2020年5月10日更新会社を売る

日本M&Aセンターの仲介手数料や成約件数、株価について解説

近年のM&Aの増加傾向に伴い、日本M&Aセンターは堅調に業績を伸ばしています。日本M&Aセンターは、中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスに大きな特徴があります。中堅・中小企業のM&A支援の歴史は長く、確かな実績があります。士業などの専門家とのつながりが深いことも特徴です。

目次
  1. 日本M&Aセンターにある3つの特徴とは?
  2. 日本M&Aセンターの業務内容
  3. 日本M&Aセンターの仲介手数料
  4. 日本M&Aセンターの株価推移
  5. 日本M&AセンターのIR情報
  6. 【補足】日本M&Aセンターでの年収
  7. 【補足】日本M&Aセンターの採用・転職
  8. M&AについてはM&A総合研究所にもお声掛け下さい!
  9. まとめ
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

日本M&Aセンターに依頼するかどうかお悩みではないでしょうか?

日本M&Aセンターは中小企業が使いやすいM&Aのコンサルタント会社です。

日本M&Aセンターについて詳しく知って、納得できるM&Aコンサルタント会社を選びましょう。

日本M&Aセンターにある3つの特徴とは?

日本M&Aセンターにある3つの特徴とは?

日本M&Aセンターは、中小企業のM&Aを30年近くサポートし続けているM&A仲介会社です。

まず、日本M&Aセンターにある3つの特徴を見ていきましょう。

  1. アジア全域から相手企業を見つけられる
  2. 自社の評価を客観的に行ってくれる
  3. M&Aに精通した弁護士などの専門家からサポートが受けられる
1つずつ、見ていきましょう。

特徴1.アジア全域から相手企業を見つけられる

日本M&AセンターにM&Aの依頼をすると、アジア全域から相手企業を探すことができます。

何故なら、拠点があるシンガポールから、アジア地域におけるM&A情報を集めているからです。

また、提携している地域の金融機関はおよそ300箇所・会計事務所は817箇所・士業事務所は約1700箇所あります。

ですので、アジア地域への海外進出を考えているのであれば、日本M&Aセンターであれば希望に沿った買い手が見つけやすくなるのです。

特徴2.自社の評価を客観的に行ってくれる

日本M&Aセンターであれば、自社の評価を客観的でありながら正確に行ってくれます。

日本M&Aセンターが行う企業評価の手法は、金融機関や会計事務所でも使われる精度の高い方法だからです。

M&Aにおいて、買い手企業に出す資料は自社の情報を正確に伝えた上で魅力的でなければなりません。

日本M&Aセンターであれば、中小企業のM&Aを長年サポートした経験を基に、自社の長所や買い手企業にとってどんなメリットがあるのかを客観的に取りまとめた上で、提出資料の作成が可能です。

ですので、正確な自社の評価ができるため、不当に低価格でM&Aをしてしまうということを防ぐことにも繋がります。

特徴3.M&Aに精通した弁護士などの専門家からサポートが受けられる

日本M&Aセンターに仲介の依頼をすると、M&Aに精通した法務・税務担当者からのサポートが受けられます

日本M&Aセンターには、弁護士や公認会計士が在籍しており、アドバイザーと共にあなたのM&Aを成約までサポートする体制が整えられているのです。

例えば、M&Aに際し課税問題が発生しても、状況に応じて会計士から最適なアドバイスが得られます。

ですので、M&Aに精通した専門家からサポートを受けることで、契約をスムーズに進められるのです。

また、以下の記事では「そもそもM&Aについて詳しく知りたい」という人向けに、M&Aの意味や手続きについて詳しく紹介しています。

こちらも読んでおくことで、M&Aについて知っておくべき基礎知識も確認できますので、気になる人は確認してみて下さい。

【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

日本M&Aセンターの業務内容

日本M&Aセンターの業務内容

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスを提供しています。その業務内容について、日本M&Aセンターの特徴とサービス内容に分け、詳しく見ていきましょう。

⑴日本M&Aセンターの特徴

日本M&Aセンターは、中小企業を中心としたM&A支援27年目という歴史があり、成約実績累計4500件、年間成約支援数649件という実績があります。

また、M&A専門コンサルタントは300名を超えています。

30名の士業専門家によるサポートチームが組織され、1700の士業事務所との連携が行われているのが特徴です。

1案件ごとに法務担当者(弁護士・司法書士)と会計・税務担当者(公認会計士・税理士)の案件担当者がサポートするという体制となっています。

それによって、専門性の高いサービスを提供できるのが強みです。

また、全国の地方銀行や信用金庫、会計事務所などと情報ネットワークを構築し、高い成約率を実現しています。

そのネットワークは、全国の地方銀行の9割、信用金庫の8割、そして817の会計事務所と提携しているという、非常に強固なものです。

さらに日本M&Aセンターが持つデータベースも含め、情報量の多さが大きな特徴となっています。

⑵日本M&Aセンターのサービス内容

日本M&Aセンターでは、中小企業、上場企業、小規模企業へのサービスを展開しています。

その中で、特に中堅・中小企業に特化したサービスに特徴があります。

中堅・中小企業のM&A案件は受け付けていないというコンサルタント会社もありますが、日本M&Aセンターにはそのような心配がありません。

日本M&Aセンターのサービスは、「事前コンサルティング」→「M&Aサービス~戦略立案~」→「M&Aサービス~マッチング~」→「アフターサービス」という流れで行われます。

また、後継者問題の解決や海外進出など、M&Aによって解決したい課題ごとに、それぞれ細かなサービスを提供しているのが特徴です。

さらに、さまざまな業界における実績・事例が見られます。

IT、食品、物流、製造など、それぞれの業界の動向に精通し、様々な業界に特化したM&A支援が行われているのです。

「どうせM&Aをやるなら、自分の業界について詳しい人にコンサルタントをしてもらいたい」とお考えの経営者は多いはず。

日本M&Aセンターは、成約の先までを視野に入れたM&Aを、「最高のM&A」としています。この「最高のM&A」の実現のために、さまざまな手厚いサポートの提供が行われているのです。

以上、日本M&Aセンターについての基本的な情報をお伝えしました。

しかし、「日本M&Aセンターの仲介手数料は高額ではないだろうか?」と、心配に思っている方もいるかもしれません。

ここからは、日本M&Aセンターの仲介手数料について見ていきましょう。

日本M&Aセンターの仲介手数料

日本M&Aセンターの仲介手数料

日本M&Aセンターの料金には、「着手金」と「成功報酬」の2つがあります。

ただし、相談は無料で行うことができるので安心してください。

「着手金」と「成功報酬」について、それぞれ順番に確認していきましょう。

⑴着手金

着手金というのは、依頼を受けて作業に着手するために必要な費用のことをいいます。結果の成功・不成功にかかわらず、着手金は依頼した段階で発生するという特徴があるので注意しておくことがポイントです。

M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社によっては、着手金が発生しない会社もあります。ただし、着手金が発生しないサービスが必ずしも良いというわけではありません。

日本M&Aセンターでは着手金が発生しますが、これは「最高のM&A」を実現するために必要な料金体系として設定されているのです。

M&A業務の場合、M&A仲介会社やM&Aアドバイザリー会社に依頼した段階で着手金が発生します。

具体的には、アドバイザリー契約の締結時などで着手金が発生するという仕組みです。

日本M&Aセンターの場合も、提携仲介契約締結時に着手金がかかります

日本M&Aセンターの料金体系に着手金が含まれていることは、M&Aの当事者の本気度を示すものとなります。例えば、M&Aを実行する意思があまり固まっていない場合、最終的にM&Aを実行しないケースもあるでしょう。

その際には着手金が無駄になってしまうことになります。

一方で、着手金を支払ったうえでM&Aを進めるということは、それだけ当事者が本気ということです。

日本M&Aセンターが料金体系に着手金を含めているのは、買収側と売却側のどちらも本気でM&Aを実行する意思があることを示し、良質なマッチングにつなげるためだと言えます。

また、着手金がかかる分、事前調査や資料作成などが重点的に行われるのも知っておくべきです。成約しやすいM&Aというより、重点的な調査によって理想の対象企業を探し、経済効果の高いマッチングを目指すという点に特徴があります。

ただし、着手金を支払ったから必ずM&Aが希望通りに成功するというわけではありません。

着手金の有無はM&Aコンサルタント会社によってそれぞれですが、「着手金が有るから必ず良い結果になる」「着手金が無いから悪い結果になる」というわけではないことを押さえておきましょう

⑵成功報酬

成功報酬とは、M&Aが無事に終えられたときに発生する料金のことです。

M&Aが完了したら、成功報酬が発生します。成功報酬はレーマン方式で算出されます。

レーマン方式とは、取引金額に応じて一定の報酬料率を掛け、報酬額を決定する方法です。

例えば、取引金額が5億円までなら5%、5億円超10億円以下なら4%といったように、取引金額に応じて報酬の割合が定められています。

日本M&Aセンターの場合、譲渡企業の時価総資産額に対する料率は、5億円以下の部分が5%、5億円超10億円以下の部分が4%、10億円超50億円以下の部分が3%、50億円超100億円以下の部分が2%、100億円超の部分が1%と定められています。(譲渡企業の場合)

また、日本M&Aセンターでは、企業の総資産をベースに成功報酬が算出されていることを知っておきましょう。

中堅・中小企業の場合、M&Aの取引金額は純資産額をベースに算出されるケースが多く見られます。そして、この取引金額をもとに成功報酬が算出されるのです。

つまり、借入金などを含まない純資産額をもとに、最終的に成功報酬が決まることになります。同じ金額にもかかわらず、借入金が多い方が少ない成功報酬で済むことになり、公平さを欠くおそれがある点には気をつけなければなりません。

より公平なM&A取引のため、日本M&Aセンターでは、純資産額ではなく総資産をベースにした成功報酬(時価)となっています。

以上が、日本M&Aセンターの報酬体系についてでした。

報酬について少しでも不安なことがあれば、無料相談の段階で聞いておくようにしましょう。

報酬のことでモヤモヤしたまま依頼をしてしまうと後悔しやすいので、気をつけてください。

それではここからは、日本M&Aセンターの株価推移についても見ていきます。

また、以下の記事ではM&Aで発生する手数料について詳しく解説しています。

手数料の相場や、費用が高いと感じた場合にどんなところへ相談すれば良いのかという点まで紹介していますので、少しでも手数料を抑えたい人はこちらも併せて確認しましょう。

【関連】会社売却の手数料の相場やかかる費用を徹底解説!

日本M&Aセンターの株価推移

日本M&Aセンターの株価推移

日本M&Aセンターの「第27期有価証券報告書」によると、事業年度別の最高・最低株価の推移は次のようになります。(※印は株式分割による権利落ち後の株価を表します)

最高株価は、平成26年3月期が9050円(※2772円)、平成27年3月期が4210円、平成28年3月期が6670円、平成29年3月期になると7130円(※3745円)、平成30年3月期が7850円(※3735円)です。

また、最低株価は、平成26年3月期が3700円(※2538円)、平成27年3月期が2147円、続く平成28年3月期が3930円、平成29年3月期になると5540円(※2827円)、平成30年3月期が6770円(※3520円)となっています。

これらの数値を見ると、近年は堅調に推移していることがわかります。業績の動向も合わせ、今後の株価の推移にも注目されているのです。

このように、株価からみても日本M&Aセンターは好調なことがわかります。

それでは、日本M&AセンターのIR情報はどうなっているのでしょうか。

日本M&AセンターのIR情報

日本M&AセンターのIR情報

IR(Investor Relations)というのは、投資家に向けて財務状況や業績動向についての情報を発信する活動のことです。IRは、IR活動、「投資家向け広報」と呼ばれることもあります。

さて、日本M&AセンターのIR情報によると、業績と成約件数は次のようになります。

日本M&Aセンターの業績

連結ベースでの売上高は、平成26年3月期が105億4700万円、平成27年3月期が122億2700万円、平成28年3月期が147億7800万円、平成29年3月期が190億6900万円、平成30年3月期が246億2500万円となり、増加傾向が続いています。

平成26年と30年を比較すると、売上高は約2.3倍増加しています。近年のM&Aの増加傾向に伴い、堅調に売り上げを伸ばしています。

経常利益は、平成26年3月期が54億9600万円、平成27年3月期が63億1000万円、平成28年3月期が71億1600万円、平成29年3月期が90億7000万円、平成30年3月期が116億7000万円となります。

当期純利益は、平成26年3月期が33億4400万円、平成27年3月期が39億5000万円、平成28年3月期が48億4000万円、平成29年3月期が61億7400万円、平成30年3月期が81億4600万円となっています。

売上高と同じく、経常利益と当期純利益も増加傾向が続いています。

また、純資産額・総資産額の推移を見ると(金額は純資産額/総資産額で表示)、平成26年3月期が109億300万円/139億7700万円、平成27年3月期が134億6500万円/167億5000万円、平成28年3月期が167億6300万円/201億4100万円、平成29年3月期が160億8000万円/249億5600万円、平成30年3月期が220億4300万円/317億3700万円となります。

総資産額の推移も、増加傾向が続いているのが特徴的です。純資産額は平成29年3月期に一度減少しましたが、平成30年3月期では再び増加に転じ、過去5期の中で最も高い純資産額となりました。

以上の業績面での動向を見ると、日本M&Aセンターの業績が堅調に推移していることがわかります。

「業績が良くて信頼できるM&Aコンサルタント会社に依頼したい」という人にも良い会社でしょう。

日本M&Aセンターの成約件数

成約件数の推移を見ると、平成25年3月期が207件、平成26年3月期が254件、平成27年3月期が338件、平成28年3月期が420件、平成29年3月期が524件、平成30年3月期が649件となっています。

成約件数は増加傾向が続いており、5年で3.1倍の増加となりました。こちらも近年のM&Aの増加と合わせ、順調に成約件数を伸ばしていることがわかります。

したがって、「成約件数が多いところに依頼したい」という人は、日本M&Aセンターを検討するのが良いでしょう。

ちなみに、「日本M&Aセンターの業績は良いみたいだけど、働いている人の年収はどうなんだろう?」と、疑問に思っている人もいるかもしれません。

ここで、日本M&Aセンターでの年収を見ておきましょう。

【補足】日本M&Aセンターでの年収

【補足】日本M&Aセンターでの年収

日本M&Aセンターの「第27期有価証券報告書」によると、平均年間給与は平成30年3月31日現在で1319万5000円となっています。国内の平均年収と比較すると、日本M&Aセンターの年収はかなり高いことがわかるはずです。

M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社は全体的に年収が高い傾向がありますが、日本M&Aセンターも例外ではありません。

このような高収入の職員をたくさん雇えるのは、業績が良いからだと考えられます。

年収の高い職員は、専門性が高いことも珍しくなく、相談しやすいでしょう。

最後に、日本M&Aセンターの採用・転職についても見ておきます。

【補足】日本M&Aセンターの採用・転職

【補足】日本M&Aセンターの採用・転職

日本M&Aセンターの採用形態は、現在、「新卒採用」と「中途採用」の2種類があります。

それぞれについて、順番に確認していきましょう。

日本M&Aセンターの新卒採用

新卒採用の場合、M&Aコンサルタント職としての募集が行われています。M&A仲介に関わる一連の業務が仕事内容となり、相談受付や提案、マッチング、契約書案作成、クロージングといった業務を行うのです。

日本M&AセンターではM&Aの仲介業務として、行動力や意志力、協調性などが求められています。

また、日本M&Aセンターには確かなスキルアップ体制も構築されているので安心して働けるはずです。そのため、新卒採用といっても、当初からある程度本格的な業務に携わることが可能と言えるでしょう。

職種としては営業職とされています。勤務地は東京・大阪です。

次に、日本M&Aセンターの中途採用についても見ておきます。

日本M&Aセンターの中途採用

M&A業務は高度に専門的な知識が必要になる場合もあります。

そのため、即戦力となる経験者を中途採用する傾向が強く見られるのが特徴です。これは日本M&Aセンターも例外ではありません。

一方で、M&A業務が未経験の方でも、中途採用に応募することができます。未経験の方に向けた研修体制も充実しているので、スキルや知識を身につけることが可能です。

活躍するコンサルタントも、前職でM&A業務を経験した方はわずかとされています。それだけ未経験の方の中途採用にも意欲的なのです。

ただし、中途採用では、「原則として3年以上のビジネス経験または実力のある方を前提とした研修内容」とされています。未経験の方でも即戦力となることが期待されているので、これまでのキャリアは重視されることに注意しておきましょう。

応募条件としては第二新卒も可能とされていますが、これまでのキャリアの内容も、もちろん採用における判断要素となります。

中途採用の選考フローは、エントリー→書類選考→一次面接(人事部面接)→二次面接(部長面接)→最終面接(役員面接)→内定~入社とされています。

中途採用の面接回数は2回が多いとされますが、日本M&Aセンターの面接回数は3回です。それだけ即戦力となる人材かどうか、細かく判断されると言えます。

また、中途採用での募集については、日本M&Aセンターグループの全ての求人が紹介されているので気になるなら確認してみてください。グループ企業も含め、多様な人材を積極的に採用しています。

中途採用の求人(2018年12月21日現在)の例を挙げると、日本M&Aセンターでは、M&Aコンサルタント(営業職/専門職)のほか、企画・管理・システム系職種も含まれています。

M&Aコンサルタントでは、営業職のほか専門職も募集中です。専門職の場合、コーポレートアドバイザーとして税理士、会計士、弁護士の募集が行われています。M&A業務において高度に専門的な分野を担当するため、士業の方の中途採用も積極的に行われているので士業の方も応募しやすいです。

また、企画・管理・システム系職種としては、プロジェクトマネージャー、データ活用アドミニストレーター、M&Aセレモニスト、Web制作担当、広報(マーケティング・セミナー企画)、営業ツール管理担当、動画制作担当の募集が行われています。

Web制作や動画制作といったIT関連の職種のほか、広報担当、さらにはセレモニストまで募集が行われ、募集職種は多岐に渡るのが日本M&Aセンターの求人の特徴です。

以上、日本M&Aセンターへの就職や転職についてご紹介しました。興味のある方は、ホームページで現在の情報を確認してみましょう。

ただし、M&Aコンサルタント会社への就職や転職は、できるだけ多くの会社の情報を集めた上で受けるところを決めるのが良いので覚えておいてください。

M&AについてはM&A総合研究所にもお声掛け下さい!

M&AについてはM&A総合研究所にお声掛け下さい!

M&Aを行うなら、複数の会社を検討するのがおすすめです。

「日本M&Aセンターが良さそう」と思っている方も、契約前には他のM&Aコンサルタント会社の無料相談を受けるのが良いでしょう。

複数の会社に相談してみることで、自社に最適なM&Aコンサルタント会社がわかります。

中堅・中小企業のM&Aなら、M&A総合研究所も人気があるM&Aコンサルタント会社です。

料金は着手金や中間金が不要である、完全成功報酬型を採用しているため、少しでもM&Aにかかる費用は抑えたいという人でも安心してご依頼頂けます。

M&A総合研究所はセカンドオピニオンサービスを提供しており、他社で算定された企業価値が本当に妥当かどうかや、買収に積極的な企業の情報などを提供することが可能です。

相談料は無料となっていますので、日本M&Aセンター以外からもアドバイスを受けたい人であれば、ぜひM&A総合研究所にもお声掛けください。

また、M&A総合研究所以外にもどのようなM&A仲介会社があるか知りたいという人であれば、以下の記事で紹介していますので、併せて確認してみましょう。

【関連】M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

まとめ

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスが特徴的です。中堅・中小企業のM&A支援の歴史は長く、確かな実績があります。

これまで培った実績をもとに、豊富なデータベースを持ち、さまざまなネットワークを構築しているM&Aコンサルタント会社です。多岐に渡る機関との間で情報ネットワークを持ち、地方銀行、信用金庫から、会計事務所など、専門性の高い機関との提携が行われています。

また、士業などの専門家とのつながりが深いことも特徴です。

近年のM&Aの増加傾向に伴い、日本M&Aセンターも堅調に業績を伸ばしています。

売上高や成約件数は増加傾向が続き、今度も業績の拡大が期待されるでしょう。

日本M&Aセンターは中堅・中小企業に特化したサポートに特徴がありますが、近年のM&Aは特に中堅・中小企業による事例が多く見られます。

今後も中堅・中小企業によるM&Aは増加すると考えられるので、日本M&Aセンターのさらなる活躍も期待されているのです。

M&A総合研究所などの他のM&Aコンサルタント会社と比較しながら、納得できるM&Aコンサルタント会社選びをしてください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所は、M&Aに関するご相談を受け付けているM&A仲介会社です。お問い合わせは、メールアドレス・電話番号・会社へ直接アクセスするなど、様々な方法があります。本記事では、M&A総合研究...

M&A
M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所のM&Aサポートの特徴の1つに「超高速M&A」があります。この特徴はフォーブスでも大きく取り上げられ、M&A業界でも注目を集めています。本記事では、フォーブスで語ったM&A総合研...

M&A
会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

債務(負債)・赤字を抱える会社でも、会社を他社へ譲り渡すことは可能です。当記事では、債務(負債)・赤字を抱える会社の会社売却に関して、売却の際の債務(負債)・赤字の引き継ぎや、引き継ぎ不可のケー...

M&A
M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所は、M&A仲介会社として様々なメディアに取り上げられています。日経記事にも取り上げられ、事業内容について語っています。本記事では、日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容を始め...

M&A
M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

近年、500万円以下の少額のM&A案件が目立つようになりました。個人・サラリーマンによる独立を目指したスモールM&Aも多く見受けられ、注目を集めつつあります。本記事では、300万~500万円で買...

M&A
M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬は成約まで手数料がかからない料金体系です。その魅力的なメリットから採用する仲介会社が増えていますが、デメリットについても把握しておく必要があります。支払う手数料を試算するため...

M&A
事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却はM&A手法として広く利用されている手法の1つです。事業譲渡・事業売却の際は費用や手数料、税金が発生するので、正しく把握することが大切です。計画的にM&Aするためにも、費用や手...

事業譲渡
事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

自社の事業を他の会社へ譲り渡すのが事業譲渡・事業売却です。当記事では、事業譲渡・事業売却の相場をはじめ、相場よりも高い企業価値を算出する方法や、取引価格を上げる方法、事業譲渡・事業売却の長所と短...

事業譲渡
地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

M&Aは大都市圏で最も盛んに行われていますが、地方のM&Aも徐々に普及しつつあります。特に地方の中小企業がM&Aを活用することは、地域創生の観点からも重要です。本記事では、地方の中小企業M&Aに...

中小企業M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)