着手金がかからず、売り手側であれば実質無料であるため、費用負担が軽いのも魅力です。さらに海外投資家が閲覧可能な点も特徴であり、クロスボーダーM&Aを経営者自身で行うこともできます。以上、事業売却で活用できる代表的な仲介サイトを紹介しました。

なおスピーディーかつ安価な手数料で手厚いサポートを受けたいなら、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、M&Aの仲介とアドバイザリーを実施する仲介業者です。

取り扱っている案件は、常時約5,000社を誇っており、日本全国の銀行・公認会計士・税理士事務所とのネットワークを駆使しつつ、最適な相手先企業を提案いたします。担当させていただくのは、公認会計士をはじめとするM&A・事業売却に精通したスタッフ陣です。

そのため、事業売却の相談からクロージングまで幅広いサポートをお約束いたします。またアドバイザリーとしての業務も行っており、中小企業や小規模の企業でもアドバイザリーを受けることも可能です。

さらにM&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実施しており、平均3ヶ月という短期間での事業売却の成約を実現できます。なお完全成功報酬型であるほか、相談料は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 事業売却で仲介を利用すると事業売却にかかる負担を軽減することができる。
  • 仲介業者には仲介会社とアドバイザー会社の2種類があり、それぞれ異なる立場で仲介のサポートをしてくれる。
  • 事業売却で仲介業者に依頼するメリットは多い。
  • 一方で仲介業者に依頼すると費用がかかる、プロセスが増えるといったデメリットがある。

事業売却は決して単純なものではなく、多くの煩雑なプロセスを行うだけでなく、様々な専門的な知識を以て臨む必要があります。そのため事業売却において、仲介業者は非常に心強い存在です。しかし仲介業者に依頼するときは、メリットとデメリットを踏まえておく必要があります。

決して多くの仲介業者が該当するわけではありませんが、質の悪いサービスを提供してくる業者も存在します。理想的な仲介業者の見つけるためにも、その業者の実績や報酬など様々な点から入念に検討しておく必要があります。

最近は相談料が無料の業者も多いため、先ずは相談してみることがおすすめです。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

廃業(清算)を決める前にM&Aと比較検討!メリット・デメリット、決断タイミング

廃業(清算)を決める前にM&Aと比較検討!メリット・デメリット、決断タイミング

会社の清算を考えた時、廃業とM&Aの二通りの選択肢がありますが、経営者としてはどちらを選択するべきなのでしょうか。本記事では、会社の廃業を検討している方に向けて、廃業(清算)とM&Aを比較検討し...

M&A
廃業するにはどうすれば?進め方、手続き、廃業届の書き方を解説

廃業するにはどうすれば?進め方、手続き、廃業届の書き方を解説

廃業とは、法人や個人事業主が事業を廃止することをいいます。休業とは異なり、事業から完全に撤退することを意味しており、その際はいくつかの手続きを行う必要があります。本記事では、廃業の進め方や手続き...

M&A
M&Aタイムス(M&A Times)とは?M&Aニュース配信量でNo.1

M&Aタイムス(M&A Times)とは?M&Aニュース配信量でNo.1

M&Aタイムス(M&A Times)は、配信量No.1を謳っている日本最大級のM&Aサイトです。本記事では、M&Aタイムス(M&A Times)が提供しているサービス概要や、全国のM&Aコンサル...

M&A
M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A Bankは、M&A情報を発信しているm&a 情報サイトです。M&Aを検討する経営者に対象に、過去の事例や海外M&Aの最新情報を届けることで、M&Aの普及拡大に貢献しています。本記事では、...

M&A
レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

レコフは、日本初のM&A専業会社として知られる老舗会社です。M&Aの草創期からM&A事業に携わっており、これまでに数多くの企業の経営戦略のサポートを実現させてきました。本記事では、レコフの沿革・...

M&A
GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴィアン)は、日本・米国・欧州を中心に活動するグローバルなM&A仲介会社です。クロスボーダーM&Aを検討する企業にとって頼りになる仲介会社であるといえます。本記事では、GCA(G...

M&A
フロンティア・マネジメントのM&Aの実績は?特徴、年収や口コミ・評判を解説!

フロンティア・マネジメントのM&Aの実績は?特徴、年収や口コミ・評判を解説!

フロンティア・マネジメントは、企業経営に関する各専門家で構成されるM&A仲介会社です。本記事では、フロンティア・マネジメントの会社概要・年収・採用情報・M&Aの実績を紹介しています。M&Aの相談...

M&A
新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

世界経済に影響を及ぼす新型コロナが感染拡大した後には、M&A市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか。当記事では、新型コロナの影響を加味したM&A市場の予測について、リーマンショックとの比較や、...

M&A
M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所は平成30年に設立されたM&A仲介会社で、経営者目線の親身なサポートが特徴です。事業内容もM&A仲介以外に、M&AプラットフォームやM&Aメディアなど幅広く展開しています。この記...

M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)