2020年7月10日公開会社・事業を売る

M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A Bankは、M&A情報を発信しているm&a 情報サイトです。M&Aを検討する経営者に対象に、過去の事例や海外M&Aの最新情報を届けることで、M&Aの普及拡大に貢献しています。本記事では、M&A Bankの特徴・採用情報・口コミ・評判を紹介します。

目次
  1. M&A Bankとは
  2. M&A Bankの特徴はyoutube
  3. M&A Bankの口コミ・評判
  4. M&A Bankはこんな人におすすめ
  5. M&A Bankの採用情報
  6. M&Aに関する相談はM&A仲介会社がおすすめ
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&A Bankとは

M&A Bankとは

M&A Bankとは

M&A Bankとは、M&A関連の情報を発信するm&a 情報サイトです。自社サイトやyoutubeチャンネルを通じてM&Aの情報を広く共有することで、M&Aの普及拡大に貢献しています。

また、m&a station(旧M&A Bank)というサイトがあります。m&a stationは中小・ベンチャー企業に特化したM&A仲介業者です。m&a stationと本記事で取り上げるM&A Bankに特別な関係はありません。

旧名が同一で混同されがちだったことから、m&a stationへと変更しています。本記事では、m&a 情報サイトを運営するM&A Bankについて取り上げていきます。

運営会社(Idealink株式会社)

M&A Bankの運営会社はIdealink株式会社です。前述したm&a stationの運営会社は株式会社Bricks&UKなので、運営会社で見極めることもできます。

Idealink株式会社の中核事業はインターネットメディアの運営です。M&A Bankのm&a 情報サイトもその一環となっています。

会社概要

Idealink株式会社は2017年設立の新鋭会社です。アクティブに活動しており、設立から3年でM&A Bankの知名度は急上昇しています。

【Idealink株式会社の会社概要】

会社名 Idealink株式会社
住所 〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-1-26
秀和恵比寿レジデンス225号室
事業内容 インターネットメディアの運営
ストレッチ専門店の運営
前各号に附帯関連する一切の事業
決算 11月末
設立 2017年12月
創業 2016年2月
役員構成 代表取締役/CEO 島袋直樹
取締役/COO 阿部俊介
取締役 尾上彰
取締役/CAO 濱本沙菜美
顧問 顧問弁護士 法律事務所ZeLo 角田望

社長(島袋直樹氏)

Idealink株式会社の社長は島袋直樹氏です。広告代理店の代表取締役を10年間務めた経歴を持っており、ベテランの経営者として広く知られています。

島袋直樹氏の座右の銘は「挑戦に上限と国境なし」です。激変するビジネス業界で積極的な挑戦を続ける経営者であるといえます。

島袋直樹氏は特にM&Aに対する想いが強いようで、M&Aを活用した事業展開や10年以内の100億円規模のM&Aディールの成約などを目標として活動しています。

サービス概要

M&A Bankはm&a 情報サイトとして知られていますが、具体的なサービス内容はどのようになっているのでしょうか。ここでは、M&A Bankの詳細なサービス概要を取り上げていきます。

【M&A Bankのサービス概要】

  1. M&A情報サイト
  2. M&A案件情報
  3. M&A事例

M&A情報サイト

まずはM&A情報サイトとしてのサービスです。自社サイトや動画を通してM&Aの基礎知識を発信することで、M&A情報を広く共有しています。

M&A Bankのサイトでは、カテゴリー分けされたM&Aコラムが定期的に更新されています。M&A初心者に向けたコラムも多数掲載されており、M&Aの基礎知識が無い方でも読みやすい内容にまとめられています。

一方で、企業の資金調達に関するコラムなど実用的な情報も多数掲載されています。M&Aの際にかかる費用や資金調達の手段など、実務に近い形でM&Aの情報を取り入れることができます。

【関連】資金調達コスト

M&A案件情報

M&A BankはM&A案件情報の提供も行っています。個人向けの案件探しはトランビなどの大手プラットフォームが主流ですが、トランビのような大手に流れないような案件情報も多数保有しています。

M&A Bankの動画においても個人向けの案件はM&Aの専門家は保有していないことが多いとして、トランビやバトンズを利用することが多いと語っています。そのような方に向けて、積極的に個人向けのM&A案件情報を提供しています。

M&A事例

M&A BankはM&A事例も紹介しています。M&A規模が大きいものや話題性のある事例を中心にピックアップしており、M&A BankをチェックしているだけでもM&Aのトレンドが掴みやすくなっています。

また、M&A Bankの事例紹介は客観的ではなく主観的であることも特徴です。M&A Bankの専門家による見解が盛り込まれているので、読み応えのあるコラムに仕上がっています。

【関連】M&Aの依頼は誰にすれば良い?仲介会社/銀行/税理士の特徴を解説

M&A Bankの特徴はyoutube

M&A Bankの特徴はyoutube

M&A Bankの特徴はyoutube

M&A Bankの最大の特徴は、youtubeの動画配信です。毎回ビッグゲストを招いて、M&Aの基礎知識や企業の事業承継などのM&A情報を発信しています。

この章では、M&A Bankが開設しているyoutubeチャンネルの特徴を詳しく取り上げていきます。M&A情報を動画で取り入れたいという方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

youtubeチャンネル

M&A Bankのyoutubeチャンネルは、M&Aの情報を広く共有することで、より多くのM&Aが成約・成功することを目標として運営されています。

【M&A Bankのyoutubeチャンネル】

  1. M&Aの基礎知識
  2. M&Aに関するインタビュー
  3. M&Aに関する判例紹介

M&Aの基礎知識

M&Aの手法やM&Aの資金調達などの基礎知識を解説する動画が人気です。M&A業界のプレイヤーを招いた回では、後継者問題を抱えた中小企業の事業承継なども取り上げており、参考になる情報が盛りだくさんです。

また、視聴者からの個人向け案件情報の持ち込みなど、動画配信ならではのサプライズなども見られます。島袋直樹氏の型にはまらない在り方は、動画にも強く反映されています。

【関連】事業承継を戦略的に行う方法!成功ポイントや事例を解説

M&Aに関するインタビュー

M&A Bankのyoutubeチャンネルは、M&Aに関するインタビュー動画も多いです。ベンチャー企業の社長やM&Aの体験者を招いた回では、M&Aの体験談を深く掘り下げることもあります。

M&Aの体験者がM&Aで得られたものや、ベンチャー企業がM&Aでイグジットを達成したときの成功話などが動画で公開されています。

M&Aに関する判例紹介

M&Aの判例を紹介する動画もあります。M&Aのアドバイザーを招いた回では、表には出てこないような小さめの判例紹介も行われています。

中小企業の事業承継などの判例を聞けたりもするので、事業承継を視野に入れている経営者の方にとっては、身近な情報を入手することもできます。

M&A Bankの口コミ・評判

M&A Bankの口コミ・評判

M&A Bankの口コミ・評判

M&A BankはM&A情報サイトやyoutube動画配信のサービスが有名ですが、口コミ・評判はどうなっているのでしょうか。この章では、M&A Bankの口コミ・評判を2件取り上げてご紹介します。

【M&A Bankの口コミ・評判】

  1. youtube動画のM&A情報がためになる
  2. 個人向けの案件情報を提供してもらえる
  3. M&Aコラムが読みやすい

1.youtube動画のM&A情報がためになる

1つ目の口コミ・評判は、youtube動画のM&A情報についてです。M&A Bankがハイペースで更新を続けているyoutube動画は、ためになるM&A情報が満載で見応えがあると評判になっています。

動画で扱っている情報の幅が広いことも高評価につながっているようです。ベンチャー企業の社長から中小企業の事業承継、M&Aの資金調達など、単純にM&Aに興味がある方でも見やすい内容にまとめられています。

2.個人向けの案件情報を提供してもらえる

M&A Bankの個人向けの案件情報の情報提供も評判です。個人向けの案件情報は探す手段が限られているので、M&A Bankのように情報公開に努めているサイトの案件提供は評判が良いようです。

また、トランビやバトンズなどの他の大型M&Aプラットフォームと合わせて活用できるという声もあります。個人向け案件を吟味することができると評判になっています。

【関連】M&Aは個人でもできる!小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介

3.M&Aコラムが読みやすい

M&A Bankのサイト内で公開されているM&Aコラムが読みやすいという評判も多く見受けられます。コラムの内容はM&A事例やM&Aの基礎知識など、多岐に渡っていますが、一貫して分かりやすい内容に仕上げている特徴があります。

専門用語を極力使わずに分かりやすい言葉を使っているため、M&Aの知識があまり無い方でも読みやすい内容に仕上げられています。サイト全体の敷居が低くなっていることから、沢山の人の目に触れて高い評価へと繋がっています。

M&A Bankはこんな人におすすめ

M&A Bankはこんな人におすすめ

M&A Bankはこんな人におすすめ

M&A Bankは幅広いM&A情報を仕入れたいという人におすすめです。M&A Bankの情報サイトのコラムやyoutube動画では、ベンチャー企業の社長のインタビューや資金調達の手段など、幅広いM&A情報が扱われています。

