M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月14日更新
この記事は、約2分で読めます。

佐賀県のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

佐賀県は、九州地方の中でも人口が少なく少子高齢化が進んでいる地域でもあります。 そのような中で、事業承継を含むM&Aを進めていく必要がありますが、県内で実施されているM&Aの件数は日本に主要都市と比較するととても少ない件数にとどまっています。

目次
  1. M&A仲介会社とは
  2. 佐賀県のM&A仲介会社の手数料
  3. 佐賀県のM&Aの現状
  4. 佐賀県のM&A仲介会社オススメ5選
  5. 佐賀県のM&A案件の探し方
  6. まとめ

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、M&Aを考えている会社のサポートをする会社のことを言います。
会社を売却したいと考える会社と会社を買収したいと考える会社のそれぞれに、希望に合った会社を探して、マッチングをしてM&A成立までのサポートを実施します。 会社を売却したいと考える会社には、希望の条件で買ってくれる会社を探してくれます。 一方、会社を買収したいと考える会社にも、希望の条件で買える会社を探します。 M&Aは、売却する会社と買収する会社の要望を聞いて、条件が合う会社をそれぞれに紹介することから始まります。 1社の売却に対して、複数の買収したい会社を探して、売却する側にも買収する側にも有益になるようなM&A取引ができるようにします。 M&Aは、すぐに成立するわけではないので、M&Aが成立するまでに様々なアドバイスをするので、アドバイザーの役割も大きくなります。 M&Aのケースによっては、同業種同士の会社で実施することもありますが、買収する会社が事業の新規参入などを狙っている場合は、異業種でのM&Aとなる場合もあります。 そのため、M&A仲介会社はネットワークを広く持ち、専門的な知識を要するのです。 M&Aを実施する会社に対して適切な相手を見つけることができた後は、M&Aを進める交渉を進めていきます。 会社同士が直接話し合いを重ねていくことになりますが、このような場合でも適切なアドバイスをして、交渉がまとまるように促すこともM&A仲介会社の役割になります。 売却を考えている会社は、できるだけ高く買って欲しいと思いますし、買収を考えている会社はできるだけ安く買いたいと思うのが自然な考え方です。 しかし、それはM&Aの交渉が進んでいかないので売却する会社の企業価値の評価をして、M&Aに適切な企業価値を提示するのもM&A仲介会社の業務の一つです。 M&A仲介会社は、売却する会社と買収する会社に間に立って、中立に立場でM&Aを進めていきます。 どちらかだけが有利になるような交渉などはせず、どちらにも有益なM&Aとなるように交渉を進めていきます。 また、M&Aに必要な書類の作成や調査や監査、手続きなどもM&A仲介会社が実施するのが一般的です。

佐賀県のM&A仲介会社の手数料

佐賀県のM&A仲介会社の手数料は、中小企業を対象としているため完全成功報酬型のところが多いでしょう。 完全成功報酬型とは、M&Aが成立した時に、成功報酬だけが請求させる料金体系のことを言います。
成功報酬は、レーマン方式と言う計算方式で計算されることが多く、5億円以下の売買取引の場合は、取引価格の5%が成功報酬となります。 取引価格が5億円であれば5億円の5%で2500万円が成功報酬となります。 レーマン方式は、5億円以下の場合で5%、5億円を超える10億円以下で4%、10億円を超える50億円以下で3%、50億円を超える100億円以下で2%、100億円以上を1%という利率で計算します。 この時、注意が必要なのはレーマン方式の場合は、取引金額が8億円であった時の計算は8億円のうち5億円を超えているので8億円のうち5億円に5%の利率が掛けられます。 そして、残りの3億円については5億円を超える10億円以下に該当するので3億円に4%の利率が掛けられます。 これを数式で表すと「5億円×5%+(8億円-5億円)×4%」となり、成功報酬は3700万円となります。 少し複雑に感じられますが、順を追って計算すれば成功報酬を算出できます。 また、取引金額については、移動する資産額の種類によって金額が変わるので注意が必要です。 時価の総資産額(負債+純資産)に営業権を足した金額の場合と、時価の純資産額+営業権の場合と、単純に取引を行った金額の3つの種類があります。 実際に取引した金額で計算されるより、時価の純資産額+営業権で計算された場合の方が成功報酬金額は高くなるので、仲介契約を結ぶ時に確認しておくと良いでしょう。 成功報酬のほかには、M&A仲介契約を結んだ時に発生する着手金や基本合意契約を結んだ時に発生する中間金(中間成功報酬)などがあります。 着手金の相場は50万円から200万円となっており、中間成功報酬は最終的な成功報酬の10%から20%としているところが多いようです。 中間成功報酬を支払っている場合は、最終的な成功報酬金額から中間成功報酬の金額を引いた金額を支払うとケースが多くみられます。 この場合は、最終的な成功報酬が1000万円だった場合は、中間成功報酬を10%と計算して基本合意契約の時に100万円を支払っていることになります。 そのため、最終的な成功報酬1000万円を支払う時には、すでに中間成功報酬で支払っている100万円を差し引いた900万円を成功報酬として支払います。 このような詳細については、仲介を依頼したM&A仲介会社にしっかりと確認して、手数料を支払うようにしましょう。

