2020年2月26日公開会社・事業を売る

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーの料金・サービスを解説

円滑に事業譲渡・事業売却手続きを進め、納得のいく希望条件・希望売却価格で成約に至るには、自社に最適なコンサル・アドバイザーを選ぶことが大切です。本記事では、事業譲渡・事業売却支援を行うコンサル・アドバイザーの特徴や強み、料金、サービスなどを一覧でご紹介します。

目次
  1. 事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーとは
  2. 事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーの相場
  3. 事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧
  4. 事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーまとめ
  5. 事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーを選ぶポイント
  6. 事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーへ相談するメリット
  7. 事業譲渡・事業売却時のコンサル・アドバイザーに相談するデメリット
  8. 事業譲渡・事業売却は現在増えている?
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーとは

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーとは

M&Aが活況となっている近年は、事業譲渡・事業売却をサポートするコンサル・アドバイザーも増え続けています。

しかし、満足のいく事業譲渡・事業売却を行うには、自社に合ったコンサル・アドバイザーを選ばなければなりません。

本記事では、事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーを一覧でご紹介します。まずは、事業譲渡・事業売却の意味や、コンサル・アドバイザーの役割について解説します。

事業譲渡・事業売却とは

事業譲渡・事業売却とは、事業部門や事業用資産の一部または全部を買い手へ譲渡・売却するM&A手法です。

事業譲渡・事業売却によって、売り手企業は経営資源の選択と集中を図るなどの戦略をとることができます。

また、株式を持たない個人事業主が事業を譲渡する際は、事業譲渡・事業売却の手法を用います。

なお、事業譲渡・事業売却という呼び方は、会社の経営権を買い手へ渡す会社売却と同じ意味で用いられる場合もあります。

事業譲渡・事業売却時のコンサル・アドバイザーの役割

事業譲渡・事業売却を行うには、買い手探しや買い手との交渉・売却価格の算定・各種契約書類の作成など、専門的な手続きが必要です。

コンサル・アドバイザーは、事業譲渡・事業売却に伴う手続きをトータルサポートすることが可能です。

また、ただ手続きをサポートするだけでなく、売り手が満足できる結果を得られるよう戦略的にサポートする点もコンサル・アドバイザーの特徴です。

さらに、事業譲渡・事業売却の際はさまざまな不安が生じたり、売り手と買い手でトラブルが生じたりもしますが、コンサル・アドバイザーは不安解消と円滑なコミュニケーションもサポートします。

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーの相場

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーの相場

事業譲渡・事業売却の手数料は、コンサル・アドバイザーによって大きく違います。一般的な手数料には、着手金・中間報酬・月額報酬・成功報酬などがあります。

各コンサル・アドバイザーは、これらの手数料を組み合わせて報酬体系を設定しています。また、手数料ごとの価格もコンサル・アドバイザーによってさまざまです。

特に、成功報酬は設定によって最終的な手数料が大きく変わるので注意が必要です。多くのコンサル・アドバイザーが採用しているのが、レーマン方式と呼ばれている料金体系です。

以下の例のように、事業譲渡・事業売却の規模によって料率が変わります。同じレーマン方式でも、算定のベースが移動総資産ベースか譲渡価格ベースかによって、最終的な支払い金額は大きく変わるので、事前によく説明を受けておくことが大切です。

レーマン方式の一例

取引価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

【関連】会社売却で必要な手数料とは?できるだけコストを抑えて会社売却を成功させよう

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧

ここからは、事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーを一覧でご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所 
  2. 山田コンサルティンググループ株式会社
  3. 株式会社ソリューションパートナーズ
  4. 株式会社たすきコンサルティング
  5. 株式会社喜望大地
  6. 株式会社経営承継支援
  7. 株式会社ゼスタス
  8. 株式会社船井総合研究所
  9. IRI M&Aコンサルティング株式会社
  10. 株式会社プルータス・コンサルティング

