M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
愛媛県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

愛媛県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

愛媛県における事業承継とは

愛媛県の後継者不在率は2018年の調査では61.3%となっており、高い水準となっています。
同年の全国均が66.4%ですから、5.1ポイント低い水準ではありますが、50%を超える数値となっています。 四国地方の4県の中では最も高い数値で、事業承継における後継者不在の問題は、経営上の問題と捉えることができます。 業種別では。建築業が最も高く70.2%となっており、ついて不動産業が69.4%、サービス業が64.2%、小売業が61.6%、その他の業種も61.6%、小売業が59.4%、運輸・通信業が56.5%、製造業が53.7%となっています。 建設業は、大手建設業メーカーの下請けになる中小企業が多く、会社自体が小規模になるケースや個人事業主と言うケースも多く見受けられます。 そのため、経営者も現場で仕事をしていることも多く、事業承継については後回しとなっていることも考えられるでしょう。 売上規模別では、5000万円未満では75.3%、5000万円以上10億円未満で70.9%、1億円以上10億年未満で63.6%、10億円以上50億円未満で52.7%、50億年以上100億年未満で47.3%、100億円以上1000億円未満で41.4%、1000億円以上で25.0%となっています。 さらに従業員数別で見ると、5人以下では71.0%、6人以上20人以下は62.7%、21人以上50人以下で58.5%、51人以上100人以下は52.1%、101人以上で41.1%となっています。 この二つの要素から、売上規模が小さく、従業員数が少ない会社ほど、後継者不在率が高いことが分かります。 売上規模も小さく、従業員数も少ない会社は経営者も事業に従事していることが考えられ、事業承継の準備が後回しになっていることが考えられます。 他の四国3県と比較しても、愛媛県は後継者不在率が高く、売上規模もある程度あり、従業員数も多いのに、40%を超える会社で後継者不在としています。 売上規模もある程度あり、従業員数も多い場合は何らかの方法で事業承継する必要があり、準備を早急に初めた方が良いでしょう。 事業承継に当たり、後継者がいるとしている会社での後継者属性については子供が46.2%、親族が25.8%、配偶者が7.4%、非同族が20.6%となっており、全国的に見ても子供を後継者とするパターンは多くみられます。 愛媛県における事業承継とは、後継者不在率は全国に平均よりも少なく、後継者がいることで事業承継の準備や計画を進めていると考えられます。 また、後継者の属性についても子供が最も多い割合となっており、非同族としているのは %となっており、親族内承継が少なくなっている傾向を示していると考えられます。

事業承継の流れや進め方

事業承継の流れは、5つのステップで進めていきます。 事業承継には、人(経営)の承継、資産の承継、知的資産の承継の3つに要素があると言われています。 これらの要素をそれぞれ踏まえながら、順次進めていきます。 ステップ1は、事業承継に向けた準備の必要性の認識になります。 事業承継は、従業員や役員などが「そろそろ準備を始めた方が良いのではないか?」と考えていても、進みません。 経営者自身が事業承継の準備の必要性を認識していなければ、準備が始められないのです。 そのためには、現経営者が概ね60歳になる頃には、事業承継の準備が必要であることを認識してもらわなければなりません。 後継者の教育も含めると、事業承継には10年程度の期間が必要だとされています。 そのため、60歳から準備を始めても実行できるのは70歳になっていることになります。 現在の日本とは、長寿国となり平均寿命も84歳を超える時代になっています。 現経営者の年齢は60歳前後では「まだまだ現役」と第一線で仕事をしている経営者も多いですが、事業承継の準備は必要であることを認識してもらう必要があります。 従業員や役員から言いにくい場合は、顧問税理士や取引のある金融機関などの担当者から、事業承継について、助言してもらうと良いでしょう。 中小企業庁の「事業承継ガイドライン」の巻末に「事業承継診断」が添付されているので、それを利用しても良いでしょう。 ステップ2は、経営状況・経営課題等の把握(見える化)になります。 資産の承継にも当たる部分で、会社を運営していくうえで必要な資産(設備や不動産などの事業用資産、債権、債務など)、株式の譲渡によって事業承継をする場合が多いので、自社株の評価額なども含めた議決権付き株式などの把握も必要になります。 株式や事業用資産を贈与や相続によって承継すると多額の税金が発生する可能性もあります。 税負担を考慮した事業承継の方法を検討しなければならなくなる場合もあります。 経営状況・経営課題等の把握については、会社を取り巻く環境の変化やそれに伴うリスクなども把握しておく必要があります。 経営資源には、貸借対照表に示された数値以外にも知的資産も含まれるので細部にわたって経営状況を把握しなければなりません。 会社の借入金などについては、取引のある金融機関からの助言の必要になります。 財務や税務については、公認会計士や税理士からの助言によって、経営状況を把握しなければなりません。 すべてを経営者の力だけで実施しようとしても、難しいので専門家の意見も聞きながら、経営状況や経営課題を把握していきます。 ステップ3は、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 ステップ2で経営状況・経営課題等の把握をしたところで、事業承継に当たって改善しておかなければならない点もわかってきます。 相続税や贈与税の税金対策も必要になりますが、不必要な持株会社に設立などを実施すると、中小企業の事業承継及び発展の妨げになる場合もあります。 どのような方法で事業承継するかによって、持株会社に設立などはよく検討した方が良いでしょう。 事業承継では、会社をより良い状態で後継者にバトンタッチすることが理想とされます。 会社の弱みとなっている部分は、経営課題として改善をしてできる限り改善しておく必要があります。 業務上の改善が必要であれば、その部分の改善をします。 経費の削減や自社ブランドや商品のイメージアップなども必要になるでしょう。 また、優良な取引先や金融機関、株主との良好な関係、優秀な人材、知的財産権、会社の運営上のノウハウや技術、法令遵守などについて改善できるところを改善しておきます。 さらに、本業の競争力の強化や経営体制の総点検、経営強化に必要な取り組みなども実施します。 ステップ4は、事業承継計画の策定になります。 社外への引継ぎの場合は、M&A仲介会社に選定になります。 事業承継計画の策定は、中長期的に概ね10年後を見据えた形で計画を策定します。 計画の中には、現経営者の経営に対する思いや価値観、信条などを再確認しながら、後継者や関係者と共有できるようにしておきます。 ステップ2、3を踏まえて、自社の現状分析を通じて今後の環境変化の予測と対策・課題の検討、事業承継の時期などを盛り込んだ事業の方向性の検討、具体的な目標の設定、スムーズな事業承継に向けた課題の整理など、具体的に計画を策定します。 社外への引継ぎとなった場合は、M&Aを実施するにあたりM&A仲介会社の選定をします。 M&Aは経営者だけに力では実行できないので、仲介会社に依頼して進めていくのが一般的です。 ステップ5は、事業承継の実行及び社外への引継ぎの場合は、M&Aの実行となります。 ステップ1から4を踏まえて、計画を進めていき、最終的に後継者へ資産の移転や経営権の移譲をします。 この時、税務や法的な手続きが必要になるので、弁護士や会計士、税理士などに協力してもらいながら進めていくと良いでしょう。 M&Aの実施については、M&A仲介会社のアドバイザーのサポートを受けながら、M&Aを実施することになります。

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継と親族外承継、社外への引継ぎの3つがあります。 親族内承継は、経営者の子供や配偶者、兄弟などの親族を後継者として事業承継をする方法です。 ほとんどの場合が現経営者の子供を後継者とすることが多く、子供に会社を引き継ぐ意思が確認できれば、子供を後継者として事業承継をします。 親族内承継は、従業員や社外の関係者から心情的に受け入れられやすく、早く授業承継の準備に取り掛かれるというメリットがあります。 現経営者の子供がいずれ後継者となることの意思確認ができてしれば、後継者となる子供の教育も早めにすることができます。 例えば、大学を卒業して自社に入社させて事業内容や経営理念、方針などを経験から学ばせて、徐々に昇格させていき、最終的に社長にさせることが可能になります。 また、自社へ入社させる前にほかの会社で社会人経験を積ませてから、自社へ招きいれることも可能になります。 どのような方法でも、子供が後継者となる場合は経営者としての教育を含め、長期の準備期間が確保できます。 また、相続などにより財産や株式を後継者に移転できるので、所有と経営の一体的な承継が可能になります。 しかし、現経営者の子供が後継者となる割合は減っており、その理由には会社の将来性や経営の安定性などを不安視する傾向があり、親が会社を経営していても後継者とならない場合も増えています。 また、仕事やライフスタイルに多様化などによって親が経営する会社に縛られない生き方を子供が選択する場合もあります。 親族内承継で、子供を後継者にしようと考える経営者は、子供が「引き継ぎたい」と思うような会社にしておくことが大切なポイントになります。 親族外承継は、会社の従業員や役員を後継者とする方法になります。 現経営者の親族の中に後継者となる人がいない場合に、会社の役員や従業員を後継者として選定します。 既に会社の役員や従業員である場合は、会社の経営方針や理念、事業内容などを理解しているので、一貫性を保ちやすく後継者教育を短縮できるメリットがあります。 これまで、役員や従業員を後継者とした時、株式の買い取りなどに資金調達が難しいという傾向がありましたが、最近では種類株式の発行や末株会社の設立、従業員持株会などを活用することで資金調達の問題は大きな問題ではなくなってきています。 また、事業承継税制についても、親族外の人が事業承継した場合でも適用されるようになったので、現経営者の親族に適任の後継者がいない場合は、役員や従業員を後継者にして授業承継するケースも増えてきています。 役員や従業員を後継者とする場合は、親族株主などに了解を取ることが重要なポイントになります。 現経営者は、早めに親族間の理解を得て、関係者全員の同意と協力が得られるようにしておきます。 社外への引継ぎは、主にM&Aを実施することになります。 M&Aとは合併と買収を意味していますが、会社を売却することで現経営者は収益を得て、会社の存続を目指します。 会社のすべてを譲り渡す株式譲渡や事業を譲り渡す事業譲渡などの方法があります。 中小企業の場合は、株式譲渡によるM&Aは一般的です。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、親族内や役員、従業員の中に適任の後継者がいない場合や経営者の高齢化を理由にM&Aを選択するケースが増えています。 M&Aを実施するには、まずM&A仲介会社の選定は必要になります。 近年では、中小企業間のM&Aが増えているので、多くM&A仲介会社があります。 M&Aを実行するには、「事業承継の流れや進め方」にもあったように、会社の経営状況・経営課題等の把握をして、経営改善をしておきます。 会社に魅力を感じなければ、買収しようとする会社は現れません。 そのため、会社の現状をしっかりと把握して魅力のある会社に改善する必要があります。 そして、売却にあたり「どのような形での承継を望むか」という点において、明確にしておきます。 例えば、会社全体をそのまま引き継いでもらいたい、一部の事業だけ残したい、従業員の雇用は現状のまま維持して欲しい、などのような条件を決めて、M&A仲介会社に伝えたうえで買収してくれる会社を探してもらいます。 また、M&Aの種類も株式譲渡、事業譲渡などの種類があるので、どの方法でM&Aを実施するのか検討しておく必要があります。 株式譲渡は、現経営者が所有している株式を売却する方法です。 これによって、会社の経営権が買収した会社の経営者などに変わるというだけで、従業員の雇用関係や取引先、金融機関との契約関係などは変わりません。 事業承継の場合でも、スムーズに承継できるので、事業の運営にもあまり影響がなく会社を継続できます。 事業承継の場合は、会社の事業を売却する方法になります。 会社の経営権は変わらず、運営している事業だけを譲り渡すことになるので、工場や機械などのほかに技術やノウハウ、知的財産権、顧客など事業の運営を成り立たせるために必要な物を売却することになります。 M&Aは一般的にM&A仲介会社に仲介を依頼して実行していきます。 その手順は、仲介社・アドバイザーの選定、仲介契約の締結、会社の評価、交渉、譲り受け会社の選定、基本合意書の締結、買収監査(デューデリジェンス)、最終契約締結、クロージングとなります。 この過程を経てM&Aが成立し、会社の事業承継もできるのです。

