2020年4月8日更新事業承継

M&AコーポレートアドバイザリーがM&A仲介で選ばれる理由とは?【口コミ・評判】

M&Aコーポレートアドバイザリーは、会社の代表者2名が柱となり適切なM&Aが実施できるようにサポートやアドバイスを行っている仲介会社です。経験豊富な代表者がM&Aの成約を目指してくれるため、安心して依頼できる会社といえるでしょう。

目次
  1. M&Aコーポレートアドバイザリーの会社情報
  2. M&Aコーポレートアドバイザリーの仲介手数料
  3. M&Aコーポレートアドバイザリーの口コミ・評判
  4. M&Aコーポレートアドバイザリーの採用情報
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aコーポレートアドバイザリーの会社情報

はじめに、M&Aコーポレートアドバイザリーの会社情報についてご紹介します。

M&Aコーポレートアドバイザリーの会社概要

社名 株式会社M&Aコーポレート・アドバイザリー
事業内容 M&A(合併、買収、提携など)の仲介などのアドバイザリー
業務内容 事業承継、企業戦略、資金調達などのコンサルティング
代表取締役 谷口友保
株主 役員100%
所在地 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-17 アイオス永田町
電話番号 03-6268-8511
FAX 03-6268-8512

(M&Aコーポレートアドバイザリーホームページ参照)

M&Aコーポレートアドバイザリーは、東京都千代田区に事務所を構えており、M&Aを成功に導くためのアドバイザリーを行っている会社です。2007年8月に会社を設立しており、会社の代表取締役は2名で、役員によって株式を100%保有しています。

M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、M&Aにかかわる一連のサービスを提供しており、プロフェッショナルがそれぞれの顧客に寄り添った形でサポートを実施しています。

主な業務内容は会社の譲渡仲介であり、後継者問題や経営戦略の見直しなどによって、会社または事業を譲渡したいと考える経営者へのサービスを提供しています。

また、M&Aコーポレートアドバイザリーは、M&Aに関連する相談、価値観・方向性の共有をして、企業価値評価、相手先候補企業の洗い出し、スクリーニング、打診、絞り込み、条件交渉、最終契約の締結までのプロセスについてサポートをしています。

そのため、会社や事業を譲渡しようと考える会社と相手先候補の会社の間に立ち、事業譲渡や事業承継における株式譲渡などを得意としている会社です。

企業価値の評価はM&Aにおいて重要な業務の一つですが、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、経営している会社の企業評価を実施してほしい場合にも無料で試算するサービスを提供しています。

加えて、企業・事業買収の支援も実施しており、事業拡大やM&Aの手段として企業や事業の買収を検討している場合であってもサポートする体制が整っています。そのほか、マーケティング・ソーシング支援、資本提携・各種アドバイザリーなどM&Aに関連する業務も担っています。

M&Aコーポレートアドバイザリーの売上高

売上高については、具体的な金額が示されていないため、明確化することは困難です。

しかし、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、大手企業からの事業部門の売却や子会社の売却などの案件も取り扱っており、海外企業から日本企業への出資や買収、日本企業から海外企業を買収する案件も取り扱っています。そのため、年商については億単位の金額になることが予測できます

また、日本企業同士のM&A案件も多く、業種もさまざまであるため、年間のM&A成約件数は非常に多いと考えられます。問い合わせに対して、1営業日以内に回答することをモットーとしているため、相談件数も多いでしょう。

さらに、M&Aコーポレートアドバイザリーは、M&A仲介に加えてマーケティング力も高いため、事業買収に熱心な企業や投資ファンドなどから広く信頼を集めています。そのため、売上となる取引が多く、年商の売上高についても高額になることが予測されます。

しかし、M&Aのマッチングやアドバイスを実施しているのは、経験豊富な2名の代表者であるため、年間のM&A契約件数は数十件にとどまり、友好的なM&Aの成約を目指していると考えられます。

M&Aコーポレートアドバイザリーの従業員数

M&Aコーポレートアドバイザリーの従業員数は、常勤・非常勤を含めて約10名です。従業員の多くは、銀行や証券会社などの金融機関出身者が多く、異業種からチャレンジしている方もいるようです。

M&Aの仲介業務については、M&Aに経験豊富な代表者自らが担当者となり、アドバイスやサポートを実施しています。入社数年程度の若手社員は、M&A取引における調査や書類の作成などを主な業務としており、顧客とのやり取りや具体的なアドバイスやサポートは会社の代表者が担当している点がこの会社の特徴です。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
M&Aの依頼は誰にすれば良い?仲介会社/銀行/税理士の特徴を解説

