2021年11月30日更新会社・事業を売る

会社売却における仲介手数料・業者の選び方を徹底解説!おすすめ仲介会社の比較も

会社売却は専門的な知識を必要とするため、M&A業者に仲介サポートを依頼することが一般的です。しかし、何を基準に業者を選べば良いか分からない場合もあります。そこで本記事では、会社売却における仲介手数料とM&A業者の選び方について徹底比較します。

目次
  1. 会社売却におけるM&A仲介会社とは
  2. 会社売却は増えている?その理由とは
  3. 会社売却におけるM&A仲介会社おすすめ15選を比較
  4. 会社売却における仲介手数料
  5. 会社売却における仲介会社の選び方
  6. 会社売却に失敗しないコツ
  7. 会社売却で注意すべき仲介会社の特徴
  8. 会社売却におけるおすすめのM&A仲介会社
  9. 会社売却における仲介手数料・業者の選び方まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

会社売却におけるM&A仲介会社とは

まず、会社売却におけるM&A仲介会社とは、アドバイザーが譲渡企業と譲受企業の間に入り、中立の立場からM&Aを成功に導くためのサポートを行う会社の事を言います。

会社売却を成功させるには、法務的な手続き、税務処理、相手企業の選定など、幅広い知識と経験や専門的な知識が必須となります。

会社売却の成約に向けて、利害関係を調整し、難しいプロセスを慎重に進めなければならないため、専門家であるM&A仲介会社の協力は必要不可欠とも言えるでしょう。

本記事では、会社売却におけるM&A仲介会社の選び方や、おすすめのM&A仲介会社、さらには各M&A仲介会社の比較して解説します。

会社売却は増えている?その理由とは

日本経済新聞によると2020年の成約件数は3,700件を突破したことが報じられており、年々伸ばしつつあります。

これには売手が抱える経営課題があることが強く影響していると考えられます。主な理由として挙げられるのは以下のものです。

【会社売却が増えている理由】

  1. 後継者問題に悩む
  2. 少子化による人材不足
  3. 経営難で苦しい

①後継者問題に悩む

後継者問題を抱える中小企業が増えている事です。

後継者が不在のまま進むと会社の行末は廃業・倒産となってしまうため、会社を存続させるために会社売却を選択する中小企業が多くなりました。

②少子化による人材不足

日本の少子高齢化によって全国的に人材不足が深刻化しています。

事業を行うために人材は必要不可欠で、人材獲得競争が激化しています。その結果、事業を行うための人材が確保できないことで会社売却を選択する企業も少なくありません。

人材を欲しているのは大企業も同様で、事業規模を拡大するために常にM&Aによる人材獲得を狙っています。

売手の従業員の雇用先の確保と買手の人材獲得のニーズが一致して会社売却が成立するケースが多くなっています。

③経営難で苦しい

経営状況の悪化による会社売却もあります。

会社売却なら交渉次第で債務を買手に引き継ぎすることも可能なので、企業再生の手段として用いられる事もあります。

無理して経営を続けると債務が拡大する恐れもあるため、経営者としての判断が問われるポイントです。

【関連】M&A・会社売却・事業譲渡が増えている理由を解説!最も多い理由は?| M&A・事業承継の理解を深める

会社売却におけるM&A仲介会社おすすめ15選を比較

近頃では、高齢化や人材不足で、中小企業経営者のなかには会社売却や事業譲渡などを選択するケースが増えてきています。

M&Aを行う際は専門家のサポート下で進めていくの一般的ですが、どのようなM&A仲介会社を選べばいいのでしょうか。ここでは、会社売却・M&Aを扱う仲介会社を15社厳選して紹介します。

  1. M&A総合研究所
  2. コーポレート・アドバイザーズM&A
  3. DRS
  4. 経営承継支援
  5. ベンチャー・インキュベーション・プランニング
  6. フォーバル
  7. インテグループ
  8. 東京MAパートナーズ
  9. ロシェル
  10. ブティックス
  11. 名南M&A
  12. 中小企業M&Aサポート
  13. M&Aネットワークス
  14. レコフ
  15. クラリスキャピタル

①M&A総合研究所

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.ma-site.com/production/imgs/images/000/039/854/origin...

