M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月14日公開

長崎県のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

長崎県の中小企業の経営者は、M&Aと言う選択肢があることを知り、廃業ではなくM&Aによって会社を存続させていくことを考える必要があります。

目次
  1. M&A仲介会社とは?
  2. 長崎県におけるM&A仲介会社の手数料
  3. 長崎県におけるM&Aの現状
  4. 長崎県におけるM&A仲介会社オススメ5選
  5. 長崎県におけるM&A案件の探し方
  6. まとめ

M&A仲介会社とは?

M&A仲介会社とは、簡単に言うと会社を売りたいと考える会社と買いたいと考える会社との間に立ち、M&Aの成立を目指す会社のことを言います。
M&Aとは、合併と買収を意味しており、以前は大手企業が事業拡大や新規参入、事業再編などを狙ったM&Aが多くみられました。 近年では、中小企業にもM&Aを実施しようとする会社が増え、その背景には経営者自身の高齢化や後継者不在の問題から事業承継を考えたM&Aも増えています。 しかし、中小企業同士のM&Aの実質的な件数は、日本の主要都市以外を見るとまだまだ少なく、今後はさらに経営者の高齢化や後継者不在の問題が拡大すると予測されており、中小企業間のM&Aを推し進めていく必要があると考えられます。 そのような中で、M&A仲介会社は当初、中小企業の経営者から相談を受けていた税理士や公認会計士または中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなどが相談を受けていたことから始まり、M&A仲介会社へと発展したと言われています。 実際に、M&A仲介会社の会社代表者が公認会計士や税理士の資格を取得しているところも多く、会社の沿革を見ても当初は会計事務所や税理士事務所からスタートしているM&A仲介会社も多くあります。 M&A仲介会社にも種類があり、会社を売ろうとしている会社と買おうとしている会社のマッチングだけを主な業務内容としている場合もあります。 そのようなM&A仲介会社はマッチングプラットフォームを開設しており、売ろうとしている会社と買おうとしている会社がそれぞれに希望の条件で案件を探し、経営者自身で打診をして、交渉を進めていく形になります。 一方で、M&Aに関する様々な過程をサポートして、よりよいM&Aの成立を全面的にサポートしてくれるM&A仲介会社もあります。 会社の規模や従業員数によっては、全面的なサポートを受けられるM&A仲介会社を選んだ方が良いでしょう。 多くのM&A仲介会社がある中で、得意としている業界や業

