2021年4月22日更新会社・事業を売る

営業権の償却

営業権の償却とは、M&Aで買収した会社について、何年も利用できる資産の経費を数年に分けて返済するプロセスのことです。平成29年の税制改正によって営業権の償却額の計算で月数按分が必要となった点なども含めて、営業権を償却するときのポイントについて説明します。

目次
  1. 営業権とは
  2. 営業権の償却とは
  3. 国際会計基準での営業権償却
  4. 営業権の償却限度額の見直し(税制改正の内容)
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

営業権とは

営業権とは

M&Aを実施した際には、自社の財産や株式はもちろん、独自のノウハウや顧客データも統合します。

その際、営業権という考え方が重要となってきます。今回は、営業権の概要や営業権の償却について紹介します。まず、営業権の基本的な事項から説明します。

①営業権の基礎知識

営業権とは、その企業が保持している無形財産の価値を金額として表したものです。 例えば、同一業界のA社とB社がM&Aを実施したときに、B社は老舗ブランド企業だとします。

その場合、B社のブランド力は目に見えません。しかし、ブランド力は収益を生み出す貴重な財産であるため、営業権としてみなされます。 ブランド力のほかにも、信用力・販売力・顧客情報・人的資源なども、営業権の範囲となります。

大手企業ともなれば、世間的な認知度や幅広い顧客とのネットワーク、取引先との関係性なども、無形資産として営業権の範囲となります。ただ、営業権は曖昧な概念でもあるため、実際に算定することは簡単ではありません。

営業権の算定を行うのであれば、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがクロージングまでフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②営業権として計上される額

営業権とは、無形資産を買収した際の金額が、売却会社の純資産を上回る部分のことです。営業権は「のれん」と呼ばれる場合もあります。つまり、将来的に利益が見込める超過収益力を、金額として帳簿に反映したものが営業権です。  

例えば、A社が純資産200億円を持つB社を250億円で買収したとします。この差額の50億円は、B社の持つ莫大な無形資産の評価額です。この差額の50億円が営業権(のれん)です。計上する際にはのれん代と表記されます。  

逆に、A社がB社を150億円で買収した場合、差額で生じた50億円は、負ののれんとして計上されます。 

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

M&Aにおけるのれん

営業権の償却とは

営業権の償却とは

①「償却」の意味

償却とは、広義に借金の返済のことを指します。また、減価償却の略でもあります。 長期にわたり何年も利用できる資産の経費を、数年に分けて費用として計上します。つまり、高価な資産の購入後に、毎年少しずつ借金を返済していく手続きです。

なぜ分けて計上するかというと、高価なものを購入した際に、その年にまとめて経費で落とすのは難しいからです。 

②営業権の償却とは

営業権の償却とは、買収した会社の価値を少しずつ返済していく手続きのことです。買収する際は、デューデリジェンスの実施が重要です。デューデリジェンスで買収先のブランド力や取引先とのネットワークを評価し、営業権としてカウントします。  

この営業権がのれんとなるか、負ののれんとなるかは企業によります。のれんとなった場合には、営業権の償却をする必要があります。 簡単にいうと、買い物した金額を毎年少しずつ経費として計上するイメージです。

基本的に営業権は、無形減価償却資産と考えられ、その耐用年数は5年です。 

デューデリジェンスには、財務や法務などの専門知識が必要です。そのため、ほとんどのM&Aケースにおいて、デューデリジェンスは会計事務所や会計系アドバイザリーファームなどに依頼するのが得策です。

デューデリジェンスでは、公認会計士・税理士・弁護士といった専門性や分析能力に長けた資格保有者が担当します。デューデリジェンスを行う専門家には、M&Aの重要部分を担う責任感も必要不可欠です。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

減価償却とは?減価償却費の計算方法や耐用年数をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

国際会計基準での営業権償却

国際会計基準での営業権償却

日本では、基本的に営業権の償却が必須となっています。なぜなら、無形資産であるブランド力や顧客とのネットワークは年月とともに変化していくと考えられているからです。

一方で、国際会計基準(IFRS)では、原則的に営業権の償却は禁止されています。その理由には、以下のものがあります。 

  1. 営業権償却には合理的根拠がない 
  2. 営業権の価値は減るものではない
  3. 価値が下がってから減損処理を実行すればよい

現に国際会計基準では、基本的に営業権償却は実施されません。例外として、統合後に営業権の価値が著しく低下したときにのみ、減損処理を実施します。国際会計基準のほうが、営業権の償却がないぶん大きな利益が見込めます。

しかし、売却をする側としては、企業価値を明確に数値化できる要因が減ってしまうリスクが出てきます。このように国際会計基準と日本の会計基準では、営業権の償却に大きな差があります。また、どちらが得であるかの判定が難しいです。  

なお、日本でも特例のケースにおいては、一括償却が認められています。

※関連記事

減損処理とは?メリット・デメリットや計算方法をわかりやすく解説

営業権の償却限度額の見直し(税制改正の内容)

営業権の償却限度額の見直し(税制改正の内容)

平成29年に税制が改正され、これまでの営業権償却に関する決まりが変わりました。  

改正前は基本、営業権の計上額を5年で除した金額に、当該事業年度の月数を乗じて計算した金額が償却金額となっていました。また、営業権がある期の途中に発生しても、会計期間が1年の法人は、1年分の営業権償却を実施する決まりでした。  

例として、事業年度4月1日から3月31日までの会社があったとします。その会社が4,000万円の営業権(のれん)を11月1日に発生させたら、4,000万円÷5年=800万円を当期の損金として計上すればよいとされていました。 

月数按分が不要な分、改正後と比べて営業権の減価償却額が多くなります。つまり、損金計上額が増えるので、経営者にとって有利でした。

しかし、改正後は、「営業権を取得した日から事業年度終了の日までの日数を、営業権の額に掛けて償却額を計算する仕組み」に変わりました。  

上記の例と比べると、どのタイミングで営業権(のれん)が発生したとしても、月数按分が必要になりました。つまり、改正前と比べると、経営者にとって不利な営業権償却の仕組みとなりました。 

※関連記事

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

まとめ

まとめ

企業価値には、その年数に合わせて生まれる歴史や跳躍的に伸びた事業実績など、さまざまなものが含まれます。その中でも特に営業権の評価は複雑です。M&Aを実施する際には、収益性のみならず営業権の償却についても考慮しましょう。  

また、今後も税制改正によって、営業権の償却の仕組みが変わる可能性があります。円滑な会社経営を実現するためにも、営業権償却に関する税制には引き続き注意が必要です。

今回の要点をまとめると、以下になります。 

・営業権とは
→その企業が保持している無形財産の価値を金額として表したもの

・営業権の償却とは 
→買収した会社の価値を、少しずつ費用として返済する手続き

・国際会計基準での営業権償却 
→原則、営業権の償却は禁止(⇔日本では、基本的に営業権の償却が必須)

・平成29年の税制改正のポイント
→営業権の償却額計算に、月数按分が必要となった

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)