2020年2月13日公開会社・事業を売る

日本M&Aセンターの評判・口コミまとめ【激務/セミナー/アクセス】

本記事では、日本M&Aセンターの業務内容やサービス範囲、評判や口コミなどについて紹介します。また、日本M&Aセンターでの就職を希望している方向けに、日本M&Aセンターは激務なのか、女性が働きやすいかなどについても紹介しています。

目次
  1. 日本M&Aセンターとは
  2. 日本M&Aセンターの評判・口コミ
  3. 日本M&Aセンターのサービス範囲
  4. 日本M&Aセンターの特徴
  5. 日本M&Aセンターは激務?その理由とは
  6. 日本M&Aセンターが求める人材とは
  7. 日本M&Aセンターが開催するセミナー開催予定
  8. 日本M&Aセンターへのアクセス情報
  9. M&Aは複数の会社を検討するのがおすすめ
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

日本M&Aセンターとは

日本M&Aセンターとは

日本M&Aセンターは、主に中堅・中小企業のM&Aを手がけているM&A仲介会社です。業界の中でも大手の一つで、全国各地に支店があり、東南アジアにも営業所を構えています。

設立は1991年で、M&A仲介会社の中ではかなり老舗の部類に入ります。累計成約実績は5,000件以上におよび、豊富な経験にもとづいた質の高いサービスが強みとなっています。

日本M&Aセンターの主な業務内容

日本M&Aセンターの主な業務内容は、上場企業または中堅・中小企業のM&A仲介業務、M&Aアドバイザリー業務、マッチングサイト「バトンズ」を利用した仲介業務などです。

海外企業とのクロスボーダーM&Aも手がけており、特に東南アジアでのM&Aに強みを持っています。

さらにオプションサービスとして、事業承継診断・成長戦略コンサルティング・株価算定・統合プロセス(PMI)も取り扱っています。

日本M&Aセンターの社長・役員

日本M&Aセンターの社長・役員は以下の通りです。

【日本M&Aセンターの社長・役員】

代表取締役会長 分林保弘
代表取締役社長 三宅卓
取締役副社長 楢木孝麿
常務取締役 大槻昌彦
取締役 竹内直樹
社外取締役 森時彦
取締役(常勤監査等委員) 田村信次
社外取締役(監査等委員) 木下直樹
社外取締役(監査等委員) 山田 善則

日本M&AセンターのIR

日本M&Aセンターの売上高・経常利益は、2010/3期から2019/3期まで9期連続で増収となっており、2020/3期も増収の予想がされています。

M&A成約数は2014/3期の256件から2019/3期の770件と大幅に増加しており、今後も増加していく可能性が高いでしょう。株主構成は外国法人等が約50%、個人が約25%、金融機関が約25%となっています。

【関連】日本M&Aセンターの仲介手数料や成約件数、株価について解説
【関連】M&A実績の豊富な仲介会社

日本M&Aセンターの評判・口コミ

評判・口コミ

日本M&Aセンターの評判・口コミは数多く投稿されていますが、一部を抜粋すると以下のようになります。

優秀な人材が多く揃っていて勉強になる、顧客に喜んでもらえてやりがいがあるといった声が多く見られます。

一方で、勤務時間が長いという声がいくつかみられるので、ワークライフバランスを重視したい方にとっては、調整しづらい部分があるかもしれません。

【日本M&Aセンターの評判・口コミ】

  • 日本でも数少ない成長企業の一つ
  • 様々な業界のトップクラスのプレイヤーが集まっており優秀
  • 顧客に心から喜んでもらえる。経営者が本気で涙して喜んでもらえる仕事はない。
  • 売手の社長からの感謝される。
  • 多種多様なバックグラウンドの人がいるので、本当に勉強になる。

女性にとって働きやすい?

日本M&Aセンターの、女性の働きやすさに関する口コミは以下のようになっています。

これらの口コミを見ると、営業部門はほぼ男性で、女性はほとんどいないという現状が見てとれます。営業職として働きたいと思っている女性にとっては、日本M&Aセンターはあまり働きやすいとはいえないかもしれません。

一方で、営業職以外のサポート業務やコーポレート部門には、女性も多く活躍しているようです。日本M&Aセンターで働きたいと思っているが、職種は特にこだわらないという方にとっては、活躍できる場がある職場といえるでしょう。

【日本M&Aセンターの女性の働きやすさに関する口コミ】

  • 営業サポート、及びいわゆるコーポレート部門に女性はいるが、営業部隊には女性はいない。
  • コンサルタントとしての女性活躍はまだまだと言える。
  • 営業職に関しては現状女性はゼロ、ストレスや拘束時間も長い為難しいと思われます。
  • 女性の営業は皆営業から外され、社内の部署に移されたため、働きづらい印象。
  • 女性コンサルタントはほぼ居ないが、会計事務所開拓の営業等として女性は活躍している。

退職・クビになった元社員の声

日本M&Aセンターをクビになった口コミは見当たりませんが、退職した元社員の口コミは以下のようになっています。

口コミを見ると、長時間労働で仕事がハードなため、長く働くには向いていないという声や、どこまでいっても結局はM&A仲介業務であるという声もいくつかみられます。

【日本M&Aセンターを退職・クビになった元社員の声】

  • 年収は安定しない。 大口案件のストロングバイヤーがなければ、毎年の達成は厳しい
  • 退職する者の多くは独立か人間関係か高いレベルについていけなかったか
  • 当初思ったより評価の公平性がない
  • ハードな仕事。家族との触れ合いの時間を確保したいと思ったため
  • 朝早く夜遅いということで身体に良くない。3年はやってもいいが、長くはやりたくない。

日本M&Aセンターのサービス範囲

サービス範囲

M&A仲介会社では、買い手と売り手の間に立って業務を行う、仲介型のサービスを行っていることが多いですが、なかにはどちらか一方の立場に立つFA型を採用しているところもあります。

日本M&AセンターはFA型・仲介型どちらのサービスも提供しており、さらにマッチングサイトを利用したハイブリッド型にも強みを持っています。

【日本M&Aセンターのサービス範囲】

  1. FA型
  2. 仲介型
  3. ハイブリッド型

1.FA型

FA型では、買い手・売り手どちらか一方の立場に立ち、その会社の利益の最大化を目指したサポートを提供します

主に中堅・大企業のM&Aで利用される形態で、海外企業とのクロスボーダーM&Aにもよく利用されます。

日本M&Aセンターでは、海外支援室・企業戦略部といった部署を設けており、FA型のM&Aを積極的に支援しています。

2.仲介型

仲介型とは、買い手・売り手の中間の立場に立ち、両者の意見を取り入れつつお互いにとって最適なM&Aをサポートする業務で、M&A仲介会社の形態としては最も一般的なタイプです。

売却益を最大化したいのではなく、M&A成約後のシナジー効果を得たい時はFA型より仲介型の方が有効だといえるでしょう。

大企業で主に使われるFA型に対して、仲介型は主に中堅・中小企業のM&Aでよく利用されるのが特徴です。

3.ハイブリッド型

ハイブリッド型とは、M&Aマッチングサイトを利用した仲介業務のことです。マッチングサイトとは、M&Aを希望する売り手がサイト上に情報を掲載し、それを買い手側が閲覧してコンタクトし、交渉・成約するサービスです。

日本M&Aセンターは、最大規模のM&Aマッチングサイト「バトンズ」の運営会社を子会社として持っており、バトンズを利用したハイブリッド型のM&A仲介サービスを積極的に行っています。

ハイブリッド型は、例えば個人事業の飲食店のような、非常に小規模なM&Aでよく利用されます。

日本M&Aセンターの特徴

特徴

日本M&Aセンターは数あるM&A仲介会社の中でも大手の一つであり、多くの特徴と強みを備えています。

全国地方銀行の9割、信用金庫の8割、903の会計事務所と提携しており、幅広いネットワークから最適な売買相手を提案することができます。

成約実績は累計5,000件超、年間成約実績は770件を誇っており、これはM&A仲介会社の中でも最大規模です。

経営者の会社に対する想いを汲み取り、顧客目線でのサポートを重視しているのも特徴だといえます。

4つの力でサポート

日本M&Aセンターは、「会社を理解する力」「課題を分析する力」「お相手をつなぐ力」「未来を想像する力」という、4つの力を特徴として挙げています。

【日本M&Aセンターの特徴】

  1. 会社を理解する力
  2. 課題を分析する力
  3. お相手をつなぐ力
  4. 未来を想像する力

1.会社を理解する力

M&Aにおける会社の価値の判断には、決まったルールがあるわけではありません。そのため、正しく会社の価値を判断するためには、いかに会社を理解するかが重要になります。

日本M&Aセンターでは、客観的なデータと業界トレンド、そして経営者の会社への想いを汲み取り、最適なM&Aの成約をサポートしています

2.課題を分析する力

M&A仲介業務というのは、それぞれの会社が特有の課題を抱えており、それを正しく分析することが重要になります。

日本M&Aセンターでは、高度なスキルを持つ専門家が親身になってサポートにあたり、課題が問題になる前の段階で対策するシステムを構築しています

365名のコンサルタントを擁する組織力も活用し、課題を未然に解決してバックアップします。

3.お相手をつなぐ力

最適なマッチングを実現するためには、幅広いネットワークと情報収集力、組織力が必要とされます。情報が足りないために、ベストな相手を見つけられず妥協することは避けなければなりません。

日本M&Aセンターでは、異業種や遠方の企業まで視野に入れ、高いシナジー効果を生む売買相手を提案できるようにサポートします

全国の地方銀行や信用金庫、士業事務所とのネットワークを駆使して、最適な売買相手をマッチングします。

4.未来を想像する力

M&Aは買い手と売り手をマッチングして、成約すれば完了と思われがちです。しかし、実際はその後の統合プロセス(PMI)が非常に重要で、そこで失敗するとせっかくのM&Aが台無しになってしまいます。

日本M&Aセンターでは、計画・準備段階から統合プロセスを見据えたサポートを行い、成約後に買い手企業・売り手企業双方が成長できるM&Aを提案しています

M&A仲介会社は統合プロセスのサポートが弱いところも多いので、成約後のサポートにも力を入れている点は大きな強みだといえるでしょう。

日本M&Aセンターは激務?その理由とは

激務の理由

日本M&Aセンターの口コミをみると、勤務時間が長く仕事内容もハードだという声が多くみられます。日本M&Aセンターの仕事は激務なのでしょうか。もしそうなら、その理由とは何なのでしょうか。

平均年収が高いから?

日本M&Aセンターの年収は、有価証券報告書2019年3月期のデータで約1400万円となっており、高収入で知られる企業の一つです。M&A仲介会社の中では、M&AキャピタルパートナーズとGCAに次ぐ、業界第三位となっています。

M&AキャピタルパートナーズとGCAの口コミでも、日本M&Aセンターと同様にワークライフバランスがとりにくいという意見が多く、高収入で激務というのはM&A業界全体にみられる傾向だと考えられます。

ノルマが厳しいから?

日本M&Aセンターでは、会社から与えられた目標を達成した時に報酬が支払われる、インセンティブを採用しています。

インセンティブによって収入がかなり変わってくるので、高い収入を維持するために激務となってしまうことが考えられます。

日本M&Aセンターが求める人材とは

求める人材

日本M&Aセンターでは、求められる人物像として「パーソナリティ」「マインドセット」を挙げています。

パーソナリティとは、課題を解決する行動力や協調性、目上の経営者に対する敬意など、M&A仲介業務に必要な人間性を表します。

そしてマインドセットとは、M&A仲介業務を通して社会の発展に寄与し、そこにやりがいを感じる気質のことを指します。

M&Aのスキルに関しては入社後に身につけるものととらえており、未経験でも問題ありません。

【関連】M&A業界への転職!仲介会社とアドバイザリー業務の違い、未経験での転職や必要な資格を解説

日本M&Aセンターが開催するセミナー開催予定

セミナー開催予定

日本M&Aセンターでは、M&Aに関する各種セミナーを積極的に開催しています。M&Aに興味があるけど、実際に相談するのはまだ抵抗があるという方でも、セミナーなら気軽に参加することができます。

【2020年 日本M&Aセンターが開催するセミナー開催予定】

タイトル 開催地 日時
M&Aに必要不可欠な知識と成功ノウハウ 新宿1・町田・川崎・渋谷・日暮里・大井町・新宿2・池袋・東京・二子玉川・北千住 1/30~3/26
事業承継・M&Aカンファレンス2020 びわ湖大津プリンスホテル 2/26
事業承継セミナー~事例で学ぶ事業承継対策 活用編~ 日本M&Aセンター東京本社 3/16

【関連】M&A・事業買収セミナーとは?メリットや持ち物、開催情報を解説

日本M&Aセンターへのアクセス情報

アクセス情報

日本M&Aセンター本社・支社のアクセスは以下のとおりです。

【日本M&Aセンターへのアクセス】

東京本社 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
大阪支社 大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビル オフィスタワー36階
名古屋支社 愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12  大名古屋ビルヂング18階
福岡支店 福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1  福岡センタービル9階
札幌営業所 北海道札幌市中央区大通西4丁目6-1 札幌大通西4ビル 6階
広島営業所 広島県広島市東区二葉の里三丁目5番7号 GRANODE 広島7階
沖縄営業所 沖縄県那覇市久米2-2-10  那覇商工会議所4階

