M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
早稲田M&Aパートナーズ株式会社はベンチャーM&A専門?評判や事例をご紹介!

早稲田M&Aパートナーズ株式会社はベンチャーM&A専門?評判や事例をご紹介!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

早稲田M&Aパートナーズ株式会社とは

M&A仲介会社はM&Aを成功させるうえで欠かせない業者ですが、今では様々な業者があるため、どれが自分の会社に合っているかわからないものです。ましてやリーズナブルな報酬で良質なサービスをしてくれる業者となると、見つけ出すのは至難の技でしょう。

そこで、今回は信頼できるM&A仲介会社として早稲田M&Aパートナーズ株式会社をご紹介します。早稲田M&Aパートナーズ株式会社はベンチャー企業のM&Aに強いといわれますが、実際はどんなM&A仲介会社なのでしょうか?

完全成果報酬制のM&A仲介会社No.1「M&A総合研究所」とは?

早稲田M&Aパートナーズ株式会社の企業情報

ここでは早稲田M&Aパートナーズの企業情報をお伝えします。

早稲田M&Aパートナーズ株式会社の事業内容

早稲田M&Aパートナーズの事業内容は以下のようなものがあります。

ベンチャー専門M&A仲介

早稲田M&Aパートナーズの代表的な事業がベンチャー企業を専門としたM&A仲介です。ベンチャー企業専門だけあって、早稲田M&Aパートナーズは優れた知見を用いてクライアントにマッチしたM&Aスキームを設計します。早稲田M&Aパートナーズは過去にWEB売買に携わってきたことがあり、そこでの経験からベンチャー企業のM&Aに関わるようになりました。

ベンチャー企業の事業形態や傾向に精通しているからこそできるM&A仲介は非常にレベルが高く、多くのクライアントの企業の成長に貢献しています。早稲田M&Aパートナーズのようにベンチャー企業に特化しているM&A仲介会社はまだまだ少ないため、その存在はとても貴重だといえるでしょう。

ベンチャー事業価値判定

早稲田M&Aパートナーズのベンチャー事業価値判定はM&Aを行ううえでも必要なものです。M&Aにおいて取引価格を決めるのは売り手の会社の事業価値であり、当然それは正確に判定されるべきものです。しかし事業価値を判定する方法は様々なものがあり、いずれもメリット・デメリットがあります。

どの方法が自分の会社の事業価値の判定に適しているのかを判断するのは簡単ではありません。ただ、早稲田M&Aパートナーズならクライアントの内情にあった最適な方法を選定できるだけでなく、ベンチャー企業が持つ独自性の高いノウハウや無形資産に対しても適切なアプローチをすることができます。

資金調達支援

ベンチャー企業にとって資金調達は死活問題ともいえる事柄ですが、早稲田M&Aパートナーズは資金調達支援もやってくれます。ベンチャー企業は会社の規模の都合上、金融機関からの融資を受けにくいものです。しかし早稲田M&Aパートナーズはベンチャーキャピタルやエンジェル投資家とベンチャー企業をつなぐために、クライアントの会社の事業計画や資本政策を考案してくれます。さらにクライアントを助けてくれる投資責任者も紹介してくれるため、会社の更なる発展の機会を創出してくれます。

グループ会社

早稲田M&Aパートナーズはグループ会社に株式会社ゼスタスがあります。ゼスタスは日本最初のWEB売買やサイトM&Aを専門的に手掛けるM&A仲介会社です。昨今はWEBサイトをM&Aの要領で売買するケースが増えており、総じて「サイトM&A」と呼ばれます。

ただ、サイトM&Aは歴史が浅く、定義や手法が曖昧な部分も多いため、専門家が少ないという一面がありました。そのような中、ゼスタスはWEB売買・サイトM&Aを専門的に取り扱うことにより、WEB業界に新たな変革をもたらしています。

ゼスタスはWEB売買・サイトM&A以外にもWEBサイトのコンサルティングや小規模M&Aのアドバイザリーも行っており、中小企業向けのサポートを充実させています。早稲田M&AパートナーズとはM&A仲介で連携することがあり、ゼスタスが持つM&A案件に早稲田M&Aパートナーズが取り組むこともあります。

早稲田M&Aパートナーズ株式会社の特徴

早稲田M&Aパートナーズにはどのような特徴があるのでしょうか?