M&A総合研究所は、M&Aの仲介、アドバイザリーを行う専門会社です。M&Aに対し、経験豊富なアドバイザーが専任にあたり、会社の売却、譲渡事業、従業員の雇用などを考慮しつつ、ご成約までの一括サポートを提供しており、これまで多数の実績を挙げております。

通常は10カ月から1年以上かかるとされるM&Aを、最短3か月の成約実績がある当社では、実行力や機動力も強みです。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。相談料も無料ですから、気軽に問い合わせが可能です。

業務内容 M&Aの仲介、アドバイザリー、マッチングサイトの運営
取り扱う案件 地方企業・中堅・中小企業の会社売却や事業譲渡など
成約件数 非公開
料金 完全成功報酬制(レーマン式(※譲渡企業様のみ))

 

成功報酬の体系

M&A総合研究所では、以下のようなレーマン方式を採用しています。基準額がM&Aの取引額ですので、同じレーマン方式の中でも安上がりとなる設定です。

取引額 手数料率
5億円以下に該当する部分 5%
5億円超〜10億円以下に該当する部分 4%
10億円超〜50億円以下に該当する部分 3%
50億円超〜100億円以下に該当する部分 2%
100億円を超える部分 1%

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②コーポレート・アドバイザーズM&A

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、M&Aの仲介、アドバイザリー、事業承継のコンサルティングを中心に手掛ける専門会社です。

デューデリジェンスなどを行う会社、税理士・社会保険労務士法人などがグループ企業にあり、連携してサポートを行っています。

会社売却の相談~成約までを一貫しており、成約後にはグループ会社の強みを活かし、人事・労務・税務・会計などの統合もサポートしています。
 

業務内容 M&Aの仲介、M&Aのアドバイザーズ、事業承継のコンサルティング
取り扱う案件 中堅・中小・小規模企業の会社譲渡、事業承継、事業譲渡
成約件数 累計120件以上
料金 料金譲渡:着手金50万円+成功報酬(取引額に応じた料率により変動)
買収:中間金200万円+成功報酬(取引額に応じた利率により変動)
※買収の場合はオプションでマーケティングサービスの付与が可能、料金は20万円×3カ月から

③DRS

こちらは、医療業界に特化した専門会社です。事業承継・譲渡の仲介事業のみならず、病院、調剤薬局、統合医療事業のコンサルティング、医療法人の代わりに営利目的の事業を行う法人(MS法人)事業なども手掛けています。

サポートには弁護士、税理士、公認会計士と秀でた人材ばかりで、相談からマッチング、成約はもちろん、その後の経営サポートまでを手掛けています。
 

業務内容 医療事業に特化したM&A・事業承継のサポート、医療事業のコンサル、MS法人の設立
取り扱う案件 医療関連の事業承継、事業譲渡
成約案件 非公開
料金 着手金(仲介契約時)、成功報酬(正式契約および決済時)

④経営承継支援

事業承継と会社譲渡を目的とするM&A仲介を行っている専門会社が経営承継支援です。
中堅や中小企業を主な対象としており、1,000以上の拠点から情報を集め、交渉先を提案しています。

いずれも事業承継やM&Aに精通したスタッフが担当にあたり、選択肢の中から依頼者に最適な方法を提案することで、成約後の雇用、事業継続まで手厚いサポートが可能です。

特徴として、「事業承継・M&A無料診断」があり、親族間の事業承継、再生や再編のための事業譲渡、社譲渡に関する情報を得ることが出来ます。

介護事業のM&Aにも力を入れており、今後も増加する見込みの介護事業案件を取り扱うことで、事業拡大を図っています。
 

業務内容 事業承継のコンサルティング、M&Aの仲介
取り扱う案件 中堅・中小企業の事業承継、事業譲渡、会社譲渡、M&Aによる買収
成約件数 非公開
料金 成功報酬1:100万円(基本合意の締結時)
成功報酬2:取引額✕料率-100万円(正式契約時)
※成功報酬2の最低額は500万円

