2020年3月18日公開会社・事業を売る

飲食のM&Aなら株式会社ウィット?【評判/口コミ】

飲食店専門のM&A仲介会社である株式会社ウィットは、飲食業界の豊富な知識と経験を活かして多くのM&Aを成功させています。本記事では、株式会社ウィットのサービスの特徴や飲食業界に強い理由、料金体系、評判や口コミ、過去のM&A事例を紹介します。

目次
  1. 株式会社ウィットとは
  2. 株式会社ウィットが飲食のM&Aに強い理由
  3. 株式会社ウィットの特徴・サービス
  4. 株式会社ウィットの評判/口コミ
  5. 株式会社ウィットの案件事例
  6. 株式会社ウィットの料金体系
  7. 株式会社ウィットでは居抜き物件の譲渡も可能?
  8. 株式会社ウィットと比較したいおすすめのM&A仲介会社
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

株式会社ウィットとは

株式会社ウィットとは

株式会社ウィットは飲食業界に特化したM&A仲介会社であり、飲食店のM&A仲介や人材紹介を行っています。

株式会社ウィットには、飲食業界の豊富な知識と経験を持つプロフェッショナルなアドバイザーが多数在籍しています。

クライアントである飲食店が抱える課題や将来のビジョンなどを理解し、それを解決または実現するためには何が必要なのかをカタチにするサポートを行っています。

飲食店経営者の参謀として、採用や出退点戦略を中心に、クライアントの経営サポートを行っています。

【関連】飲食業界はM&Aが活発!業界の現状/メリット・デメリットを解説

株式会社ウィットが飲食のM&Aに強い理由

株式会社ウィットが飲食のM&Aに強い理由

飲食業界のM&Aに特化した株式会社ウィットですが、飲食に強いのには以下の2つの理由があります。

【株式会社ウィットが飲食のM&Aに強い理由】

  1. 親会社が飲食店.comを運営する株式会社シンクロ・フード
  2. 飲食店の特化したM&Aを実施

1.親会社が飲食店.comを運営する株式会社シンクロ・フード

株式会社ウィットは株式会社シンクロ・フードの100%子会社です。株式会社シンクロ・フードは、飲食店の開業や運営をサポートする「飲食店.com」や飲食店の求人情報サイト「求人@飲食店.com」など、飲食店を専門にしたサイトを運営しています。

飲食店に特化した情報サービスを提供していることから、飲食業界の市場の動向や情報を迅速に手に入れることができるのが株式会社シンクロ・フードの強みです。

株式会社ウィットは、親会社である株式会社シンクロ・フードが築いてきた経験や、獲得した豊富なノウハウを最大限に活用することができるため、飲食業界のM&Aや人材紹介に強いと考えられます。

2.飲食店に特化したM&Aを実施

株式会社ウィットは、数少ない飲食店に特化したM&A仲介会社です。M&Aに携わるアドバイザーは飲食業界の動向や情報に詳しく、顧客満足度が高いM&Aを実現しています。

親会社である株式会社シンクロ・フーズからの情報と、株式会社ウィットが独自に育んできた飲食業界のM&Aの経験とネットワークを融合させることで、飲食に強いM&A仲介会社となったといえるでしょう。

株式会社ウィットの特徴・サービス

株式会社ウィットの特徴・サービス

株式会社ウィットは飲食業界に強いM&A仲介業者ですが、では、実際にはどのようなサービスを提供しており、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、株式会社ウィットが持つ以下3つの特徴について解説します。

【株式会社ウィットの特徴・サービス】

  1. 飲食業界専門のM&A仲介サービス
  2. 着手金不要の完全成功報酬
  3. 豊富な情報量・幅広いネットワーク

1.飲食業界専門のM&A仲介サービス

ここまで述べたように、株式会社ウィットのM&A仲介サービスは、飲食業界に特化しています。

飲食業界のM&Aの特徴や市場動向、業界情報などを素早く入手することができ、それらを活かして、円滑でクライアントの希望に沿ったM&Aを実現させています。

2.着手金不要の完全成功報酬

株式会社ウィットでは、初回相談料無料・着手金無料・完全成功報酬制の料金体系を採用しています

成功報酬は、取引金額が1000万円以下で150万円、3000万円以下で250万円、5000万円以下で350万円と、取引金額5000万円までは一律の成功報酬です。

取引金額5000万円以上の場合は、取引金額に応じて報酬料の率が下がるレーマン方式を採用しています。

また、株式会社ウィットが運営する「飲食店M&Aサポート」に無料で経営する飲食店の情報を掲載してくれます。

3.豊富な情報量・幅広いネットワーク

株式会社ウィットは、親会社である株式会社シンクロ・フードから得られる飲食業界に関する豊富な情報量と飲食業界に特化していることで構築した幅広いネットワークを有しています。

