2020年5月16日更新会社・事業を売る

M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

M&Aアドバイザーは、M&Aに関する相談、調査、具体的な交渉など、M&Aの一連の流れを手厚くサポートします。各専門分野における的確なアドバイスをしてくれるので、M&Aの当事者にとっては非常に心強い存在です。 メリットとデメリットについても解説しています。

目次
  1. M&Aアドバイザーとは?
  2. M&Aアドバイザーの業務内容
  3. M&Aアドバイザーに相談する際の料金体系
  4. M&Aアドバイザー活用の注意点
  5. M&Aアドバイザー活用のメリット・デメリット
  6. M&Aアドバイザー会社3選
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aアドバイザーとは?

M&Aアドバイザーとは?

M&Aアドバイザーとは、M&Aの相談や調査、交渉などM&Aの一連の流れをサポートするM&Aの専門家です。M&Aコンサルタントや、ファイナンシャルアドバイザーと呼ばれることもあり、具体的な業務内容は多種多様なものがあります。

M&Aを行う際には、M&Aアドバイザーのサポートが必要で、その契約形式には売却側と買収側の双方にM&Aアドバイザーが着任する「アドバイザリー形式」と、売却側と買収側の間にM&Aアドバイザーが立ち中立な状況でサポートし手続きを進める「仲介形式」の2つがあるのです。

仲介型式は、買収側と売却側の話し合いが円満に進みやすい特徴があります。専門的なサポートを行うM&Aアドバイザーは、当事者にとって非常に心強い存在です。以下のポイントをもとにその特徴や、M&AアドバイザリーやM&Aコンサルタントとの関係についてご紹介します。

  1. M&Aアドバイザーの特徴
  2. M&Aアドバイザーのサポート形式
  3. M&Aアドバイザーという名称について
  4. M&Aアドバイザーを提供する主体
それぞれ見ていきましょう。

①M&Aアドバイザーの特徴

M&Aは、その実行にあたってさまざまな専門知識が必要です。例えば、M&Aの対象企業の選定、企業価値の算定、対象企業の経営状況や事業内容などの詳細な調査、問題点の検証、対象企業との交渉など、各段階で専門知識が求められます。

そこで、それぞれの専門分野に精通しているM&Aアドバイザーに依頼することで、専門的なサポートを受け、M&Aを効率的に進めることができるのです。

当事者企業だけでM&Aを行うことももちろんできます。しかし、法律や税務をはじめさまざまな専門知識が必要となるため、企業だけでM&Aを進めることは困難です。当事者だけで進めると、調査や交渉などでトラブルに発展するおそれもあります。

トラブルを防ぎ、スムーズに進めるためには、やはりM&Aアドバイザーなどの専門家のサポートを受ける必要があるのです。費用の面で避けたい人もいるかもしれませんが、依頼する方が結果的に大きなメリットを得られるケースが多くなります。

②M&Aアドバイザーのサポート形式

M&Aアドバイザーの契約形式には、2つあると先述しましたが、サポート形式により手数料についても違いがあるため、気をつけましょう。仲介形式では、売却側と買収側の双方から取引金額の数%を成功報酬として得ることがよくあります。

一方でアドバイザリー形式では基本的に、契約先である売却側あるいは買収側の企業から報酬が支払われるのです。サポート形式とあわせて、報酬体系もしっかり確認しておきましょう。

③M&Aアドバイザーという名称について

M&Aアドバイザーは、M&Aコンサルタント、フィナンシャルアドバイザー(FA)などさまざまな名称で呼ばれます。 また、「M&Aアドバイザリー」という表現がありますが、その違いについても整理しておきましょう。

M&Aアドバイザリーは、専門的なM&Aの一連の流れをサポートするサービスのことを指します。このサービスを行う専門家が、M&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)です。 「アドバイザリー」は、アドバイスをするサービスを指し、「アドバイス業務」を意味します。

一方で、アドバイザーやコンサルタントは職業を示す言葉です。 M&Aアドバイザリー業務の専門家が、M&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)となります。しかし実際には、M&Aアドバイザリーサービス会社に相談することを「「M&Aアドバイザリー会社に相談する」と表現するのです。

一方で、「M&Aアドバイザーに相談する」という表現を、「M&A仲介会社やM&Aアドバイザリー会社に相談する」と使用する場合もあります。そのアドバイザーが在籍するアドバイザリー会社や仲介会社に、相談するという意味で考えることもできるからです。