⑤ベンチャー・インキュベーション・プランニング

こちらは、その名の通りベンチャー企業対象のM&A仲介を扱う専門会社です。ベンチャー企業へのコンサルティング、研究開発事業、EC事業なども展開しています。

M&A仲介のなかで、携わってきたベンチャー企業や投資事業のコネクションを活用し、依頼者の希望に合った会社と引き合わせることが可能です。ベンチャー企業のみならず、地方企業や新興国企業なども含まれます。

今後はより地方に提携先を増やし、M&Aの仲介業を進めていく方針です。
 

業務内容 M&Aの仲介、事業承継、M&Aアドバイザリーなど
取り扱う案件 ベンチャー企業、地方の中堅・中小企業、新興国企業
成約件数 非公開
料金 着手金(アドバイザリー契約時)・成功報酬(決済時)
※初回相談料は無料

⑥フォーバル

フォーバルは、主に従業員20人以下の小規模な企業が中心の、中小・小規模企業向けのM&A・事業承継・事業譲渡・会社譲渡のほか、通信事業や国内外へ向けた経営コンサル事業などを手掛ける専門会社でもあります。

後継者不足などで悩む経営者に対し、納得できるサービスを提供していて、経営支援の「アイコンサービス」を通じ、取引が約2万社の中から、ベストマッチングな候補を選出してくれます。さらに、成約後の経営も視野に入れた企業も探すことが出来ます。

事業承継では、選択肢として親族間や役員への承継、場合によっては第三者への事業譲渡や会社譲渡なども視野に含め、最適な事業承継方法を提案しています。
 

業務内容 会社譲渡・事業譲渡などM&A、事業承継
取り扱う案件 中小・小規模企業
得意とする案件 IT・調剤薬局・介護・不動産分野
対象企業の売上高 5千万円未満、5千万円から10億円未満、10億円以上
成約件数 非公開
料金 着手金(仲介契約の締結時)、成功報酬(仲介業務の完了・売却益の受け取り時)

⑦インテグループ

M&Aの仲介、アドバイザリー業務を行う企業がインテグループです。他にも、MBOによる株式・事業譲渡等のサポートも行っています。

中堅と中小企業が対象企業で、売上高1億円〜150億円ほどの規模の企業が多く見られますが、数千億円規模の大型案件にも対応しています。独立系企業としての機動力を生かし、依頼者にふさわしい案件を用意しています。

スムーズな成約も特徴の1つで、専門家によって約3〜6カ月ほどの短期間で、会社・譲渡などの案件が完了可能です。

しかも、着手金や中間金の発生しないため、仮にM&Aが成立しなければ料金は発生しません。明朗でリーズナブルな料金体系が好評の会社です。
 

業務内容 M&Aの仲介、アドバイザリー、MBOのサポート
取り扱う案件 中堅・中小企業、上場企業、投資会社
成約件数 コンサルタント1人あたり3〜5件程度/年間
料金 成功報酬のみ(取引額が1億円以下の場合には500万円)

⑧東京MAパートナーズ

東京MAパートナーズは、M&A仲介やアドバイザリー事業を取り扱う会社です。案件は、調剤薬局事業を中心に事業譲渡・会社譲渡などを行っています。ほかにも、中小や小規模企業の仲介も数多く手掛けています。

特徴として、調剤薬局業界の案件が豊富なため、業界特有のトラブルが発生しても、安心の対処が可能であり、約10年に及ぶ経験に裏付けされる紹介サービスなどです。依頼者の希望により、地域・企業規模・従業員数など豊富な案件を紹介しています。
 