ベンチャーM&A専門

さきほどもふれましたが、早稲田M&AパートナーズはベンチャーM&A専門のM&A仲介会社です。日本に限らず世界中のビジネスシーンにおいてベンチャー企業は非常に重要なものです。ベンチャー企業が持つ独自性が高いノウハウや発想力、将来性は業界において事業を大きく進展させるだけでなく、新たなビジネス分野を開拓するきっかけにもなります。

事実、多くの大企業が新事業を創設する際にベンチャー企業を買収し、そのノウハウや発想力を取り込もうとしています。ただ、ベンチャー企業は会社の規模の都合上、融資を得ることが難しいうえに、一定以上の規模まで拡大すると成長が難しくなることがあります。そのようなベンチャー企業にとって更なる成長のきっかけを掴む手段として代表的なものが、IPO(株式公開・上場)とM&Aです。

かつてはIPOがベンチャー企業の戦略の主流でしたが、今ではM&Aが戦略の主流として多用されるようになっています。とりわけM&Aの本場である欧米では、ベンチャー企業が成長戦略にM&Aを積極的に取り込んでいます。むしろM&Aありきで起業するベンチャー企業も少なくありません。

これに対し、日本のビジネスシーンではM&Aがまだまだ発展途上であり、ベンチャー企業のM&Aのケースもまだまだ少ない状態です。そのような状況に対し、早稲田M&Aパートナーズは「ベンチャー業界のエコシステムの創造」を目標に、ベンチャー企業のM&Aの環境作りに取り組んでいます。

また、早稲田M&Aパートナーズはベンチャー企業の中でもIT関連の事業を営むベンチャー企業を専門としています。AI、IoTといった最新技術と大きく関わるIT事業は、今後ビジネスシーンにおいて非常に重要な分野だといえます。そのようなIT関連の事業を営むベンチャー企業にとって、早稲田M&Aパートナーズは非常に頼りになる存在だといえるでしょう。

起業経験者がメンバー

早稲田M&Aパートナーズで実際にサポートしてくれるスタッフは全員が起業経験者です。つまり、早稲田M&Aパートナーズのスタッフ全員が元々ベンチャー企業の経営者です。M&Aを行ううえで財務や税務、経営に関する様々な知識を持っていることは大前提ですが、ベンチャー企業の場合はその特殊性も踏まえておく必要があります。

ベンチャー企業のような創設したばかり企業の場合、そのステージだからこそ出てくる課題があり、それに対して適切にアプローチしなければなりません。早稲田M&Aパートナーズならスタッフ全員が起業経験者だからこそ、ベンチャー企業が抱える問題や経営者の考え・気持ちに親身に寄り添うことができます。同じようなキャリアを持つスタッフがM&Aをサポートしてくれるシチュエーションは少ないため、これはクライアントにとって非常に大きなメリットだといえるでしょう。

また、M&Aは会社の組織体制が大きく変わるものであり、将来をしっかり見据えて行う必要があります。そのため経営者にとっても強い決意を持つべきものです。早稲田M&Aパートナーズのスタッフはそのような経営者の気持ちを汲み、更なる成長を実現できるように支えてくれます。

電話で無料相談WEBから無料相談

早稲田M&Aパートナーズ株式会社の評判・口コミ

早稲田M&Aパートナーズの評判・口コミはどうなっているのでしょうか?詳しくは後述しますが、早稲田M&Aパートナーズは非常にリーズナブルな料金体系を持っており、少ない負担でベンチャー企業に特化したサポートを受けることができます。そのため、ベンチャー企業の経営者にとっては気軽にM&Aを相談できる専門家として早稲田M&Aパートナーズは評価されています。

また、早稲田M&Aパートナーズはスタッフ全員が起業経験者というのもあり、様々な経験や知識に基づいたサポートをしてくれることにも好意的な評判・口コミが集まっています。とりわけ若い経営者や早稲田M&Aパートナーズが得意とするIT関連事業を営むベンチャー企業からの評価が高い傾向があります。

早稲田M&Aパートナーズ株式会社はこんな人におすすめ

早稲田M&Aパートナーズはどんな人におすすめなのでしょうか?さきほどからお伝えしているように、早稲田M&Aパートナーズはベンチャー企業、とりわけIT関連の事業を営むベンチャー企業に特化しているため、同分野のベンチャー企業の経営者にとって理想的なM&A仲介会社だといえます。また、起業経験者がスタッフにいるため、経営者にとって役立つアドバイスを受けることもできるでしょう。

