2021年4月23日更新事業承継

経営承継支援は中小企業のM&A・事業承継の実績が多い?【評判・口コミあり】

経営承継支援は中堅・中小企業のM&Aに特化しており、これまで数多くのM&A取引を成約に導いてきた仲介会社です。経営承継支援にある最大の魅力は、M&Aを決して無理強いせずに、クライアント企業にとって理想的な選択肢を提示してくれる点にあります。

目次
  1. 経営承継支援とは
  2. 経営承継支援の企業情報
  3. 経営承継支援のM&Aの特徴
  4. 事業承継・M&A支援の全体のスケジュール
  5. 中小企業のM&A・事業承継で実績豊富な経営承継支援
  6. 経営承継支援の評判や口コミ
  7. 経営承継支援のM&A事例・実績
  8. 経営承継支援のM&A仲介手数料
  9. 経営承継支援の採用情報
  10. 仲介会社選びに困ったらM&A総合研究所
  11. 経営承継支援のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

経営承継支援とは

経営承継支援とは

経営承継支援とは、事業承継のサポートが必要な中小企業のM&A案件に積極的に取り組んでいるM&A仲介会社のことです。全国に設置された「事業引継ぎ支援センター」と連携する民間機関であり、官と民で不足している部分や弱点を補うための機関として設立されました。

本記事では、経営承継支援の実績・口コミ・評判を中心に幅広く取り上げます。

【関連】中小企業のM&A仲介会社、案件の探し方とは?成功・失敗事例や注意点を解説

経営承継支援の企業情報

経営承継支援の企業情報

本章では、経営承継支援の企業情報を詳しく取り上げます。まず、企業の概要を以下の表にまとめました。

商号(ふりがな) 株式会社経営承継支援(けいえいしょうけいしえん)
商号(英文) Japan Management Succession Support Co. Ltd.
代表者(ふりがな) 代表取締役社長 笹川 敏幸(ささがわ としゆき)
事業内容 中堅・中小企業の円滑な事業承継のためのコンサルティング業務
中堅・中小企業の継続・発展に資するM&A仲介・助言業務
会社設立日 2015(平成27)年4月16日
資本金 4億8,933万円
拠点一覧 ■東京本社
〒100-0013
東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館 20階
TEL:03-6279-0457(代)、FAX:03-6279-0458(代)
■名古屋事務所
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦二丁目5番5号 八木兵伝馬町ビル3階
TEL:050-6865-6817(代)
■大阪事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング 7階
TEL:06-6585-0828(代)、FAX:06-6585-0829(代)
■福岡事務所
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東二丁目5番19号 サンライフ第3ビル 6階
TEL:092-686-8552(代)
URL https://jms-support.jp/

経営承継支援の事業内容

経営承継支援の事業内容には、以下のようなものが挙げられます。

中堅・中小企業の継続・発展に資するM&A仲介・助言業務

経営承継支援の重要な業務が、この「中堅・中小企業の継続・発展に資するM&A仲介・助言業務」です。これは、俗にいうM&A仲介業務とM&Aアドバイザリー業務を組み合わせたサービスだといえます。

経営承継支援にはM&Aの知識や経験が豊富な専門家が在籍しており、クライアントと親身に向き合いながらM&Aをバックアップしています。また、商工会議所・地方銀行・税理士事務所といったさまざまな機関と連携しており、全国に1,000を超える専門家とのネットワークを有している点も特徴的です。

M&A仲介において、クライアントに理想的な相手をマッチングするための情報収集ネットワークは必要不可欠ですが、これほどまでに充実したネットワークを持っているM&A仲介会社は決して多くありません。

また、広範囲に渡るネットワークを持っているだけあって、経営承継支援では日本全国のあらゆる業界・業種の企業のM&Aに対応しています。対応エリアが広いため、なかなか良い相手と巡り会えないと悩む地方の中小企業にとっても心強い味方となる存在です。

中堅・中小企業の円滑な事業承継のためのコンサルティング業務

「経営承継」と名乗っているだけあって、経営承継支援では事業承継の支援も実施しています。近年、中小企業を中心に「後継者不在」が深刻化している状況です。つまり、高齢の経営者が引退したくとも後継者がいないために事業承継できず、仕方なく廃業を選択するケースが増加しています。

こうした状況において、新たな事業承継の手法としてM&Aが大きく注目されています。M&Aは成功すれば第三者に経営を移譲できることから、企業の存続が図れるだけでなく引退する経営者は売却益を獲得できるため、老後の生活の資金作りにも役立つ経営戦略です。

とはいえ、M&Aは成功率が3割程度と難易度が高く、専門家のサポートが必要不可欠です。特に中小企業ではM&Aの経験が乏しいために、どのように進めれば良いのかわからないケースが多く見られます。こうした場合には、経営承継支援への相談がおすすめです。

経営承継支援には中小企業のために事業承継をサポートしてきた数多くの実績があるため、企業の内情を的確に把握したうえで理想的な事業承継型のM&Aを実施してもらえます。また特徴的なのは、「決してM&Aありきで行動しない」というポリシーを掲げている点です。

これはM&A仲介会社である経営承継支援において矛盾を感じるポリシーですが、むしろ経営承継支援の良心が表れている部分です。一般的なM&A仲介会社は当然M&Aありきで業務を遂行しますが、これは裏を返すとクライアントが意義の薄いM&Aを押し付けられてしまうリスクが潜んでいます。

もちろんすべてのM&A仲介会社が該当するわけではありませんが、一部の悪質な業者では自社の利益のためにクライアントの役に立たないM&Aを強引に勧めたり、M&Aの必要性がない企業でもM&Aをむりやり経営戦略に組み込んだりするケースが見られます。

その一方で、経営承継支援では、クライアントが真に取るべき選択肢がM&Aであるかどうかを慎重に検討します。そもそもM&Aは費用も時間もかかる行為であるため、失敗すれば経営者に大きな損失を及ぼしかねません。特に事業承継シーンでは、M&Aを行うべきかどうかの判断は慎重に行われるべきです。

経営承継支援ではM&Aの重要性やクライアントの内情を把握したうえでM&Aを行うか判断しており、強引な営業を行いません。このことから、安心して相談できるとクライアントから高い評価を獲得しています。

経営承継支援の従業員

経営承継支援は非正規雇用も含め、従業員数は総勢50名(2020年4月時点)です。いずれもM&A経験が豊富なメンバーが揃っており、中には有名なM&A仲介会社・金融機関・コンサルティング会社の出身者も在籍しています。

また、公認会計士・中小企業診断士・行政書士など事業承継・M&Aで役立つ資格を持っているスタッフも在籍しており、専門的な知識にもとづいた有益なアドバイスを提供しています。このように高い実力を持つ従業員が揃っている点も、経営承継支援の強みです。

【関連】M&Aの依頼は誰にすれば良い?仲介会社/銀行/税理士の特徴を解説

経営承継支援のM&Aの特徴

経営承継支援のM&Aの特徴

経営承継支援のM&Aの特徴は、大きく分けて以下の3つです。

  • 中堅・中小企業のM&Aに特化
  • ベテランの専門家が在籍
  • 事業承継・M&A無料診断サービス

それぞれの特徴を順番に詳しく取り上げます。

中堅・中小企業のM&Aに特化

経営承継支援は、中堅・中小企業のM&Aに特化している点が特徴的です。昨今は中小企業でも積極的にM&Aを実施するようになりましたが、中にはM&A仲介会社のサポートを受けられないケースもあります。

この理由のひとつには、M&A規模で手掛ける案件を選ぶM&A仲介会社が少なからず存在している点が挙げられます。つまり、仲介会社にとって利益が少ないと判断されると、サポートを断られてしまうケースが少なからず報告されているのです。

しかし、経営承継支援は中堅・中小企業のM&Aに特化しているため、M&Aの取引規模が小さい企業でも安心して依頼できます。

ベテランの専門家が在籍

経営承継支援の特徴としては、M&Aに長けたベテランの専門家が多く在籍している点も挙げられます。経営承継支援に在籍している専門家は長年M&Aに携わってきた経験・知識を有しており、M&Aを行う経営者に対して適切でわかりやすい助言を提供しているのです。

また、専門家が持つ倫理性の高さも、経営承継支援の特徴だといえます。M&A仲介会社の中には、自社の利益を優先して強引にM&Aを進めてM&A以外の選択肢を提示しないような機関も見られますが、経営承継支援であればこうした心配は無用です。

経営承継支援に在籍する専門家はクライアントと同じ経営者の目線に立っており、どうすればクライアントの企業をより良くできるかを誠実に検討します。つまり、必要があればM&A以外の選択肢を提示するなど、会社の利益に執着せずにクライアント企業がより良くなる道筋を示してくれるのです。