事業内容 M&Aの仲介、アドバイザリー
取り扱う案件 調剤薬局事業、中堅・中小企業の事業承継・会社譲渡
成約件数 非公開
料金 譲渡側:1店舗の場合は無料、2店舗以上の場合は500万円
買収側:中間金(100万円)、成功報酬(1店舗あたり500万円〜)
※成功報酬:買収する企業が小規模であれば300万円を基本に料金を定める

⑨ロシェル

1984(昭和59)年に設立されたM&Aを仲介する専門会社がロシェルです。中堅や中小企業を主にした案件を取り扱い、他にも将来的に成長が見込めるベンチャー企業も対象としています。

以前は、公認会計士事務所としての事業を行っており、M&Aに必須な会計、税務、法律などに精通したスタッフが在籍している点が強みとなります。

500件ほどの数多い買い手から、売り手に最適な交渉先を紹介しているので、経営者の立場に立った事業譲渡や会社売却が実現可能です。
 

業務内容 M&Aの仲介、アドバイザリー、M&Aに関するコンサルティングなど
取り扱う案件 中堅・中小企業、ベンチャー企業
成約件数 非公開
料金 成功報酬のみ

 

⑩ブティックス

ブティックスは、M&Aの仲介業を営む会社で、取り扱うのは医療と介護に限定されています。介護分野の展示会、介護・医療製品を取り扱う通販サイトなどで得たノウハウを活用しつつ、ベストな交渉先を紹介できます。

ほかにも、介護分野の専門会社として、ネット上で情報が閲覧できる「CareTEXクラウド」を開設しており、依頼側の事情に合わせ、情報閲覧や売却情報の掲載などが出来ます。

さらに、短期間で成約を実現できる点も特徴としています。1〜3カ月ほどの短期で成約を完了している案件もあります。よりマッチングした相手を選別することで、交渉時間を短縮しつつ、迅速なM&Aを実施しています。
 

業務内容 M&Aの仲介、展示会の開催、通販、マッチングサイトの運営
取り扱う案件 介護・医療分野
成約件数 49件(2020年)
料金 成功報酬のみ(基本料の100万円+時価総資産額×手数料率)

⑪名南M&A

主に、東海エリアでM&Aの仲介事業を営む企業が名南M&Aです。対象企業は中堅・中小企業で年間の成約数は40件ほどと多く、東海エリアでの仲介業専門会社としての地位を誇っています。

注力している分野は、自動車産業・介護・医療・調剤薬局事業で、土地柄や時代の流れにマッチした4分野を中心にM&A、事業承継をサポートしています。

さらに、地銀や信用金庫などとのも提携済で、買い手や売り手に合った譲渡や買収先が提案可能です。案件を成功させるべく、20名のコンサルタントおよびグループ会社の専門家が対応にあたります。
 

業務内容 M&Aの仲介
取り扱う案件 東海エリアの自動車産業・介護・医療・調剤薬局事業が中心
成約件数 42件(2019年時)
料金 譲渡側:着手金60万〜200万円、成功報酬
買収側:着手金50万〜200万円、基本合意の着手金50万~200万円(成功報酬の一部)、残りの成功報酬

⑫中小企業M&Aサポート

会社名の通り、中小企業を対象にしたM&Aの仲介を行う専門会社中小企業M&Aサポートです。中小企業が抱える後継者不足や、事業成長、新領域への展開を望む会社との間に立ってその役割を果たしています。

78.3%という高い成約率(2017年〜2018年11月末の期間)を誇り、数千を超える登録案件や全国に散らばる専門家たちとのコネクションがもたらした成果です。

依頼者とは直接やり取りを行うので、余分な仲介料は発生せず、間に入る会社も存在しないので、依頼者の貴重な情報が漏洩するリスクも軽減させています。
 

業務内容 M&Aの仲介、M&Aのコンサル業など
取り扱う案件 中小企業
成約率 78.3%(2017年〜2018年11月末の期間)
料金 譲渡側:中間金(100万円)、成功報酬(最低150万円)
買収側:着手金(50万円)、中間金(50万円)、成功報酬
※弁護士費用などの諸経費が別途必要