愛媛県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは本社が東京都にありますが、大阪、名古屋、福岡に支店を構え、札幌、中四国、沖縄に営業所があります。 また、シンガポールにもオフィスがあるので海外への進出を考えるM&Aを考えている中小企業にも対応しています。 株式会社日本M&Aセンターは、リーディングカンパニーとしてM&A仲介業界をけん引している存在でもあります。 M&Aは会社同士の結婚と考え、M&Aが成約した後もフォローする体制が整っています。 多くの中小企業のM&A成約の実績があり、年間649件、会社設立以来の累積は4500件を超えています。 経験豊富で独自のノウハウを蓄積しているので、どのようなM&A案件でも安心してサポートを依頼することができるでしょう。 全国の地方銀行の90%、信用金庫の80%、会計事務所853件と提携しており、愛媛県に所在地を持つ会社でもしっかりとしたサポートを受けることが可能となっています。

株式会社フォーバル

株式会社フォーバルは、東京都に本社を構えますが、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、福岡、佐賀、鹿児島にも拠点を構えています。 全国の中小企業のM&Aのサポートを実施しており、フォーバル事業承継として、中小企業や小規模企業の経営者に寄り添うサポート実施しています。 創業以来、中小企業や小規模企業に特化しており、サポートしてきた実績があるので、規模が小さい会社でも、M&Aが可能か一度相談してみると良いでしょう。 事業承継におけるM&Aの提案もしていますが、事業承継に関する親族内承継や親族外承継等の相談にも乗ってくれます。

株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポートでは、事業承継におけるM&Aのサポートを中心に事業を運営しており、「小さな案件からハイレベルサービスを提供する」をモットーにしている会社です。 大阪にも営業所を持っているので、関西地区、四国地区の中小企業にも対応しています。 80%以上の高いM&A成約率で、経験豊富なアドバイザーが中小企業の経営者に寄り添った対応をしてくれます。 M&Aの情報ネットワークや案件分析データベースを利用して、素早いM&Aのマッチングを実施するので、成約までが早いのが特徴的です。

野中経営グループ

野中経営グループは、愛媛県松山市に「野中税理士事務所」「野中公認会計士事務所」として設立しており、経営・会計、税務、監査、人事・労務にかかわる業務を主な事業としているグループになります。 医業経営支援を得意としており、経営コンサルティングやM&A、経理、会計に関する専門家が在籍している会社です。 M&Aについては、「愛媛M&Aセンター」として、株式会社日本M&Aセンターと提携しているので、全国のM&A案件とマッチングすることが可能となっています。

まとめ

愛媛県における事業承継は、後継者不在率が比較的高いのであまり進んでいない状況であると考えることができます。 愛媛県には、大手紙業メーカーが工場を持ち、その下請けの会社も多くあるでしょう。 また、タオル製品など日本を代表できる製品作りも盛んです。 これらの事業を今後も続けていくには、事業承継を成功させて会社を存続させることが重要になります。 中小企業の経営者は、自身も事業に従事していることも多く、後回しにしている可能性も考えられます。 事業承継は、経営者自身が取り組んでいく必要がある「経営上の問題」であることを認識する必要があります。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら