2021年4月21日更新会社・事業を売る

経営者が抱える悩みの解決方法

企業を代表する立場にある経営者は、さまざまな悩みを抱えています。とはいえ、経営者が抱える悩みは、工夫次第で解決を図ることも可能です。この記事では、業績や資金・人材・社内環境という側面から、経営者が抱える悩みと解決方法を紹介します。

目次
  1. 経営者が抱える悩み
  2. 経営者が抱える悩みの解決方法(業績・資金面)
  3. 経営者が抱える悩みの解決方法(人材面)
  4. 経営者が抱える悩みの解決方法(社内環境面)
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

経営者が抱える悩み

経営者が抱える悩み

特に中小企業・ベンチャー企業などでは、経営者が会社の代表として仕事を遂行するケースが多く見られます。経営者は大量の仕事を抱えたうえで責任を一身に背負う存在であることから、さまざまな悩みを抱えるケースが多いです。

経営者にはどうしても悩みが付きものですが、工夫次第では解決することも可能です。この記事では、経営者が抱える悩みとともに、解決につながる方法を紹介します。

※関連記事
経営の課題
経営に求められる判断

経営者が抱える悩みの解決方法(業績・資金面)

経営者が抱える悩みの解決方法(業績・資金面)

ここでは、業績・資金面における経営者が抱える悩みとその解決方法を紹介します。

  1. 売上不振
  2. コスト増加
  3. 資金繰りの悪化
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①売上不振

売上不振は、経営者にとって深刻な悩みの1つです。需要の変化・原材料価格の高騰などが主な原因ですが、企業の不祥事により消費者からの信頼を失ったことで、商品・サービスの需要がなくなるケースもみられます。

売上が伸びないと、業績に直接的な影響を及ぼします。商品・サービスは企業の顔であり、これらの需要がなくなると企業の存在自体を否定される気持ちになることもあり、経営者は精神的ダメージを負いかねません。

売上不振の解決方法

以下の2つの方法を実践すると、売上不振の悩みを解決できる可能性があります。

  • データ分析で消費者のニーズを理解する
  • 根気強く経営を続ける

まずは、前年比・同業界の売上をデータ化しつつ、類似業界の動向にも目を向けると良いです。アンケートを実施して、消費者の声を直接聞くことも効果的です。

売上が好調だった時期と比較したときの相違点を把握して、消費者のニーズを詳細に理解できれば、自ずと次に取るべき行動が見えてきます。そもそも消費者・業界のニーズは、時間とともに変化します。

ニーズに合わせて従来の商品・サービスを改良するほか、新しい商品・サービスを開発することで、悩みを解決できるケースが多いです。自社の売上が伸びるまで、根気強く経営を続けることが大切です。

②コスト増加

企業の利益を生み出すためのコストが増加すると、結果的に利益不振を生じさせる原因となります。ここで取り上げるコストには、原材料費だけでなく人件費などの経費も含まれます。さらには、資金調達で発生する金利も、コストとして捉えられます。

商品・サービスには従来と変わらない需要があるにも関わらず、コスト増加によって利益不振に陥る中小企業・ベンチャー企業が増加しています。

コスト増加で従業員の給料を支払えなくなれば、従業員の意欲が低下するため、悪循環に突入して利益不振が深刻化するおそれがあり、企業の存続に直接的な影響を及ぼす問題として経営者を悩ませることが多いです。

コストの削減方法

コスト増加の解決方法は、もちろんコストの削減です。利益向上を目指すには、コスト削減が非常に重要です。売上を伸ばすためには時間・費用が必要ですが、利益についてはコストの削減という施策のみでも向上が期待できます。

コストの削減方法としては、はじめに経費の整理を実施すると良いです。経費には、オフィス内の電気代・印刷代・光熱費なども含まれます。節電意識などの心がけで、経費を着実に削減可能です。このほかに、ペーパーレスの導入・配送頻度の削減なども効果的です。

上記とは反対に、削減してはならない経費も存在します。特に従業員の給与削減・従業員が使用する施設の廃止などを実施すると、かえって利益不振を加速させます。従業員の仕事に対する意欲が低下すれば、商品・サービスの質低下を招きかねません。

結果的に経営に深刻な悪影響を及ぼすため、従業員の協力を仰ぎつつ、意欲向上につながるコスト削減を実施する必要があります。コスト増加の悩みは、細かい箇所から少しずつ減らしていくのがよいでしょう。

③資金繰りの悪化

企業は資金がないと運営できない組織であるため、売上の有無に関わらず、資金繰りに余裕を持たせる必要があります。資金繰りの悪化は、収入額よりも支出額が上回る「企業の赤字化」を招く問題です。売上不振・コスト増加とともに、企業に悪影響を及ぼす悩みだといえます。

資金繰り悪化の対処方法

資金繰りの悪化を解決するには、自社に資金を集めることが効果的です。特に融資の返済など定期的に必要となる資金については、支払いが遅れると金利が高くなり返済額が増加します。場合によっては、信用を失って今後の借り入れが困難となるケースもあります。

上記の事態を防ぐには、まず資金繰り表を作成してキャッシュフローを見直すと良いです。支払いを待ってくれる取引先には返済日を伸ばしてもらいつつ、一方で自社の顧客からは早急に売上金を回収する施策が有効です。

※関連記事
資金繰り改善方法
中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説

経営者が抱える悩みの解決方法(人材面)

経営者が抱える悩みの解決方法(人材面)

従業員(人材)は、企業にとって直接的に売上を生み出してくれる重要な存在です。従業員が経営者の手足となって企業に利益をもたらしてくれます。一方で、従業員自体が、経営者の悩みの種となるケースもあります。

ここでは、人材面における経営者が抱える悩みの解決方法を紹介します。

  1. 優秀な人材が集まらない
  2. 労働力が足らない
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①優秀な人材が集まらない

人材面において多くの経営者が悩みを抱える問題として、優秀な人材が集まらない点が挙げられます。日本では、少子化による労働人口減少の影響で、企業同士で激しい人材獲得競争が繰り広げられている状況です。積極的に人材を募っても、自社に相応しい優秀な人材が集まらなければ、求人費用がかさみます。

人材を集める方法

優秀な人材が集まらない問題を解決するには、業務を外部委託化(アウトソーシング)しつつ事業展開するのもよい方法です。

日本の法律では、一度従業員を雇用してしまうと、簡単に解雇することはできません。外部委託を利用すると、契約の範囲内において、必要に応じて優秀な人材を確保することが可能です。

②労働力が足らない

労働力が不足すると、従業員の残業時間が増加する傾向にあります。残業時間の増加は、従業員の疲労を蓄積させてパフォーマンス低下を招くだけでなく、企業側では割増の残業代を支払う必要性が生じます。コスト増加を防ぐためにも、適切な労働力の確保が大切です。

労働不足の解決方法

解決方法としては、業務の外部委託化も効果的ですが、まずは従業員同士のチームワークを見直すと良いです。チームワークを強化して業務の効率化を図ることで、残業時間の削減が期待できます。具体的には、従業員の声に耳を傾けて、可能な限り要望に応える対応を取ります。

それに加えて、パート・アルバイトといった低賃金労働者の積極的な雇用も効果的です。パート・アルバイトの人材であっても責任を持って業務を遂行してもらえるよう、業務マニュアルを作成するのもよい方法です。

※関連記事
中小企業の人手不足の原因とは?実施可能な対策も紹介
中小企業で深刻化する人材不足!原因と対策をご紹介

経営者が抱える悩みの解決方法(社内環境面)

経営者が抱える悩みの解決方法(社内環境面)

最後に、社内環境面における経営者が抱える悩みとその解決方法を紹介します。

  1. ノウハウの引継ぎがスムーズに進まない
  2. 最適な経営戦略を立案できない
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①ノウハウの引継ぎがスムーズに進まない

特に中小企業・ベンチャー企業では、業務のノウハウがスムーズに引き継がれない点に悩みを抱える経営者が多いです。こうした企業では、1人の従業員に与えられる役割が大企業と比較すると大きくなりがちです。

ひとりひとりの従業員の能力が企業全体にまで影響を及ぼすこともあるため、従業員が「何でも自分でしなければならない」という意識を持って自力でノウハウを蓄積していくケースが多く見られます。

ノウハウを引継ぐコツ

その一方で、従業員の自立意識が強すぎると、ノウハウが体系化されず他の従業員に共有できない問題が発生します。

ノウハウの引継ぎをスムーズに進めるには、各従業員にマニュアルを作成させてノウハウの体系化を目指すと良いでしょう。

②最適な経営戦略を立案できない

企業が大きな利益を生み出すには、長期的視点による経営戦略の立案が求められる場面があります。とはいえ、経営戦略の立案は簡単な行為ではなく、どうしても不確かな要素を含んでしまうのが一般的です。

経営戦略は、災害など予測できない自然環境に左右されることもあります。経営戦略の立案が必要であるにも関わらず、スムーズに作成できない現状に悩みを抱える経営者は多いです。

解決方法としては、はじめに経営者が今後どのように経営を続けていきたいか明確にする必要があります。その後に専門家からサポートを受けつつ、具体的な経営目標を立てることで解決につながります。経営目標の実現に向けて、最適な手段を模索することも大切です。

上記の手順で作成した経営戦略を従業員に共有すれば、企業全体で目標達成を目指せます。

M&Aも経営戦略の1つとして活用可能

最近は、経営戦略の1つとしてM&Aを実施する企業も増加中です。M&Aは、「Mergers & Acquisitions(合併と買収)」を省略した言葉です。日本では2000年代から、経営戦略の1つとして採用されるようになりました。

歴史は浅いですが、現在では、多くの経営者が企業存続や事業拡大を目指すべくM&Aの実施を検討しています。M&Aは、以下のような要望をかなえる手段として、大いに活用できます。

  • 効率的に事業規模を拡大したい
  • 短期間かつ低リスクで新規事業を開拓したい
  • まとめて人材やノウハウを獲得したい

ただし、M&Aには、煩雑かつ専門的に高度なプロセスが求められるというデメリットもあり、プロセスの実施を怠れば、M&A自体の失敗に直結しかねません。経営戦略の1つとしてM&Aを実施する場合は、専門家に協力を仰ぐのがおすすめです。

M&A総合研究所では、豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーがニーズに合ったM&A相手先企業をご提案し、クロージングまでサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※関連記事
事業承継の課題と解決方法
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

経営者は、常に悩みを抱えながら解決に向かって努力しなければならない存在です。しかし、企業で働く人間は、経営者1人のみではありません。ともに働く従業員と協力しつつ、悩みの解決に向けて助け合うことが大切です。要点をまとめると、以下のとおりです。

・経営者が抱える悩みの解決方法(業績・資金面)
→データ分析で消費者のニーズを理解する(売上不振)、従業員の意欲向上につながるコスト削減を実施する(コスト増加)、自社に資金を集める(資金繰りの悪化)

・経営者が抱える悩みの解決方法(人材面)
→業務を外部委託化しつつ事業展開する(優秀な人材が集まらない)、従業員同士のチームワークを見直しつつパート・アルバイトを積極的に雇用する(労働力が足らない)

・経営者が抱える悩みの解決方法(社内環境面)
→各従業員にマニュアルを作成させてノウハウの体系化を目指す(ノウハウの引継ぎがスムーズに進まない)、まずは経営者が今後どのように経営を続けていきたいか明確にする(最適な経営戦略を立案できない)

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aは専門家任せにするのではなく、経営者自身も基礎知識やノウハウを知っておくことが大切です。本記事では、M&Aを成功させるために知っておきたいノウハウや、戦略策定の手順などを解説します。また、...

M&A仲介のビジネスモデルを解説!報酬や戦略は?

M&A仲介のビジネスモデルを解説!報酬や戦略は?

近年、M&A仲介というビジネスモデルが注目を集めています。新型コロナウイルスの感染拡大による国内外の経済活動への影響も危惧されるなか、M&A仲介は堅調な動きを見せています。今回は、M&A仲介のビ...

M&Aで入札方式のメリットデメリットを仲介方式と比較して解説!

M&Aで入札方式のメリットデメリットを仲介方式と比較して解説!

M&Aの入札方式とは、複数の買い手候補の中から最も好条件を提示した買い手候補を取引相手に選定する方法です。単純な価格競争の他、従業員の引継ぎ等の個別条件を重視することもあります。本記事では、M&...

M&Aとトラスト(企業合同)の違いを解説!合併やコングロマリットは?

M&Aとトラスト(企業合同)の違いを解説!合併やコングロマリットは?

M&Aとトラスト(企業合同)は会社経営という面で共通点がありますが、使い方や意味することは全く異なります。本記事では、M&Aとトラスト(企業合同)の違いを解説します。また、M&Aやトラスト(企業...

M&Aの提案書の作り方!売却を成功させるためのコツを解説

M&Aの提案書の作り方!売却を成功させるためのコツを解説

M&Aの提案書はM&A相手との情報交換をする上で大切な資料です。自社の企業価値や強みが伝わるような資料を用意して、譲受側がM&Aの実施を決断できるだけの情報を提供する必要があります。今回は、M&...

零細企業がM&Aを成功させるコツと注意点!仲介会社は使用すべき?

零細企業がM&Aを成功させるコツと注意点!仲介会社は使用すべき?

零細企業がM&Aを活用する事例が増えていますが、M&Aはポイントを理解しておかないと失敗してしまうので、正しい知識を身に着けておくことが大切です。この記事では、零細企業のM&Aを成功させるコツと...

M&Aの敵対的買収に対する防衛対策の全種類を解説!

M&Aの敵対的買収に対する防衛対策の全種類を解説!

M&Aでは敵対的買収が行われることがあるので、その防衛対策を知っておくことが大切です。本記事では、M&Aの敵対的買収に対する防衛対策について、買収を仕掛けられる前の予防策と、仕掛けられた後の防衛...

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)