M&Aコーポレートアドバイザリーの仲介手数料

ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの仲介手数料について詳しく説明していきます。

着手金

着手金とは、M&Aの成功、不成功に関係なく、仲介会社にその案件に対応してもらうために支払う費用の一部のことで、依頼した時点で請求されることがほとんどです。しかし、M&Aコーポレートアドバイザリーの着手金は無料であるため、安心して相談できます。

相手先の会社との基本合意を得るまでは手数料が無料であるため、初期相談、企業価値算定、資料の受け入れ、面談が無料で受けられ、どのようにM&Aを進めていくかなどのアドバイスやサポートを受けられます。

M&A仲介の依頼を申し込む前に事前相談をすることも可能であり、電話やインターネットの申込フォームから依頼できます。また、インターネットから無料相談の申し込みをした場合であっても、1営業日以内に回答をする体制が整っています。

中間金

M&Aの仲介を依頼すると、相手会社とのマッチングや打診をし、相手先が決まった時点で担当者との面談やトップ面談が実施されます。その際、基本合意契約を締結する段階で請求される手数料のことを中間金といいます。M&Aコーポレートアドバイザリーでは、この中間金が発生するため注意しましょう。

中間金の金額は、基本合意時点の成功報酬に相当する金額の20%としています。M&Aでは、基本合意契約を締結する段階で売買金額が確定しているケースがほとんどです。そのため、中間金が発生する仲介会社では、成功報酬を試算し、料率を設定しているM&A仲介会社が多いでしょう。

もし、M&Aに関する費用を抑えたい場合は、M&A総合研究所に一度ご相談ください。M&A総合研究所は、M&AプラットフォームやM&Aメディアからの情報によって短期間でマッチングを行い、人件費の削減を可能にしているため、他社よりも低価格でM&Aの成立を目指すことができます。

また、事前相談は無料で、着手金や中間金もかかりません。完全成功報酬制をとっており、成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、リーズナブルにご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

成功報酬

M&Aコーポレートアドバイザリーでの成功報酬は、時価総資産(営業権を含む)の金額に対し、レーマン方式で計算した金額を成功報酬としています

レーマン方式の料率

レーマン方式は、時価総資産(営業権を含む)の金額に応じて料率が変わる手法で、以下のような決められた料率を設定しています。

  • 5億円以下の部分:5%
  • 5億円を超える部分から10億円以下の部分:4%
  • 10億円を超える部分から50億円以下の部分:3%
  • 50億円を超える部分から100億円以下の部分:2%
  • 100億円を超える部分:1%

成功報酬の計算方法に、レーマン方式を取り入れているM&A仲介会社は多く、成功報酬を支払う段階になって成功報酬額について説明を受けることもあるでしょう。

レーマン方式の計算式

そこで今回は、レーマン方式における成功報酬の計算方法について、時価総資産の金額が12億円だった場合の具体例を見ていきましょう。

まず、5億円を超える部分に5%の料率が掛けられるため、5億円×5%=2,500万円となります。また、5億円を超える10億円以下の部分に4%の料率が掛けられるため、5億円×4%=2,000万円となります。さらに、10億円を超える50億円以下の部分が2億円であるため、2億円×3%=600万円になります。

まとめると、以下のような計算式となります。

  • 5億円(5億円以下の部分)×5%=2,500万円
  • 5億円(5億円を超える10億円以下の部分)×4%=2,000万円
  • 2億円(10億円を超える50億円以下の部分)×3%=600万円
  • 成功報酬(①+②+③)=5,100万円

それぞれで算出した金額の合計が成功報酬となるため、この場合は5,100万円が成功報酬です。

最低成功報酬について

また、M&Aコーポレートアドバイザリーでは、一定の最低報酬を設定しているようですが、具体的な金額は示されていません。最近では、スモールM&Aと呼ばれる小規模の会社や個人事業主がM&Aを実施する場合もあり、売買金額が億を超えない取引もあります。

そのため、最低成功報酬を設定しているM&A仲介会社も多く、金額はM&A仲介会社によって異なりますが、最低成功報酬の相場は300万円から500万円となっています。

その他サービス料金

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、マーケティング、ソーシング支援や各種アドバイザリーの手数料について個別に案内をしています。

マーケティングやソーシングの支援では、依頼される内容によって実施する業務が異なるため、金額も異なります。簡単なものであれば安価で済みますが、マーケティングなど内容が濃いものになれば、高額になる場合もあるでしょう。

※関連記事
M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説
M&Aの費用

M&Aコーポレートアドバイザリーの口コミ・評判

ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの口コミや評判についてご紹介します。M&Aコーポレートアドバイザリーが選ばれる理由には、以下のようなポイントが挙げられます。

  1. 代表者自らが担当する
  2. 着手金無料で相談できる
  3. 無理に話を推し進めない
  4. 満足してもらえるM&A成約を目指している
  5. 譲渡企業も買収企業も同じ担当者が担当する

①代表者自らが担当する

入社数年目の若手が担当するのではなく、M&A仲介の経験が豊富な代表者自らが担当することがM&Aコーポレートアドバイザリーが選ばれる一番の理由でしょう。

入社数年目でも適切なアドバイスやサポートができる担当者もいますが、より良いM&Aの成立を目指すのであれば、経験が豊富な担当者に任せる方がスムーズです。

近年のM&Aでは、事業承継が絡むものや事業拡大などを目指したものなど、多種多様な目的でM&Aが活用されています。そのため、M&Aの経験が豊富な人材が担当した方が、どのようなケースでもM&Aをスムーズに進められるうえに、依頼をした経営者も安心して任せられます

②着手金無料で相談できる

M&Aを検討しているもののまだ売却を決めかねている場合、相談に行く度に手数料がかかってしまうと相談することをためらい、M&Aの成立が難しくなってしまいます。

しかし、M&Aコーポレートアドバイザリーは、着手金が無料であるため、M&Aを実行するかしないか、タイミングはどうするかなど、その度に相談に応じてくれます。場合によっては売却を迷っている段階でも、相手先を紹介してくれるシステムがあり、売却を考える経営者に寄り添った形でM&Aを進められます。

③無理に話を推し進めない

M&Aコーポレートアドバイザリーは、M&Aの成立を無理に推し進めないため、安心して相談できるという特徴があります。もちろんM&Aコーポレートアドバイザリーは会社であるため、M&Aの成功報酬=売上であることは当然のことです。

しかし、優柔不断でなかなか決断ができない経営者に対して、「ご縁があってサポートをさせていただく」というスタンスであるため、M&Aを無理に進めるような行為はしていません。どのような場合であっても、経営者が納得してM&Aの成立を目指せるように心がけています。

④満足してもらえるM&A成約を目指している

M&Aコーポレートアドバイザリーは、表面的な数字だけで判断するのではなく、事業や理念なども理解したうえで、親身になって話を進めるという特徴があります。

M&Aの場合は、会社を評価するために決算書や株式価値評価を実施します。しかし、このような数字だけではなく、会社には、経営者がこれまで経営してきた歴史や経営理念、信頼できる従業員などへの思いもあります。

これらを踏まえたうえで、満足してもらえるM&A成約をM&Aコーポレートアドバイザリーは目指しています。

⑤譲渡企業も買収企業も同じ担当者が担当する

譲渡企業と買収企業を分業しているM&A仲介会社もありますが、M&Aコーポレートアドバイザリーではそれぞれに担当者を設けるのではなく、一人でどちらの会社も担当するシステムになっています。

譲渡する側と買収する側に直接話を聞くことで、細かいニュアンスも感じ取ることができ、M&Aにおいて繊細に話を進められます。互いの情報を適切に理解して伝えることで、スムーズなM&A取引を実現しているのです。

M&Aコーポレートアドバイザリーの採用情報

ここでは、M&Aコーポレートアドバイザリーの採用情報について説明していきます。

求める人材

M&Aコーポレートアドバイザリーのホームページには、採用情報も掲載されています。しかし、むやみに人数を増やすことを目的としておらず、お客様への品質やサービスを提供するために、採用する人材をしっかりとした方針で決定しています。

M&Aコーポレートアドバイザリーでは、M&Aに興味があり、この分野で成長したいと考える人材、および経営者の気持ちに寄り添える人材を求めています。基本的には、大卒以上としており、M&Aの経験は不問です。

年収

関連の求人サイトを見ると、平均年収は650万円となっていますが、社員のキャリアや業務へのかかわり方などによって平均年収は異なるようです

また、採用情報をまとめたサイトでは、年収500万円からと表示されており、具体的な業務の欄では「M&A案件開拓(営業)・M&Aコンサルティング」となっています。

基本的には、M&Aに関する業務を主なものとしており、必須条件として営業経験2年以上としています。歓迎要件では、「M&Aのコンサルティングに興味のある方」「法人営業で成果を上げてきた方」となっています。

まとめ

M&Aコーポレートアドバイザリーは、2007年8月に設立された新しい会社です。しかし、確かな経験と豊富な知識を持つ代表者がM&Aの成約をサポートするため、安心して依頼できる会社といえるでしょう。

M&Aコーポレートアドバイザリーは、会社の代表者を中心に、適切なM&Aが実施できるようサポートやアドバイスを実施しています。M&Aの相談に来た顧客を大切にする姿勢が強く、無理に話を押し通すような取引はしていません。

要点をまとめると、下記の通りです。

・M&Aコーポレートアドバイザリーの業務内容
→主な業務内容は会社の譲渡仲介であり、会社や事業を譲渡したい経営者に対してサービスを提供している

・M&Aコーポレートアドバイザリーの売上高
→億単位の金額になると予測される

・M&Aコーポレートアドバイザリーの従業員数
→常勤・非常勤を含めて約10名

・M&Aコーポレートアドバイザリーの仲介手数料
→着手金は不要だが、中間金が必要。成功報酬はレーマン方式で算出され、最低成功報酬も設定されている

・M&Aコーポレートアドバイザリーが選ばれる理由
→代表者自らが担当する、着手金無料で相談できる、無理に話を推し進めない、満足してもらえるM&A成約を目指している、譲渡企業も買収企業も同じ担当者が担当する

・M&Aコーポレートアドバイザリーが求める人材
→大卒以上で、M&Aの分野で成長したいと考える人材、および経営者の気持ちに寄り添える人材を求めている

・M&Aコーポレートアドバイザリーの年収
→平均年収は650万円となっているが、社員のキャリアや業務へのかかわり方などによって異なる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

事業承継と廃業のメリット・デメリットを解説!5割が黒字でも廃業!?

事業承継と廃業のメリット・デメリットを解説!5割が黒字でも廃業!?

経営者が引退する主な方法は、廃業して会社をたたむか、事業承継で後継者に引き継ぐかです。両者はそれぞれメリットとデメリットがあるので、比較して適した手法を選ぶ必要があります。本記事では、事業承継と...

事業承継と廃業のメリット・デメリット比較!事例から検証!

事業承継と廃業のメリット・デメリット比較!事例から検証!

事業の経営を現在の経営者から別の者に引き継がせるのが事業承継で、事業運営を止める方法が廃業です。当記事では、事業承継と廃業の利用に伴うメリット・デメリットをはじめ、廃業数が多い理由や、事業承継を...

【入門編】事業承継の本おすすめ人気ランキングTOP15

【入門編】事業承継の本おすすめ人気ランキングTOP15

本記事では、事業承継の入門本をおすすめランキング形式で紹介しています。事業承継の際に必要になる知識も、今回のおすすめランキングの15冊であれば、十分に補うことができます。事業承継関連の本を選ぶポ...

事業承継における融資制度まとめ!内容や受け方を解説!

事業承継における融資制度まとめ!内容や受け方を解説!

事業承継に必要となる費用や資金の貸付を受けられる融資制度についてご説明します。資金の融資制度毎に保証や担保についても解説しますので、事業承継を検討するに際して個人保証や担保の負担が心配な承継者の...

M&A・事業承継は地方創生の最善策?動向・現状も解説!

M&A・事業承継は地方創生の最善策?動向・現状も解説!

国は地方創生政策の一環として、地方でのM&A・事業承継を推進しています。しかし、地方でのM&A・事業承継活用はまだこれからという状況です。本記事では、地方でのM&A・事業承継の現状や地方でM&A...

事業承継を戦略的に行う方法!成功ポイントや事例を解説

事業承継を戦略的に行う方法!成功ポイントや事例を解説

事業承継には、親族内事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3種類があり、いずれも戦略的に行うことが重要です。本記事では、事業承継を戦略的に行う方法や成功のポイント、実際に事業承継を行っ...

事業継承とは?承継との違いや引継ぎ先、成功ポイントなどを解説

事業継承とは?承継との違いや引継ぎ先、成功ポイントなどを解説

事業継承と事業承継は似ているようで、違った意味を持ちます。この2つの相違点の紹介に加え、引き継ぎ先ごとに異なる事業継承の方法、継承方法ごとのメリット・デメリット、継承を成功させるにはどのようなポ...

【2020年最新】事業承継ができるM&A仲介会社一覧!

【2020年最新】事業承継ができるM&A仲介会社一覧!

年々中小企業の事業承継需要が高まり続け、事業承継支援ができる専門家の需要も高まっています。本記事では、事業承継ができるM&A仲介会社を一覧でご紹介します。また、仲介会社以外の事業承継相談先や、廃...

事業承継の費用・手数料まとめ!税制や補助金はある?【弁護士/コンサル】

事業承継の費用・手数料まとめ!税制や補助金はある?【弁護士/コンサル】

近年、中小企業経営者が高齢化しており、事業承継を行う必要のある企業は増加しています。一方で事業承継にはある程度の費用が必要になるため、事業承継に消極的な経営者もいます。そこでこの記事では事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)