2020年11月10日更新事業承継

株式会社TryfundsはグローバルM&Aが得意?評判や求人もご紹介!

TryfundsはクロスボーダーM&Aを得意とし、多くの海外企業と様々なM&Aや案件に取り組んできたM&A仲介会社です。海外進出を考えている経営者にとっては理想的なパートナーとなるでしょう。

目次
  1. 株式会社TryfundsのM&Aについて
  2. 株式会社Tryfundsの事業内容
  3. 株式会社Tryfundsの企業情報
  4. 株式会社Tryfundsの評判・口コミ
  5. 株式会社Tryfundsはこのような経営者におすすめ
  6. 株式会社Tryfundsの特徴
  7. BIZIT M&Aとは
  8. 株式会社TryfundsのM&A事例・実績
  9. 株式会社Tryfundsの採用情報
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

株式会社TryfundsのM&Aについて

M&Aはいまや大企業だけでなく中小企業も行う一般的な経営手法となっています。しかしM&Aは様々な知識が必要であり、経験も欠かせません。M&Aを行いたいときに助けてくれるのがM&A仲介会社です。

ただ、様々なM&A仲介会社があるため、その中から理想的な業者を選ぶのは簡単ではありません。そこで今回はおすすめのM&A仲介会社として、株式会社Tryfundsをご紹介します。M&Aプラットフォーム「BIZIT M&A」の運営もしているTryfundsですが、どのようなM&A仲介会社なのでしょうか?

※関連記事
事業譲渡の仲介会社一覧!手数料や口コミ・評判を解説!

株式会社Tryfundsの事業内容

まずはTryfundsの事業内容についてお伝えしていきます。

BIZIT M&A

BIZIT M&Aは、Tryfundsが運営するM&Aプラットフォームです。詳しくは後述しますが、BIZIT M&Aは世界中の企業とオンラインでつなげるサイトであり、M&Aを行う際に理想的な売り手・買い手を見つけることができます。

また、世界中の企業とつながることができるため、クロスボーダーM&Aを通じて海外進出を考えている企業にとってうってつけのM&Aプラットフォームです。日本には数多くのM&Aプラットフォームがありますが、国内の中小企業に特化したものは多くても、海外に対応しているものは少ないです。

その点を踏まえると、BIZIT M&AのようなM&Aプラットフォームは貴重だといえるでしょう。

事業承継

Tryfundsは事業承継M&Aの支援も行っています。中小企業にとって事業承継は非常に重要な問題です。昨今は少子高齢化が進み、労働人口の減少に対して経営者の高齢化は進行しています。そのため中小企業の中には高齢の経営者が引退を控えているにも関わらず、後継者不在で事業承継ができないケースが多発しています。

Tryfundsはそのような状況を鑑み、事業承継M&Aの支援も行っています。Tryfundsはこれまでに多くのM&Aに携わってきた経験と知識を活かし、クライアントのM&Aを成功させて理想的な事業承継を実現します。

クロスボーダーM&A

TryfundsはクロスボーダーM&Aの支援も得意としています。Tryfundsはこれまでに58か国でのM&Aに関わった経験があり、クロスボーダーM&Aにおいては絶対的な経験値を持っています。

また、Tryfundsは中堅・中小企業間でクロスボーダーM&Aが行われるケースが増えていることを鑑み、クライアントの海外進出計画を徹底的にバックアップします。M&Aのサポートを行うスタッフもクロスボーダーM&Aの経験が豊富であり、有益なアドバイスを提供します。

投資

Tryfundsは投資を通じて経営コンサルティングも行っています。ベンチャー企業や中堅・中小企業にとって資金は死活問題になりがちであり、大胆な経営戦略を行いたくても資金面で挫折してしまうことが少なくありません。

しかし、Tryfundsはクライアントの企業の規模に関係なく、成長を考えている企業を投資でバックアップします。また、投資を通じて経営に参画することにより、高い専門性を持つチームが事業計画をより練磨し、確実に遂行できるように支援します。

さらにクライアントの企業の成長が上手くいくように豊富な経験や知識、ITのスキル、国内外に広がるネットワークを駆使してサポートします。Tryfundsの投資は、ベンチャー企業や中堅・中小企業でも使いやすいように報酬を株式で請け負うなど、ハードルを下げてくれるため手軽に依頼できるのも魅力です。

※関連記事
クロスボーダーM&Aを成功させるには

株式会社Tryfundsの企業情報

Tryfundsは2012年に創業した若い会社で、若手のみならずベテランも在籍しています。発想力を持つ若手と経験値の高いベテランが手を携え、クライアントに良質なサービスを提供することができます。

Tryfundsの創業者は学生時代に会社を創業して売却した経験を持つなど、M&Aの実体験があります。実際にM&Aに関わった経営者としてクライアントに寄り添ったアドバイスをできるのも、Tryfundsの強みだといえるでしょう。

Tryfundsの売上は公開されていません。しかし、ベンチャー企業から中堅・中小企業、大企業と様々な企業のM&Aやコンサルティングに関わっているため、かなりの売上があると予想できます。

Tryfundsの行動指針

Tryfundsは2018年に、Great Place to Work® Institute Japanが発表した「働きがいのある会社」ランキングに初エントリーし、ベストカンパニーに選出されています。

Tryfundsは今までに多くのコンサルティング・プロジェクトを国内外で行っていますが、その経験を職場環境づくりに活用して「グローバル・リーダーとして活躍するパフォーマーはどのような素養を持っているか」という観点から、6つの“LEADERSHIP”という行動指針を設定しました。

6つの“LEADERSHIP”は下記になります。

  • 革新的な発想
  • 事業への情熱
  • 人を巻き込む力
  • 開拓者の魂
  • 夢中になれる行動力
  • 王道を行く覚悟

株式会社Tryfundsの評判・口コミ

Tryfundsの評判・口コミはどうなっているのでしょうか?Tryfundsの評判・口コミの多くは、報酬がリーズナブルな点やサポート体制が充実している点を評価する声で占められています。

クライアントに直接コンサルティングを行うTryfundsは、フットワークの軽い若手と確かな経験値でサポートを行うベテランを組み合わせることで、スピーディーかつ良質なコンサルティングを提供しています。実際にTryfundsを利用した経営者の多くが、コンサルティグの質はもちろん様々な業態・業種にもしっかり対応する点も高く評価しています。

Tryfundsが運営するBIZIT M&Aの評判・口コミも好意的なものが多く、充実したサポート体制に加えて無料オンラインチャットなど便利な機能もあり、手軽にM&Aを進められると評価されています。

株式会社Tryfundsはこのような経営者におすすめ

Tryfundsはどのような経営者におすすめなのでしょうか?さきほどもお伝えしたように、Tryfundsは58か国の国々でのM&Aを成功させた経験があり、クロスボーダーM&Aを得意としています。そのため、クロスボーダーM&Aを通じて海外進出を考えている経営者にとって、TryfundsはうってつけのM&A仲介会社だといえます。

また、BIZIT M&AはリーズナブルかつスピーディーにM&Aを進めるうえで非常に役立つM&Aプラットフォームです。そんなBIZIT M&Aは、できるだけ費用を抑えてM&Aを行いたい経営者におすすめです。

もしクロスボーダーM&Aに限らず、事業承継やM&Aを検討されている場合は、M&A総合研究所へご相談ください。M&A仲介会社であるM&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしてM&Aをサポートいたします。

M&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかりますが、M&A総合研究所は早いクロージングを目指し、最短3ヶ月でクロージングを行います。初回の無料相談後も一切費用が発生しない完全成功報酬制で、M&A業務をお引き受けします。

また、成功報酬は国内最安値水準で皆様からご好評をいただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
海外進出の課題とは?方法や手順、クロスボーダーM&Aを活用した海外進出

株式会社Tryfundsの特徴

Tryfundsにはどのような特徴があるのでしょうか?

成功報酬半額

Tryfundsの特徴であり同時に魅力でもあるのが「成功報酬半額」です。M&A仲介会社の報酬体系は会社ごとに異なりますが、買収価格の10%が報酬として設定されていることが最も多いです。しかし、Tryfundsは報酬として最高で5%が設定されているため、実質成功報酬半額でアドバイザリーを受けることができます。

もちろん、成功報酬半額だからといってサービスの質が低いわけではなく、業界随一のプロフェッショナルが丁寧にクライアントのM&Aをサポートします。また、Tryfundsは成功報酬を支払うタイミングを選択できるという特徴もあります。

通常のM&A仲介会社は、M&Aが成約(クロージング)した時点で成功報酬を支払うようになっています。しかしTryfundsでは、M&Aが成約後、事業成功までのコンサルティングを行ったうえで成功報酬を支払うこともできるのです。

M&A後の企業には、PMI(Post Merger Integration)という重要な経営統合プロセスが待ち受けていますが、意外におざなりにされることも少なくなく、そのため得られるべきシナジー効果が得られないこともあります。その点TryfundsはPMIのサポートもしっかり行うため、M&Aのシナジー効果が高まります。

BIZIT M&A

Tryfundsが運営するM&AプラットフォームがBIZIT M&Aです。売り手と買い手をオンラインでつなぐM&Aプラットフォームは今や珍しくなく、中小企業の経営者が手軽に使えるものもたくさんあります。ただ、基本的に日本のM&Aプラットフォームは国内の企業に特化しているものが多いです。

そのため事業承継M&Aなどには有効でも、クロスボーダーM&Aには不向きなものが少なくありません。しかし、BIZIT M&Aは世界各国の経営者や企業が利用するM&Aプラットフォームで非常にグローバルなので、海外の企業とオンラインで手軽につながることができます。