⑬M&Aネットワークス

M&Aネットワークスは、コンサルティング会社であるエスネットワークスが運営しているので、M&Aの手続きサポートのみならず、M&Aの財務サポート、その後のPMI(Post Merger Integration=経営統合プロセス)支援、事業承継支援といった経営課題に広く対応できる点が強みです。
 

業務内容 M&Aの仲介、アドバイザリーなど
取り扱う案件 M&Aに限らず中小企業やベンチャー企業
成約件数 非公開
料金 成功報酬のみ

⑭レコフ

日本初のM&A専業会社として知られるレコフは、M&Aの草創期から数多くの企業の経営戦略のサポートをしています。主に上場企業同士の案件を扱っており、事業内容はM&Aアドバイザリー、M&A戦略立案、案件創出や実行、エグゼキューション支援などです。

「豊富な経験」「ネットワークと提案力」「案件の組成からエグゼキューションまでの総合力」の3つの強みを軸に、多角化する企業のニーズに対応しています。

さらに、経営者を対象としたセミナーを開催しており、講師には専門家を招き、時代のニーズを取り入れたセミナーが受けられます。
 

業務内容 M&Aの仲介、アドバイザリー
取り扱う案件 上場企業同士
成約件数 非公開
料金 成功報酬制

⑮クラリスキャピタル

経験豊富なM&Aアドバイザーが、お互いの立場に立ったサービスとリーズナブルな料金体系がクラリスキャピタルの特徴です。全国の中小企業のM&Aに対応しており、女性が代表者を務めていることもあり、目の行き届いたきめ細かな対応が好評です。
 

業務内容 M&Aの仲介、アドバイザリー
取り扱う案件 中堅・中小企業のM&A
成約件数 非公開
料金 成功報酬制

会社売却における仲介手数料

会社売却における仲介手数料

会社売却の際にM&A業者に仲介サポートを依頼する場合、仲介手数料が発生します。選び方で重視するべきポイントですので、各業者の仲介手数料を確認しておきましょう。

①M&A仲介会社の場合

M&A仲介会社は仲介サポートを専門的に請け負っているM&Aの専門家です。各分野の専門家が在籍しているため、包括的なサポートを可能としています。

また、売手と買手の中立的な立場から友好的な会社売却の実現を目指す特徴があります。双方から手数料を取るためそれぞれの負担が小さくなるメリットがあります。

手数料は会社売却の進捗に合わせて以下のものを段階的に支払います。

【M&A仲介会社の料金体系】

  • 相談料
  • 着手金
  • 中間金
  • 成功報酬

②金融機関の場合

金融機関もM&Aの仲介サポートを行っています。日常的に行っている融資事業で培われたネットワークを活用したサポートが期待出来ます。

金融機関は依頼者の利益最大化を目指すアドバイザリー型を採用しているところが一般的です。会社売却の目的が達成しやすくなる一方、手数料負担が大きくなるデメリットもあります。

金融機関は、M&A仲介会社の料金体系に加えて月間報酬を定めているところもあります。定期的に発生する手数料なので依頼の際は慎重に検討しなければなりません。

【金融機関の料金体系】

  • 相談料
  • 着手金
  • 中間金
  • 月間報酬
  • 成功報酬

③公的機関の場合

会社売却関連の公的機関は政府と各地方の自治体の連携で設立された事業承継ネットワークや事業引継ぎ支援センターが該当します。

主に中小企業の事業承継に関するサポートを目的としており、後継者問題を始めとした引き継ぎに関する相談を無料で受け付けています。

ただし、サポート範囲はあくまで相談と提携先の紹介までとなります。会社売却に必要な全体的なサポートを受けることはできませんので注意が必要です。

なお、紹介を受けた提携先では、提携先で定められている仲介手数料が発生します。

④会計士・税理士などの場合

会計士や税理士などの士業事務所も仲介サポートを行っています。会社売却を進める上で必要な会計・財務・法務などに関する専門性の高い知見を活用したサポートが期待出来ます。

ただし、担当分野が限定されるため包括的なサポートを受けられないケースが多いです。担当外の業務については提携先のM&A仲介会社に流されることも珍しくありません。

手数料については企業価値評価やデューデリジェンスなど個別に発生する特徴があります。

⑤マッチングサイトの場合

マッチングサイトはインターネット上でM&A・会社売却案件を探せるM&Aプラットフォームです。業者に問い合せる必要がないので会社売却の第一歩として非常にハードルが低い特徴があります。

基本的にマッチングサイトは売手と買手をマッチングさせることを目的としており、マッチング後の交渉に関するサポートは行っていません。

そのため、仲介手数料ではなくサイトの利用料を支払うことになります。売手は完全無料、買手は3%~5%としているところが一般的です。

【関連】M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説

会社売却における仲介会社の選び方

会社売却の際は、仲介手数料以外にも様々なポイントを押さえておく必要があります。会社売却の目的を達成するために最適な業者を選べるようにしましょう。

【会社売却の際の業者の選び方】

  1. 仲介・マッチング・アドバイザーなどの違いを理解する
  2. 自社と同規模の会社売却を行った実績がある
  3. 自社の業種と同じ業種を過去に扱ったことがある
  4. 会社売却に精通している
  5. 情報漏えいなどの予防がしっかりしている
  6. 終わりまでサポートしてくれる
  7. 売却先を探す上で選定できるネットワークを持っている
  8. 料金体系がわかりやすい
  9. さまざまな相談に適切な答えを提示する
  10. 担当者との相性が良い

①仲介・マッチング・アドバイザーなどの違いを理解する

M&A業者について調べていると「M&A仲介会社」「M&Aアドバイザー」など様々な名称が出てきます。

M&AアドバイザーはM&A・会社売却の専門家を総称する言葉です。「M&Aコンサルタント」「ファイナンシャルアドバイザー」などが該当し、「M&A仲介会社」もM&Aアドバイザーの中に含まれます。

​​マッチングはM&A・会社売却のマッチングまでを目的としたもので主にマッチングサイト​​​​​が該当します。交渉に関するサポートは受けられないため、事前に理解しておく必要があります。

会社売却におけるM&A仲介会社のメリット・デメリット

経営者の多くは、会社売却や事業承継の局面でM&Aの仲介を依頼する会社の選択を迷います。会社売却におけるM&A仲介会社のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

【メリット】

  • M&Aによって双方の会社がシナジーを得られる
  • 中堅・中小・小規模企業でもM&A成約を依頼できる
  • 短期間で成約を終えることができる
  • 売り手、買い手の両方から仲介料を取るので料金が安く設定されている
  • 取り扱い案件が多く、全国のネットワークを活かしたマッチングが受けられる
  • 相談~成約までを一貫して行える
【デメリット】
  • 株主からの反発が予想される
  • ノンネームシートが出回ることで、情報の特定につながることがある
  • 求めた利益を得られない、または要望がかなわないことがある

会社売却におけるM&Aアドバイザリーのメリット・デメリット

同じ様に、会社売却におけるM&Aアドバイザリーでは、以下のようなメリット・デメリットがあります。

【メリット】

  • 大型案件、上場企業間のM&A、クロスボーダー型のM&Aを取り扱っている
  • 会社の利益が優先される
  • 情報が外に漏れにくい
  • 戦略やデューデリジェンスに長けている
  • 利害関係者に対し、M&Aのプロセスを説明できる
【デメリット】
  • 片方の利益を追求するので、交渉の落とし所を見つけにくい
  • 買収側の手数料が、譲渡側よりも高く設定される傾向がある
  • 中堅以下の企業案件の取り扱いが少ない
  • 料金(成功報酬)が高額になりやすい

②自社と同規模の会社売却を行った実績がある

M&A業者はそれぞれ得意とする規模が異なります。人材を大量投入して大規模M&Aを実現させているところもあれば、少数精鋭で中小規模を得意とするところもあります。

得意な規模は公式サイトに公開されている実績を閲覧することで確認できます。公開されている実績が全てではありませんので、相談の際に尋ねてみることをおすすめします。

③自社の業種と同じ業種を過去に扱ったことがある

会社売却サポートは、該当業種に関する専門的な知識や業界の事情に精通していることが求められます。

該当業種における過去の実績が認められれば、必要な水準を満たしていることが分かります。こちらも公式サイトより確認しておきましょう。

④会社売却に精通している

会社売却で得られる効果を最大化するために必要なのは目的に合わせた最適な手法の選択です。

そのためには会社売却における専門的な知識が必要とされます。専門性を欠いた仲介サポートでは満足した結果を得られる可能性も低くなってしまいます。

⑤情報漏えいなどの予防がしっかりしている

会社売却は秘匿性の高い取引であるため、情報漏えいに関して細心の注意を払う必要があります。

多くのM&A業者では、会社売却の初期段階で秘密保持契約を締結することになりますので、確認しておきましょう。

滅多にありませんが、秘密保持契約について触れてこないM&A業者の場合は非常に危険です。専門性が低いだけでなく、故意に騙そうとする悪質な業者である可能性が高くなります。

他のM&A業者に相談した上で乗り換えを検討するべきだと言えます。

【関連】秘密保持契約書(NDA)とは?書き方や有効期限、ひな形をご紹介

⑥終わりまでサポートしてくれる

M&A業者の中には、特定業務を局所的に請け負うところも存在します。複数のM&A業者に個別に依頼することで成約まで進めることも不可能ではありません。

ですが、多数のM&A業者が介在する会社売却は一貫性を持った交渉が難しくなるデメリットがあります。

手間や仲介手数料のことを考慮しても始めから包括的なサポートを提供しているM&A業者に依頼する方が効率的です。

⑦売却先を探す上で選定できるネットワークを持っている

会社売却を進める上で特に重要になる工程に売却先の選定があります。幅広い候補先から探す必要があり、依頼先のM&A業者が保有するネットワークに強く依存します。

会社売却の目的や条件にも寄りますが、売却先の候補の提示数が少ないと望んだ結果が得られなくなる可能性も高くなります。

⑧料金体系がわかりやすい

M&A業者は仲介手数料の料金体系がそれぞれ異なります。最終的に支払う手数料が何千万円以上も変わることもあるため、事前に確認しておかなければなりません。

M&A業者の料金体系を確認する方法は公式サイトの閲覧です。料金ページを設けているところもあれば、独自の料金体系をアピールするためにトップページに明記されていることもあります。

⑨さまざまな相談に適切な答えを提示する

M&A業者の専門性を質問に対する回答で計ることも出来ます。

料金体系や手続きの内容など、普遍的な情報に対して即座に回答できる場合は信頼性や専門性が高いことが分かります。

⑩担当者との相性が良い

M&A業者に会社売却の仲介サポートを依頼すると専属のアドバイザーがつきます。会社売却を進める上で何回もやり取りを繰り返すことになるので相性がとても重要です。

こちらの意思を汲み取ってくれない、話を聞いてくれない、という特徴が見られる場合は早めに担当者交代を申し出るか、M&A業者を変更することも検討しましょう。

会社売却に失敗しないコツ

会社売却に失敗しないコツ

会社売却は失敗しないコツを押さえておくことで成功率を大幅に上げることができます。それぞれのポイントを確認しておきましょう。

【会社売却に失敗しないコツ】

  1. 会社売却までに自社の業績を上げる
  2. 準備期間を十分に用意する
  3. 自社の強みを確認してアピールする
  4. 譲れない物を明確にしておく
  5. 会社売却の専門家に相談する

