M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 3分で読めます。
東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や案件一覧!おすすめ仲介会社ランキングあり

東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や案件一覧!おすすめ仲介会社ランキングあり

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

東北のM&Aについて

会社売却のようなM&Aは日本中の様々な企業で行われており、今となっては一般的な経営手法だといえます。とりわけ事業承継M&Aは増加の一途を辿っており、中小企業にとって有効的な事業承継の選択肢の一つとなっています。一方で、M&Aや事業承継がどのように行われているかは地域ごとに異なっており、それぞれの事情を踏まえておく必要があります。今回は東北のM&Aや会社売却、事業承継の情報や案件、おすすめの仲介会社をご紹介します。

完全成果報酬制のM&A仲介会社No.1「M&A総合研究所」とは?

東北地方のM&A・会社売却・事業承継情報

ここでは東北地方のM&A・会社売却・事業承継情報についてお伝えしていきます。

東北でのM&A・会社売却情報

まずは東北でのM&A・会社売却情報をお伝えします。東北は東日本大震災によって経済が大打撃を受け、多くの企業の経営が停滞しました。しかし、復興の影響もあって建設業が活性化したのをはじめ、様々な企業が経営状態の回復に成功しています。それに乗じてM&Aや会社売却も積極的に行われるようになりました。

とりわけ電子部品やデバイス、電子回路などの生産業が盛んになり、情報通信や電機系の事業を営む企業同士のM&Aが積極的に行われています。大規模なM&Aも珍しくなく、2018年には171億円の売却額を記録したケースもあります。そんな東北でのM&A・会社売却は年々件数を増やしており、2018年には過去最高件数の125件を記録しています。ただ、東北でのM&A・会社売却のケースで最も多いのは後述する事業承継M&Aです。

東北での事業承継情報

ここでは東北での事業承継情報についてお伝えします。東北では事業承継が盛んに行われており、行われているM&A・会社売却において最も多いケースが事業承継M&Aです。日本は少子高齢化の影響によって人口が減少していますが、東北はより顕著であり、それが事業承継の増加に拍車をかけていると考えられます。そもそも少子高齢化による後継者不在によって事業承継ができず、企業が廃業していくことは地域経済に大きな打撃を与えることです。そのため事業承継、ひいては事業承継M&Aの促進はその地域の課題といっても過言ではありません。

東北では企業のみならず、銀行などの金融機関や公共機関が一体となり、緊密なネットワークを構築することで事業承継の支援を実施しています。彼らの支援も東北での事業承継の活性化に一役買っているといえるでしょう。

東北地方で見られるM&A動向

ここでは東北地方の各県のM&A動向についてお伝えしていきます。

青森県

青森県は東北地方の中で最も農業が盛んな一方、建設業や外需が重要となる産業は伸び悩んでおり、景気回復の流れには乗り切れていないのが現状です。加えて人口減少が顕著であり、それもあって事業承継M&Aが盛んになっています。青森県の年間のM&A件数は増減を繰り返していますが、2018年には10社もの企業がM&Aを実施しています。

岩手県

東日本大震災の被害が大きかった岩手県ですが、災害復旧工事などといった公共投資を多く受けたことによって景気が回復傾向にあります。一方で人口減少によって後継者不在が原因の廃業が見られるようになっており、事業承継が重要視されるようになっています。

ただ、岩手銀行をはじめとする地域の金融機関の尽力によって事業承継M&Aが活発化しており、M&A件数が年間10件以上を記録する年もあります。また、岩手銀行がM&Aのサポートに尽力した功績から2018年のバンクオブザイヤーで情報開発大賞を受賞するなど、その功績も評価されています。

秋田県

秋田県も青森県と同様に農業が盛んな県です。しかし、米、リンゴ、畜産など様々なジャンルがある青森県に対し、秋田県は米に農業が集約されてしまっていることが問題点になっています。さらに他の県と比べると、後継者不在が深刻化しており、多くの中小企業が存続の危機に立たされています。

一方で秋田県全体のM&A件数は東北地方の他の県と比べると少なく、まだ事業承継M&Aが浸透しきっていないことがわかります。そのため、県信用組合がM&Aを活発化させるためにアストラッドと提携するなど、様々な取り組みが行われています。

宮城県

東北有数の大都市である仙台を擁する宮城県は東日本大震災の影響を受けつつも、復興需要や電子製品製造事業などが好調なのもあって、経済は持ち直しつつあります。様々な事業の好調もあり、宮城県は非常にM&Aが活発な県です。年間のM&A件数が40件を超えることもあり、東北の他の県と比べてもかなり活発に行われていることがわかります。また、宮城県に拠点を持つM&A仲介会社も多く、サポートを受けやすい環境が整っていることもM&A件数が多い一因だといえます。

山形県

山形県は農業だけでなく、製造業も盛んな点が特徴です。他方で他の県と同様に人口減少が顕著になっており、それに伴って事業承継が問題となっています。そのため、山形銀行など地方銀行が積極的に事業承継の支援を行っており、様々な金融機関が提携してネットワークを形成しています。

福島県

福島県は東日本大震災による原発事故で避難のために人口が大幅に減少し、それに伴って経済も大きく落ち込んでいました。それ以降の住民帰還も進んでおらず、完全な回復まではまだ時間がかかると見られています。他方で、福島県のM&Aは活発に行われており、宮城県に次ぐ件数を記録しています。

東北地方のM&A・会社売却・事業承継の今後

東北地方のM&A・会社売却・事業承継の今後はどうなっていくのでしょうか?東北地方はいずれの県でも人口減少が起こっており、今後もそれは継続すると見られています。人口減少は市場の縮小や後継者不在を招く要因になるため、今後事業の拡大や事業承継を目的としたM&A・会社売却が増えていくと考えられます。

とりわけ昨今は地方銀行や信用金庫などといった金融機関がM&A・会社売却・事業承継を積極的に推進しており、東北地方でも緊密なネットワークを形成して万全のサポート体制を作り上げています。サポート体制が充実すれば、その分中小企業や個人事業がM&Aを行いやすくなるため、M&Aの活発化につながるでしょう。

東北地方で募集されているM&A・会社売却・事業承継案件一覧

ここでは東北地方で募集されているM&A・会社売却・事業承継案件一覧をご紹介します。いずれもM&Aポータルサイトなどで実際に募集されている案件です。

高級トマト生産業の会社売却案件

これは高級トマトの生産を営んでいる会社の会社売却案件です。ビーガン向けの無農薬トマトの栽培や販売を行っており、トマトを用いた加工品も製造しています。東北地方は農業が盛んな県が多く、このような農業を営む会社や事業主のM&A案件が多くあります。また、事業承継を目的としたM&A・会社売却の案件も増加しています。

温泉旅館のM&A案件

これは東北地方にある温泉旅館のM&A案件です。この温泉旅館は良質な温泉を所有しているものの、経営状態は赤字であり、経営再建のためにM&Aを行うことを決定しました。近年、地方のホテル・旅館業は人口減少によって経営不振に陥っているケースが多く、著名な観光地でも経営状態が赤字になっていることは珍しくありません。M&Aを通じて大手の資本の傘下に入ることが打開策になります。

寿司屋の事業承継案件

これは東北地方にある、高級寿司屋の事業承継案件です。後継者がいないため、M&Aを通じて事業承継を行うケースは多く、中小企業だけでなく個人事業主も行うようになっています。とりわけ飲食店は経営者が高齢化する一方で、後継者が不在であるケースが多く、地域の常連に親しまれた名店でも事業承継ができずに廃業してしまうケースが多くあります。このような形の事業承継案件は近年増加傾向にあり、今後も事業承継の選択肢として積極的に選ばれる可能性が高いです。

整形外科クリニックのM&A案件

これは東北地方にある整形外科クリニックのM&A案件です。M&Aは一般的な企業だけでなく、病院やクリニックも積極的に行うようになっています。とりわけ病院・クリニックは買い手がベッド数を増やしたり、専門的な知識を持つ人材の確保を目的にM&Aを行っているケースが多くなっています。

公共工事業の事業承継案件

こちらは東北地方にある公共工事業の事業承継案件です。東北地方は建築業が盛んな県が多いですが、復興需要の恩恵を得られなかったり、人口減少による住宅需要の低下で経営状態が悪化している企業は少なくありません。また、後継者不在に陥っている企業も少なくなく、M&Aによる解決策が求められる傾向があります。

電話で無料相談WEBから無料相談

東北地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキング

ここでは東北地方でおすすめのM&A・会社売却・事業承継仲介会社ランキングをご紹介します。

M&A総合研究所

M&A総合研究所は日本有数の規模を持つM&Aマッチングサイトを有しており、豊富な情報を常に持っています。加えて様々なM&Aのサポートを行ってきた経験を持つスタッフが対応してくれるため、安心してM&Aを任せられます。