ベンチャー企業は創設したばかりだと経営状態が不安定になりやすく、赤字に陥ることも少なくありません。そのため資金繰りの問題は常につきまとってきます。さらに事業の規模が限られるため、人員や設備面でも何かと課題が出てくるでしょう。そのため常に悩みを抱いている経営者は多く、とりわけ若い経営者は経験の不足もあってなかなか活路を見出せないこともあります。

そのような経営者にとって、起業経験者がM&Aを通じてサポートしてくれることは有益なアドバイスを得たり、新たな知識やノウハウを学ぶうえで重要なきっかけになってくれるはずです。駆け出しの経営者にとって起業経験者のアドバイスは貴重であるため、経営相談をする相手として早稲田M&Aパートナーズはうってつけだといえるでしょう。

早稲田M&Aパートナーズ株式会社のM&A料金体系

早稲田M&AパートナーズのM&A料金体系はどうなっているのでしょうか?

着手金

着手金とはM&A仲介会社がクライアントの仲介契約を締結した際に支払う料金のことをいいます。「依頼料」という風に捉えて頂ければわかりやすいでしょう。着手金の設定はM&A仲介会社によって異なっており、大体50万円前後が相場になっています。

そのような着手金ですが、何かと懸念が多いものです。着手金はM&Aを行う前に支払うものですが、M&Aが失敗した場合に返金されるわけではありません。そのため、M&Aが失敗した際に無駄な出費になってしまうことがあり得ます。M&AはM&A仲介会社の協力を得たとしても必ずしも成功するとは限らないため、着手金が無駄になってしまう可能性は否めません。

そのような一面もあって着手金はトラブルの種になりやすいものです。しかし、早稲田M&Aパートナーズは着手金が完全に無料になっており、クライアントにとって無駄な出費が発生しないように配慮しています。また、早稲田M&Aパートナーズは着手金以外にも初期相談料、営業提案活動費、面談設定費が無料になっているなど、リーズナブルな料金設定になっています。

成約時

早稲田M&AパートナーズはM&Aが成約した際に成功報酬が発生します。これが早稲田M&Aパートナーズの請求する主な報酬となります。早稲田M&Aパートナーズの成功報酬は譲渡金額をベースに、一定の金額ごとに一定の料率をかけ合わせることで決定されます。

早稲田M&Aパートナーズの料率は少し細かく設定されているため、あらかじめホームページでチェックしたり、スタッフに質問して確認しておくことがおすすめです。また、早稲田M&Aパートナーズは最低成功報酬が定められているため、こちらも確認しておくようにしましょう。ちなみに早稲田M&Aパートナーズはスタッフに出張などが発生した場合、その実費もクライアントの負担になるため注意しておきましょう。

完全成果報酬制のM&A仲介会社No.1「M&A総合研究所」とは?

早稲田M&Aパートナーズ株式会社のM&A事例・実績

早稲田M&AパートナーズのM&A事例・実績はホームページで閲覧することができます。公開されている事例のほとんどが従業員数10名以下のベンチャー企業であり、ITのみならず様々な業種の企業があります。

ほとんどの事例で早稲田M&Aパートナーズはベンチャー企業を大手の会社に譲渡することに成功しており、経営者の中には自分の事業のさらなる成長を実現していることもあります。中には経営者の「M&Aという手段を取るべきかどうか」という相談からスタートした事例もありますが、早稲田M&Aパートナーズはその相談にも親身に答え、新たな戦略を呈示することに成功しています。

一般的なM&A仲介会社はどんなクライアントでもM&Aありきで話を進めることもありますが、早稲田M&Aパートナーズは起業経験者がスタッフだからこそ、M&A以外の選択肢もあるかどうかをクライアントと一緒に考えてくれます。だからこそクライアントが納得できるM&Aを実現できるのでしょう。

まとめ

早稲田M&Aパートナーズはスタッフ全員が起業経験者という珍しいM&A仲介会社です。だからこそベンチャー企業に特化したM&A仲介ができるともいえます。そのような早稲田M&Aパートナーズは様々なベンチャー企業のM&Aをサポートしてきた実績があり、料金もリーズナブルであるため、非常に頼れるM&A仲介会社だといえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら