M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
事業売却における仲介サポート

事業売却における仲介サポート

目次

    事業売却における仲介サポート

    事業売却に限らず、M&Aを行う際は専門の業者から仲介サポートを受けます。

    仲介業者の仲介を受けるにあたりメリット・デメリットがあります。

    事業売却の仲介を受ける際には様々な注意点を踏まえておくことが重要です。

    今回は事業売却の仲介を受けた際のメリット・デメリットやおすすめの業者についてお伝えしていきます。

    事業売却における仲介とは

    ①事業売却における仲介の概要

    そもそも事業売却の仲介はどんなものなのでしょうか。

    事業売却を含め、M&Aの仲介サポートによって、経営者が事業売却などM&Aを実行する際にかかる負担を軽減することができます。

    事業売却にせよ、他の手法のM&Aにせよ、そのプロセスを全て当事者で行うことは簡単ではありません。

    買い手候補となる会社の選定、その会社への交渉を行うソーシング、契約書をはじめとして様々な書類の政策、バリュエーション、デューデリジェンス、クロージングなど、事業売却のプロセスは煩雑であり、法務や税務、会計など様々な専門的な知識を必要となります。

    また事業売却を行う際に買い手となる会社を見つけるのも簡単ではなく、様々な会社や業界の動向の情報やネットワークが必要になります。

    ②事業売却における仲介会社の活用とサポート

    これらの問題を解決するうえで役に立つのが仲介業者です。

    昨今では事業売却に限らず、M&Aの仲介を行う業者が増えています。

    一般的にイメージされるのはM&A仲介会社や経営コンサルティング会社といった業者ですが、他にも税理士事務所、会計士事務所、弁護士事務所など様々な業者が仲介を行ってくれます。

    中には医療福祉、飲食、旅館・ホテルなど特定の業界に特化した業者もあり、クライアントとなる会社の意向をしっかり受け取った上で仲介を実施してくれます。

    事業売却を行う際は様々な仲介業者をチェックし、仲介に依頼することをおすすめします。

    事業売却における仲介会社の種類

    事業売却の仲介を行う会社の形態には代表的なものが2種類あり、それぞれ仕事の進め方が異なっています。

    仲介会社には専門業界、得意領域があるため、いずれかの中から相性のいい仲介会社を選ぶことがおすすめです。

    仲介をする会社の形態はそれぞれ以下の通りです。

    ①仲介会社

    仲介会社はその名の通り仲介に特化しており、買い手となる会社と売り手となる会社の間に立ってサポートしてくれます。

    買い手と売り手の間に立つ仲人です。

    仲介会社は中小企業で行われる事業売却を含めたM&Aで活用されます。

    仲介会社は買い手となる会社と売り手会社の双方に向き合うため、それぞれの利害を調整する能力が重要になります。

    いずれの立場の会社も利益を得る、いわばウィン・ウィンの関係にできるかどうかが仲介会社の使命だと言っても過言ではないでしょう。

    ②アドバイザー会社

    アドバイザー会社も事業売却などM&Aの仲介を行う会社ですが、仲介会社とは立ち位置が違います。

    仲介会社が買い手となる会社と売り手となる会社の間に立つ第三者的な立場になりますが、アドバイザー会社は買い手となる会社と売り手となる会社のいずれかの会社に付き、その会社の代理人として事業売却を進めていきます。

    つまりアドバイザー会社は中立的な立場を取らず、依頼してきた会社の味方として、その会社が最大限の利益を得られるように案件に取り組むことが使命となります。

    アドバイザー会社は大企業や海外の会社での事業売却に使われるケースが多く、買い手となる会社、売り手となる会社それぞれが別々のアドバイザー会社を雇っていることが多いです。

    当然ながらそれぞれのアドバイザー会社はそれぞれのクライアントの利益のために業務を行うため、アドバイザー会社には高度な交渉力が求められます。

    事業売却における仲介業者を利用するメリット

    ここでは事業売却で仲介業者を利用するメリットについてお伝えします。

    仲介業者を利用するメリットは複数あり、いずれも事業売却を考えている経営者にとってプラスになるものです。

    ①事業売却をスムーズに進められる

    やはり仲介業者を利用する最大のメリットは事業売却をスムーズに進められることです。

    さきほどお伝えしたように事業売却は煩雑なプロセスが多く、専門的な知識が問われる場面も多くあります。

    そもそも事業売却に限らず、M&Aを何度も行ったことがあるという経営者自体少ないでしょう。

    そのため事業売却をどのように進めればいいかわからないということも珍しくありません。

    仲介業者は事業売却を含め、様々なM&A案件に関わってきた経験と実績があり、プロセスをスムーズに進めていけるだけの知識やノウハウも有しています。

    また、仲介業者の中には税理士や会計士、弁護士などといった専門家が在籍していたり、あるいは専門家に通じるネットワークを持っていることも多く、専門的な知識の観点からサポートしてくれます。

    ②事業売却のプロセスを代行してくれる

    アドバイザー会社や仲介業者のように、事業売却のプロセスを代行してくれることもメリットとして挙げられます。

    事業売却のプロセスは高度な交渉力が必要とされる場面もあります。

    しかし仲介業者であればソーシング、クロージングなど、重要なプロセスを代行してくれるため、事業売却をスムーズに、効率的に進めてくれます。

    ③第三者目線で事業売却を進められる

    第三者の目線を得て事業売却を進められることは事業売却を行う上で有利なことです。

    当事者同士だけで事業売却を進めると無理な条件や価格を出してしまうことや正式な手続きが守れないことに気づかない可能性があります。

    仲介業者は事業売却を含め、様々なM&A案件を手掛けてきた経験が豊富なため、クライアントとなる経営者の要望を受けつつ、事業売却のプロセスに第三者の目線で関わることが可能です。

    ④経営者の相談相手になる

    何かにつけて孤独な立場になりやすい経営者の相談を受けてくれるのも仲介業者の魅力です。

    仲介業者は経営コンサルティングも得意としていることもあり、経営にまつわる様々な事柄の相談に乗ってくれます。

    もし特定の業界に特化している仲介業者であれば業界ならではの悩みも聞いてくれるでしょう。

    そもそも事業売却は単純に事業拡大だけでなく、経営再建や組織再編など様々な理由で行われるものです。

    そんな際にも仲介業者は良き相談相手として側にいてくれるでしょう。

    これらのような経営者の悩みは些細なことのように感じるかもしれませんが、経営に関して様々な相手からアドバイスをもらい、意見交換を行うことは非常に役に立つものです。

    仲介業者は様々な会社を見てきたプロフェッショナルであり、その経験に裏打ちされている有益なアドバイスや意見をもらえる可能性は高いです。

    仲介を依頼するなら、その機会に経営に関する事柄について色々話してみても損はないでしょう。

    事業売却における仲介業者を利用するデメリット

    ここまで多くのメリットをお伝えしてきましたが、事業売却で仲介業者を利用することにはデメリットも存在しています。

    事業売却で仲介業者の力を借りる際にはデメリットをしっかり踏まえておいたが方がいいでしょう。

    ①費用がかかる

    やはり仲介業者を利用する際に看過できないことが費用です。

    仲介業者に事業売却の仲介を依頼する以上、報酬として一定以上の費用がかかることは念頭に置いておかなければいけません。

    仲介業者の報酬は業者によって、対応する案件の内容によって異なっているため明確な相場は存在しませんが、中小企業であれば数百万円~数千万円になることも少なくありません。

    そのためどれだけの予算が用意できるかをしっかり決めておき、その予算に見合った仲介業者を探すようにしましょう。

    加えて気を付けておきたいのが業者の報酬形態です。

    一般的にM&A仲介会社や経営コンサルティング会社の仲介業務は着手金や手数料をあらかじめ支払うタイプ。

    また、案件が成約した時だけ報酬が発生する完全成功報酬型の2つがあります。

    単純な違いを言うなら前者は案件が成功・失敗に関わらずに報酬が発生し、後者は案件が成功しない限り報酬が発生しないというタイプです。

    ここまで聞くと完全成功報酬型の方がリスクが少ないイメージがありますが、仲介業者によっては報酬を得るために条件が悪い案件でも無理矢理制約させようとすることがあるため、質の悪い事業売却を強いられる可能性があります。

    報酬形態だけでなく、その業者の実績や報酬の明朗さなど他の要素もしっかりチェックしておくことがおすすめです。

    ②プロセスが増える

    事業売却に仲介業者が関わると、彼らとの話し合いを何度も重ねていくことになるため、当然プロセスが増え、手間がかかることもあります。

    仲介業者が関わる以上、事業売却に要する時間全体は減りますが、何度も話し合いを重ねることになるため、プロセス自体は増えます。

    そのため経営者の方によっては面倒に覚えることもあるかもしれません。

    また万が一仲介業者と相性が悪ければ話し合い自体うまく進まないことも考えられます。

    仲介業者に依頼する以上、プロセスが増えてしまうのはやむを得ないことですが、円滑に進めるためにも、コミュニケーションがとりやすい仲介業者を選ぶことがおすすめです。

    事業売却におけるオススメの仲介業者

    ここではおすすめの仲介業者を紹介していきます。

    今回ご紹介する仲介業者は以下の3つです。

    ①日本M&Aセンター

    日本M&AセンターはM&A仲介会社の中でも知名度が高く、様々なM&A案件を手掛けてきた豊富な実績と確かなノウハウが魅力です。

    日本全国及ぶネットワークを持っているため、理想的な案件を見つけやすいため、事業売却もスムーズに進行できるでしょう。

    日本M&Aセンターはサミットや講演など、様々な情報を提供してくれるため、事業売却などM&Aの知識を養いたい時にもおすすめです。

    ②M&A PARK

    M&A PARKは最大級のM&A仲介サイトであり、ありとあらゆるM&A案件の情報が集まっています。

    そのため事業売却を行いたい際に理想的な相手を見つけるうえで役立つでしょう。

    加えてM&A PARKは着手金がかからず、売り手側の会社であれば実質無料であるため、費用の負担も軽めです。

    ③ファンドブック(FUND BOOK)

    ファンドブックはM&A仲介を専門としているM&A仲介会社であり、買い手側の会社にも売り手側の会社にも手厚いサポートをしてくれます。

    ファンドブックの魅力は最先端のIT技術を導入している点であり、その技術を生かしてスムーズなマッチングを実現してくれます。

    またクライアントの機密情報が漏洩しないように徹底した情報管理も行っており、機密にしておきたい事業売却の案件の情報もしっかり守ってくれます。

    まとめ

    今回の記事をまとめると以下のようになります。

    • 事業売却で仲介を利用すると事業売却にかかる負担を軽減することができる。
    • 仲介をする会社には仲介会社とアドバイザー会社の2種類があり、それぞれ異なる立場で仲介のサポートをしてくれる。
    • 事業売却で仲介業者に依頼すると様々なメリットが得られる。
    • 一方で仲介業者に依頼すると費用がかかる、プロセスが増えるといったデメリットがある。
    • おすすめの仲介業者は日本M&Aセンター、M&A PARK、ファンドブック。

    事業売却は決して単純なものではなく、多くの煩雑なプロセスを行うだけでなく、様々な専門的な知識を以て臨む必要があります。

    そのため仲介業者の存在は非常に心強いものだといえるでしょう。

    しかし仲介業者に依頼する際にはそのメリットとデメリットを踏まえて行う必要があります。

    全ての仲介業者がそうではありませんが、中には質の悪いサービスを提供してくる業者も存在します。

    理想的な仲介業者の見つけるためにも、その業者の実績や報酬など様々な点から入念に検討しておく必要があります。

    最近は相談料が無料の業者も多いため、先ずは相談してみることをおすすめします。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら