佐賀のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

佐賀県は、九州地方の中でも人口が少なく、少子高齢化が進んでいる地域です。佐賀県では、実施されているM&Aの件数は主要都市と比較するととても少ないため、事業承継を含むM&Aに関する理解を進める必要があります。

都道府県別M&A

2020年3月31日更新

目次
  1. 佐賀県のM&A
  2. 佐賀県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 佐賀県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 佐賀県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社4選
  5. 佐賀県の公的機関
  6. 佐賀県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 佐賀県のM&A事例
  8. まとめ

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

佐賀県のM&A

M&Aは、同業種同士の会社で実施することも多くあります。しかし、買収する会社が事業の新規参入などを狙っている場合は、異業種でのM&Aとなる場合もあります。そのため、M&A仲介会社はネットワークを広く持ち、専門的な知識を要します。

また、M&Aは都道府県によって特色があるため、それらを踏まえて行う必要があります。今回は佐賀県のM&Aの事情や、佐賀県でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社、M&A案件の探し方を伝えします。

佐賀県のM&A・会社売却・事業承継の動向

佐賀県は、唐津、伊万里、有田の陶磁器の産地としても知名度があり、玄界灘と有明海に面しているため、漁業も盛んな地域で特に有明海は海苔の養殖で有名な地域です。

農業も盛んで、稲作や大豆、大麦などの生産比率も高く、小麦や二条大麦の生産も多い地域です。第二次産業については、炭鉱が多く1950年代ごろを最盛期でしたが、埋蔵量、採掘量の減少やエネルギー政策の転換によって1970年代にすべて閉山しています。

創造業に関しては、重化学工業の比率が高く、佐賀市や鳥栖市を中心に九州の交通要衝であるため、多くの企業が工業進出を果たしています。自動車部品や機械、半導体部品の製造も盛んで、シリコンウェハーにおいては、年間生産額が国内最多となっています。

第三次産業については、他県と比較しても特に盛んではなく、サービス業に従事する人は多いものの、観光資源が乏しいこともあり観光業が盛んではありません。

このような特徴を持つ佐賀県は、まだまだM&Aの件数が少なく、あまり認知度も高くありません。しかし、佐賀県も全国の中小企業と同様に、経営者自身の高齢化が進み、後継者不在に悩む方が増えています。

今後も中小企業の経営者の高齢化は進むと予測され、佐賀県では2018年に「中小企業・小規模企業振興条例」が施行されるなど、佐賀県の99.9%を占める中小企業の存続が重要な課題です。

佐賀県でM&A仲介会社を選ぶ基準

佐賀県でM&Aを行いたい場合、どうやってM&A案件を見つけるべきでしょうか。一般的には、以下の方法を用いてM&Aを行う方が多いです。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に案件を探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
ここからは、佐賀県のM&Aに対応している仲介会社と、佐賀県の公的機関、それぞれのメリットとデメリットをお伝えします。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

まずは、佐賀県のM&A案件に対応している仲介会社のメリットをご紹介いたします。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士などの専門的なアドバイスをもらえる

近年、大企業のみならず中小企業も積極的にM&Aを行うようになり、さまざまなタイプのM&A仲介会社が増えています。その中でも、日本全国のM&A案件を扱う大型M&A仲介会社では、管理している案件も多いため、理想的な案件を見つけやすいでしょう。

また、M&Aや事業承継に特化している仲介会社では、仲介までしっかりと一貫して担当してもらえます。公認会計士や弁護士が在籍している場合もあるため、手続きや書類作成時でもアドバイスを受けながらスムーズに進められます。

続いて、M&A仲介会社のデメリットも併せてご紹介します。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

報酬体系についても、M&A仲介会社によってさまざまです。月額などの継続的な費用を要する場合もあるため、高額なコストが掛かってしまう可能性もあります。また、クロージングまでにかかる期間も、M&A仲介会社によって異なるため、事前に資料請求などでしっかりと確認しましょう。

M&A総合研究所では、手数料は業界最安値水準、クロージングまでも平均3~6ヶ月と大変スピーディーです。ぜひ、ご利用ください。

公的機関を利用するメリット・デメリット

佐賀県のM&A案件に絞って探すのであれば、佐賀県内の公的機関も利用しましょう。公的機関のメリットとは、以下のとおりです。

  • 地域に特化した公的機関のため、佐賀県の案件を管理している場合がある

政府や佐賀県の指導によって設置されている公的機関では、佐賀県に密着・特化した支援を行っています。そのため、佐賀県のM&A案件を管理している可能性があります。また、公的機関は無料で相談なども可能なため、利用しやすいのも魅力の一つでしょう。

続いて、佐賀県の公的機関のデメリットもお伝えします。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

佐賀県の公的機関では、事業承継やM&Aのアドバイスや、情報提供を受けられます。しかしながら、公的機関ではM&A仲介を行っていないことも多いため、必要に応じてM&A仲介会社を利用しなくてはなりません。

