2020年4月8日更新会社・事業を売る

ALIVALのM&Aナビはマッチングできる?【口コミ・評判あり】

ALIVALのM&Aナビには、M&Aのさまざまなプロセスをしっかりフォローできるシステムや機能が備わっています。また、中小企業向けに小規模案件を豊富に取り扱うM&Aマッチングサイトです。M&Aを検討している場合は、ぜひM&Aナビを選択肢に加えてください。

目次
  1. ALIVALとは?
  2. ALIVALのサービス内容
  3. ALIVALのM&Aナビとは
  4. ALIVALのM&Aナビはこのような人におすすめ
  5. ALIVALの口コミ・評判
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ALIVALとは?

M&Aマッチングサイトは手軽に売り手・買い手とマッチングできることから、M&Aを考える多くの経営者が利用しています。しかし昨今はM&Aマッチングサイトが増えており、さまざまな機能を持つサイトが多いため、ユーザーはどれを選べば良いのか悩みがちです。

そこでおすすめなのが、ALIVALのM&Aナビです。M&Aのあらゆるプロセスをオンラインで完了できる評判のM&Aナビになります。今回はALIVALのM&Aナビについて詳しくお伝えしていきます。

ALIVALの企業概要

ALIVALはM&A仲介会社であり、M&A仲介やコンサルティングを主な業務としています。ALIVALは東京、大阪、福岡にオフィスを構え、日本全国における企業の依頼に対応可能です。2018年にM&Aナビをオープンし、それ以降運営を続けています。

ALIVALのようにM&Aマッチングサイトを運営するM&A仲介会社は多いです。それぞれの会社が持つM&Aのノウハウや企業・金融機関などとのネットワークを活かしてユーザーのバックアップを行うため、M&Aを実施するうえで大いに役立ちます。

ALIVALの職場環境

ALIVALでは、ハイレベルな業務遂⾏能⼒と⾼い⽣産性を持つことを念頭においています。そして、社員が⼼地良く仕事ができる環境を整えるために、下記のことを実施しています。

  • 自由な勤務体系
  • 社外のセミナー参加や参考書籍の購⼊など学びのサポート
  • 技術職の快適な開発環境
  • 海外での事業展開を視野に⼊れる海外研修
  • 随時昇給

ALIVALのサービス内容

ALIVALのサービス内容は以下のとおりです。

M&Aアドバイザリー

ALIVALが提供する代表的なサービスが、M&Aアドバイザリーです。M&Aを行うかどうかの意思決定からM&Aの全般的なプロセスへの支援、M&A成立を決定づけるクロージングまで、ありとあらゆる場面で徹底的なバックアップを行います。

また、事業承継、経営再建などさまざまなM&Aに対応するのもALIVALの強みです。ALIVALはいろいろな企業のM&Aを行った経験があり、優れたノウハウを持つスタッフも在籍します。M&Aを考える経営者にとってALIVALは頼れるパートナーです。

コンサルティング

ALIVALはさまざまなジャンルのコンサルティングを行っており、経営戦略を支えます。M&A仲介会社にはM&A一辺倒なイメージがあるかもしれません。しかし、経営コンサルティングに長けるM&A仲介会社も多いです。

ALIVALはそのようなM&A仲介会社の中でも、豊富な実績を持ちあらゆる経営戦略をサポートします。ALIVALが行うコンサルティングは以下のとおりです。

事業承継

ALIVALは第3者に実施する事業承継M&Aへのアドバイザリーを行います。また、親族や親族外の後継者への事業承継も行います。事業承継は長ければ10年近くかかることがあり、経営者だけで行うには時間も手間もかかるでしょう。

事業承継を計画的に進め、より理想的な結果を得るには財務や税務、法務など多角的な専門知識を持つ専門家の協力は不可欠です。ALIVALはさまざまな企業を見た経験と豊富なノウハウを活かし、クライアントの事業承継をしっかりサポートします。

相続対策

相続の方法は多種多様です。そのため、相続の際は自分に合う方法を選ぶ必要がありますが、それには専門的な知識が欠かせません。そのようなときに、ALIVALが役立ちます。また、相続税の節税対策や遺族とのトラブルを避けるうえでも、ALIVALは有益なアドバイスを提供します。

再編支援

企業が一定以上の規模になると、組織再編の必要があります。スピーディーな意思決定や成長の余地を作り出せる企業になるかどうかは、組織再編の結果次第といっても過言ではありません。ALIVALはクライアントのニーズに応じて最適な組織再編のスキームを設計し、実現へと導きます。

バリュエーション

バリュエーションとは企業価値評価とも呼ばれるプロセスで、M&Aにおける取引価格や合併比率、株式交換比率を決定するうえでとても重要です。しかしバリュエーションにはさまざまな手法があり、会社の内情に合わせて上手く使い分ける必要があります。

ALIVALは客観的な視点からバリュエーションを行い、クライアントに必要な情報を算定します。

財務デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、M&Aにおける売り手の会社のリスクを多角的な視点から精査することです。ALIVALは財務デューデリジェンスのサービスを提供しており、クライアントの依頼に応じて対象となる会社のリスクを的確に洗い出し、情報の非対称性を解消します。

デューデリジェンスはM&Aの成否を左右するともいえるプロセスで、技量を持つ専門家の協力が不可欠です。ALIVALのような豊富な経験とノウハウを持つ専門家は、まさにうってつけです。

採用コンサルティング

昨今、少子化や転職の増加もあり、採用の方法は変化しています。人材不足に悩む中小企業にとって、採用は非常に重要な戦略となるでしょう。しかし、採用はコストも時間もかかり、簡単にはできません。

大々的に採用を行っても、人が集まらなかったり質の良い人材が採用できなかったりすれば大問題です。ALIVALは採用コンサルティングを通じ、クライアントが理想的な人材を得られるようサポートします。さまざまな企業のコンサルティングに携わったALIVALだからこそできることです。

M&Aナビの運営

M&Aナビの運営もALIVALが行う重要な業務です。M&Aナビの詳しい内容は後述しますが、ALIVALはM&AプラットフォームであるM&Aナビにより、これまで当事者だけではできなかったあらゆるM&Aのプロセスを、簡単に行えるようにしています。

※関連記事
バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点
デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

ALIVALのM&Aナビとは

M&AナビとはどのようなM&Aマッチングサイトか、詳しく見ていきましょう。

M&Aナビの特徴

M&Aナビの特徴は大きく分けて以下の2つです。

低コスト

ユーザーにとってM&Aナビの最大のメリットは低コストという点です。M&Aナビは登録無料です。マッチングやM&Aアドバイザリーに関しても、その報酬は低くなっています

通常、M&A仲介会社にマッチングやアドバイザリーを依頼する場合、着手金や中間報酬、リテイナーフィーなどが発生するため、何かと報酬がかさみます。また、M&Aが成功するかわからないのに着手金やリテイナーフィーを支払うのは、抵抗感がある人もいるでしょう。

M&Aナビは完全成功報酬制を取っています。完全成功報酬制とは、成功報酬のみ発生する報酬体系で、M&Aが成功しない限りユーザーは報酬を支払う必要がありません。M&Aが成功するかわからない不安な状況で、無駄な出費をしなくてすみます。

スピーディー

M&Aナビのもう一つの特徴が、スピーディーなM&Aが可能という点です。M&Aナビは全てのM&Aのプロセスをオンラインで完結できます。一般的にM&Aは、電話や対面で交渉を行いますが、それでは時間がかかります。

M&Aナビはオンラインチャット機能を駆使することで、交渉やM&Aの専門家とのコミュニケーションがスムーズに行え、株価算定、M&Aに必要な書類の作成ツールや作成支援機能付きです。

M&Aに不安がある場合は、M&Aナビのアドバイザーが相談に応じます。複数の売り手とM&Aを進めたい買い手にも、嬉しい機能付きです。複数の案件を一元管理できるため、全ての売り手の状況や交渉の進捗状況を網羅したうえで、M&Aを進められます。

複数のM&A案件を管理するのは簡単ではありません。しかしM&Aナビなら、スムーズに管理できます。

M&Aナビの利用料金

M&Aナビは完全成功報酬制で、最低報酬が200万円の設定です。それ以上は買収金額に基づいたレーマン方式に則って報酬が決定します。

M&Aナビは、無料でさまざまなサービスを提供しているのも魅力です。売り手・買い手がコミュニケーションを取るために利用するオンラインチャット機能や高精度の株価算定は、無料で利用できます。

M&Aナビは、M&Aを希望する売り手とM&Aの専門家のマッチングも行います。専門家が支払う手数料は、売り手・買い手が支払う報酬とは異なるため注意してください。専門家はM&Aが成約した際、売り手からもらう報酬の10%を手数料として支払います。報酬の10%が50万円以下の場合は、最低利用料として50万円です。

※関連記事
レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

ALIVALのM&Aナビはこのような人におすすめ

M&AナビはあらゆるM&Aに対応していますが、特におすすめなのがM&Aや買収を考えている中小企業の経営者です。M&Aナビには多種多様なM&A案件がありますが、小規模案件も多いです。

一般的にM&Aは売り手市場といわれ、業界によっては買い手がなかなか売り手を見つけられないケースもあります。M&A件数が増えているとはいえ、M&Aを積極的に行う中小企業はまだまだ見つけることが難しい現状です。

売り手にとっても、買い手を見つけることは簡単ではありません。地方の中小企業では、M&Aを考える地域外の企業を見つける可能性は低く、経営者が集める情報にも限界があります。

しかしM&Aナビには日本全国のさまざまなM&A案件があり、売り手や買い手、さらにはM&Aの専門家が数多く登録しています。そのため、M&Aを行いやすいでしょう。中小企業のM&Aを検討する経営者にとって、M&AナビはうってつけのM&Aマッチングサイトだといえます。

ALIVALの口コミ・評判

ALIVALは創設者が日本M&Aセンターで活躍していただけあり、M&A仲介・アドバイザリーで多くの実績があります。また、創設者が勉強会・セミナーでM&Aに関する知識や情報を発信しており、知識は折り紙付きで多方面から信頼を得ています。そのため、M&Aナビの口コミや評判は、好意的なものが多いです。

M&AナビはM&Aで行うプロセスを全般的に支援する機能やサポートが備わっているため、煩雑で手間がかかるM&Aをスムーズに行えます。M&Aがスピーディーに完了する事例が多く、月に5、6件ほどM&Aが成約することがよくあります。

また、中小企業向けのM&Aマッチングサイトなので、多種多様な小規模案件が集まることも好評です。中小企業のM&Aは報酬が高かったり小規模なM&Aになったりしがちで、一般的なM&A仲介会社には依頼できないケースも少なくありません。

しかしM&Aナビはきちんと対応するので、M&Aを検討する中小企業の経営者から「まさかここまでM&Aのオファーがくるとは思わなかった」「M&Aをスピーディーに進められた」という口コミ・評判が特に多いです。

ALIVALはハードルが高いイメージがあるM&Aを気軽なものにします。中小企業もM&Aを当然のように行う今、ALIVALの取り組みは時代のニーズにしっかり応えているのです

まとめ

M&Aナビは、M&Aのいろいろなプロセスをしっかりフォローできるシステムや機能が備わっています。また、中小企業向けに小規模案件を豊富に取り扱うM&Aマッチングサイトです。

現在M&Aマッチングサイトにはいろいろな種類がありますが、評判が良くて質の高いサイトは少ないです。M&Aに悩む場合は、ぜひM&Aナビを選択肢に加えましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

株式・事業を譲り渡して売却益をえるのが会社売却です。当記事は会社売却の簡単な解説をはじめ、会社売却にかかる税金の内訳や、税金を払う時機、節税策、節税につなげられるスキームの特徴のほか、お薦めする...

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義やのれんとの違い、...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)