株式会社レコフ

レコフは各都道府県の経済状況やM&Aの推移を綿密に分析しており、日本全国のM&Aに対応することができます。レコフは日本でM&Aが一般化する前からM&A仲介業をスタートさせており、M&A仲介会社の中でも有数のキャリアを持っています。

M&Aネクスト

M&Aネクストは八事財産コンサルティングが運営するM&Aマッチングサイトです。豊富なM&A案件が揃っているだけでなく、リーズナブルに使うことができます。また中小企業のM&Aや会社売却を専門的に扱っており、同規模のM&Aの成約に何度も貢献しています。

アセットパートナーズ東北

アセットパートナーズは地域密着型のM&A仲介会社であり、東日本大震災で被災した企業の支援も積極的に行っています。また不動産の資産運用へのコンサルティングも得意としています。

事業承継推進機構株式会社

事業承継推進機構株式会社は地方の中小企業の事業承継支援を得意としています。事業承継推進機構株式会社は事業承継M&Aの際、クライアントの企業とは別のエリアの企業とのマッチングを実現するなど、より幅広い選択肢を提示してくれます。

東北地方の事業承継向け相談機関

東北地方で事業承継を行う際、その相談機関としては以下のようなものが挙げられます。

東北経済産業局

東北経済産業局は東北地方における経済産業省の出先機関であり、企業の活性化のために様々な施策を実施しています。東北経済産業局は事業承継を行う経営者のための補助金などを提供しており、事業承継における負担を軽減化してくれます。

中小企業基盤整備機構 東北本部

中小企業基盤整備機構は中小企業の様々な経営課題の解決をサポートしてくれる独立行政法人です。中小企業基盤整備機構は事業承継の相談やセミナーなどを通じて中小企業の事業承継の支援を行っています。

事業引き継ぎ支援センター (東北各所)

事業引継ぎ支援センターは日本各地にある事業承継の支援センターであり、第三者を後継者として紹介してくれたり、事業承継やM&Aの専門家の紹介を行っています。事業引継ぎ支援センターは東北各所にあり、地域に根差した機関に相談することができます。

事業承継ネットワーク (東北各所)

事業承継ネットワークは事業承継の支援ができる様々な専門家によって形成されたネットワークです。事業承継ネットワークではプッシュ型事業承継支援高度化事業を行っており、事業承継診断で掘り起こしたニーズを元に、企業に対して踏み込んだ形で支援してくれます。

東北地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?

東北地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには以下の方法が考えられます。

  • M&A仲介会社を利用する
  • M&Aマッチングサービスを利用する
  • 地元の公的・金融機関などに相談する

昨今はM&A仲介会社、M&Aマッチングサービス、公的・金融機関が提携してM&Aや事業承継の支援を行っているケースも多くなっています。ただ、それぞれの機関では発生する報酬が異なるため、あらかじめしっかり調べておくことが重要です。

完全成果報酬制のM&A仲介会社No.1「M&A総合研究所」とは?

東北地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例

ここでは東北地方のM&A・会社売却・事業承継の参考事例をご紹介します。

株式会社ミライト・ホールディングスによる株式会社TTKのM&A

通信工事業大手のミライト・ホールディングスは東北で同事業を営むTKKと株式交換を実施し、子会社化しました。それにより、お互いのノウハウを組み合わせ、日本全国の事業エリアへの施工体制を強化しています。

株式会社デンソーによる東北パイオニアEG株式会社のM&A

デンソーは東北パイオニアEGとM&Aを実施し、株式譲渡で子会社化しました。様々なジャンルの事業へのオーダーメイドFA生産システムを提供してきた東北パイオニアEGを子会社化することにより、デンソーはFAシステムソリューション事業の強化に成功しています。

OCHIホールディングス株式会社による太陽産業株式会社のM&A

OCHIホールディングスは太陽産業を買収することで、事業ポートフォリオを拡大し、東日本への事業拡大を実現しています。また、業務用の冷凍冷蔵、空調、厨房機器、環境・省エネ機器等の販売や設置工事を行っている太陽産業のノウハウを取り入れることにも成功しています。

まとめ

東北地方のM&A・会社売却・事業承継はその地域の事情を適切に把握しておくことが重要です。人口減少が顕著になる中、M&Aや事業承継は企業にとって重要な課題になるため、あらかじめ色々調べておくことがおすすめです。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら