2020年10月29日更新会社・事業を売る

CBパートナーズってどんな会社?【評判/年収/手数料】

CBパートナーズは、医療・介護・薬局のM&A支援に特化したM&A仲介会社です。本記事では、CBパートナーズの業務内容や評判、年収、M&A手数料をご紹介していきます。また、医療・介護・薬局のM&Aを得意とするM&A仲介会社もあわせてご紹介します。

目次
  1. CBパートナーズとは
  2. CBパートナーズの評判・年収
  3. CBパートナーズのM&A手数料
  4. CBパートナーズは医療・介護・薬局系のM&Aが専門
  5. 医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社一覧
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

CBパートナーズとは

CBパートナーズとは

CBパートナーズは、医療・介護・薬局のM&Aを専門にサポートしているM&A仲介会社です。本記事では、CBパートナーズの業務内容や評判、年収、M&A手数料についてご紹介していきます。

CBパートナーズの主な業務内容

CBパートナーズでは、主に以下の分野の支援を行っています。

  1. 調剤薬局M&A支援
  2. 介護施設のM&A支援
  3. 病院・クリニックのM&A支援

1.調剤薬局M&A支援

CBパートナーズが支援している業種の1つ目は、調剤薬局業界です。現在調剤薬局業界は、国の医療制度改定によって先行きが見えにくい状況にあり、経営者の高齢化も進んでいます。

そのため、店舗の譲渡を希望する調剤薬局は増加傾向にありますが、調剤薬局のM&Aには、業界特有の法制度や慣習の理解が必要です。

CBパートナーズは、これまで積み重ねてきた経験を基に、調剤薬局のM&Aを支援しています。

2.介護施設のM&A支援

CBパートナーズが支援している業種の2つ目は、介護業界です。今後さらに高齢化が進むことや、民間企業による介護業界への積極参入などにより、介護業界のM&Aによる買収需要は増しています。

一方で、十分な利益を出せない・従業員が確保できない・経営者が高齢になったなどの理由で、廃業やM&Aによる売却を行うケースも増加しているのが現状です。

CBパートナーズは、医療・介護業界の人材紹介サービス時代から培った知見を活かして、介護施設のM&A支援も行っています。

3.病院・クリニックのM&A支援

CBパートナーズが支援している業種の3つ目は、病院・クリニックです。病院・クリニックの経営は、診療報酬の改定や人材不足、設備投資の負担などにより厳しくなっています。

しかし、病院・クリニックは地域の社会資源としての役割があり、簡単に廃業はできないため、地域の病院・クリニックを維持するためのM&A・事業承継は今後さらに増加するとみられています。

病院・クリニックは特殊な業態であり、M&A相手を探すのは容易ではありませんが、CBパートナーズはこれま築いてきた独自ネットワークにより、M&A相手の選定などを行います。

M&A仲介会社の役割とは

M&A仲介会社は、M&Aを通じて経営者の悩みや事業の課題を解決するコンサルタントです。具体的には、以下のサポートを行います。

  • 買い手・売り手の選定
  • M&Aの計画・戦略の策定
  • 交渉サポート
  • 企業価値算定
  • クロージングサポート

M&A仲介会社によって、営業スタイルやネットワーク・得意業種は異なるため、M&Aを行う目的・業種・案件規模・担当者との相性などを考慮して、信頼できるM&A仲介会社を選ぶことが重要です。

【関連】TRANBI(トランビ)はM&A・事業承継プラットフォーム!実績や競合との比較あり

CBパートナーズの評判・年収

CBパートナーズの評判・年収

対応が誠実・M&Aの事前相談にも丁寧に応じてくれるなど、CBパートナーズは顧客からの評判が高いM&A仲介会社です。ここでは、CBパートナーズの社員・元社員からの評判や、平均年収についてみていきましょう。