1.株式会社M&A総合研究所

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 1

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー1社目は、株式会社M&A総合研究所です。

株式会社M&A総合研究所では、豊富な実績を持ったM&AアドバイザーとM&A専門の会計士、弁護士がチームでフルサポートを行います。

M&A完了までのスピードと、依頼者の希望価格よりも高い価格で会社を譲渡するための戦略的なサポートが魅力のコンサル・アドバイザーです。
 

特徴 豊富なM&A支援実績
会計士と弁護士、M&Aアドバイザーによるフルサポート
サービス内容 中堅・中小企業のM&A・事業承継支援
M&Aマッチングプラットフォームの運用
M&Aメディアの運営
強み 平均3ヶ月のスピード成約
希望価格以上での会社売却実績
手数料 完全成功報酬制
お問い合わせ先 0120-401-970

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2.山田コンサルティンググループ株式会社

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 2

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー2社目は、山田コンサルティンググループ株式会社です。

山田コンサルティンググループ株式会社は、コンサルティング会社としての強みを活かした、M&Aにとどまらないトータルサポートが強みのコンサル・アドバイザーです。
 

特徴 企業のあらゆる課題にワンストップで対応
サービス内容 M&A・事業承継コンサルティング
組織・人事、IT、海外事業、不動産コンサルティング
強み 業界ごとの専門家と情報ネットワークを活用
グループ内での強固な連携
手数料 要問い合わせ
お問い合わせ先 03-6212-2510

3.株式会社ソリューションパートナーズ

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 3

出典:http://www.solution-p.co.jp/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー3社目は、株式会社ソリューションパートナーズです。

株式会社ソリューションパートナーズは、流通・IT業界のサポートを得意とするコンサル・アドバイザーです。病院同士のM&Aにも対応しています。
 

特徴 病院間のM&Aに精通
投資ファンドとの連携
サービス内容 M&A仲介
上場支援
クロスボーダーM&A支援
人材支援
強み 医療・流通・IT業界に強み
手数料 完全成功報酬制
お問い合わせ先 03-3518-2895

4.株式会社たすきコンサルティング

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 4

出典:https://www.tasuki.pro/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー4社目は、株式会社たすきコンサルティングです。

株式会社たすきコンサルティングは、公認会計士とMBAホルダーが複数人所属しているので、M&Aのアドバイスを超えた経営コンサルティングも可能です。
 

特徴 M&A以外の相談にも幅広く対応
サービス内容 M&A・事業承継仲介、アドバイザリー
財務コンサルティング
PMI助言サービス
強み 公認会計士とMBAホルダーが複数人在籍
手数料 中間報酬・成功報酬
お問い合わせ先 03-6259-1812

5.株式会社喜望大地

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 5

出典:https://gmmi.jp/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー5社目は、株式会社喜望大地です。株式会社喜望大地は最適なM&A相手を積極的に探しにいく営業力に長けています。事業再生支援・資金繰り支援も得意とするコンサル・アドバイザーです。
 

特徴 能動的なM&A相手探し
経営者に寄り添ったアドバイス
サービス内容 M&A・事業承継支援
事業再生支援
資金繰り支援
強み 事業再生・資金繰り支援に強み
手数料 要問い合せ
お問い合わせ先 0120-59-8686

6. 株式会社経営承継支援

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 6

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー6社目は、株式会社経営承継支援です。株式会社経営承継支援は、豊富に蓄積された企業データベースとITを駆使した業務効率化によって、スピーディーさと価格の安さを実現しています。
 

特徴 豊富な企業データベース
ITによる業務効率化
サービス内容 中堅・中小企業のM&A・事業承継支援
強み 薬局・介護業界のM&A支援に強み
手数料 完全成功報酬制
お問い合わせ先 03-6279-0596

手数料

7.株式会社ゼスタス

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 7

出典:https://zestus.co.jp/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー7社目は、株式会社ゼスタスです。株式会社ゼスタスは、WEBサイトのコンサルティングを得意としています。M&Aだけでなく、WEBサイトの育成や運営代行も行っています。
 

特徴 WEBサイトのM&Aに注力
サービス内容 M&A仲介・小規模M&Aアドバイザリー
サイト売買・サイト育成支援
ネットショップ運営代行
強み ITとWEBを活用したコンサルティング
手数料 要問い合わせ
お問い合わせ先 03-5826-6660