これらを利用して、クライアントにとって最適な相手を見つけることができるようなサポートをしています。

豊富な業界知識と幅広いネットワークは、クライアントがよりよいM&Aを実現するための大きな武器となります。

株式会社ウィットの評判/口コミ

株式会社ウィットの評判/口コミ

公式サイトでは、株式会社ウィットが手掛けたM&Aの評判や口コミが公開されています。そのなかには、「M&A成約までのスピードが速い」「飲食業界の動向や現場に詳しい」などが多くみられます。以下では、口コミや評判の一部を紹介します。

【株式会社ウィットの評判/口コミ】

  • 買手も株式会社ウィットに登録されている企業だったので、とてもスムーズにやりとりができた。
  • 頻繁なやりとりとサポートで最初の相談から約2か月というスピードで飲食店を売却することができた
  • 飲食業界の動向やM&Aの流れなどを詳しく説明してくれたので安心してお願いできた
  • 「完全成果報酬型」で、他のM&A仲介会社と並行して進めることができる「非選任契約」という形態に信頼できた
  • 売却後にも、次の展開として新たな案件を提案してくれた

株式会社ウィットの案件事例

株式会社ウィットの案件事例

飲食店に特化したM&A仲介会社の株式会社ウィットですが、具体的にはどのような飲食店のM&Aを実施してきたのでしょうか。ここでは、株式会社ウィットが仲介した飲食店のM&A案件を、売却事例と買収事例に分けて紹介します。

売却事例

2016年に株式会社ウィットは、株式会社トライムというIT企業が経営する飲食店のM&Aを手掛けました。その売却事例の詳細を紹介します。

株式会社トライムの売却事例

IT企業である株式会社トライムは副業として飲食店を経営していましたが、思ったように事業を拡大することができなかったこともあり、M&Aでの事業譲渡を検討していました。

しかし、飲食店の規模が小さかったため、他のM&A仲介会社では取り扱えませんでした。そこで相談したのが株式会社ウィットでした。

飲食店の規模に関係なくM&A仲介・サポートしてくれること、また、飲食店専門のM&A仲介会社であり現場の細かいことにも詳しかったため、株式会社ウィットにM&A仲介を正式に依頼しました。

依頼した後、株式会社ウィットのデータベースに登録されている買収希望会社が事業を承継することとなったため、スムーズにM&Aを完了することができています。

交渉中は、株式会社ウィットの手厚いサポートときめ細やかな進捗報告などを受けることができたため、本業のIT事業に集中したまま、飲食店の売却を実現しています。

買収事例

業務用麺の製造販売を行っている株式会社丸山製麺は、2018年に株式会社ウィットの仲介のもと、うどん店をM&Aにより買収しました。その買収事例の詳細を紹介します。

株式会社丸山製麺の買収事例

東京都内で業務用麺の製造販売を行っている丸山製麺は、事業拡大のために、自社の製麺事業を活かした飲食店の経営を検討していました。

新しい飲食店をゼロから作り上げるのは時間も手間もかかるのでM&Aで飲食店の買収を目指し、株式会社ウィットに相談することにしました。

飲食店に特化した株式会社ウィットであれば、より多くの飲食店を紹介してもらうことができ、よりよいM&Aを実行できると考えたためです。

株式会社ウィットに登録されていたうどん店の買収を進めることに決まった後は、スピーディにM&Aを実行することができました。

初めてそのうどん店を紹介されてからわずか5ヶ月で株式譲渡まで完了し、経営を引き継ぐことができています。

株式会社ウィットの料金体系

株式会社ウィットの料金体系

株式会社ウィットの手数料は、完全成功報酬制で、相談料やアドバイザリー契約料などの初期費用は無料です。

成功報酬は、取引金額が5000万円までは定額で、5000万円を超える場合には、取引額に応じて報酬率が下がるレーマン方式を採用しています。手数料の詳細は下表のとおりです。

【取引金額5000万円以下の成功報酬】

取引金額 手数料
1000万円以下 150万円
3000万円以下 250万円
5000万円以下 350万円


【取引金額5000万円以上の成功報酬】  
取引金額 手数料
5000万円以下の部分 350万円
5000万~1億円の部分 7%相当額
1億~3億円の部分 6%相当額
3億~5億円の部分 5%相当額
5億~10億円の部分 4%相当額
10億円以上の部分 3%相当額


例えば、取引金額が4000万円の場合は、手数料は350万円、取引金額が4億8000万円だった場合には、2800万円(350万+350万+1200万+900万)となります。

【関連】レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

株式会社ウィットでは居抜き物件の譲渡も可能?

株式会社ウィットでは居抜き物件の譲渡も可能?

株式会社ウィットでは、居抜き物件の譲渡は基本的には行っていません。居抜き譲渡に代わる低リスクの開業方法として、M&Aにこだわって仲介をしています。ここでは、居抜き譲渡とM&Aによる譲渡の違いを詳しく解説します。

居抜き物件とは

居抜き物件とは、店の内装・テーブルやカウンターなどの什器・空調設備・厨房設備などを前の店舗から引継いだ物件のことです。

居抜き物件のメリットは、前の店舗で使用していた設備や内装などを継続して使用することができるため、初期費用を安く抑えることができる点です。

一方で、店内のレイアウトがある程度決まっているので、イメージ通りの内装にするのが難しいことや、設備の老朽化などの問題もあります。

また、前の店舗がお客さんから悪いイメージを持たれていた場合には、そのイメージを払拭することが難しく、経営がうまくいかないというケースもあります。

居抜き譲渡とM&Aは違う

居抜き譲渡であっても、M&Aによる譲渡であっても、新しい飲食店の経営を始めるという点では変わりありません。

しかしながら、居抜き譲渡の場合はほぼゼロからのスタートとなる一方で、M&Aによる譲渡では経営や従業員をそのまま引き継ぐことができるという点で大きく異なります。

居抜き譲渡とM&Aによる譲渡では、下記のような違いがあります。

【居抜き譲渡とM&Aの違い】

  1. 居抜きで取引するのは資産のみ
  2. M&Aは雇用・取引先との契約も引き継ぐ
  3. 譲渡金額の違い
  4. 仲介業者・専門家の違い

1.居抜きで取引するのは資産のみ

居抜き譲渡とM&Aによる譲渡の大きな違いは、経営や従業員などを引継げるかどうかです。

居抜き譲渡の場合は、物件に加えて、店内の空調や厨房などの設備やテーブルなどの什器類が譲渡されますが、閉店した店舗物件を譲渡される訳なので、従業員や店舗名などは基本的には引き継ぐことができません。

そのため、従業員の採用や経営に関わる帳簿などは、譲受側が自らスタートさせる必要があります。つまり、居抜き譲渡で取引するのは、物件・設備・什器などの資産のみになります。

2.M&Aは雇用・取引先との契約も引き継ぐ

居抜き譲渡とは違いM&Aによる譲渡では、経営を継続させたまま譲渡をすることができる点にあります。

つまり、譲渡前後でもお店の状況や雰囲気を変えることなく、休まず営業を継続させることができるということです。

また、経営中の店を実際に顧客として訪問して状況を確認できたり、開示される損益実績や従業員名簿などを参考にするなどして、M&A後の経営のプランを練ることができるのも大きな特徴です。

M&Aでは、物件や設備類・什器類などに加えて、従業員やアルバイトなどの雇用や帳簿や売上管理などの経営に関わる書類関係、取引先との契約なども引継がれます。

3.譲渡金額の違い

設備類や什器類のみが引継がれる居抜きよりも、従業員や経営権、取引先なども引継がれるM&Aの方が譲渡金額は高い傾向にあります。

特に、黒字経営で立地もよいなど、好条件がそろえばM&Aの譲渡金額はより高額になります。一方で、居抜きの場合には、譲渡側は物件の原状回復、つまり設備などを元の状態に戻さなければならないという義務を負っていることが一般的です。

原状回復には当然コストがかかりますが、居抜きでの譲受人が現れれば原状回復する必要はなく、コストを削減できるため、設備や什器代はゼロとして譲渡することが多くなっています。

【関連】飲食店の売却・譲渡金額の決め方!居抜きだと高く売れる?

4.仲介業者・専門家の違い

居抜きは物件の取引になるので、基本的には不動産業者が仲介します。M&Aは、雇用や経営などのビジネスの取引となるので、M&A仲介を行っている会社が仲介します。

居抜き専門の不動産業者や、株式会社ウィットのような飲食店専門のM&A仲介会社などがあります。

株式会社ウィットと比較したいおすすめのM&A仲介会社

株式会社ウィットと比較したいおすすめのM&A仲介会社

株式会社ウィットは飲食業界に特化したM&A仲介会社ですが、飲食業界だけではなく、様々な業界に実績を持つM&A仲介会社もあります。

M&A総合研究所は、飲食店のM&Aをはじめ、さまざまな業界でM&Aを実施しており、M&A成約率70%、年間相談件数約3,600件の豊富な実績を持つM&A仲介会社です。

株式会社ウィットと同様、M&A総合研究所では完全成功報酬制の料金体系を採用しており、相談料・着手金・中間金は無料です。

さまざまな業界の豊富なM&A実績で培われた専門的な知識と経験を有する弁護士や会計士、M&Aアドバイザーが一丸となって、M&A成約をサポートします。

ご相談は無料で承っておりますので、飲食店のM&Aを検討中の方は、M&A総合研究所にどうぞお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

株式会社ウィットは、飲食店専門のM&A仲介会社です。本記事では、株式会社ウィットが飲食店のM&Aに強い理由や飲食店に特化しているからこそできるサービス、株式会社ウィットの評判などを紹介してきました。

また、初めて飲食店の開業する人にとっては少し分かりにくい、居抜き譲渡とM&Aによる譲渡の違いも解説しています。

【株式会社ウィットが飲食のM&Aに強い理由】

  • 親会社が飲食店.comを運営する株式会社シンクロ・フード
  • 飲食店の特化したM&Aを実施

【株式会社ウィットの特徴・サービス】
  • 飲食業界専門のM&A仲介サービス
  • 着手金不要の完全成功報酬
  • 豊富な情報量・幅広いネットワーク

【株式会社ウィットの評判/口コミ】
  • 買手も株式会社ウィットに登録されている企業だったので、とてもスムーズにやりとりができた。
  • 頻繁なやりとりとサポートで最初の相談から約2か月というスピードで飲食店を売却することができた
  • 飲食業界の動向やM&Aの流れなどを詳しく説明してくれたので安心してお願いできた
  • 「完全成果報酬型」で、他のM&A仲介会社と並行して進めることができる「非選任契約」という形態に信頼できた
  • 売却後にも、次の展開として新たな案件を提案してくれた

【居抜き譲渡とM&Aの違い】
  • 居抜き譲渡で取引するのは資産のみ
  • M&Aは雇用・取引先との契約も引き継ぐ
  • 譲渡金額はM&Aの方が高い傾向にある
  • 居抜き譲渡は不動産業者、M&AはM&A仲介会社が仲介

M&A総合研究所では、飲食店のM&Aをだけではなく様々な業界のM&Aを実現しています。多様な業界のM&Aを手掛けることで得られる豊富な経験とM&Aに関する専門知識を活かし、希望のM&A実現に向けて全力でサポートします。

完全成功報酬制の料金体系を採用しており、着手金や中間金は無料です。電話・Webでの無料相談をお受けしておりますので、飲食店M&Aを検討中の方はお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着...

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&A仲介会社を利用するとさまざまな手数料が発生しますが、中でも中間金は発生のタイミングや料金体系が分かりづらく、仲介会社に相談する際のネックとなることがあります。そこで本記事では、M&Aの中間...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法・会社法とは、営利を目的とする個人・企業の活動や手続に関してルールを定めた法律です。商法・会社法はビジネスシーンでかかわる機会が多いので、事業活動を行う上で欠かすことができません。今回は、商...

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

非上場企業は株式公開していないため、株価の客観的な数値が分かりません。そのため、M&Aや相続の際は定められた基準に従って自社株評価を行う必要があります。本記事では、非上場企業の自社株評価のやり方...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)