社員・元社員からの評判

CBパートナーズの社員・元社員からは主に以下のような評判を得ています。

  • 福利厚生が充実している
  • 若手・女性でも活躍できる
  • チャレンジングな風土
  • 雰囲気が明るい
  • 変化が速い

CBパートナーズは若い会社で若手社員が多いことから、社内の雰囲気が良いという評価が多く見られます。

事業の特性上、成果に対してはシビアですが、成果を出した分だけ報われる会社であるともいえるでしょう。

平均年収

CBパートナーズにおけるM&Aアドバイザーの年収は、400万円〜620万円となっています。

また、通勤手当・住宅手当・勤続手当・資格手当・家族手当といった諸手当や、食事券・借り上げ社宅制度・弔辞見舞金制度などの福利厚生が充実しています。

CBパートナーズは現在上場を目指して急成長中の会社なので、平均年収に関してはさらに上昇していく可能性もあります。

【関連】山田コンサルティンググループはM&Aコンサル会社!口コミ・評判をご紹介

CBパートナーズのM&A手数料

CBパートナーズのM&A手数料

CBパートナーズのM&A手数料が気になるという経営者の方もいることでしょう。ここでは、CBパートナーズのM&A手数料について解説します。

1.着手金

CBパートナーズでは着手金無料になっています。着手金とは、M&A仲介会社とアドバイザリー契約を締結した時点で支払う手数料です。

着手金は、主に企業の調査や分析などを行う「調査費」として、活用されます。

2.月額報酬

CBパートナーズは月額報酬無料です。月額報酬は、契約期間中に必要となる作業費として活用される手数料です。

3.中間金

CBパートナーズは中間金無料です。中間金は、売り手と買い手が基本合意書を締結した時点で、M&A仲介会社の支払う手数料です。

4.企業価値評価

CBパートナーズは無料で企業価値評価を行っています。企業価値評価は、売り手と買い手がM&A価格を決めるためのベースとなります。

5.相談料

CBパートナーズは相談料無料となっています。相談料は、M&A仲介会社とアドバイザリー契約を締結する前に支払います。

6.最低手数料

CBパートナーズは成功報酬に最低手数料を設定しています。最低手数料額は案件ごとに異なり、金額は公開していないので、事前に確認が必要です。

なお、最低手数料は、小規模の案件でもM&A仲介会社が対応できるように設定されます。

7.成功報酬

CBパートナーズでは成功報酬にレーマン方式を採用しています。CBパートナーズの手数料率は以下のようになっています。なお、弁護士による契約書作成費用などは別途負担が必要です。
 

対価 手数料率
~5億円 5%
5億円超~10億円 4%
10億円超~20億円 3%
20億円超~ 2%

【関連】FUNDBOOK(ファンドブック)のM&Aの評判や口コミは?事例や採用情報も紹介!

CBパートナーズは医療・介護・薬局系のM&Aが専門

CBパートナーズは医療・介護・薬局系のM&Aが専門

CBパートナーズでは、医療・介護・薬局のM&Aに特化したサポートを行っています。

CBパートナーズは、もともと医療・介護業界に特化した人材紹介サービス会社として事業を開始しましたが、多くの顧客から寄せられる要望に応えていく中で、M&A仲介会社としてのCBパートナーズが生まれています。

CBパートナーズは医療・介護・薬局に特化することで、対象業界での豊富な知識や経験、企業・専門家とのネットワークを獲得しており、これらのリソースをまた顧客に還元することで、質の高いサービスを実現しています。

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社一覧

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社一覧

ここからは、CBパートナーズ以外の医療・介護・薬局M&Aを得意とするM&A仲介会社をご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. MACアドバイザリー株式会社
  3. アテック株式会社
  4. 株式会社ユニヴ
  5. 株式会社経営承継支援

1.株式会社M&A総合研究所

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社1社目は、株式会社M&A総合研究所です。M&A総合研究所では、短期間で高成約率のM&A・事業承継サポートを実現します。
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 丁寧かつスピード感のあるサポートと高い成約率
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式(譲渡価格ベース)
お問い合わせ先 0120-401-970

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2.MACアドバイザリー株式会社

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社2社目は、MACアドバイザリー株式会社です。MACアドバイザリーは、調剤薬局のサポートに特化し、豊富な成約実績とネットワークを持っています。
 

サイトURL https://www.mac-advisory.jp
特徴 自社直営の調剤薬局から得られた知見による細やかなサポート
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
月額報酬:無料
成功報酬:レーマン方式(譲渡価格ベース)
お問い合わせ先 03-5532-2511

3.アテック株式会社

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社3社目は、アテック株式会社です。アテックは、調剤薬局専門仲介会社の先駆けとして、高い信頼と豊富なネットワークを築いています。
 

サイトURL https://www.atec-c.co.jp
特徴 中立・公正・経営者の立場に立ったサポート
手数料・報酬など 譲渡側手数料:無料
譲受側手数料
相談料:1時間以内3万円
その後30分ごとに5千円
成功報酬
基本報酬300万円と取引金額に5%を乗じた額の合計
お問い合わせ先 0120-11-4721

4.株式会社ユニヴ

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社4社目は、株式会社ユニヴです。ユニヴは、調剤薬局のM&A仲介や、調剤薬局に特化した人材関連サービスに強みを持ちます。
 

サイトURL https://www.univ.co.jp
特徴 調剤薬局・薬剤師・薬学生・歯科衛生士向けサービスを展開
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
月額報酬:無料
成功報酬:譲渡金額に応じて設定
お問い合わせ先 大阪:06-6361-3601
東京:03-5549-2420
名古屋:052-533-0361
九州:092-721-1027

5.株式会社経営承継支援

医療・介護・薬局系のM&Aにおすすめの仲介会社5社目は、株式会社経営承継支援です。経営承継支援は、社内に薬局譲渡専門分野を立ち上げ、フルサポートを行なっています。
 

サイトURL https://jms-support.jp/
特徴 経営承継支援内の調剤薬局専門チームがフルサポート
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:100万円
成功報酬:レーマン方式(中間報酬料を控除)
お問い合わせ先 経営承継支援:03-6279-0596
薬局譲渡支援専用ダイヤル:03-6279-0593

【関連】早稲田M&Aパートナーズ株式会社はベンチャーM&A専門?評判や事例をご紹介!

まとめ

まとめ

本記事では、CBパートナーズの業務内容や評判、年収、M&A手数料などについてご紹介してきました。

【CBパートナーズの主な支援分野】

  1. 調剤薬局M&A支援
  2. 介護施設のM&A支援
  3. 病院・クリニックのM&A支援

【CBパートナーズのM&A手数料】
  1. 相談料:無料
  2. 着手金:無料
  3. 企業価値評価:無料
  4. 中間金:無料
  5. 月額報酬:無料
  6. 成功報酬:レーマン方式
  7. 最低手数料有り
【医療・介護・薬局のM&Aを得意とする仲介会社】
  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. MACアドバイザリー株式会社
  3. アテック株式会社
  4. 株式会社ユニヴ
  5. 株式会社経営承継支援

医療・介護・薬局のM&Aでは、業界特有の制度や慣習を熟知した専門家によるサポートが必要です。

M&A総合研究所では、経験豊富なアドバイザーが親身になってサポートいたします。また、弁護士が在籍しておりますので、法律面でも安心かつ確実なM&Aを実現することができます。

料金体系は、着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬制を採用しており、成約に至らなければ費用は一切かかりません。


無料相談を随時お受けしていますので、医療・介護・薬局のM&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

M&Aの公表タイミングはいつがベスト?社員を不安にさせない方法を紹介

M&Aの公表タイミングはいつがベスト?社員を不安にさせない方法を紹介

M&Aの事実を社員や取引先にいつ公表するかは、経営者を悩ませる問題です。公表タイミングを間違えると不安や反発が起こり、M&Aの失敗の要因となってしまいます。本記事ではM&Aのベストな公表タイミン...

M&A・買収後の社員モチベーションを保つには【注意点/対策方法】

M&A・買収後の社員モチベーションを保つには【注意点/対策方法】

M&Aの際に社員は大きな不安を感じることが多く、モチベーションの低下につながることがあります。そのため、M&A後円滑に統合プロセスを進めていくには、適切な対策が必要です。本記事では、M&A後に社...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)