佐賀県のM&Aの現状

佐賀県のM&Aの現状は、日本の主要都市に比べると件数が少ないのが現状です。
買い手側のM&A件数は2件となっており、売り手側は3件にとどまっています。 この数値は2009年のものですが、現在のM&A件数を予測してもさほど変わらない件数だといえます。 佐賀県は、九州地方の北西部に当たる県で、県庁所在地は佐賀市となっています。 唐津、伊万里、有田の陶磁器の産地としても知名度があり、玄界灘と有明海に面しているため、漁業も盛んな地域で特に有明海は海苔の養殖で有名な地域です。 また、農業も盛んで稲作や大豆、大麦などの生産比率も高く、小麦や二条大麦の生産も多い地域です。 第二次産業については、炭鉱が多く1950年代ごろを最盛期でしたが、埋蔵量、採掘量の減少やエネルギー政策の転換によって1970年代にすべて閉山しています。 創造業に関しては重化学工業の比率が高く、佐賀市や鳥栖市を中心に九州の交通要衝であるため、多くの企業が工業進出を果たしています。 自動車部品や機械、半導体部品の製造も盛んで、シリコンウェハーにおいては、題記花工業が立地しているので年間生産額が国内最多となっています。 窯業では、先ほども触れた通り唐津焼、有田焼、伊万里焼が有名で、陶磁器生産は県の60%を占めており、年間出荷額が200億円から300億円規模となっています。 第三次産業については、他県と比較しても特に盛んというわけではなく、サービス業に従事する人は多いものの、観光資源が乏しいこともあり観光業が盛んと言うわけでもありません。 このような特徴を持つ佐賀県のM&Aは件数も少なく、あまり認知度も高くないようです。 とは言うものの、佐賀県も全国の中小企業と同じように経営者自身の高齢化が進んでいあり、1990年の経営者に平均年齢は54.6歳でしたが、2015年には59.5歳となっています。 この問題に加えて、後継者不在率は41.5%を推移しています。 開業率と廃業率を見ても、開業率が4.5%、廃業率が3.8%となっています。 今後も中小企業の経営者の高齢化は進むことが予測でき、佐賀県では2018年に「中小企業・小規模企業振興条例」が施行されるなど、佐賀県の99.9%を占める中小企業の存続が重要な課題としています。

佐賀県のM&A仲介会社オススメ5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

クロスダM&Aセンター株式会社

クロスダM&Aセンター株式会社は、佐賀県佐賀市に本社を構え、福岡、熊本、長崎、大分に支社を持つM&A仲介会社です。 九州地方の中小企業を対象にしたM&A案件が多く、地元に密着したサポートを実施しています。 「思いを伝えるM&A」を会社のモットーとして、九州地方の中小企業のM&Aを多く取り扱っています。 中小企業同士のM&Aだけでなく、事業承継にかかわる分野にも強く、経営者の後継者不在の問題などにも対応しています。 事業を売却したい経営者や事業拡大のために会社を買収したいと考える経営者それぞれの事業の存続や経営に関する相談も受け付けているようです。 料金体系は、着手金がかかりますが、初期費用として実費の請求となります。 成功報酬については、中小企業を対象にしているため、取引金額が1500万円未満のばあいは150万としており、1500万円以上2000万円未満で10%、2000万円以上4000万円未満で8%、4000万円以上6000万円未満で7%、6000万円以上8000万円未満で6%、8000万円以上3億未満で5%、3億円以上10億円未満で10%、10億円以上で3%としています。 そのほかに、弁護士、公認会計士、税理士などの専門家にかかる費用は別途請求されますが、M&Aの事前相談から、仲介契約基本合意契約、最終契約、統合実務までをサポートしてくれます。 何よりも九州地方で多くのM&Aを成約させている点で佐賀県に所在地がある会社にとっては頼りになるM&A仲介会社と言えるでしょう。

株式会社グッドパートナーズ

株式会社グッとパートナーズは、福岡県と佐賀県にオフィスを構えるM&A仲介を含める経営コンサルタントを実施している会社です。 事業再生支援、経営革新支援、事業承継支援、M&Aを4つの柱としてコンサルティング支援を実施しています。 株式会社グッドパートナーズは、金融機関、法務、財務、税務、労務、司法書士などの豊富なネットワークを持ち、どのようなM&A案件でも対応可能なM&A仲介会社になります。 M&Aに関しては、新規事業買収型や事業再生型、事業承継型の3つに大まかに分類して、的確な方法でM&Aを実施します。 中小企業のM&Aは、事業承継の一つの方法と捉えがちですが、新規事業への参入や事業再生なども含まれます。 このような事案にも対応しているので、どのようなM&Aを実施したいのか相談すれば適切な方法をアドバイスしてもらえるでしょう。 中小企業のM&Aは株式譲渡や事業譲渡が多くみられますが、それ以外の方法でのM&A案件の経験も豊富なので、最適な方法でM&Aを実施してくれるでしょう。