①会社売却までに自社の業績を上げる

会社売却は黒字経営である必要はありませんが、業績を上げて財務状況の改善を図ることで好条件の相手が見つかる可能性が高くなります。

具体的な経営改善プランを立てた上で実施すると効率的に業績を上げることができると言えます。

②準備期間を十分に用意する

会社売却は入念な準備が欠かせません。

業界の動向チェックや売却先の選定に使う資料の用意など、M&A戦略の策定を徹底しておくことで失敗リスクを大幅に下げることが出来ます。

③自社の強みを確認してアピールする

自社の強みや魅力をアピールポイントとしてまとめておくことです。

特に、特別な技術や特許を有している場合は無形資産として高く評価される傾向にあります。

自社の力だけでは製品・サービス化が難しかったものでも、買手との事業シナジーなどの創出によってより精度の高いものを作り上げることも可能です。

④譲れない物を明確にしておく

会社売却は目的・条件を達成するために実施するものですが、必ずしもその全てを満たせるとは限りません。

目的・条件の中でも特に重視するべきものを明確にして相談先のM&A業者と共有しておくことで、一貫性をもって交渉が可能です。

⑤会社売却の専門家に相談する

ここまでのコツを押さえながら会社売却するためには、会社売却の専門家の仲介サポートが欠かせません。

専門性を欠いたサポートでは、最善の選択を取り続けることが難しく最終的に失敗に終わってしまう可能性が高いです。

会社売却の目的を達成するためにも、会社売却の専門家に相談することをおすすめします。

会社売却で注意すべき仲介会社の特徴

会社売却の際に依頼するM&Aの仲介会社の中には、残念ながら依頼者の利益を損なう会社も存在します。M&A仲介業は他の事業とは違い、依頼側の利益を守る法律などは存在しません。

そこで、M&A仲介を依頼するときに以下のような業者に気をつけましょう。

  • 依頼主に契約内容の全てを教えない
  • 対象企業の問題点を隠す(伝えない)
  • 成約を急いで依頼者の利益を考えない
  • 情報を外に漏らす
  • 過去に携わったM&Aが原因で訴訟を起こされている
このようなM&Aの仲介会社は要注意です。

会社売却におけるおすすめのM&A仲介会社

会社売却を検討の際は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、さまざまな業種で多数のM&A実績があり、知識・経験豊富なアドバイザーによるフルサポートを行っています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしていますので、お気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

会社売却における仲介手数料・業者の選び方まとめ

会社売却はM&A業者によって仲介手数料が異なるものでした。公式サイト等で料金体系を把握した上で依頼することが重要です。

また、相談先を選ぶ際のポイントも会社売却の成功率に大きく影響するものです。以下のポイントを振り返ってみましょう。

【会社売却の際の業者の選び方】

  1. 仲介・マッチング・アドバイザーなどの違いを理解する
  2. 自社と同規模の会社売却を行った実績がある
  3. 自社の業種と同じ業種を過去に扱ったことがある
  4. 会社売却に精通している
  5. 情報漏えいなどの予防がしっかりしている
  6. 終わりまでサポートしてくれる
  7. 売却先を探す上で選定できるネットワークを持っている
  8. 料金体系がわかりやすい
  9. さまざまな相談に適切な答えを提示する
  10. 担当者との相性が良い
【会社売却が増えている理由】
  1. 後継者問題に悩む
  2. 少子化による人材不足
  3. 経営難で苦しい
【会社売却に失敗しないコツ】
  1. 会社売却までに自社の業績を上げる
  2. 準備期間を十分に用意する
  3. 自社の強みを確認してアピールする
  4. 譲れない物を明確にしておく
  5. 会社売却の専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)