2020年7月7日公開会社・事業を売る

GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴィアン)は、日本・米国・欧州を中心に活動するグローバルなM&A仲介会社です。クロスボーダーM&Aを検討する企業にとって頼りになる仲介会社であるといえます。本記事では、GCA(GCAサヴィアン)の会社概要やM&Aの実績を紹介します。

目次
  1. GCAの会社概要
  2. GCAの特徴
  3. GCAの口コミ・評判
  4. GCAはこんな人におすすめ
  5. GCAのM&Aの実績
  6. GCAの採用情報
  7. M&Aの相見積もりの際におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

GCAの会社概要

GCAの会社概要

GCAの会社概要

GCA(GCAサヴィアン)は、クロスボーダー案件を得意とするM&A仲介会社です。日本・米国・欧州を中心に事務所を構えており、グローバルなネットワークを有しています。

日々のM&Aアドバイザリー業務で培われているノウハウは、質の高いM&Aサポートの実現のために活用されています。

この章では、GCA(GCAサヴィアン)の事業内容と会社概要(業績・ir情報)を紹介します。グループ会社も取り上げていますので参考にしていただけると幸いです。

事業内容

GCA(GCAサヴィアン)は、M&Aアドバイザリーを中心にあらゆる形で企業の成長支援に携わっています。ここではGCA(GCAサヴィアン)の事業内容の詳細を取り上げていきます。

【GCA(GCAサヴィアン)の事業内容】

  1. アルティウム社との経営統合
  2. M&Aアドバイザリー
  3. アセットマネジメント

アルティウム社との経営統合

GCA(GCAサヴィアン)は、2016年に欧州のM&Aアドバイザリーファーム「アルティウム社」を子会社化して経営統合を果たしています。

本件の経営統合の目的は、今後の需要拡大が予想されるクロスボーダー案件への対応力を付けるためとしています。

現にGCA(GCAサヴィアン)は海外展開のための重要なプラットフォームを確立するに至り、現在はクロスボーダー案件をひとつの特色として日本を代表するM&A仲介会社となっています。

M&Aアドバイザリー

GCA(GCAサヴィアン)のM&Aアドバイザリーは、M&Aの成約のみを目指すものではなく、クライアントの企業価値の向上を最終目標としています。

M&Aはあくまでも企業を成長させるための手段として捉えており、長期的な成長戦略や統合プロセス(PMI)までを見据えた上でM&Aアドバイザリーを行っています。

アセットマネジメント

GCA(GCAサヴィアン)は、アセットマネジメント市場においてもグローバルに活動しています。経験豊かなシニアメンバーとグローバルネットワークを活用したアセットマネジメントにより、パートナーを引き合わせます。

日本においては、グループ会社のMCo株式会社が、日本初のメザニンファンドを運営しています。グループが保有する幅広い案件ソーシングネットワークやストラクチャリング能力を駆使することで、高品質のメザニン・ファイナンスを提供しています。

業績

GCA(GCAサヴィアン)の業績は安定して伸びています。2019年のM&A市場は全体的に減速気味とされていましたが、企業全体で堅調な業績を維持しています。

「新規エンゲージメント」「クロスボーダー案件」「完了案件」のすべてにおいて前年比プラスを達成しており、GCA(GCAサヴィアン)にとって大きな成長の年となりました。

【GCA(GCAサヴィアン)の2019年12月期の業績】

連結売上高 235億円
営業利益 34億円
新規エンゲージメント 前年比7%増
クロスボーダー案件 前年比38%増
完了案件 前年比14%増

IR情報

GCA(GCAサヴィアン)は投資家に向けてir情報を公開しています。ir情報は投資判断材料としての役割があるため、会社概要と合わせることで会社の業績を分かりやすく把握することができます。

公式サイトで公開されている2019年12月期のir情報によると、2018,2019年の売上は以下のように推移しています。

【GCA(GCAサヴィアン)のir情報】

  売上高 営業利益 当期純利益
2019年度 235億円 34億円 23億円
2018年度 267億円 39億円 28億円

グループ会社

GCA(GCAサヴィアン)は巨大なグループの母体としても機能しています。ここでは、GCA FAS株式会社を始めとした代表的なグループ会社を紹介します。

【GCA(GCAサヴィアン)のグループ会社】

  1. GCA FAS株式会社
  2. メザニン
  3. GCA Capital社

GCA FAS株式会社

GCA FAS株式会社は、案件施行のサポート事業として設立されたM&A仲介会社です。デューデリジェンスやバリュエーション(企業価値評価)等のトランザクションサービスを中心に展開しています。

GCA FAS株式会社は中小企業向けの事業承継コンサルティングや税務アドバイザリーも手掛けています。小回りの利く立ち回りながら、グループが保有するノウハウを活用した質の高いサポートで幅広い規模のM&Aアドバイザリーを行っています。

メザニン

メザニンとは、シニアローン(デットファイナンス)と普通株式(エクイティファイナンス)の中間的な立ち位置のファイナンス手法のことです。

GCA(GCAサヴィアン)では、メザニンファイナンスに特化したMCo株式会社を設立しています。メザニンファイナンスは比較的投資リスクが高いとされており、日本初の本格的運営ファンドとなったCo株式会社は業界からも注目を集めています。