2020年7月現在、youtube動画の本数は300本を超えています。全ての動画が無料公開されているので、過去のアーカイブも全て見直すことが可能です。

また、個人向け案件を探したいという方にもおすすめです。トランビなどの大手プラットフォームと併用することで効率的に案件探しができます。

M&A Bankの採用情報

M&A Bankの採用情報

M&A Bankの採用情報

M&A BankはM&A情報サイトの運営と動画配信を中核としていますが、新卒採用は行っているのでしょうか。この章では、M&A Bankの年収や新卒の採用情報を取り上げていきます。

年収

M&A Bankの年収に関しては、全く情報がありません。上場企業は有価証券報告書で情報が出てきますが、M&A Bankの運営会社Idealinkは非上場企業のため、報告義務もありません。

社員による口コミ・評判も見受けられませんので、給与や年収に関しては全く予想・検討がつかないのが実情になっています。

新卒採用

M&A Bankの新卒採用ですが、公募はされていないようです。M&A Bankや運営会社のIdealinkにも採用ページは開設されていませんので、独自にコンタクトを取るしかないようです。

社員募集の情報は見受けられませんでしたが、インターンシップの募集は行っているようです。運営会社のIdealinkのインターンシップ情報は以下のようになっています。

【Idealinkのインターンシップ募集要項】

職種 マーケティング・広報
給与 時給1,300円~
交通費支給有り
応募資格 大学1年生
大学2年生
大学3年生
大学4年生
大学院生
既卒・社会人
6ヶ月以上働ける方
勤務条件 勤務日:月・火・水・木・金
週3日以上
9時30分~18時30分の間で1日5時間以上
勤務地 東京都品川区 上大崎2-15-19 MG目黒駅前

M&Aに関する相談はM&A仲介会社がおすすめ

M&Aに関する相談はM&A仲介会社がおすすめ

M&Aに関する相談はM&A仲介会社がおすすめ

M&A Bankは、M&Aに関連する情報を発信するM&A情報サイトです。サイトのコラムや動画を参考にすることでM&A情報を気軽に取り入れることができますが、M&A仲介を依頼するには不向きであるといえます。

M&Aに関するご相談は、M&A仲介会社をおすすめします。M&A仲介会社はM&A仲介の豊富な経験・ノウハウを持っているので、相談から成約までの一貫したサポートを受けられる特徴があります。

M&A総合研究所は、中堅・中小規模のM&A仲介を得意とするM&A仲介会社です。M&A経験の豊富なアドバイザー・会計士・弁護士の3名のサポート体制により、最適なM&A戦略の策定を行います。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。M&Aが成約するまで一切手数料がかからないタイプなので、仮にM&Aが中止になった場合は手数料を支払うことはありません。

M&Aに関するご相談は24時間お受けしています。小さなお悩みも経験豊富なアドバイザーがお答えしますので、お気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

M&A Bankは、M&A関連の情報を扱う情報サイトです。自社サイトやyoutube動画を通して、幅広い層に対してM&A情報を共有することで、日本のM&Aの普及拡大に大きく貢献しています。

安定して更新を続けるyoutube動画は、多くの視聴者から高い評価を得ており、再生数も伸びてきています。動画ならではの気楽さは、一度体験してみると病みつきになるかもしれません。

【M&A Bankのサービス概要】

  1. M&A情報サイト
  2. M&A案件情報
  3. M&A事例

【M&A Bankのyoutubeチャンネル】
  1. M&Aの基礎知識
  2. M&Aに関するインタビュー
  3. M&Aに関する判例紹介

【M&A Bankの口コミ・評判】
  1. youtube動画のM&A情報がためになる
  2. 個人向けの案件情報を提供してもらえる
  3. M&Aコラムが読みやすい

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着...

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&A仲介会社を利用するとさまざまな手数料が発生しますが、中でも中間金は発生のタイミングや料金体系が分かりづらく、仲介会社に相談する際のネックとなることがあります。そこで本記事では、M&Aの中間...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法・会社法とは、営利を目的とする個人・企業の活動や手続に関してルールを定めた法律です。商法・会社法はビジネスシーンでかかわる機会が多いので、事業活動を行う上で欠かすことができません。今回は、商...

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

非上場企業は株式公開していないため、株価の客観的な数値が分かりません。そのため、M&Aや相続の際は定められた基準に従って自社株評価を行う必要があります。本記事では、非上場企業の自社株評価のやり方...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)