M&Aは複数の会社を検討するのがおすすめ

複数の会社を検討するのがおすすめ

M&A仲介会社でM&Aを行う時は、複数の仲介会社に意見を聞いて、より客観的な視点で交渉を進めていくというやり方もあります。

M&A総合研究所は専属契約を結ばないので、日本M&Aセンターに相談しながら、セカンドオピニオンとしてM&A総合研究所に意見を求めるという使い方ができます

しかも料金は着手金・中間金無料の完全成功報酬制なので、成約に至らなければ料金は一切かかりません。

M&Aのセカンドオピニオンとして利用するだけでなく、もちろんM&A総合研究所をメインとして、M&Aの交渉を進めていくことも可能です。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

本記事では、日本M&Aセンターについて、評判や口コミなどをまとめました。口コミなどから社員は激務であることがうかがえるので、入社するにはやる気と情熱が求められるといえるでしょう。

仲介業務に関しては実績が豊富で、クロスボーダーにも強いのが特徴です。中堅・中小企業がメインですが上場企業にも対応しているので、中小企業から大企業まで、幅広い経営者におすすめできる仲介会社だといえます。

【日本M&Aセンターの社長・役員】

代表取締役会長 分林保弘
代表取締役社長 三宅卓
取締役副社長 楢木孝麿
常務取締役 大槻昌彦
取締役 竹内直樹
社外取締役 森時彦
取締役(常勤監査等委員) 田村信次
社外取締役(監査等委員) 木下直樹
社外取締役(監査等委員) 山田 善則

【日本M&Aセンターの評判・口コミ】
  • 日本でも数少ない成長企業の一つ
  • 様々な業界のトップクラスのプレイヤーが集まっており優秀
  • 顧客に心から喜んでもらえる。経営者が本気で涙して喜んでもらえる仕事はない。
  • 売手の社長からの感謝される。
  • 多種多様なバックグラウンドの人がいるので、本当に勉強になる。

【日本M&Aセンターの女性の働きやすさに関する口コミ】
  • 営業サポート、及びいわゆるコーポレート部門に女性はいるが、営業部隊には女性はいない。
  • コンサルタントとしての女性活躍はまだまだと言える。
  • 営業職に関しては現状女性はゼロ、ストレスや拘束時間も長い為難しいと思われます。
  • 女性の営業は皆営業から外され、社内の部署に移されたため、働きづらい印象。
  • 女性コンサルタントはほぼ居ないが、会計事務所開拓の営業等として女性は活躍している。

【日本M&Aセンターを退職・クビになった元社員の声】
  • 年収は安定しない。 大口案件のストロングバイヤーがなければ、毎年の達成は厳しい
  • 退職する者の多くは独立か人間関係か高いレベルについていけなかったか
  • 当初思ったより評価の公平性がない
  • ハードな仕事。家族との触れ合いの時間を確保したいと思ったため
  • 朝早く夜遅いということで身体に良くない。3年はやってもいいが、長くはやりたくない。

【日本M&Aセンターのサービス範囲】
  1. FA型
  2. 仲介型
  3. ハイブリッド型

【日本M&Aセンターの特徴】
  1. 会社を理解する力
  2. 課題を分析する力
  3. お相手をつなぐ力
  4. 未来を想像する力

【日本M&Aセンターが開催するセミナー開催予定】
タイトル 開催地 日時
M&Aに必要不可欠な知識と成功ノウハウ 新宿1・町田・川崎・渋谷・日暮里・大井町・新宿2・池袋・東京・二子玉川・北千住 1/30~3/26
事業承継・M&Aカンファレンス2020 びわ湖大津プリンスホテル 2/26
事業承継セミナー~事例で学ぶ事業承継対策 活用編~ 日本M&Aセンター東京本社 3/16

【日本M&Aセンターへのアクセス】
東京本社 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
大阪支社 大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビル オフィスタワー36階
名古屋支社 愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12  大名古屋ビルヂング18階
福岡支店 福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1  福岡センタービル9階
札幌営業所 北海道札幌市中央区大通西4丁目6-1 札幌大通西4ビル 6階
広島営業所 広島県広島市東区二葉の里三丁目5番7号 GRANODE 広島7階
沖縄営業所 沖縄県那覇市久米2-2-10  那覇商工会議所4階


M&A総合研究所は専属契約を結ばないので、日本M&Aセンターのセカンドオピニオンに最適です。

経験豊富な会計士・弁護士・アドバイザーの3名体制で、クロージングまでフルサポートいたします。

無料相談を年中無休で受け付けていますので、日本M&Aセンターのセカンドオピニオンをお探しの方は、電話かメールで気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)