こういった場合、M&A仲介会社をはじめから利用したケースと比べて、さらにコストや時間がかかってしまいます。少しでも負担を減らすためにも、M&A総合研究所をご利用ください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

佐賀県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社4選

こちらでは、佐賀県でM&Aを行う際におすすめのM&A仲介会社を、4つご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. クロスダM&Aセンター株式会社
  3. 株式会社グッドパートナーズ
  4. 長公認会計士事務所

①M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、佐賀県を含む日本全国のM&A案件をカバーしています。佐賀県には中小企業が多くあり、そういった規模の小さいM&AはスモールM&Aと呼ばれています。M&A総合研究所は、そのようなスモールM&Aも実現させています。

M&A総合研究所は、独自のAIシステムを備えたM&Aプラットフォームや、日本最大級のM&Aメディアを保有しています。これらをフル活用することで、平均3~6ヶ月という他社よりもスピーディーなクロージングを行います。

人件費削減を行い、業界最安値水準を実現しています。完全成功報酬制のためコストを抑えられ、公認会計士や弁護士といった専門家も在籍しているため、安心してM&Aを行えます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 佐賀県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②クロスダM&Aセンター

クロスダM&Aセンター株式会社

出典:https://crossda.co.jp/

クロスダM&Aセンターは、佐賀県佐賀市に本社を構えるM&A仲介会社です。九州地方の中小企業を対象にしたM&A案件が多く、地元に密着したサポートを実施しています。

中小企業同士のM&Aだけでなく、事業承継にかかわる分野にも強いため、経営者の後継者不在の問題などにも対応しています。料金体系は、着手金がかかりますが、初期費用として実費を請求されます。そのほかに、弁護士、公認会計士、税理士などの専門家にかかる費用は別途請求されます。

M&Aの事前相談から、仲介契約基本合意契約、最終契約、統合実務までをサポートしてくれます。九州地方で多くのM&Aを成約させている点で、佐賀県に所在地がある会社にとって頼りになるM&A仲介会社でしょう。

会社名 クロスダM&Aセンター株式会社
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 佐賀県を含む、九州地方中心
報酬体系 成功報酬+着手金など
公式ホームページ https://crossda.co.jp/

③グッドパートナーズ

株式会社グッドパートナーズ

出典:https://www.good-consul.com/

グッドパートナーズは、佐賀県と福岡県にオフィスを構える経営コンサルタント会社です。事業再生支援、経営革新支援、事業承継支援、M&Aを4つの柱としてコンサルティング支援を実施しています。

グッドパートナーズは、金融機関、法務、財務、税務、労務、司法書士などの豊富なネットワークを持ち、どのようなM&A案件でも対応可能なM&A仲介会社です。中小企業のM&Aは、事業承継の一つの方法と捉えがちですが、新規事業への参入や事業再生なども含まれます。

さまざまな事案にも対応しているため、どのようなM&Aを実施したいのか相談すれば、適切な方法をアドバイスしてもらえるでしょう。

会社名 株式会社グッドパートナーズ
得意な業種 非特化型
対応地域 佐賀県を含む、九州地方中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.good-consul.com/

④長公認会計士事務所

長公認会計士事務所

出典:http://www.chou-acctg.com/

長公認会計士事務所は、福岡県に拠点を構え、九州地方の事業所に対応しています。会社代表自身が公認会計士の資格を保有しており、スタッフとして公認会計士、税理士を抱え、経営に関する業務の支援を実施しています。

公認会計士の立場から的確なアドバイスをして、売却する側の会社も買収する側の会社にも、有益なM&Aになるように慎重にM&Aを進めてくれる仲介会社です。

事業再編や事業拡大を希望するM&Aよりも、事業承継に伴うM&Aを得意としています。中小企業の経営者で、後継者がいないなどの理由でM&Aを考えている方に、おすすめのM&A仲介会社です。

会社名 長公認会計士事務所
得意な業種 非特化型
対応地域 佐賀県を含む、九州地方中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.chou-acctg.com/

佐賀県の公的機関

①佐賀県事業引継ぎ支援センター

佐賀県事業引継ぎ支援センターは、規模や業種を問わず、佐賀県内の企業を対象にM&Aや事業承継をサポートしている公的機関です。無料で相談可能です。

アドバイスや情報提供、候補先の紹介などを行っているため、佐賀県のM&Aで役立てられるでしょう。

佐賀県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

少子高齢化によって、日本では全国的に人手不足や後継者不在が問題となっています。経営者の高齢化も重なり、黒字にもかかわらず廃業せざるを得ない企業もあります。それらを少しでも減らすために、各都道府県には事業引継ぎ支援センターが設置されています。

