2021年5月28日更新都道府県別M&A

大阪のM&A仲介会社オススメ10選をご紹介

大阪は商業の街・食い倒れの街とも呼ばれており、卸売・小売業・製造業が発展している地域です。その一方で、大阪の中小企業の多くは、事業承継に関する問題を抱えています。こうした事業承継問題の解決を図るM&A仲介会社の中には、大阪に本社や拠点を置く機関も多いです。

目次
  1. 大阪のM&A仲介会社の現状
  2. 大阪でM&Aが増加している背景
  3. 大阪のM&A仲介会社オススメ10選
  4. 大阪のM&A仲介会社選びで成功するために
  5. 大阪のM&A案件の探し方
  6. 大阪のM&A仲介まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

大阪のM&A仲介会社の現状

大阪のM&A仲介会社の現状

大阪におけるM&Aでは、経営戦略のひとつや後継者不足の解消を目的とする事業承継型のM&Aなどが多く見受けられます。大阪は古来より商人の街と呼ばれており、中小規模で卸売・小売業・製造業などを営んでいる会社が多いです。

製造業においても、東京都は印刷や精密機械の製造業が多い一方で、愛知県ではトヨタ自動車などの影響により輸送機械に特化した企業が多いです。これに対して大阪府では、特化型ではなくバランス良くさまざまな会社が存在しており、フルセット型と呼ばれています。

なお、大阪府では廃業率よりも開業率が上回る傾向が続いているものの、他の都道府県と比較すると廃業率の高さが目立ちます(廃業率4.2%)。また、中小企業庁の「2018年版 中小企業白書」によると、全国の中小企業経営者の年齢のピークが20年間(1995年〜2015年)で47歳から66歳にまで上昇している状況です。

さらに経営者の年齢別に後継者決定状況を見ると、60歳以上の後継者不在率が48.7%にまで及んでいます。こうした事情から、大阪府の中小企業においても後継者不足や経営者高齢化などの問題が深刻化しており、その解決策としてM&Aの実施が活発化しています。

そして上記の傾向を受けて、大阪府でM&A仲介サービスを提供する会社が急増しています。これと同時に大阪商工会議所などの公的機関が窓口となり、提携するM&A仲介会社や金融機関を紹介するといった支援を展開している状況です。

参考:
2019年版 中小企業白書(中小企業庁)
2018年版 中小企業白書(中小企業庁)

【関連】大阪府の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

大阪でM&Aが増加している背景

大阪でM&Aが増加している背景

レコフの調査によると、2018年における大阪府のM&A件数は合計で379件です。このうち「買い手・売り手ともに府内」のM&A案件は50件、「買い手が府内・売り手が府外」のM&A案件は199件、「買い手が府外・売り手が府内」のM&A案件は130件と報告されています。

また、大阪府のM&A件数は、2016年から2018年にわたり3年連続で増加傾向です。このように大阪府でM&Aが増加している背景には、大阪府の中小企業が経営戦略の一環としてM&Aを積極的に活用するようになった点が深く関係しています。

最近では、大阪府に限らず全国の中小企業が、事業の拡大・新規事業の展開・事業承継の実施などさまざまな目的のもとでM&Aを実施している状況です。

参考:大阪府のM&A(レコフ)

大阪の中小企業が抱える課題点

大阪府の中小企業が抱える課題点としては、主に以下の項目が挙げられます。

  • 後継者不在
  • 経営者の高齢化
  • 人材の確保
  • 経営基盤の見直し

こうした課題を解決するために、大阪府の中小企業はM&Aを積極的に活用しています。

【関連】中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

大阪のM&A仲介会社オススメ10選

大阪のM&A仲介会社オススメ10選

M&A仲介会社を選ぶ基準は売買を検討する会社により異なりますが、豊富な実績がある会社への依頼を希望する点は共通しています。なぜならば、売り手・買い手を問わず、良い条件のもとでM&Aを成立させたいと考えているためです。

M&Aをスムーズに成立させるには、多くのM&A実績がありさまざまなケースに合わせてマッチングを行える会社への依頼が適しています。また、スタッフの中に事業承継アドバイザーの資格取得者がいたり、公認会計士・税理士・弁護士などの専門家との連携が取れていたりする点も会社選びのポイントです。

さらには、M&A仲介契約の内容や報酬体系がシンプルでわかりやすい機関を選ぶのも良いです。これらのポイントを踏まえて、本章では大阪のM&A仲介会社オススメ10選として、以下の機関を取り上げます。

  1. M&A総合研究所
  2. 明和マネジメント税理士法人
  3. Buyside Bank
  4. すばる
  5. かえでファイナンシャルアドバイザリー
  6. ビザイン
  7. インテグループ
  8. Blue Partners
  9. オールビジネスコンサルティング
  10. AGSコンサルティング

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は全国のM&A案件を取り扱っており、大阪府の中小企業のM&Aも実現させている仲介会社です。大阪府では小規模な企業がM&Aの実施を希望するケースも想定されますが、こうした案件にも柔軟に対応しております。

M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、M&A手続きをフルサポートしております。

また、通常M&Aでは半年〜1年程度の期間が必要ですが、M&A総合研究所ではスピーディーなクロージングを対応を実践しており、最短3カ月での成約実績を有している点も強みです。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。相談料は無料となっておりますので、大阪府におけるM&Aの実施に不安がある場合はお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②明和マネジメント税理士法人

明和マネジメント税理士法人は、事業承継に特化した税理士法人です。大阪市に拠点を構えており、事業承継税制や事業承継補助金に精通する事業承継の専門家として、これまで数多くの中小企業の存続をサポートしてきました。

また、事業承継だけでなく、資金繰りを改善するための支援・経営計画の策定サポート・後継者育成のためのプログラム作成なども手掛けています。そのため、M&Aと合わせて社内承継も視野に入れている経営者の方などにもオススメできる仲介会社です。

③Buyside Bank

Buyside Bankは、大阪市に拠点を構えるM&A専門会社です。M&Aにおける譲受側の持続的な成長を実現すべく、事業シナジー最大化に向けて多様なチームでM&A戦略を立案・支援している点に大きな特徴があります。

具体的には、資金調達支援・育成および採用支援・ブランド開発およびマーケティング支援などを通じて、顧客のM&Aを幅広い観点からサポートしています。大阪府において譲受側としてM&Aを行いたい場合に、オススメできる仲介会社です。

④すばる

すばるは、大阪府のほかに名古屋市・東京都にもオフィスを構えるM&A仲介会社です。公認会計士・税理士・弁護士などの有資格者を内製化したうえで、品質の高いサービスの提供に努めています。

また、M&A実行までのサポートサービスに加えて、M&A後の統合作業(PMI)・組織再編・事業再生など顧客に寄り添った幅広い支援サービスを提供している点も特徴的です。そのほか、独自のノウハウ・データを用いたマッチングアルゴリズムを保有しているため、スピーディな成約を図れます。

⑤かえでファイナンシャルアドバイザリー

かえでファイナンシャルアドバイザリーは本社を東京都に持つM&A仲介会社ですが、大阪府にも事務所を構えています。そのため、大阪府の中小企業が取引しやすいM&A仲介会社です。関連会社として税理士法人・監査法人・会計アドバイザリー・公認会計士事務所など、M&Aに必要なネットワークを備えています。

中規模のM&Aを得意とする仲介会社ですが、取り扱い案件は多岐にわたり、上場企業から非上場企業まで幅広くM&Aアドバイザリーを実行している会社です。そのほか、常に多くの案件を保有しているため、買収したい会社を探しやすい点もポイントだといえます。

⑥ビザイン

ビザインは東京都・福岡県・山梨県にオフィスを構えるM&A仲介会社ですが、愛知県のほか大阪府においてもM&A仲介サービスを展開しています。中小企業を対象とするM&AやスモールM&Aを多く実施しているため、規模の小さい会社でもM&Aについて相談可能です。

これに対して、大手のM&A仲介会社では中小企業の中でも規模の小さな会社の案件を断るケースもあり、M&Aを実施できないおそれがあります。また、ビザインでは、M&Aのセカンドオピニオンとして、別のM&A仲介会社に相談している段階においても無料で相談に乗ってくれるサービスも魅力的です。

そのほか、事業承継によるM&A・ファンドアレンジ・M&A手続きのみのアドバイザリーなども展開しており、M&Aに対して知識がない人にも丁寧なアドバイスを手掛けている仲介会社です。

⑦インテグループ

インテグループは、東京都のほか大阪府にも事務所を構えているM&A仲介会社です。2007年の設立以来、多くのM&A仲介およびアドバイザリーを実施しています。また、MBO支援も実施するなど、充実した事業内容が魅力的です。

中小企業・中堅企業のM&A支援を積極的に行っており、多くの実績を抱えています。報酬体系としては完全成功報酬制を採用しており、着手金や月額報酬などが発生しないため、安心してM&A交渉を進めることが可能です。

そのほか、売却したい会社と買収したい会社に適したマッチングを行える情報量を持ち、専門性が高い知識を持ったスタッフが在籍しているため、短期間でのスムーズなM&A成約を目指せます。

⑧Blue Partners

Blue Partnersは東京都に拠点を持つM&A仲介会社ですが、大阪府も対応エリアとしています。2017年9月に設立された比較的新しい会社ですが、会社の代表者は大手投資ファンド出身者であり、多くの実務経験を持っている点が特徴的です。

M&A仲介・アドバイザリー事業だけではなく融資や出資に関するサポートも実施しており、資金調達のノウハウやマーケティングなどの観点から事業の成長をコンサルタントできる会社です。

M&Aでは株式譲渡や事業譲渡のほかMBO・EBOなどの手法を活用するケースも想定されますが、手続きが複雑な案件でも適切な提案を実施しています。

⑨オールビジネスコンサルティング

オールビジネスコンサルティングは、大阪市中央区に拠点を構えるコンサルティング会社です。平成7年の設立以来、大手監査法人のコンサルティング経験者を中心に弁護士・公認会計士などの専門家と連携しつつ、大手企業から中小企業に至るまで幅広い顧客のニーズに沿ったコンサルティングを提供しています。

提供サービスの内容としては、事業承継・M&A・経営課題の改善に関するコンサルティングおよび企業評価鑑定などです。弁護士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・司法書士・社会保険労務士・行政書士などの専門家と連携し、法務・会計・税務・労務に至るまでワンストップでの問題解決・提案を行っています。

⑩AGSコンサルティング

AGSコンサルティングの本社は東京都にありますが、日本国内では大阪府・名古屋市・福岡県、海外ではシンガポール・香港・マレーシア・タイ・ベトナムにオフィスを構えています。このように日本国内だけでなく、海外でも事業を展開する総合会計事務所です。

AGSコンサルティングは会計に関する事業を得意としており、会社全体で多くの会計士・税理士を抱えています。事業内容としては、税務会計はもちろん事業承継・M&Aに関する支援も手掛けており、年間を通じて多くのM&A案件をサポートしている会社です。

そのため、総合会計事務所ではあるものの、M&A仲介事業のノウハウも持っている仲介会社です。M&Aの事業部門には会計士と税理士が在籍しており、適切なM&Aが行われるよう支援しています。また、メインスタッフ制を採用しており、顧客ごとに責任者が配置されて安定したサポートを実施する点が特徴的です。

【関連】大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪のM&A仲介会社選びで成功するために

大阪のM&A仲介会社選びで成功するために

本章では、大阪府のM&A仲介会社選びで成功するためのポイントをまとめて取り上げます。はじめに紹介するのは、M&A仲介会社を選ぶための基準です。以下にまとめた基準を満たすM&A仲介会社を選ぶと、M&Aの成功につなげられます。

  • 実績が豊富である
  • 案件規模に対応できる
  • 高い専門知識を持っている
  • 報酬体系が明確である

ここからは、M&Aの成功を目指すうえで欠かせない知識である、M&Aのメリット・デメリットについて順番にまとめました。

M&Aのメリット

まず、M&Aにおける売り手側のメリットは、主に以下のとおりです。

  • キャピタルゲインを獲得できる
  • 税制面の優遇などで会社清算よりも多くの資金を得られる
  • 自社よりも大きな会社と組めば従業員の雇用が安定する
  • 事業シナジー(売上向上・取引先拡大・コストダウンなど)が望める
  • 事業を存続させられるため、顧客や取引先に対するマイナス影響を抑えられる
  • 信用力の向上が図れる

上記に対して、M&Aにおける買い手側のメリットは、主に以下のとおりです。

  • 事業規模やシェアを拡大できる
  • グローバル展開を加速化できる
  • 新規事業の進出や事業の多角化を図れる
  • 人材や技術力を獲得できる
  • 成長にかかる時間を短縮できる

これらのメリットに魅力を感じる大阪府の経営者の方は、M&Aの実施を積極的に検討しましょう。

M&Aのデメリット

M&Aにおける売り手側では、以下のようなデメリットの発生が問題となるケースがあります。

  • 経営方針の変更に伴い、仕入先や取引先に迷惑をかけるおそれがある
  • 組織風土の変化に伴い、従業員の離職につながる可能性がある
  • 経営統合作業(PMI)の実施に伴い、一時的に組織全体に負荷がかかる
  • M&A成立までの手続きなどに多くの手間がかかる

これに対して、M&Aにおける買い手側で問題となりやすいデメリットは、主に以下のとおりです。

  • 売り手企業との経営統合に失敗するリスクがある
  • 想定していたシナジー効果が得られるとは限らない
  • 優秀な人材が流出するおそれがある
  • 簿外債務・偶発債務などの発覚リスクがある
  • のれんの減損リスクが伴う

上記のデメリットを回避するためにも、大阪府でM&Aを行う際は仲介会社などの専門家からサポートを受けることをおすすめします。

【関連】大阪の調剤薬局のM&A成功事例やオススメ仲介会社を解説!

大阪のM&A案件の探し方

大阪のM&A案件の探し方

大阪府でM&A案件を探す際は、主に以下の方法が採用されます。

  • M&A仲介会社・専門家への相談
  • 公的機関・地元の金融機関への相談
  • M&Aマッチングサイトの活用

M&A仲介会社や専門家に相談すると、管理案件が多く希望する内容の案件を見つけやすいなどのメリットがある一方で、M&A仲介会社ごとに手数料が異なるために高額な費用がかかるおそれがある点などがデメリットとして存在するため注意しましょう。

また、公的機関・地元の金融機関への相談では、地域性が強いため地方部特有の案件を管理している可能性が高いなどのメリットが期待できる一方で、M&A仲介会社に比べて管理案件が少ない傾向にある点は大きなデメリットです。これらの点を比較して、相談先を吟味しましょう。

そのほか、M&Aマッチングサイトなどの活用も効果的な方法です。バトンズやトランビなどのM&Aマッチングサイトを活用すると、場所や時間帯に囚われず手軽にM&Aの案件探しを実施できます。

ただし、実際にM&Aの仲介業務を依頼する場合には、別途専門家に依頼する手間・費用がかかる点には注意が必要です。

【関連】【2020年最新】事業承継マッチングサイト15サイトを徹底比較!

大阪のM&A仲介まとめ

大阪のM&A仲介まとめ

大阪府は、商業の街・食い倒れの街として卸売・小売業が発展している地域です。また、製造業を営む中小企業も多い一方で、事業承継に関する問題を抱えているケースも目立っています。近年の事業承継問題の深刻化を受けて、最近では多くのM&A仲介会社が大阪府に拠点を構えている状況です。

たとえ小規模な企業であっても、M&Aを検討しているのであれば、まずはM&A仲介会社に相談すると良いでしょう。中小企業を対象にM&A仲介サポートを展開する会社も数多く存在するため、諦めずに希望に沿ったM&Aの実現を目指しましょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・大阪でM&Aが増加している背景
→大阪府の中小企業が経営戦略の一環としてM&Aを積極的に活用するようになった

・大阪の中小企業が抱える課題点
→後継者不在、経営者の高齢化、人材の確保、経営基盤の見直し

・大阪のM&A仲介会社オススメ10選
→M&A総合研究所、明和マネジメント税理士法人、Buyside Bank、すばる、かえでファイナンシャルアドバイザリー、ビザイン、インテグループ、Blue Partners、オールビジネスコンサルティング、AGSコンサルティング

・大阪のM&A案件の探し方
→M&A仲介会社・専門家への相談、公的機関・地元の金融機関への相談、M&Aマッチングサイトの活用

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aの特徴を手法ごとに徹底解説!目的・メリット、手続きの流れも【図解あり】

M&Aの特徴を手法ごとに徹底解説!目的・メリット、手続きの流れも【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめします。特徴を把握したう...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えてきています。M&Aを検討している場合、どの専門家にサポートを依頼するかは成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県でおすすめのM&...

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)