長公認会計士事務所

長公認会計士事務所は、福岡県に拠点を構えますが、福岡県を中心に九州地方の事業所に対応しています。 会社代表自身も公認会計士の資格を保有しており、会社スタッフにも公認会計士、税理士を抱え、経営に関する業務の支援を実施しています。 M&Aの取り扱い件数は少ないですが、公認会計士と言う立場から的確なアドバイスをして、売却する側の会社も買収する側の会社にも有益なM&Aになるように慎重にM&Aを進めてくれる仲介会社です。 事業再編や事業拡大を希望するM&Aよりも、事業承継に伴うM&Aを得意としている傾向があります。 中小企業の経営者で、後継者がいないなどの理由でM&Aを考えているのであればお勧めのM&A仲介会社と言えます。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、東京に本社を構え大阪、名古屋、福岡に支店を持ち、札幌、中四国、沖縄に営業所を持っています。 また、シンガポールにもオフィスを構えているので、クロスボーダーM&Aにも対応しています。 株式会社日本M&Aセンターは、M&A業界では老舗と言えるM&A仲介会社で会社設立から昨年まででM&A成約件数が4500件と経験が豊かで、どのようなM&Aでも安心して任せられるM&A仲介会社です。 本社は東京にありますが、福岡県に支店を持つので佐賀県の会社でもM&Aの相談が可能で、仲介を依頼することもできます。 株式会社日本M&Aセンターは、M&Aに必要なサポートをしっかりと実施してM&A成約が可能となりますが、M&A成約後の会社の統合までをフォローしてくれます。 中小企業のM&Aは、株式譲渡や事業譲渡によって実施することが多く、買収した会社と売却された会社の統合が難しい一面があります。 それを理解して、会社同士の統合が実施しやすいように支援をするのです。 全国に広いネットワークを持っているので、金融機関や会計士事務所などにかかわる問題でも、対応してもらえます。 料金体系については、M&A仲介契約を結んだ時に着手金がかかり、M&Aは無事に成立すると成功報酬に支払いが発生します。 成功報酬は移動総資産ベースで、レーマン方式で金額が決まります。 マッチングの質が高く、M&A成立率も高いM&A仲介会社です。

佐賀県のM&A案件の探し方

佐賀県のM&A案件の探し方は、やはりインターネットを活用すると早く見つけることができるでしょう。
佐賀県は中小企業が99.9%とほとんどの会社が中小企業でもあることから、会社の規模を気にしてM&A仲介会社に依頼しにくい、という一面を持っています。 しかし、経営者自身の高齢化や後継者がいないなどの理由はあるものの、会社の業績もよく廃業してしまうのは惜しい、という場合はM&Aを視野に入れて考えるべきです。 M&Aは、会社の株式や事業を譲渡して第三者に会社を譲り渡すことになりますが、買収してくれる会社を自力で探すのはとても時間と労力がかかります。 このような場合は、M&A仲介会社が運営しているマッチングプラットフォームなどを利用して、売却情報として経営者自身の会社に情報を掲載すると、買収したいと手をあげる会社が出てきます。 また、M&A仲介会社に事前相談をしてM&A仲介の契約を結ぶと買収してくれそうな会社を探してくれます。 反対に、事業の拡大や新規参入などを含めて会社を買収したい会社もインターネットを利用して、売却を希望している会社を探すと見つかる場合があります。 そのほかには、取引のある金融機関や公認会計士、税理士などに相談するとM&A案件を見つけることもできます。 事業承継を考えてのM&Aの場合は、国が推し進めている事業引継ぎセンターに相談に行くと、案件の情報を得ることができる場合もあります。 近年の日本は、中小企業の事業承継などに関する政策を進めている傾向もあり、地元の症状会議所や商工会、事業引継ぎセンターなどを活用するとM&A案件を見つけることができます。 しかし、経営者が自分である程度探したいという場合は、インターネットを利用してマッチングプラットフォームを活用すると見つけやすいでしょう。

まとめ

佐賀県は、九州地方の中でも人口が少なく少子高齢化が進んでいる地域でもあります。
また、伝統的な陶磁器の生産も盛んな地域で伝統を絶やすわけにはいかない、という経営者の思いもあるようです。 そのような中で、事業承継を含むM&Aを進めていく必要がありますが、県内で実施されているM&Aの件数は日本に主要都市と比較するととても少ない件数にとどまっています。
事業承継を考えても、M&Aと言う選択肢があることを中小企業に経営者に周知していく必要があるでしょう。 MA&は経営者自身でもできないことではありませんが、法律や財務、税務など専門知識が必要になる取引です。
M&A仲介会社を利用してより良いM&Aが実施されることが望まれます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)