BIZIT M&Aに登録しているユーザーは150か国もの国々から集まっており、総勢で5,000社を超えます。世界中の企業とつながることができるといっても過言ではないでしょう。BIZIT M&Aの具体的な使用方法などは、次の章でお伝えします。

BIZIT M&Aとは

ここではさきほどからお伝えしているBIZIT M&Aについて、さらに詳しくご紹介していきます。

サービス概要

BIZIT M&Aはさきほどからお伝えしているように、Tryfundsが運営しているM&Aプラットフォームの一つです。世界各国の経営者や企業が登録しており、理想的な売り手や買い手が集まっています。

BIZIT M&Aはいろいろな企業と巡り会うことができるだけでなく、M&Aをオンライン上で完結できるという特徴もあります。また、無料で使えるチャット機能があり、時間も費用もかけることなくスムーズに売り手と買い手がコミュニケーションを取れます

BIZIT M&Aでは売り手も買い手も自由に情報公開ができますが、重要な情報を秘匿することもできます。高度なセキュリティ技術が用いられているため、重要な情報の漏洩を防ぐことも可能です。

さらにBIZIT M&Aは、必要であれば様々なプロフェッショナルのサポートを得ることもできます。弁護士、会計士などの専門家のネットワークを持っており、M&Aのいろいろな場面に応じてバックアップを受けることができます。

利用料金

BIZIT M&Aの利用料金は、売り手と買い手で異なります。売り手がBIZIT M&Aを利用する際の利用料金は一切かかりません。最後まで無料で使用できます。一方買い手はM&A案件の検索までは無料で使用できますが、売り手に情報開示を要求する際には、有料チケットを別途購入する必要があります。

加えてM&Aが成約した際には成功報酬が発生します。有料チケットや成功報酬の料金規定はBIZIT M&Aに問い合わせて、あらかじめ確認しておきましょう。

利用方法

BIZIT M&Aの利用方法は簡単です。BIZIT M&Aの会員登録を完了させ、審査をクリアすれば利用できます。また、BIZIT M&Aは紹介プログラムを実施しており、他のユーザーを紹介すれば紹介料がもらえます

株式会社TryfundsのM&A事例・実績

TryfundsのM&A事例・実績はホームページで公開されています。これまで多種多様なM&Aに関わってきたTryfundsの軌跡を知ることができます。Tryfundsの実績で特徴的な点は、世界各国のM&Aに関わっているということです。

ホームページで公開されているM&Aには日本と世界各国の企業が行った案件が多く、アメリカ、イギリス、台湾、ブラジル、ベトナムなどいろいろな国の企業と日本の企業をつないできたことがわかります。またTryfundsはM&Aだけでなく、経営や事業に関する様々なコンサルティングやソリューションも行っており、多くの企業に貢献しています。

※関連記事
事業展開を成功させるには?事例やM&Aを活用した事業展開のメリットをご紹介

株式会社Tryfundsの採用情報

ここではTryfundsの採用情報についてお伝えしていきます。

年収

業務にもよりますが、Tryfundsの年収は500万円~1,200万円程度が多いようです。Tryfundsはチャレンジ精神を重視する社風であり、社員の新しいビジネスの挑戦を応援する風潮があります。自分から新しいビジネスを開拓すれば、それだけ評価が上がり年収もアップする可能性が高いでしょう。

求人

Tryfundsの求人は、2020年3月時点ではホームページの採用情報のお問い合わせフォームで「採用について」を選択し、必須情報を入力して問い合わせをするようになっています。興味がある方は、ぜひ問い合わせをしてみてください。

インターンシップ

Tryfundsはインターンシップを積極的に受け入れており、これまで多数のインターン生を迎えています。Tryfundsのインターンシップでは、グローバルな案件やクロスボーダーM&Aなどに関わる機会が得られます。現在もTryfundsはインターン生を受け入れており、本格的なビジネスに挑戦させています。

まとめ

TryfundsはクロスボーダーM&Aを得意とし、多くの海外企業と様々なM&Aや案件に取り組んできたM&A仲介会社です。そのため海外経験が豊富であり、海外進出を考えている経営者にとっては理想的なパートナーとなるでしょう。

また、運営するM&AプラットフォームのBIZIT M&AもクロスボーダーM&Aを行ううえで、大いに役立つと考えられます。Tryfundsはまだ若い会社ですが、今後強みを活かして大きく飛躍することが考えられます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

廃業する会社を買うには?相場や買い方・成功ポイント・注意点を解説

廃業する会社を買うには?相場や買い方・成功ポイント・注意点を解説

廃業する会社を買うと、通常よりも安価で事業やノウハウを獲得することができるなど、新規で起業する労力と比較するとメリットもたくさんあります。本記事では、廃業する会社を買う方法、相場・成功ポイント・...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)