8.株式会社船井総合研究所

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 8

出典:https://www.funaisoken.co.jp/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー8社目は、株式会社船井総合研究所です。株式会社船井総合研究所は独立系のコンサルティング会社です。

グループ企業との関係性に左右されることなく最適なサポートを行うことができます。専門家ごとに得意業界を持っているので、自社に最適な担当者のサポートが受けられます。
 

特徴 独立系のコンサルティング会社
業界ごとの専門家が所属
サービス内容 月次支援コンサルティング
プロジェクト型支援
強み 高いコンサルティング力を活かした戦略的M&A支援
手数料 要問い合わせ
お問い合わせ先 0120-202-155

9.IRI M&Aコンサルティング株式会社

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 9

出典:https://www.iri-ma.co.jp/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー9社目は、 IRI M&Aコンサルティング株式会社です。

IRI M&Aコンサルティング株式会社は、会計事務所・不動産会社・マーケティング会社といったグループ会社と連携してサポートが可能です。沖縄県にもオフィスを構え、本土企業との仲介役を担っています。
 

特徴 後継者問題に尽力
サービス内容 M&A・事業承継支援
資本業務提携支援
強み グループ内の会計事務所・不動産会社・マーケティング会社などとの連携
手数料 成功報酬型
お問い合わせ先 0120-123-514

10.株式会社プルータス・コンサルティング

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー一覧 10

出典:https://www.plutuscon.jp/

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザー10社目は、株式会社プルータス・コンサルティングです。

株式会社プルータス・コンサルティングは、企業有価証券の独立系評価機関として、企業価値評価や株価算定に強みを持ったコンサル・アドバイザーです。
 

特徴 企業有価証券の独立系評価機関
サービス内容 M&A・事業承継支援
株価算定
ストックオプション
会計アドバイザリー
強み 企業価値評価・株価算定に強み
手数料 要問い合せ
お問い合わせ先 03-3591-8123

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーまとめ

事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーまとめ

前述の事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーを以下に一覧でまとめました。
 

コンサル・アドバイザー 特徴・強み
株式会社M&A総合研究所 豊富なM&A支援実績
会計士と弁護士、M&Aアドバイザーによるフルサポート
平均3ヶ月のスピード成約
希望価格以上での会社売却実績
山田コンサルティンググループ株式会社 企業のあらゆる課題にワンストップで対応
業界ごとの専門家と情報ネットワークを活用
グループ内での強固な連携
株式会社ソリューションパートナーズ 病院間のM&Aに精通
投資ファンドとの連携
医療・流通・IT業界に強み
株式会社たすきコンサルティング M&A以外の相談にも幅広く対応
公認会計士とMBAホルダーが複数人在籍
株式会社喜望大地 能動的なM&A相手探し
経営者に寄り添ったアドバイス
事業再生・資金繰り支援に強み
株式会社経営承継支援 豊富な企業データベース
ITによる業務効率化
薬局・介護業界のM&A支援に強み
株式会社ゼスタス WEBサイトのM&Aに注力
ITとWEBを活用したコンサルティング
株式会社船井総合研究所 独立系のコンサルティング会社
業界ごとの専門家が所属
高いコンサルティング力を活かした戦略的M&A支援
IRI M&Aコンサルティング株式会社 後継者問題に尽力
グループ内の会計事務所・不動産会社・マーケティング会社などとの連携
株式会社プルータス・コンサルティング 企業有価証券の独立系評価機関
企業価値評価・株価算定に強み

【関連】M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーを選ぶポイント

事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーを選ぶポイント

事業譲渡・事業売却でコンサル・アドバイザーを選ぶ際は、以下のポイントを押さえておく必要があります。

  1. 自社事業の規模や業種に携わった経験がある 
  2. 知識や実績が豊富にある
  3. 料金体系がわかりやすい
  4. 担当者との相性が良い

1.自社事業の規模や業種に携わった経験がある

事業譲渡・事業売却の支援業務はすべて同じマニュアル通りに行われるわけではありません。支援する事業規模によって必要な知識や人員が変わります。また、業種の特性に合わせた対応やネットワークも必要です。