長崎県におけるM&A仲介会社の手数料

M&A仲介会社の手数料は、仲介会社によってばらつきがあります。
M&A仲介会社の中には、マッチングプラットフォームを主な事業内容としているところもあり、経営者自身で案件を探し、相手先と直接交渉をする形をとっているM&A仲介会社は、実質かかる手数料を無料としているところもあります。 この場合は、M&Aにかかわる交渉や手続きなどを経営者自身で進めていく必要があるので、ある程度の知識を持って取り組む必要があります。 一方で、M&Aの事前相談から成立までをサポートしているM&A仲介会社の場合は、事前相談からM&A成立までのそれぞれの節目で手数料が発生します。 まず、事前相談については、M&Aの仲介依頼契約を結ぶ前の段階で、M&Aが必要なのか、M&Aができるのか、などの相談をすることが多いですが、多くのM&A仲介会社では無料としているところがほとんどです。 次に、M&Aの実施を決断して仲介依頼契約を結ぶ時に発生するのが「着手金」です。 相場は0円から300万円と幅がありますが、会社の規模によって金額が変動するようです。 多くのM&A仲介会社は着手金を無料としているところが多いですが、M&Aを進めていくには、売り手側の会社の場合は起業の価値を評価したり買い手側の候補企業を探したりする時の人件費や書類作成費と考えれば必要な手数料だといえます。 着手金は、M&Aが成立しなくても返金されないことが多いので注意が必要です。 M&Aの意思を待っても、具体的に先のことを検討している最中だという場合は、着手金が無料のM&A仲介会社を選んだ方が良いでしょう。 M&A仲介会社の中には、売り手側の会社の企業価値算定と買い手側の会社の企業調査手数料の請求を受ける場合もあります。 相場は、数十万円としているところが多いですが、ほとんどのM&A仲介会社では無料としています。 M&Aの仲介を依頼するとM&Aが成立するまでの間、コンサルタント料(月額報酬)を請求する仲介会社もあります。 M&Aが成立するまでには、半年から1年程度かかる場合もあり、その間M&Aの相談やアドバイスを受けることもあり、その手数料として毎月一定の金額を支払う場合もあります。 相場は、0円から100万円で月額報酬は無料としているM&A仲介会社がほとんどです。 支払う可能性が高い手数料は「中間報酬」と呼ばれる手数料です。 中間報酬は、基本合意契約を結んだタイミングで請求されることが多く、相場は成功報酬の10%から30%となっています。 基本合意契約は売り手側の会社を買い手側の会社が「買収します」と意思表示をした時に契約を結びます。 基本合意契約の内容は、基本条件や企業調査の期間、M&A成立までのスケジュールなどで、おおよその取引金額も決まっている場合がほとんどです。 そのため、成功報酬の10%から30%の手数料の支払いをします。 その後、最終的なM&Aが成立すると成功報酬から中間報酬を差し引くM&A仲介会社もあります。 そして、最後に成功報酬の支払いがあります。 成功報酬は主にレーマン方式による利率計算によって金額が決まります。 相場は売り手側の会社に純資産の1%から5%と考えてよいでしょう。 レーマン方式の利率は、5億円以下で5%、5億円を超える10億円以下で4%、10億円を超える50億円以下で3%、50億円を超える100億円以下で2%、100億円以上で1%となっています。 M&Aが成立するまでには、様々な手数料がかかることが予測されますが、わかりやすく完全成功報酬型のM&A仲介会社が多く、初期費用や取引の途中で手数料が請求されないところが増えています。

長崎県におけるM&Aの現状

長崎県は、九州地方の北西端に位置する県で、五島列島や壱岐島、対馬などの島も長崎県に含まれます。
県内の総生産が2008年度は4兆3109億円で、県民所得は3兆1070億円となっており、一人当たりの県民所得は215.7万円です。 長崎県は観光資源も多く、港湾都市であるため国内だけでなく韓国や台湾からの観光客が多く、戦艦武蔵を建造するなど造船も盛んな地域です。 佐世保市には、軍港があるため、海上自衛隊や米第7艦隊の基地となっているほか、陸上自衛隊も駐屯しています。 以前は、炭鉱や漁業、宝石サンゴ漁が栄えていましたが、1970年代頃から衰退し始め過疎化が進みました。 2000年以降も過疎化が進んでおり、地域の産業の振興が大きな課題となっています。 M&Aの件数については2009年の統計では、買い手側が2件、売り手側が5件と少ない件数にとどまっています。 この件数は、公表されているM&Aの件数になるので、公表されていない中小企業のM&Aの件数は含まれていませんが、実際に実施されたM&Aでも件数は少ないことが予測されます。 長崎県の事業所は99.9%が中小企業で、そのうち、87.5%が小規模企業とされています。 そのため、長崎県内の経済基盤は中小企業が担っているといっても良いでしょう。 そのような中で、全国の中小企業と同じように経営者の高齢化が進んでおり、1990年には54.0歳でしたが、2015年には60.0歳が返金となっています。 また、開業率は4.5%で廃業率は3.9%となっており、その差は0.6%と近い数値になっています。 開業する事業所がある中で、廃業を選択している事業所も多いということです。 中小企業の後継者不在率を見ても、63.0%を推移しており後継者不在に悩む経営者が多いことを表しています。 長崎県内のM&A現状は、M&Aと言う選択肢があるということを知らない中小企業の経営者が多いことも予測され、県政や地域の商工会議所、商工会などが周知していく必要があると考えられます。 中小企業庁が進める長崎県事業引継ぎセンターや商工会議所、地方銀行がM&Aの選択肢を推進していく必要があるでしょう。

長崎県におけるM&A仲介会社オススメ5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社経営承継支援

株式会社経営承継支援は、東京都に本社を構え大阪、福岡にも事務所を構えています。 そのため、長崎県の会社にも対応しています。 株式会社経営承継支援は中小企業のM&Aを得意としており、長崎県の事業引継ぎセンターにも登録されているので、M&Aを考えている中小企業の経営者は長崎県事業引継ぎセンターに相談に行っても良いでしょう。 M&Aは事業承継に活用できる手法ですが、会社にとってMA&が本当に必要なのか、という点においては専門家でなければ分からない場合もあります。 株式会社経営承継支援では、「事業承継・M&A無料診断」を無料で実施しているので、M&Aが必要なのか悩んでいる経営者は一度、相談に行くと良いでしょう。 事業承継・M&A無料診断を受けることで、類似した事例から成功のイメージを持ちやすく、あらゆる選択肢を客観的に見ることができます。 また、M&Aの進め方については「M&Aありき」ではなく、複数のプランから最も適した方法を検討して、中小企業の経営者が納得いく形でM&Aを進めていくことができます。 そのほかには、全国に1000以上の独自のネットワークを持っているので、より最適な相手先を見つけてマッチングをしてくれます。 経験も豊富で優秀なコンサルタントがサポートしてくれるので、安心してM&Aを進めていくことができます。 料金体系については、着手金は不要で成功報酬のみの手数料となっています。 最低成功報酬は500万円に設定されています。

クロスダM&Aセンター株式会社

クロスダM&Aセンター株式会社は、佐賀県に本社を構え、福岡、熊本、長崎、大分に支社を持っており、九州地方の中小企業のM&Aを多く取り扱っています。 「思いを伝えるM&A」をモットーとして、クライアントの立場になって、M&A取引を進めていく仲介会社です。 佐賀県を中心に、九州地方の中小企業のM&Aを推進しており、地域の経済を支えようという理念も持っています。 M&Aについては、依頼する会社の秘密を守り、拾い情報ネットワークを使って相手先を探すことができるM&A仲介会社になります。 M&Aのサポートは、初期段階の相談から成立までに必要な書類の作成や専門的なアドバイスも実施しています。 料金体系は、着手金と成功報酬の請求があり、着手金は初期費用として実費となっていますが、依頼する会社と相談して決めるという形になっています。 成功報酬については、中小企業でスモールM&Aも考えられるので、1500万円未満では150万円としており、1500万円以上2000万円未満が10%、2000万円以上4000万円未満が8%、4000万円以上6000万円未満が7%、6000万円以上8000万円未満が6%、8000万円以上3億未満が5%、3億円以上10億円未満が4%、10億円以上が3%となっています。 そのほかに、弁護士、司法書士、税理士、過労死、不動産鑑定士などの専門家にかかった費用は別途となっており、印紙税や陶器免許税などに関連する費用も別途となっています。 九州地方を中心にM&Aを実施している仲介会社なので、同じ地域の会社同士のM&Aに向いているM&A仲介会社です。

税理士法人ウィズラン

税理士法人ウィズランは、長崎県佐世保にオフィスを構える税理士法人事務所で、ウィズラン行政書士事務所と株式会社ウィズランコンサルティングも運営しています。 経営理念を「私たちは、未来を想像し実現する企業です」とし、経営者の一歩先を考えたサポートを実施している会社になります。 会社に事業内容は、会社設立や、税務会計業務、マーケティング、監査、事業承継等になりますが、その中にM&Aも含まれています。 長崎県事業引継ぎセンターのマッチングコーディネイターでもあり、中小企業のM&Aや事業承継の支援をしています。 税理士法人ではありますが、全国の会計事務所のM&Aネットワークにも加盟しているので、長崎県の会社でも全国のM&A案件とのマッチングが可能になっています。 取り扱ったM&Aの件数は、さほど多くないようですが、経営コンサルタントや税理士からの視点でM&Aのサポートを行い、中小企業の経営者に寄り添ってM&Aを進めていけます。 料金体系は、最低M&A仲介料を200万円としており、取引金額が1億円を超える場合は200万円+1億円を超える部分について1%が加算されます。 売り手側、買い手側のフィナンシャルアドバイザー業務については200万円の手数料がかかり、デューデリジェンスについて財務DDは50万円から、労務DDは20万円からとなっています。 手数料については、相談した時に確認した方が良いでしょう。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、M&A仲介会社のリーディングカンパニーとして業界をけん引している存在です。 本社は東京都にありますが、大阪、名古屋、福岡に支店を持ち、札幌、中四国、沖縄に営業所を構えています。 また、シンガポールにもオフィスを構えているので、海外への進出を含めたM&Aも可能になっています。 また、全国の地方銀行の90%、信用金庫の80%、会計事務所817件とのネットワークがあるので、所在地が長崎県の会社でもM&Aの仲介を依頼することができます。 「最高のM&A」と題して、M&Aのゴールは成約ではなく、新しいステージに進み成長していくことと言う理念のもとに、M&Aの仲介業務を実施しています。 株式会社日本M&Aセンターは、設立以来累計4500件以上のM&Aを成立させており、年間では649件のM&Aを成立させています。 公認会計士や税理士、弁護井などの専門家のほかに、M&A資格を保有しているスタッフも多く、これまでの経験やノウハウを提供してM&Aのサポートを実施しています。 そのほかには、M&Aが成立した後のフォロー体制も整っており、M&A成立後の会社の発展や統合を目的とした手法も提唱しています。 料金体系は、着手金と成功報酬が必要になり、着手金はM&Aの取引規模によって変動するようです。 成功報酬はレーマン方式が採用されています。 規模の小さい会社でもM&Aが必要か、などの相談にも乗ってくれるのでまずは事前相談をしてみると良いでしょう。

長崎県におけるM&A案件の探し方

長崎県の井M&A案件を探す時は、インターネットが便利です。 インターネットで「長崎県 M&A案件」などのキーワードで検索をすると、マッチングプラットフォームを運営しているM&A仲介会社のホームページを見ることができます。 会社の売却を考えている場合は、会社の情報を登録しておくと買収を考えている会社からメッセージが届く仕組みになっているものもあるので、活用すると良いでしょう。 買収する会社を探す場合も、「M&A案件」などのキーワードで検索すると、売却案件を見つけることができます。 インターネットに不慣れな場合は、地元の商工会議所や事業引継ぎセンターに相談すると案件を探してもらえる場合があります。 商工会議所や事業引継ぎセンターは、M&A仲介会社と連携している場合もあるのでM&A仲介会社を紹介される場合もあります。

まとめ

長崎県は、かつて炭鉱や漁業などが盛んでしたが、現在は過疎化の影響や人口減少などの影響もあり、中小企業の経営者が後継者不在、という問題を抱えている地域でもあります。 後継者不在率も全国で28位の位置ですが、60歳以上の経営者で後継者不在としているのは、46.6%を推移しています。 この傾向は、今後も上昇する可能性があり、中小企業の存続が難しくなる可能性があるといえます。 しかし、この傾向は長崎県だけではなく、全国の中小企業にも言えることで中小企業の衰退は、日本経済に大きな痛手を与えるものと予測できます。 長崎県の中小企業の経営者は、M&Aと言う選択肢があることを知り、廃業ではなくM&Aによって会社を存続させていくことを考える必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)