確かにアドバイザーは個人を示す言葉ですが、時にはサービス名、さらには会社として表現することもある、という感覚を持っておくとイメージしやすいでしょう。

④M&Aアドバイザーを提供する主体

M&Aアドバイザリーのサービスを提供する会社は、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社のほか、証券会社、銀行(メガバンク、地方銀行)、信用金庫、会計事務所、税理士事務所などが挙げられます。

例えば証券会社や銀行などは、「M&Aアドバイザリー部門」を設けサービスを提供する形態が多いです。一方、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の場合は、M&Aアドバイザリーに特化しサービスを提供する「M&Aの専門家の集団」という立ち位置でサポートを行います。

このように、M&Aアドバイザリーのサービスを行う会社は多岐に渡り、自分に合ったところを選ぶ必要があるのです。これらの会社に所属し、実際にM&Aアドバイザリーを提供する専門家がM&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)となります。

以上、M&Aアドバイザーについての基本的なことを解説しました。それではここからは、M&Aアドバイザーの業務内容についても見ていきましょう。

※関連記事
M&Aアドバイザーのランキング【必見】 | M&A・事業承継の理解を深める

M&Aアドバイザーの業務内容

M&Aアドバイザーの業務内容

その業務内容は、M&Aの始めから終わりまで、各段階で専門的なアドバイスをします。M&Aアドバイザーの業務を知るには、M&Aアドバイザリー業務の流れを知っておくことが必要です。業務は、大きく分けると以下の流れによって進みます。

  1. M&A戦略の策定
  2. 売手企業の会社情報資料の作成
  3. 対象企業を見つける
  4. 交渉や調査
  5. 契約
  6. 統合
買収する側の会社にM&Aアドバイザーが着任したケースを例に、M&Aアドバイザーが行うアドバイザリー業務を整理しておきましょう。では、それぞれの手続きについて順番に見ていきます。

①M&A戦略の策定 

まず、買収を検討する企業と具体的なM&A戦略を策定します。企業がM&Aを行う目的はそれぞれ異なり、M&Aの手法もさまざまです。そのため、どのような企業・事業を買収したいのか、どのような手法を用いるべきか、買収を検討する企業と一緒に具体的なM&A戦略を検討します。

しかし、実際にはM&Aでの戦略作りの運び方が分からない経営者がほとんどです。そのときは積極的にM&Aアドバイザーに相談してください。M&Aをなぜ行いたいのかをアドバイザーに伝えながら、自社に合ったM&A戦略を考えていきましょう。

②売手企業の会社情報資料の作成

売手企業への検討材料となる必要資料の作成も、M&Aアドバイザーの仕事です。必要となる資料には、詳細に企業情報がまとめられています。この資料を、「企業概要書」といいますが、この資料は売手企業の事業内容・希望条件、さらに企業のもつ将来性などを買手企業へアピールするために重要な資料です。

③対象企業を見つける

買手はM&A戦略を決めたら、買収候補となる企業の選定を行います。適切な対象企業を見つけるには、候補企業の財務状況など、専門的な調査・分析を行わなくてはなりません。具体的には、買収候補のリストを作成するなど、候補企業ごとに情報を整理し選定を進めます。

特に、買手は売手企業を取り込む立場になり、売手が持つリスクも抱えることになるのです。したがって、買収候補を絞る際には、買収にあたってのリスクをあらかじめ検討しなくてはなりません。M&Aアドバイザーの専門的なアドバイスにより、リスクを洗い出しておく必要があります。

④交渉や調査

買収希望の企業が決まれば、その企業と企業の株主に対してアプローチを行います。相手企業が、買収に応じた場合は買収方法など具体的な協議に進むのです。合意に至れば、基本合意書を締結します。その後、買収対象となる企業の財務状況など、さらに詳細な調査が行われます。

これらの調査結果をもとに、具体的な買収金額などの交渉を進めますが、特に買収価格は企業の財務状況などを詳しく調査・検証し、資産価値を適正に評価して算出する必要も出てくるでしょう。

また、財務状況のほかにも、法務・税務上の問題点の有無など詳しい調査と問題点の検証が必要です。

こうした詳細な調査・検証のことを、「デューデリジェンス」といいます。デューデリジェンスを丁寧に行わなければ、M&A後に大きなトラブルに発展する可能性があるのです。デューデリジェンスにおいて、M&Aアドバイザーは大きな力を発揮します。

また、交渉段階においても活躍が期待できるため、積極的に頼りましょう。専門分野に精通したM&Aアドバイザーが交渉を進めれば、より良い条件でのM&Aを実現できます。

⑤契約

交渉がまとまれば、最終的な合意により契約となります。契約締結後、M&A業務における最終的な手続き(クロージング)により、取引が実行され経営権が移転するのです。株式譲渡の場合、株券の引き渡しと対価の支払いが、クロージングにあたります。

これにより、実際に経営権が移転し、買収対象企業は買収企業の傘下に入ることになるでしょう。

最終契約を締結する前には、内容に問題ないか入念に確認してみてください。もし不安を感じる場合、M&Aアドバイザーにも確認してもらいましょう。

⑥統合

会社は、新体制のもとでスタートしますが、ここで「統合」という段階があり欠かせません。統合は、買収企業と被買収企業の違いを素早く埋めるプロセスのことです。異なる企業同士では、風土や雰囲気に違いがあります。

買収後に事業展開をスムーズに進めるには、この違いは早急に埋める必要があるのです。また、人事システムや情報システム、業務プロセスなどの統合も欠かせません。M&Aアドバイザーはこれらをあらかじめ分析しておき、統合の際に適切なアドバイスを行ってくれます。

ただし、なかには統合作業にはあまり関わらないM&Aアドバイザーも存在するため、M&Aアドバイザーと契約する前に、業務内容の範囲を確認しておけば安心です。以上、M&Aアドバイザーの業務内容でした。次に、料金体系についても見ていきます。

M&Aアドバイザーに相談する際の料金体系

M&Aアドバイザーに相談する際の料金体系

料金体系についてですが、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社によっては、最初の相談は無料で行われる場合もあります。 ただ、実際にサービスを利用する場合は、さまざまな報酬がかかるため気をつけましょう。

ここでは、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の代表的な報酬体系について紹介します。

  1. 着手金
  2. 企業価値の算定費用
  3. 中間報酬
  4. 月額報酬
  5. 成功報酬
それぞれの報酬について、順番に見ていきます。

①着手金

依頼を受けて作業に着手するための費用です。結果の成功・不成功にかかわらず、着手金は依頼した段階で発生します。これは、まず気をつけるべき報酬です。着手金は返還されません。 一方で、M&Aアドバイザリー会社によっては発生しない場合もあります。

②企業価値の算定費用

M&Aでは、対象企業の財務状況や市場での評価など、多様な観点から企業価値を算定しなければなりません。企業価値の算定も、専門分野になるためM&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の料金体系に含まれることが多いです。

ただしこちらも、不要な会社があります。できるだけM&Aアドバイザーに支払う費用を抑えたいなら、無料で企業価値を算定してくれるところを選びましょう。

※関連記事
会社売却の相場 | M&A・事業承継の理解を深める

③中間報酬

M&Aにおける対象が決定し、当事者が基本合意に達した段階で発生する費用のことをいいます。基本的には、成功報酬の一部となり、最終的な成功報酬額の10~20%程度になるケースが多いです。やはりこの報酬についても、不要である会社もあります。

ただし、中間報酬によってM&Aの成功が確約されるわけではありません。もしも不安なら、成約したときだけ報酬が発生するところに相談しましょう。

④月額報酬

リテイナーフィーという別名もあり、M&Aアドバイザリー会社に対して顧問料として支払う報酬です。数ヶ月間にわたるM&Aでは月額報酬がかかると全体の費用も高額になりやすい特徴も持っています。そのため、月額報酬を設定していないM&Aアドバイザーを事前に確認しましょう。

⑤成功報酬

M&Aが成立した際に発生する報酬です。成功報酬は、一般的にレーマン方式と呼ばれる報酬体系になるので覚えておきましょう。 これは、取引金額に応じて一定の報酬料率を掛け、報酬額が決定するという仕組みです。

成功報酬のみのM&Aアドバイザーもいるので、わかりやすい報酬体系を望むのであれば完全成功報酬制のM&Aアドバイザーに依頼しましょう。以上、M&Aアドバイザーへのさまざまな報酬について解説しました。

次に、M&Aアドバイザー活用の注意点を見ておきましょう。

M&Aアドバイザー活用の注意点

M&Aアドバイザー活用の注意点

さまざまなメリットがあるM&Aアドバイザーのサポートですが、活用の際の注意点も知っておきましょう。

まず、M&A仲介会社などの専門会社の得意分野は、会社・サービスによってさまざまで、特化している分野が異なります

そのため、それぞれのサービスの特徴を比較し自社に合うものを選択しなくてはなりません。 もしサービス内容が自社に合わなければ、M&Aを効率的に進めることは難しくなります。また、コスト面についても比較し、M&Aによる利益と見合うかどうか検討しましょう。

では、M&Aアドバイザー活用のメリットとデメリットをあらためて見ておきます。

M&Aアドバイザー活用のメリット・デメリット

M&Aアドバイザー活用のメリット・デメリット

M&Aアドバイザーを活用する際のメリットとデメリットを確認しておきましょう。まずは、メリットから見ていきます。

①M&Aアドバイザー活用のメリット

最大のメリットは、やはりその専門性にあります。専門分野に関するアドバイスを受けることは、M&Aを実行するうえで非常に心強いからです。M&Aの手法や進め方など、それぞれの段階で専門的なアドバイスを受けることで、M&Aにおけるさまざまな疑問が解決します。

また、M&Aをするか悩んでいる方にも心強いです。M&Aをするべきかどうかわからない、あるいはM&Aをしたくても不安要素が強いなど、経営者がM&Aに関して抱える悩みは多いでしょう。M&Aアドバイザーは、こうした不安要素についても的確なアドバイスをしてくれます。

さらに、これまでM&Aを選択肢に入れてこなかった経営者にとってはM&Aアドバイザーに相談し、これまで漠然としていたM&Aのイメージがはっきりすることで、事業継続の方法としてM&Aを選択肢に加えることができるはずです。

経営課題の解決につながる、貴重なアドバイスを受けるという点でも、M&Aアドバイザーの活用は大きなメリットとなります。ですが、知っておくべきデメリットもあるので見ておきましょう。

②M&Aアドバイザー活用のデメリット

成功報酬をはじめとしたコストが発生します。コストパフォーマンスを考え、M&Aによって発生する利益と見合うかどうか、事前に検討しなくてはなりません。M&Aでは、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社などの専門家のサポートを受けることは必須と言えます。

そのため、報酬がかかるという点は覚悟しておくことが必要です。そのうえで、各会社の報酬体系を比較し、自社に合ったサービスを選ぶことが大切でしょう。これにより、自社にとって最適なコストでM&Aを進められます。次に、M&Aアドバイザーのランキングを見ておきましょう。

M&Aアドバイザー会社3選

M&Aアドバイザー会社3選

M&Aアドバイザーランキングは、以下のようなものです。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. M&Aキャピタルパートナーズ
  3. 日本M&Aセンター
それぞれのM&Aアドバイザーについて、順番に見ていきましょう。

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

まず、M&A総合研究所です。さまざまな事例で、M&Aアドバイザーとして活躍しています。全国の、M&A案件の取り扱いをしており、規模の小さい企業のM&A案件にも対応可能です。

M&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、M&A総合研究所では平均して3ヶ月~6ヶ月の期間でクロージングを行っています。

相談も無料で完全成功報酬となっており、非効率な作業をシステム化することで人件費の削減を可能にしており、仲介手数料も業界最安値水準です。安心してお気軽にお問い合わせください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

②M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、主に中堅・中小企業に特化し、中小企業が抱える経営課題の解決に強みを持っています。専門のコンサルタントが一貫してサポートを行う専任担当制のもと、安心感のあるサービスを提供しているのです。

日本における、M&A助言会社の老舗となるレコフと連携しており、それぞれの顧客基盤やネットワークを活かしたサービスに特徴があります。また、成功報酬と中間報酬のみの報酬体系となり、着手金は無料です。

③日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスが特徴で、年間成約支援数649件という実績を持っています。1案件ごとに、法務担当者と会計・税務担当者の案件担当者がサポートするという体制のもと、専門性の高いサービスを提供しています。

※関連記事
M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します | M&A・事業承継の理解を深める

まとめ

以上、M&Aアドバイザーの特徴、料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングについての解説でした。

経済効果の高いM&Aを進めるためにも、それぞれのM&Aアドバイザーが特化している分野・サービス内容を比較し、自社に合ったM&Aアドバイザーを活用していきましょう。 

今後、M&A事例の増加に伴い、M&Aアドバイザーが活躍する場もさらに拡大することでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)