そのため、自社と同じ事業規模や業種に携わった経験が豊富な専門家に依頼する必要があります。

2.知識や実績が豊富にある

中小企業の事業譲渡・事業売却は業務のシステム化による効率化などを進めても、最終的にはコンサルタント・アドバイザーの知識と実績が結果を左右します。

コンサル・アドバイザーを選ぶ際は、会社規模や知名度だけでなく、専門家のこれまでの実績をよく確認する必要があります。

3.料金体系がわかりやすい

事業譲渡・事業売却を行う際はさまざまな不安が伴います。お金の面もそのひとつですが、安心して事業譲渡・事業売却を行うには、極力シンプルな料金体系の会社を選ぶことも大事です。

4.担当者との相性が良い

事業譲渡・事業売却支援はどれだけIT化やマニュアル化が進んでも、最も大事になるのは人同士の関係性です。

相性が良く信頼できる担当者と関係を構築することが、事業譲渡・事業売却の成功にもつながります。

事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーへ相談するメリット

事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーへ相談するメリット

事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーへ相談することで、以下のメリットが得られます。

  1. M&A・事業譲渡・事業売却に関する専門知識が豊富 
  2. 買い手企業を探してくれる
  3. 買い手との交渉や各種契約書類の作成を任せられる
  4. 希望する条件の達成や譲渡・売却額の向上に努める

1.M&A・事業譲渡・事業売却に関する専門知識が豊富

事業譲渡・事業売却を行うには、会社法の知識や企業価値評価、税務知識など各種専門知識が必要です。

コンサル・アドバイザーはこれらの知識を豊富に持つだけでなく、戦略的に使いこなしてメリットを最大化することができます。

2.買い手企業を探してくれる

コンサル・アドバイザーはそれぞれ独自のネットワークとマッチングの知見を豊富に持っているので、買い手企業を見つけるだけでなく、最適な相手かどうかも見極めることができます。

コンサル・アドバイザーに相談する最大のメリットは独自ネットワークにアクセスできることだと言う専門家もいるほどです。

3.買い手との交渉や各種契約書類の作成を任せられる

交渉は、条件さえ良ければ必ずしもうまくいくというわけではなく、豊富な経験と戦略が必要です。

また、各種書類は少しの文言の違いでトラブルの大小が変わってくることもあるので、専門家によるサポートが必要です。コンサル・アドバイザーはこれらのサポートを行うことができます。

4.希望する条件の達成や譲渡・売却額の向上に努める

コンサル・アドバイザーはブローカーのように相手を紹介して終わりではなく、依頼者が満足のいく結果を出すところまで注力します。

特に近年は、完全成功報酬制のコンサル・アドバイザーが増えてきたこともあり、好条件での成約を達成するコンサル・アドバイザーも増えています。

【関連】M&A大手仲介会社と中小仲介会社との違いとは?M&A大手仲介会社へ依頼する際のメリット・デメリットも解説

事業譲渡・事業売却時のコンサル・アドバイザーに相談するデメリット

事業譲渡・事業売却時のコンサル・アドバイザーに相談するデメリット

事業譲渡・事業売却をコンサル・アドバイザーに相談することで、以下のデメリットが発生する可能性もあります。

  1. コンサル・アドバイザーへの依頼・相談料などがかかる
  2. 相性が合わない場合がある
  3. 希望通りの買い手先が見つからない可能性がある

1.コンサル・アドバイザーへの依頼・相談料などがかかる

コンサル・アドバイザーの中には、初期の段階で手数料を設定しているケースもあります。

事業譲渡・事業売却に失敗しても手数料が返ってこないケースも多いので、初期手数料の支払いが不安な場合は、完全成功報酬制のコンサル・アドバイザーを選ぶなどの判断が必要です。

2.相性が合わない場合がある

相応の期間コンサル・アドバイザーとさまざまなコミュニケーションをとっていく必要のある事業譲渡・事業売却では、相性の不一致は結果も大きく左右します。相談の段階でしっかりと見極めておくことが大事です。

3.希望通りの買い手先が見つからない可能性がある

依頼するコンサル・アドバイザーや依頼するタイミングによっては、希望通りの買い手がなかなか見つからないこともあるでしょう。

あらかじめこのようなリスクも想定して、時間的余裕を保って相談したり、他の相談先候補も決めておくなどの対処が必要です。

事業譲渡・事業売却は現在増えている?

事業譲渡・事業売却は現在増えている?

近年、事業譲渡・事業売却が増加し続けています。増加している理由は、経営者の高齢化と後継者問題、人手不足、業界の変化に対応するためなどさまざまです。

事業譲渡・事業売却の増加に伴って、事業譲渡・事業売却の支援を行う専門家の数も急速に増えています。

事業譲渡・事業売却を行う際は、数多くの専門家の中から最適なコンサル・アドバイザーを選ばなければなりません。

M&A総合研究所は、豊富な経験を持つ会計士と弁護士、アドバイザーがフルサポートするので、依頼者から高い満足度を得ています。

M&A総合研究所では無料相談を随時受け付けておりますので、事業譲渡・事業売却をご検討の際はお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

本記事では、事業譲渡・事業売却のコンサル・アドバイザーを一覧でご紹介してきました。

今回ご紹介したコンサル・アドバイザーは以下の10社です。

コンサル・アドバイザー 特徴・強み
株式会社M&A総合研究所 豊富なM&A支援実績
会計士と弁護士、M&Aアドバイザーによるフルサポート
平均3ヶ月のスピード成約
希望価格以上での会社売却実績
山田コンサルティンググループ株式会社 企業のあらゆる課題にワンストップで対応
業界ごとの専門家と情報ネットワークを活用
グループ内での強固な連携
株式会社ソリューションパートナーズ 病院間のM&Aに精通
投資ファンドとの連携
医療・流通・IT業界に強み
株式会社たすきコンサルティング M&A以外の相談にも幅広く対応
公認会計士とMBAホルダーが複数人在籍
株式会社喜望大地 能動的なM&A相手探し
経営者に寄り添ったアドバイス
事業再生・資金繰り支援に強み
株式会社経営承継支援 豊富な企業データベース
ITによる業務効率化
薬局・介護業界のM&A支援に強み
株式会社ゼスタス WEBサイトのM&Aに注力
ITとWEBを活用したコンサルティング
株式会社船井総合研究所 独立系のコンサルティング会社
業界ごとの専門家が所属
高いコンサルティング力を活かした戦略的M&A支援
IRI M&Aコンサルティング株式会社 後継者問題に尽力
グループ内の会計事務所・不動産会社・マーケティング会社などとの連携
株式会社プルータス・コンサルティング 企業有価証券の独立系評価機関
企業価値評価・株価算定に強み

事業譲渡・事業売却でコンサル・アドバイザーを選ぶ際は、以下のポイントを押さえておく必要があります。
  1. 自社事業の規模や業種に携わった経験がある 
  2. 知識や実績が豊富にある
  3. 料金体系がわかりやすい
  4. 担当者との相性が良い

事業譲渡・事業売却時にコンサル・アドバイザーへ相談することで、以下のメリットが得られます。
  1. M&A・事業譲渡・事業売却に関する専門知識が豊富 
  2. 買い手企業を探してくれる
  3. 買い手との交渉や各種契約書類の作成を任せられる
  4. 希望する条件の達成や譲渡・売却額の向上に努める

事業譲渡・事業売却をコンサル・アドバイザーに相談することで、以下のデメリットが発生する可能性もあります。
  1. コンサル・アドバイザーへの依頼・相談料などがかかる
  2. 相性が合わない場合がある
  3. 希望通りの買い手先が見つからない可能性がある

事業譲渡・事業売却を行う際は、数多くの専門家の中から最適なコンサル・アドバイザーを選ばなければなりません。

M&A総合研究所は豊富な経験を持つ会計士と弁護士、アドバイザーがフルサポートするので、依頼者から高い満足度を得ています。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)