GCA Capital

GCA Capital社は、メザニンファイナンスの特化した米国のグループ会社です。日本のMCo株式会社と同様にメザニンファイナンスを中核としてアセットマネジメント業務に取り組んでおり、日米で大きな存在感を示しています。

【関連】M&A実績の豊富な仲介会社

GCAの特徴

GCAの特徴

GCAの特徴

GCA(GCAサヴィアン)は日本有数のM&A仲介会社として知られています。会社やM&Aサポートにはどのような特徴が見られるのでしょうか。

【GCA(GCAサヴィアン)の特徴】

  1. 完全独立型
  2. グローバルM&A

完全独立型

GCA(GCAサヴィアン)は、どの資本系列にも属さない、完全独立型のM&A仲介会社です。外部からの影響を一切受けないため、クライアントの利益最大化に最大限の貢献することができる特徴を持ちます。

質の高いM&AサポートはGCA(GCAサヴィアン)を大きく成長させ、2006年にはM&A事業者としては日本初となる東証上場を果たしました。以降も米国・欧州のM&A事業者との経営統合を繰り返し、世界でも知られるほどのM&Aファームとして成長しました。

グローバルM&A

GCA(GCAサヴィアン)は、グローバルネットワークを活用したグローバルM&Aも特徴のひとつです。豊富な経験とノウハウを有する専門家による幅の広いグローバルネットワークと戦略的アドバイスは、クライアントの複雑なニーズにも柔軟に対応しています。

【関連】海外進出の課題とは?方法や手順、クロスボーダーM&Aを活用した海外進出

TOP5

GCA(GCAサヴィアン)は、2008年に米国のSavvian LLCとの経営統合によりグローバルでもTOP5入りを果たします。

M&A事業者としての母体を大きくすることで、日本のみならず世界でも大きな存在感を示していくようになります。

拠点

2020年現在、GCA(GCAサヴィアン)は世界に25拠点を構えています。海外拠点は米国・欧州を中心に展開しており、現地との強固なネットワークを保有しています。

グループの専門家が常に現地に常駐しているため、時間をかけることなく視察することが可能になっています。海外企業の実情を把握することができるので、複数の拠点を持つGCA(GCAサヴィアン)はグローバルM&Aにおいて頼れる存在であるといえます。

クロスボーダー案件

GCA(GCAサヴィアン)はクロスボーター案件の取り込みに積極的な姿勢を見せています。前述した米国のSavvian LLCとの経営統合や欧州のアルティウム社との経営統合を通して、グローバルネットワークをより強固なものにしています。

2019年度の業績においては、クロスボーダー案件は前年比38%増となっており、グローバルなM&A事業者として成長し続けていることが分かります。

GCAの口コミ・評判

GCAの口コミ・評判

GCAの口コミ・評判

GCA(GCAサヴィアン)の口コミ・評判は、利用者からのものがいくつか見受けられます。この章では、数ある口コミ・評判の中から、2件ピックアップして紹介します。

1.各分野に特化した専門家が多い

GCA(GCAサヴィアン)は各分野に特化した専門家が多いことで評判です。M&Aの戦略策定から統合プロセスまでの工程を一貫して行えるため、M&Aの方向性がぶれることなく進行することができます。

2.海外進出サポートで頼りになる

GCA(GCAサヴィアン)は海外現地に複数の拠点を有していて強力なグローバルネットワークがあります。海外企業との繋がりを活用したクロスボーダーM&A支援は、海外進出を目指す上で頼りになると評判になっています。

また、代表がアメリカの監査法人出身であることも影響しています。海外のM&A事情に詳しいため、日々変化する環境にも柔軟に対応することができます。

GCAはこんな人におすすめ

GCAはこんな人におすすめ

GCAはこんな人におすすめ

GCA(GCAサヴィアン)は、クロスボーダー案件に強みを持つM&A仲介会社です。強固なグローバルネットワークを活用したクロスボーダーM&A支援は、他の仲介会社が容易に真似できるものではありません。

海外事情に精通しているGCA(GCAサヴィアン)は、海外進出を視野に入れている、もしくは海外企業から買収を持ちかけられている方におすすめであるといえます。

【関連】クロスボーダーM&Aを成功させるには

GCAのM&Aの実績

GCAのM&Aの実績

GCAのM&Aの実績

GCA(GCAサヴィアン)は豊富なM&A実績を積み重ねています。M&A実績は公式サイトで随時公開されており、2020年に入ってからも多くのM&Aを成約させています。

この章では、GCA(GCAサヴィアン)の国内M&Aと海外M&Aから1件ずつピックアップして紹介します。

【GCA(GCAサヴィアン)のM&Aの実績】

  1. 伊藤忠によるノインの第三者割当増資引受の支援
  2. 日立ハイテクによる香港企業への出資の支援

1.伊藤忠によるノインの第三者割当増資引受の支援

2020年4月、伊藤忠はノインが第三者割当増資引受で新規発行する株式の一部を引き受けることを公表しました。

本件に関して、GCA(GCAサヴィアン)は伊藤忠のアドバイザーとして関わっています。株式の割当を受けるまでの手続きや割当後の経営戦略までのサポートを通して、GCA(GCAサヴィアン)の目的であるブランドビジネスとのシナジー創出に尽力しています。

2.日立ハイテクによる香港企業への出資の支援

2020年5月、日立ハイテクは香港のTechcomp Scientific Limitedの株式を取得して子会社化することを公表しました。

GCA(GCAサヴィアン)は日立ハイテクのアドバイザーに就いています。日本と香港で異なる法務にも柔軟に対応したM&Aサポートで、円滑なクロスボーダーM&Aを実現しました。

【関連】M&A仲介会社における上場企業とは?非上場のM&A仲介会社との比較をご紹介

GCAの採用情報

GCAの採用情報

GCAの採用情報

GCA(GCAサヴィアン)は積極的に新卒採用を行っています。新卒採用の専用ページが設けられており、新規登録することで応募することができます。

この章では、GCA(GCAサヴィアン)の平均年収や新卒の採用情報、インターン情報を取り上げていきます。GCA(GCAサヴィアン)への就職を検討している方は参考にしていただけると幸いです。

年収

有価証券報告書によると、GCA(GCAサヴィアン)の平均年収は2063万円です。M&A業界は平均年収が高いことで知られていますが、同業種の中でもかなり高い数値になっています。

また、口コミ情報になりますが、エグゼクティブ・ディレクターになると平均年収が2000万円以上になるという情報もあります。職位に応じて給与が伸びていくため、働きがいもあると評判になっています。

新卒採用

GCA(GCAサヴィアン)は2022年度の新卒採用の募集を開始しています。詳細な募集要項は下記の通りです。

【GCA(GCAサヴィアン)の新卒採用の募集要項】

募集職種 M&Aファイナンシャルアドバイザー
給与 年俸制(個人の能力により決定)
昇給:年1回
業績賞与:年1回
休日 完全週休二日制
祝日
年末年始
福利厚生 長期所得補償保険・医療保険・団体定期保険
スポーツクラブ
人間ドック受診制度
従業員持株制度
借り上げ社宅制度
確定拠出年金制度
その他教育制度

インターンシップ

GCA(GCAサヴィアン)のインターンシップ情報は出回っていません。公式サイトや口コミ・評判をチェックしてみても該当する情報がないため、少なくとも一般公募はしていないと考えられます。

本選考に向けてインターンシップで就業体験をしておきたいものですが、公募されていない以上は諦めるしかなさそうです。

M&Aの相見積もりの際におすすめの相談先

M&Aの相見積もりの際におすすめの相談先

M&Aの相見積もりの際におすすめの相談先

M&Aを成功させるためには、あらゆる可能性を模索した上で最善の方法を選択することが大切です。そのためには、相談先を一社に限定せずに複数の仲介会社への相見積もりをおすすめします。

M&A総合研究所は、幅広い業種を扱うM&A仲介会社です。クロスボーダーM&Aにも対応しており、数多くの企業の海外進出をサポートしています。

1つの案件に対してM&Aの経験豊富なアドバイザー・会計士・弁護士の3名が就きます。各分野の専門家がM&Aの工程を徹底的にサポートするため、M&A成約後の統合プロセスまで安心してお任せいただけます。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。M&Aの成約まで一切の手数料が発生しないため、無駄に手数料を支払うことはありません。

M&Aに関する無料相談は24時間お受けしています。M&Aの相見積もりの際は、M&A総合研究所にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

GCA(GCAサヴィアン)の会社概要やM&Aの業績について見てきました。特にクロスボーダーM&Aに強みを持っており、数多くの日本企業の海外進出を支援しています。

強固なグローバルネットワークを保有しているのでクロスボーダーM&Aを検討の際は、おすすめの相談先といえます。

【GCA(GCAサヴィアン)の事業内容】

  1. アルティウム社との経営統合
  2. M&Aアドバイザリー
  3. アセットマネジメント
【GCA(GCAサヴィアン)の特徴】
  1. 完全独立型のM&A仲介会社
  2. グローバルM&Aが得意
【GCA(GCAサヴィアン)のM&Aの実績】
  1. 伊藤忠によるノインの第三者割当増資引受の支援
  2. 日立ハイテクによる香港企業への出資の支援

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着...

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&A仲介会社を利用するとさまざまな手数料が発生しますが、中でも中間金は発生のタイミングや料金体系が分かりづらく、仲介会社に相談する際のネックとなることがあります。そこで本記事では、M&Aの中間...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法・会社法とは、営利を目的とする個人・企業の活動や手続に関してルールを定めた法律です。商法・会社法はビジネスシーンでかかわる機会が多いので、事業活動を行う上で欠かすことができません。今回は、商...

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

非上場企業は株式公開していないため、株価の客観的な数値が分かりません。そのため、M&Aや相続の際は定められた基準に従って自社株評価を行う必要があります。本記事では、非上場企業の自社株評価のやり方...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)