しかし、事業引継ぎ支援センターなどの公的機関では、M&Aの仲介は行っていない場合が多いため、必要に応じてM&A仲介会社を利用する必要があります。公的機関のデメリットでもお伝えしたように、少しでもM&Aにかかる負担を減らすために、M&A総合研究所をご利用ください。

②佐賀県よろず支援拠点

佐賀県よろず支援拠点は、経営上のあらゆる悩みに対応している公的機関です。何度でも無料で相談できます。佐賀県各地にて、サテライト相談会も実施しています。

中小企業診断士や行政書士などの資格を持ったコーディネーターが在籍しています。佐賀県のM&Aで、活用できる可能性があります。

佐賀県よろず支援拠点のホームページ

③佐賀商工会議所

佐賀県には各地に商工会議所が設置されています。それぞれの商工会議所に、法人・個人問わず商工者が参加し、佐賀県の経済活性化のために活動しています。

経営相談支援や専門家の派遣も実施しているため、佐賀県のM&Aで役立てましょう。

佐賀商工会議所のホームページ

④佐賀県信用保証協会

佐賀県信用保証協会は、佐賀県内の中小企業や小規模事業者を対象に、金融面から支援を行う公的機関です。各種保証制度を取り扱っており、経営相談会も実施しています。

地域に根ざした支援を行っているため、佐賀県のM&Aで役立てられる可能性があります。

佐賀県信用保証協会のホームページ

佐賀県近郊のM&A譲渡案件例

歯科医院のM&A

こちらは、地域に密着し20年以上運営されている歯科医院のM&A譲渡案件です。地域での知名度が高く、多くの患者の方が来られます。8台駐車可能な駐車場を完備しています。後継者不在のため、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 1,000万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 後継者不在

有料老人ホームのM&A

こちらは、デイサービスも行う有料老人ホームのM&A譲渡案件です。ホームページや口コミなどで、現在も新規顧客の開拓を行っています。オリジナリティのある運動療法などを実施し、地域で人気の老人ホームです。他事業への集中のため、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 4,100万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 選択と集中

調剤薬局のM&A

こちらは調剤薬局1店舗のM&A譲渡案件です。近隣に病院も多いため、数多くの方が利用しています。バリアフリー内装で、患者に寄り添って運営しています。調剤台などの設備も整っているのも魅力です。後継者不在のため、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 1,700万円台
売却希望額 800万円
譲渡希望理由 後継者不在

佐賀県のM&A事例

食品製造業界のM&A(JR九州・萬坊)

2019年11月に、JR九州は萬坊が実施している第三者割当増資の全てを引き受けることにより、子会社化すると発表しました。萬坊は、佐賀県にて海中レストランの運営やいかしゅうまいの製造を行っています。

今回のM&Aにより、観光や物販において協力が可能となり、さらなる販路開拓や新商品の開発を行うとしています。

チタンコーティング業界のM&A(Abalance・鯤コーポレーション)

2019年1月に、Abalanceグループは鯤コーポレーションを買収すると発表しました。Abalanceは、再生可能エネルギー社会の発展を目指し、IT技術の活用と太陽光発電事業を行っています。

鯤コーポレーションは佐賀県に拠点を構え、光触媒酸化チタン水溶液の製造をメインに、チタンを用いたコーテイングを行っています。今回のM&Aにより、両者のシナジー効果を活かし、より高品質な再生可能エネルギー事業の実現を目指します。

まとめ

佐賀県は、九州地方の中でも人口が少なく、少子高齢化が進んでいる地域です。また、伝統的な陶磁器の生産も盛んな地域で、伝統を絶やさないようする経営者の思いもあります。

佐賀県では、事業承継を含むM&Aを進めていく必要があります。しかし、佐賀県内で実施されているM&Aの件数は、主要都市と比較するととても少ない件数にとどまっています。M&Aといった選択肢について、中小企業や経営者が理解を深める必要があります。

M&Aは、法律や財務、税務など専門知識が必要になる取引です。M&A仲介会社を利用して、より良いM&Aを実施できるようにしましょう。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

関連記事

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や案件一覧!おすすめ仲介会社ランキングあり

東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や案件一覧!おすすめ仲介会社ランキングあり

東北地方のM&A・会社売却・事業承継はその地域の事情を適切に把握しておくことが重要です。人口減少が顕著になる中、M&Aや事業承継は企業にとって重要な課題になるため、あらかじめ色々調べておくことが...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
沖縄県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

沖縄県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

沖縄県は、後継者不在率が全国で1位となっており、事業承継に関する問題が今後の中小企業の大きな課題となるでしょう。 沖縄県内は、観光業やサービス業、飲食業を主要な産業としており、発展が難しい地域で...

中小企業M&A株式譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

ご相談はこちら
(秘密厳守)