事業承継・M&A無料診断サービス

経営承継支援では事業承継・M&Aに関する無料診断を行っている点も、特徴のひとつです。これは「M&Aを行うべきかどうか」「事業承継をどう行えば良いか」などの疑問で悩んでいる経営者に向けた相談サービスであり、経営承継支援の専門家から無料でアドバイスを受けられます。

そもそも事業承継やM&Aは、長期的な視点が求められるもので、企業の在り方が大きく変わってしまうことから慎重に進める必要があります。そのため、「何から手を付けて良いかわからない」「なかなか踏ん切りが付かない」と悩む経営者も少なくありません。

そこで経営承継支援では、経営者向けのサービスとして「事業承継・M&A無料診断」を手掛けることで、「M&Aが良いのか」「親族承継が良いのか」「従業員承継が良いのか」など、あらゆる角度からメリット・デメリットを検討したうえでプロとしてのアドバイスを提供しています。

また、経営承継支援は東京に本社を構えるM&A仲介会社であり、地方の経営者の中には事業承継・M&A無料診断を受けられないと考える方もいます。ところが、このサービスは経営承継支援のコンサルタントによる直接訪問と電話の双方に対応しているため、手軽に相談可能です。

【関連】事業承継の専門家

事業承継・M&A支援の全体のスケジュール

事業承継・M&A支援の全体のスケジュール

経営承継支援では事業承継やM&Aに悩む経営者に対して支援を行っていますが、ここでは支援の全体的な流れを以下の項目順に取り上げます。

  1. 「個別無料相談」、「事業承継・M&A無料相談」でアドバイスを行う
  2. 検討・支援を行う

それぞれの項目を順番に紹介します。

①「個別無料相談」、「事業承継・M&A無料相談」でアドバイスを行う

まずは、中堅・中小企業の経営者側がいかなる悩みを持っているのか、電話や問い合わせフォームなどを通じて連絡します。これにより、経営承継支援の専門家から、事業承継・M&Aについて考えられる選択肢・解決案などを電話や面談などの方法でアドバイスしてもらえるのです。

②検討・支援を行う

その後は、経営承継支援において「事業承継コンサルティング」と「M&A支援」の大きく2つに分かれる支援を実施します。

事業承継コンサルティングの場合

事業承継コンサルティングでは、クライアン企業自体に関して以下のような検討を行います。

  • 承継方法の検討(親族承継にするのか、役員承継にするのか、M&Aにするのか)
  • 後継者を誰にするのか検討
  • 事業承継対策のための資本政策の検討
  • 承継体制の構築の検討

また、経営者自身に関して、資産の承継対策として以下の検討を実施します。

  • 相続税対策
  • 遺言などの作成をして、親族間の争いを防ぐ

このように事業承継では専門的な知識やスキルが必要であるうえに、課題を解決していくには時間がかかります。そのため、事業承継を円滑に進めるには、「多数の実績を持つアドバイザーを見つけること」「早期に取りかかること」が重要です。

M&A支援の場合

M&Aを進めるうえで、以下のような課題が立ちはだかります。

  • 買いたい企業は存在するのか(売却の可能性)
  • M&Aを検討しているが価格はどのくらいか
  • M&Aの進め方はどのようなものか

上記を踏まえて、M&A支援を行う際は、一般的に以下の流れで進行します。

  1. 必要書類の準備をする
  2. 仲介契約の締結を行う
  3. 戦略の検討
  4. 買収企業への打診や協議を行う
  5. 基本合意書の締結
  6. 買収監査
  7. 最終契約書(株式譲渡契約書など)締結し、M&Aの実行を行う
  8. 一定期間の業務の引き継ぎ

まずは、M&Aを行うために必要な書類を準備したうえで、経営者と経営承継支援との間で仲介契約が締結されます。なお、経営承継支援の報酬体系は「完全成功報酬制」です。次に経営者の考えを踏まえて、M&A戦略の方針を検討します。

続いて、買収候補の企業へ基本的な取引条件を提示し、協議を行います。買収候補企業の中でも有力候補については、直接トップ面談を行い協議する段取りです。これにより基本的な取引条件が揃ったところで、基本合意書を締結します。

そして、買収候補企業が選んだ公認会計士・税理士・弁護士などの専門家により、財務・法務・事業の監査が実施されます。その後は最終契約書を作成・締結してM&Aを実行すると、事業が円滑に承継されるよう一定期間に渡り業務の引き継ぎが行われる段取りです。以上が、基本的な流れとなります。

このように、M&A手続きは複雑であるため、M&Aで会社を売却しようと検討している場合はM&A仲介会社やアドバイザリー会社などの専門機関に実務をサポートしてもらいましょう。数ある専門機関の中でも、実績面・手数料面で相談しやすいのはM&A総合研究所です。

M&A総合研究所は、完全成功報酬制(中間金のみ買手側の企業様より頂戴しております)ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

中小企業のM&A・事業承継で実績豊富な経営承継支援

中小企業のM&A・事業承継で実績豊富な経営承継支援

M&Aは今や大企業のみならず、中小企業でも広く一般的に採用される経営手法です。事業承継・経営再建・事業拡大などさまざま理由でM&Aを行うケースが増えており、日本のM&A件数は増加傾向にあります。

とはいえ、M&Aの成功確率は3割程度とされており、決して簡単に成功させられる行為ではありません。そのため、中小企業がM&Aを成功させるには、中小企業のM&A・事業承継の実績を豊富に持つ経営承継支援のような仲介会社にサポートを求める必要があります。

【関連】中小企業M&Aの成功ポイント/件数/失敗事例/おすすめ本を紹介

経営承継支援の評判や口コミ

経営承継支援の評判や口コミ

M&A仲介会社を利用する前に、実際に利用した経験のある人の意見を把握しておきたいと考える経営者の方は多いです。そこで本章では、経営承継支援に関する評判や口コミについて取り上げます。

経営承継支援はこんな企業におすすめ

経営承継支援は中堅・中小企業のM&Aを専門的に取り扱っているため、まさにM&Aや事業承継を検討している中堅・中小企業の経営者の方におすすめできるM&A仲介会社です。特に事業承継を目的としたM&Aを進めるうえで、経営承継支援は大いに役立つ存在といえます。

また、「事業承継をどう進めたら良いかわからない」「M&Aの経験がなくて不安である」と感じる経営者であれば、なおさら経営承継支援をおすすめします。なぜなら、M&Aの必要性をはじめとする初期段階からアドバイスしてくれるうえに、経営者にとって理想的な事業承継計画をゼロから構築してくれるためです。

そのほか、経営者の立場から専門的な事柄でも丁寧にわかりやすく説明してくれるため、事業承継やM&Aの経験や知識が乏しい経営者でも安心してサポートを依頼可能です。

経営承継支援の評判・口コミ

経営承継支援を実際に利用した経営者の多くから、好意的な評判・口コミが多く挙がっています。

例えば、「事業承継・M&A無料診断」を利用した経営者からは、「考えを整理できた」「踏ん切り付いたが」「さまざまな選択肢を提示してもらったうえで、各ポイントをわかりやすく教えてくれた」などの評判・口コミが寄せられており、そのサービスがいかに効果的であるかが見て取れます。

上記の評判・口コミを踏まえると、多くの経営者が事業承継やM&Aをどう実施すれば良いかわからず、いかなる選択肢が会社にとって最適であるか判断に悩んだために、無料診断を利用していると考えられます。

【関連】日本M&Aセンターの評判・口コミまとめ【激務/セミナー/アクセス】

経営承継支援のM&A事例・実績

経営承継支援のM&A事例・実績

経営承継支援のM&A事例・実績は、公式ホームページ上で閲覧できます。中堅・中小企業のM&Aを専門的に扱っている仲介会社であるため、経営承継支援には中小企業のM&Aを数多く支援してきた実績があります。

また、過去に経営承継支援の支援を受けた中堅・中小企業の中には首都圏のみならず甲信越・関西・九州地方などの企業もあるうえに、業界・業種についても多種多様です。このように実績を見ても、経営承継支援がさまざまなクライアント企業のM&Aに対応できている点が伺えます。

【関連】M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

経営承継支援のM&A仲介手数料

経営承継支援のM&A仲介手数料

そもそも一般的に発生するM&A仲介手数料には、以下の項目が挙げられます。

  • 着手金
  • 月額報酬
  • 基本合意(第1次成功報酬)
  • クロージング(第2次成功報酬)

それぞれの概要について順番に紹介しながら、経営承継支援で発生する仲介手数料を解説します。

着手金

着手金とは、M&A仲介契約を締結した際に支払われる場合が多い仲介手数料です。依頼料をイメージすると、理解しやすいと感じる経営者の方も多くいます。経営承継支援では着手金が無料となっており、支払う必要がありません。

月額報酬

M&A仲介会社の中には、M&A仲介契約の締結以降も月額報酬を請求する機関があります。しかし、経営承継支援では月額報酬も無料となっているため心配ありません。

基本合意(第1次成功報酬)

経営承継支援に依頼すると、M&Aの基本合意(売り手と買い手がM&Aの実施について合意するプロセス)の段階で、第1次成功報酬が発生します。この報酬額は100万円と定まっており、後述する第2次成功報酬に充当される仕組みです。つまり、第2次成功報酬の一部を前払いする形で発生します。

クロージング(第2次成功報酬)

経営承継支援では、クロージングの段階で第2次成功報酬が発生します。この第2次成功報酬が、経営承継支援で発生するメインの仲介手数料です。経営承継支援の第2次成功報酬は、第1次成功報酬を控除した形で支払われる仕組みが採用されており、最低報酬は500万円に設定されています。

なお、500万円以上となる成功報酬に関しては、M&A取引価格に特定の料率(レーマン方式)を掛け合わせて決定します。

【関連】M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説

経営承継支援の採用情報

経営承継支援の採用情報

本章では、経営承継支援の採用情報について紹介します。経営承継支援では中途採用を積極的に実施しており、具体的にはM&Aアシスタント(経験者および未経験者)・人事アシスタント・インサイドセールスの立ち上げメンバー・内勤営業チームの立ち上げメンバーなどを募集中です。

M&Aアシスタントについては銀行・証券会社・M&A仲介会社などでの実務経験が条件に設定されている一方で、人事アシスタントについては人事・総務などでの経験が条件に設定されています。

基本的に経営承継支援では2〜3年以上の実務経験を求めており、優秀な営業成績を収めていたりM&Aに役立つ資格を有していたりする場合は、採用時に優遇してもらえる可能性があります。

なお、経営承継支援の年収については、未公開であり具体的な金額は不明です。しかし、固定給に加えてインセンティブが発生するため、業績次第では高い年収を得られる可能性があります。もともと中小企業のM&Aを専門とするM&A仲介会社は年収が高い傾向にあるため、経営承継支援も同様だと推測可能です。

【関連】M&A仲介会社における採用とは?M&A仲介会社の採用手法や採用課題を解説

仲介会社選びに困ったらM&A総合研究所

仲介会社選びに困ったらM&A総合研究所

本記事ではM&A仲介会社である経営承継支援について幅広く紹介しましたが、もしも仲介会社選びでお困りでしたらM&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には、M&Aおよび事業承継に関する経験・知識が豊富なアドバイザーが在籍しており、ノウハウを活かしながらM&Aをフルサポートしております。

M&A総合研究所は、完全成功報酬制(中間金のみ買手側の企業様より頂戴しております)。そのため、資金力不足でM&Aに踏み出せない企業でも、M&Aを実現できる可能性が高いです。

そして、通常M&A取引は1年程度の期間が必要ですが、M&A総合研究所では最短3ヶ月での成約実績を有しています。相談料は無料となっておりますので、「費用を抑えてM&Aを成功させたい」「スピーディーにM&Aを済ませたい」場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

経営承継支援のまとめ

経営承継支援のまとめ

経営承継支援は、中堅・中小企業のM&Aに特化しており、これまで数多くのM&Aを成約に導いてきました。経営承継支援にある最大の魅力は、決してM&Aを無理強いせずに、クライアントの企業にとって理想的な選択肢を提示してくれる点にあります。

こうしたフェアな姿勢を取っているからこそ、経営承継支援は多くの中小企業から好意的な評判・口コミを集めています。本記事の要点は、以下のとおりです。

・経営承継支援の事業内容
→中堅・中小企業の継続・発展に資するM&A仲介・助言業務、中堅・中小企業の円滑な事業承継のためのコンサルティング業務

・経営承継支援の従業員
→非正規雇用も含めて総勢50名(2020年4月時点)

・経営承継支援のM&Aの特徴
→中堅・中小企業のM&Aに特化、ベテランの専門家が在籍、事業承継・M&A無料診断サービス

・事業承継・M&A支援の全体のスケジュール
→「個別無料相談」「事業承継・M&A無料相談」でアドバイスを行う、検討・支援を行う

・経営承継支援の評判や口コミ
→「考えを整理できた」「踏ん切り付いたが」「さまざまな選択肢を提示してもらったうえで、各ポイントをわかりやすく教えてくれた」などの評判・口コミが目立つ

・経営承継支援のM&A仲介手数料
→基本合意(第1次成功報酬)、クロージング(第2次成功報酬)

・経営承継支援の採用情報
→「M&Aアシスタント(経験者および未経験者)」「人事アシスタント」「インサイドセールスの立ち上げメンバー」「内勤営業チームの立ち上げメンバー」などを募集

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)