2020年4月8日更新会社・事業を売る

山田コンサルティンググループはM&Aコンサル会社!口コミ・評判をご紹介

山田コンサルティンググループは、M&Aコンサルティングにおいても確かな経験と実力のある企業です。経営コンサルティング事業やファンド事業などを実施しています。この記事では山田コンサルティンググループの会社概要や特徴、M&Aの実績などを口コミとあわせて紹介します。

目次
  1. 山田コンサルティンググループの会社概要
  2. 山田コンサルティンググループの特徴
  3. 山田コンサルティンググループはこんな人におすすめ
  4. 山田コンサルティンググループのM&Aの実績
  5. 山田コンサルティンググループの採用情報
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

山田コンサルティンググループの会社概要

山田コンサルティンググループは1989年7月10日に設立された、東京都千代田区に本社を構えるM&A仲介会社です。早速、山田コンサルティンググループの会社概要を紹介していきます。

事業内容

山田コンサルティンググループは東証一部上場を果たしており、経営コンサルティング事業、不動産コンサルティング事業、教育研修・FP関連事業、投資・ファンド事業を主な事業としています。

これらの事業を行うために、宅地建物取引業者免許、一般不動産投資顧問業、第二種金融商品取引業の許認可登録を行っています。

業績

売上高は、2015年3月から徐々に上昇しており、2019年3月期には134億円となっています。営業利益は2018年3月期には29.17億円でしたが、2019年3月期には少し下降して23.08億円となっています。

経常利益も、2018年3月期には28.8億円となっており、2019年3月期には23.54億円と下降傾向です。営業利益、経常利益が2019年3月に下降しているため、総資産額も2018年3月期には132.25億円から2019年3月期には132億円となっています。

しかし、純資産額は2015年3月期には81.22億円だったものが、2019年3月期には116.01億円に上昇しています。売上高の構成は、経営コンサルティング事業が83.4%と大半を占めており、次が不動産コンサルティング事業の6%です。

東証一部上場を果たしているので、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結キャッシュ・フロー計算書は、山田コンサルティンググループのホームページから閲覧できます。

従業員数

会社の従業員は臨時従業員を含めて、2019年4月1日現在で876名在籍しており、会社の代表取締役会長山田淳一郎氏をはじめ、代表取締役社長を増田慶作氏、その他取締役は2名となっており、社外役員は4名となっています。

IR情報

IR情報として、ホームページでは以下のような経営方針・戦略の内容が公開されています。

  • 経営戦略と対処すべき課題
  • 事業などのリスク
  • ディスクロージャーポリシー
  • IRカレンダー

IRカレンダーでは定時株主総会、配当支払いの開始時期などがわかるようになっています。山田コンサルティンググループでは、5月上旬に決算発表が行われ、8月に第1四半期決算発表、11月上旬に第2四半期決算発表、2月上旬に第3四半期決算発表があります。

そして、定時株主総会は6月中旬で、配当支払いは12月に中間配当支払い、6月上旬に期末配当支払い開始日となっていることがホームページ上でも閲覧可能です。

拠点

山田コンサルティンググループは国内外に拠点があります。

国内

山田コンサルティンググループは、全国の各主要都市などに支店や事業所を構えており、全国の中小企業にも対応できる体制が整えられています。

  • 本社:東京都千代田区
  • 東北エリア:岩手県盛岡市、宮城県仙台市、福島県郡山市
  • 中部エリア:静岡県浜松市、愛知県名古屋市
  • 近畿エリア:京都府京都市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市
  • 中国エリア:岡山県岡山市、広島県広島市
  • 九州エリア:福岡県福岡市、熊本県熊本市

海外

海外には、シンガポール、上海、タイ、ベトナム、インドネシア、アメリカに支店や現地法人を構えております。特にアジア地域を中心に現地法人があり、アジア地域のクロスボーダーM&A案件にも対応できます。

グループ会社

山田コンサルティンググループには、以下のグループ会社があります。

  • 山田ファイナンシャルサービス株式会社
  • 株式会社プラトン・コンサルティング
  • 相続あんしんサポート株式会社
  • キャピタルソリューション株式会社

長期的に回らない(変えない)理念を基本理念としており、健全な価値観、社会貢献、個と組織の成長という企業理念を基に、不動産コンサルティング事業や教育研修、FP関連事業などを展開しています。

参考URL:山田コンサルティンググループ株式会社「企業情報サイト」

山田コンサルティンググループの特徴

この項では、山田コンサルティンググループの特徴を紹介していきます。山田コンサルティンググループは、以下のような特徴が挙げられます。

  1. 総合コンサルティング
  2. M&Aアドバイザリー業務
  3. レーマン方式のM&A仲介手数料

①総合コンサルティング

山田コンサルティンググループは総合コンサルティンググループとして8つの強みを上げています。

  • 総合力
  • 現場力
  • 業種に特化
  • 日本に立脚した海外業務
  • 専門力
  • 人間力
  • コンプライアンス
  • 山田グループとしての組織力

総合力としては、企業・組織の課題にワンストップでシームレスに対応できる力を持つとしています。実際に、会社の組織や人事、M&A、コーポレート、ガバナンス、IT、不動産などの会社が抱える問題や事業承継問題など、総合的な視野で対応可能な企業です。

現場力としては、経営の問題を解決するには「現場に答えがある」として、会社の現場や経営の現場を大切にしています。専門力については、それぞれのコンサルタントが専門領域の知見を集積して、法律・制度改正などの現場を真摯に続ける専門集団を目指しています。

そして人間力を高めるために、専門分野にかかわる研修だけではなく、社内研修や社員教育を積極的に行っている企業です。コンプライアンスについては、全社員に教育を行い浸透するように日々取り組んでいます。

公認会計士・税理士事務所からのスタートした山田コンサルティンググループ最後の強みである組織力については、その母体を同じにする税理士法人山田&パートナーズと経営理念を同じにして、健全に成長し、グループ全体でクライアントをサポートする組織力を持っています。

②M&Aアドバイザリー業務

M&Aアドバイザリー業務については、山田グループが全体で一貫した対応をしており、どのようなM&Aでも対応できる体制が構築されています。グループ内の連携はもちろんですが、外部とも強くネットワークを活用して、クライアントの問題に柔軟に対応している企業です。

M&Aアドバイザリー業務では、「オーナー目線」を大切にして経営者オーナーの想いや考えを理解しながら推進していきます。また、M&Aを成功に導くために、会社や事業があるべき姿や将来を見通して検証していく「ビジネス目線」も大切にしています。

山田グループの経営コンサルタント部門では、M&Aにおいてもプロジェクトグループを最適な形で集結して、高度でスピーディーにM&Aの成約を目指すことが可能です。どのような形のM&Aでもワンストップで対応できる体制が整っています。

また、35年の実績があり、経験も豊かで譲り渡す会社にも譲り受ける会社にも最適な状態でM&Aを成約させることを目指しています。そのほかには、海外にも支店や現地法人があるので、クロスボーダーM&Aにも対応可能です。

③レーマン方式のM&A仲介手数料

M&A仲介手数料は、事前相談は無料で対応しており、M&Aの仲介依頼をすると業務委託手数料が発生します。業務委託手数料は一括払いとなる場合と月次払いとなる場合があり、案件の規模や内容によっては、業務委託手数料は無料となる場合もあるようです。

そのほかには、成功報酬が発生し、契約成立時やクロージング時に支払うことになります。その成功報酬については、山田コンサルティンググループでは「レーマン方式」が採用されています。

レーマン方式とは、5億円以下の部分は5%、5億円を超える10億円以下の部分は4%、10億円を超える50億円以下の部分では3%、50億円を超える100億円以下の部分は2%、100億円を超える部分では1%となる方法です。

例えば、取引金額が15億円だった場合では、以下のようになります。

1.    5億円×5%=2,500万円
2.    (10億円-5億円)×4%=2,000万円
3.    (15億円-10億円)×3%=1,500万円
4.    1+2+3=6,000万円

レーマン方式は、上記のように段階的に計算する方法です。そのほか、事業承継コンサルティング、企業価値評価・デューデリジェンスは、個別に見積もりが行われることも覚えておきましょう。

※関連記事
M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

山田コンサルティンググループはこんな人におすすめ

山田コンサルティンググループの口コミや評判をふまえると、以下の要望を持つ方にはおすすめといえます。

  1. スピーディーにM&Aを実現したい
  2. 費用をできるだけ抑えたい
  3. 事業展開の選択肢を広げたい

山田コンサルティンググループでのサポートが向いているのは、できるだけ早く事業を売却したいと考えている会社です。山田コンサルティンググループはスピード感があり、マッチングからM&A成立まで対応がスムーズと評判です。

しかし、スピード感があるということは、ベストな選択をある程度切り捨てなければならないというデメリットもあります。多少時間がかかっても納得のいくM&Aをしたい場合には、M&Aアドバイザリーにその意向を伝えることが必要です。

また、費用をできるだけ抑えたいと考える会社にも向いています。山田コンサルティンググループは海外や銀行とのネットワークも確立しているため、豊富なリソースを活用して、適切なタイミングで買収先の会社を見つけることが可能です。

スピード感があるということは、費用も抑えられる可能性があり、事業コンサル型のM&Aアドバイザリーを受けられます。さらに、コンサルタント会社としての知識や経験があるため、今後の事業展開における選択肢を広げたいと考えている会社にも向いています。

山田コンサルティンググループのM&Aの実績

この項では、山田コンサルティンググループのM&A実績の一部を紹介していきます。

タクシー業界におけるM&A事例

譲渡会社は、複数の拠点を持つタクシー会社で、営業用タクシーは100台以上を保有していた企業です。業績は長年に渡って堅調でしたが、近年の新規参入業者の増加などによって競争が激化しており、売上高が減少傾向にありました。

また、複数の拠点がありましたが、それぞれの拠点での損益管理がされておらず、重要な経営判断ができない状態でした。そこで、タクシー会社の社長は「選択と集中」によるM&Aを検討し、経営の健全化を図るべく不採算拠点の売却を決意したそうです。

そこで、タクシー会社の社長は「会社の再建に必要な資金があり、乗務員の雇用が守れる迅速な意思決定ができる会社」という条件を満たした同業のタクシー会社とのM&Aを実施することを決定しています。

②訪問マッサージ事業におけるM&A事例

譲渡会社は訪問マッサージ事業を設立しましたが、経営者の体調不良と後継者不足からM&Aを検討していました。その際、新規事業として訪問マッサージ事業の立ち上げを希望している企業とM&Aを検討しましたが、金額目線が合わなかったようです。

その際に山田コンサルティンググループが、譲渡会社に「M&Aの進め方、成約のポイント」などをアドバイスしました。最終的には、初めてのM&Aという買い手側企業の不安を取り除き、条件交渉において両社の妥協点・着地点を見つけることでM&A成約に至ったようです。

③出版業界のM&A事例

出版業界の市場規模は電子書籍へのシフト化や、消費者の書籍離れなどの影響により長期的に縮小傾向です。その中、専門誌業界で高いブランドを確立している出版社がM&Aを検討していました。

このような時代背景からもわかるように、自社にない技術を持つ企業と提携し、内部の管理体制を整えることを目的としたM&Aでした。そのため、買い手候補の条件として「ITデジタル出版関連の分野に強い企業」、「新たなビジネスへとつなげられる企業」が挙げられました。

結果的に、コンテンツ分野を拡充させたいという企業とマッチングが成立し、売り手側は新規参入もできてシナジー効果を生み出すM&Aとなりました。今回のケースは、目的が明確だったことが成功の鍵でもあり、迅速な交渉ができた理由でもあるようです。

山田コンサルティンググループの採用情報

山田コンサルティングでは、新卒と中途採用の募集がホームページ上で行われています。それでは最後に、山田コンサルティンググループの採用情報を紹介していきます。

給与

給与については、新卒から何年目かで変動があり、中途採用の場合でも、前職や経験、能力によって決定されるようです。また昇給は、年1回行われて賞与は年2回となっています。

平均年収

2016年の実績では新卒入社2年目で570万円、新卒4年目で680万円、6年目で860万円、8年目で930万円、10年目で1,130万円となっています。この年収は平均の給与となっており、採用された人の能力や経験、前職の給与などが考慮されて決定するようです。

初任給

山田コンサルティンググループでは、大学、大学院を卒業した新卒の社員を募集しており、採用人数は26名から30名となっています。初任給は月25万円程度となっており、基本的には年俸制となっています。

労働状況

山田コンサルティンググループの労働状況について、残業時間や離職率の観点からみていきます。

残業時間

残業時間は、平均して40時間程度の割合が高く、残業手当については給与が年俸制であるため、残業手当としての支払いはないようです。また、基本的には土日祝日が休みとなっていますが、毎月1回社員研修として土曜日に出勤する場合もあるようです。

残業については、無駄にダラダラとできる環境にはなく時間が管理されているので、残業時間は比較的短いようです。

離職率

具体的な離職率のデータはありませんが、在籍10年以上の社員も多く、離職率はそれほど高くないようです。仕事へのやりがいを感じている人も多く、仕事を通して自分が成長できると感じている人もいます。

入社して間もないうちでも、さまざまな知識を吸収しながらコンサルティング業務を主体的に動くことができたとしている人もいます。激務で離職率が高い印象を受けるM&A仲介会社の中でも、山田コンサルティンググループの離職率は比較的低いようです。

まとめ

山田コンサルティンググループは経営コンサルティングを主な業務としており、その中にM&Aコンサルティングも含まれています。多くのM&A案件を成約させている実績もあり、経験も豊富です。

さまざまなM&A案件にも対応しており、海外とのクロスボーダー案件にも対応しているので、多様なM&A案件のサポートとアドバイスが可能となっている会社です。それでは最後に、今回の記事をまとめると以下のようになります。

・山田コンサルティンググループとは
→M&A仲介、経営・不動産コンサルティング事業などを行う企業

・山田コンサルティンググループの特徴
→総合コンサルティング、M&Aアドバイザリー業務、レーマン方式のM&A仲介手数料

・山田コンサルティンググループはこんな人におすすめ
→スピーディーなM&A、費用をできるだけ抑えたい、事業展開の選択肢を広げたい

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

株式・事業を譲り渡して売却益をえるのが会社売却です。当記事は会社売却の簡単な解説をはじめ、会社売却にかかる税金の内訳や、税金を払う時機、節税策、節税につなげられるスキームの特徴のほか、お薦めする...

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義やのれんとの違い、...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)