M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年9月28日更新
この記事は、約2分で読めます。

WEBサイトやWEBサービスを売却する際のポイント

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

WEBサイトやWEBサービスの売却、つまりサイトM&Aは徐々に浸透しつつあり、この先も件数がどんどん増えてくることが予想されています。しかし、サイトM&Aは一般的なM&Aと違うことが多く、また確実に売却するためには相応の準備が必要になります。WEBサイトやWEBサービスを売却するためにも、必要な準備や情報収集は怠らないように心がけておきましょう。

目次
  1. WEBサイトやWEBサービスを売却する際のポイント
  2. WEBサイトやWEBサービスは売却できるの?
  3. WEBサイトやWEBサービスの売却を行うメリット
  4. WEBサイトやWEBサービスの売却を行うデメリット
  5. WEBサイトやWEBサービスにおける売却事例5選
  6. WEBサイトやWEBサービスの売却の流れ
  7. WEBサイトやWEBサービスの売却における5つの注意点
  8. WEBサイトやWEBサービスの売却を行う際には専門家の協力を得よう
  9. まとめ

WEBサイトやWEBサービスを売却する際のポイント

最近、WEBサイトやWEBサービスの売却が増えています。

「WEBサイトやWEBサービスが売れるのか?」と感じるかもしれませんが、これらのようなWEBのコンテンツもちゃんと売買可能です。

実は、このようなWEBサイトやWEBサービスの売買は立派なM&Aの一つとして扱われています。

ただ、WEBサイトやWEBサービスを売買する際には、意識しておきたいポイントがあるのです。

今回は、WEBサイトやWEBサービスを売却する際のポイントについて見ていきましょう。

WEBサイトやWEBサービスは売却できるの?

WEBサイトやWEBサービスは売買できるものであり、「サイトM&A」とも呼ばれています。

「WEBサイトやWEBサービスを売買するのにM&Aと呼ぶのか?」と感じるかもしれません。

しかし、WEBサイトやWEBサービスはいうなれば事業の一つであり、サイトM&Aは事業売却に近いものだといえます。

WEBサイトやWEBサービスの売買の歴史は浅いですが、昨今は個人から中小企業、世界的な大企業まで行っているのです。

有名な事例だと、YouTubeを買収したGoogleが挙げられます。

常に最先端のIT技術が開発されている現在、新たなWEBサイトやWEBサービスはそれだけでも一つの事業に匹敵する価値があるものです。

買い手となる企業からしたら、新たなWEBサイトやWEBサービスを取り込むだけでも大きな利益につながることにもなります。

そのため、WEBサイトやWEBサービスの売却では数十万円から数千万円ほどの金額が動くこともあるのです。

中には売却するために、新たなWEBサイトやWEBサービスの開発を行っている業者もいます。

WEBサイトやWEBサービスの売却は今後も一般化し、多くの業者や企業が行うようになることは充分に考えられるでしょう。

ただ、M&Aの一種とはいえ、WEBサイトやWEBサービスの売却は一般的なM&Aとは異なる点が多くあります。

そのため、WEBサイトやWEBサービスの売却がしたいのであれば、正しい知識が必要です。

WEBサイトやWEBサービスの売却を行うメリット

WEBサイトやWEBサービスの売却を行うにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

買い手と売り手それぞれのメリットは以下のようなものが挙げられます。

買い手のメリット

WEBサイトやWEBサービスの売却において、買い手のメリットはやはり「新しいWEBサイトやWEBサービスを開発する手間が省ける」という点です。

WEBサイトやWEBサービスをゼロから開発することは簡単なことではありません。

また、WEBサイトやWEBサービスの立ち上げに必要な人材やノウハウを確保することも時間やコストがかかります。

加えて、WEBサイトやWEBサービスはただ開発すればそれで完了ではなく、一定数のアクセス数やユーザーを獲得できなければ利益は出てきません。

しかし、WEBサイトやWEBサービスが軌道に乗るには時間がかかります。

通常、WEBサイトやWEBサービスが軌道に乗るには1年ほどかかるといわれていますが、そこまで時間をかけて失敗すれば、それまでの苦労が徒労になってしまうでしょう。

しかし、WEBサイトやWEBサービスを買収することができれば、ゼロから立ち上げるコストや時間を省くことができるのです。

買収した段階で、そのWEBサイトやWEBサービスにアクセスしているユーザーをそのまま引き継げるため、そこから発生する利益をそのまま取り入れることができます。

もちろん、新事業として買収したWEBサイトやWEBサービスを発展させれば、企業に更なる利益をもたらす可能性もあります。

また、個人が買い手の場合でもWEBサイトやWEBサービスの買収は利益があるものです。

WEBサイトやWEBサービスの買収は個人でもできるので、数十万円~数百万円程度の資金があれば買収することができます。

そのため、副業としてWEBサイトやWEBサービスの管理がしたいのであれば、自分で立ち上げなくても、既存のものを買収してしまえば簡単に管理人になることが可能です。

売り手のメリット

WEBサイトやWEBサービスの売却は、やはり気軽にできるという点が大きなメリットといえます。

さきほどもお伝えしたように、WEBサイトやWEBサービスの売却は個人でもできるものです。

そのため、個人が作ったWEBサイトやWEBサービスを企業や別の個人に買ってもらえれば、まとまった売却益を手にすることができます。

そもそもWEBサイトやWEBサービスの開発は、通常の事業と違って個人でも可能です。

その気になれば、売却するためにWEBサイトやWEBサービスの開発を行うこともできます。

また、複数のWEBサイトやWEBサービスを管理しているのであれば、不要になったものを売却して、その売却益で新たなWEBサイトやWEBサービスを立ち上げることも可能です。

過去には企業が個人のWEBサイトやWEBサービスを買収することで、管理人が数百万円や数千万円の利益を手にするといったケースもありました。

サイト売却を検討している場合、M&A仲介会社に依頼すれば、買い手探しや交渉、譲渡契約まで代行してくれます。

M&A総合研究所は、サイト売却に豊富な経験と知識を持つM&A専門の公認会計士が在籍しており、あなたのWEBサイトを最大価格で売却できるようにサポート致します。

相談は無料で行なっていますので、サイト売却を検討であれば、お気軽にお問い合わせください。

電話で無料相談WEBから無料相談

WEBサイトやWEBサービスの売却を行うデメリット

WEBサイトやWEBサービスは気軽にできるものですが、デメリットもあります。

一般的なM&Aと同様に、WEBサイトやWEBサービスはデメリットをしっかり把握したうえで行いましょう。

買い手、売り手ごとのデメリットはそれぞれ以下の通りです。

買い手のデメリット

WEBサイトやWEBサービスの売却における買い手のデメリットは「うかつに手を加えられない」という点です。

WEBサイトやWEBサービスを買収した後、買い手としては管理しやすいように、あるいは企業のイメージに合うように手を加えようと考えるものだと思います。

しかし、WEBサイトやWEBサービスの価値は買収した状態ですでに完成されている場合が多く、無闇に手を加えるとかえって利益が生まれなくなる恐れがあるのです。

むしろ余計な手を加えることは、そのWEBサイトやWEBサービスの価値を低下させてしまうと考えた方がいいでしょう。

ただ、それでもWEBサイトやWEBサービスに手を加えたい場合は、ユーザーの反応を慎重に伺いながら行ってください。

売り手のデメリット

WEBサイトやWEBサービスの売却における売り手のデメリットは「売れるものを作らなければならない」という点です。

当たり前の話になってしまいますが、あらゆるWEBサイトやWEBサービスが確実に売れるというわけではありません。

WEBサイトやWEBサービスは、アクセス数や閲覧するユーザー数を一定以上増やさなければ利益が発生しないため、売れる可能性は低くなります。

最低でも月に数十万円の利益が出るようなWEBサイトやWEBサービスでなければ、よほど先進的な、魅力的な技術がない限り売却が成功する可能性は低いでしょう。

しかし、かといって売れるWEBサイトやWEBサービスを開発することは決して簡単ではありません。

SEO効果を考えて内容を作ったり、ユーザーの興味を引きやすいデザインを考えるなど、管理人が行うべきことはとても多いものです。

全てを意識したうえでWEBサイトやWEBサービスを立ち上げることは、決して簡単ではありません。

そのため、WEBサイトやWEBサービスの売却を行うには、まず売れるWEBサイトやWEBサービスの開発を心がける必要があります。

WEBサイトやWEBサービスにおける売却事例5選

ここでは、WEBサイトやWEBサービスにおける売却事例を紹介します。

譲渡先や売却価格、運営歴も紹介しているので、自サイトの売却にお役立てください。

PillPackによるM&A

2018年7月、アメリカのオンライン薬局サービスであるPillPackが、世界最大のオンラインショッピングサイトのAmazonにサイト売却をしたM&A案件です。

Amazonが薬品販売事業に参入することで、話題となりました。

売却価格は非公表ですが、日本円にして約1,100億円と見られています。

GithubによるM&A

2018年10月、アメリカのソフトウェア開発プラットフォームを提供するGithubが、Microsoftにサイト売却をしたM&A案件です。

Microsoftが持つクラウドプラットフォームである「Microsoft Azure」との連携を狙い、オープンソース事業の拡大を図る買収を行いました。

売却価格は、日本円で約8,200億円です。

資金調達プロによるM&A

2018年11月、ファウンダー株式会社(旧:株式会社ユービジョン)が運営する業界特化型アフィリエイトサイト「資金調達プロ」を東証一部上場企業へサイト売却したM&A案件があります。

資金調達プロのWEBサイトは、社員やアルバイトはおらず、数名の業務委託スタッフのみで運用されていたのにも関わらず、ニッチなジャンルに特化したコンテンツを持ち、アフィリエイトの収益モデルが完成していたので高評価に繋がりました。

売却価格は、6億2,000万円です。

芸能系エンタメサイトのM&A

芸能ニュースやイベント、テレビ番組情報、時事ネタを扱った芸能エンタメサイトの売却事例です。

開設から1ヶ月後にGoogleアドセンスを導入しています。

少ないリソースでの運用、売り上げ、記事ジャンルの幅広さなど、様々な案件に利用できる点が評価されてM&A成約に至りました。

売却価格は160万円ですが、開設から短期間でも魅力的なコンテンツと収益モデルが確立していれば、売却は可能であることを証明した事例です。

債務整理に特化したサイトのM&A

債務整理に関する情報に特化したWEBサイトの売却事例があります。

ほとんどの記事を元弁護士が執筆しているので、情報の正確性は高いです。

アフィリエイトが収益モデルとなっており、過去の安定した収益の高さが評価されてM&A成約に至りました。

売却価格は120万円ですが、信頼のおける人物が執筆しており情報の信頼性が高いことが担保されているコンテンツを持っていれば、WEBサイトの売却は可能なのです。

WEBサイトやWEBサービスの売却の流れ

WEBサイトやWEBサービスはM&Aの同じようなものと捉えられますが、そのプロセスは一般的なM&Aとは大きく異なっています。

WEBサイトやWEBサービスの売却の流れは以下の通りです。

売却するWEBサイトやWEBサービスの価格の決定

WEBサイトやWEBサービスの売却の際、最初に行うプロセスは売却するものにおける金額の決定となります。

一般的にWEBサイトやWEBサービスを売却する場合、まずは仲介業者に頼むケースがほとんどです。

その際、まずWEBサイトやWEBサービスの審査を受けることになります。

これは、WEBサイトやWEBサービスの価値を査定するプロセスです。

仲介業者にWEBサイトやWEBサービスの価値を査定してもらった後は、業者のサイトに載せるために必要な情報を業者に伝えます。

この際に伝える事柄は販管費やSEO対策、集客情報などといったWEBサイトやWEBサービスの基本的な情報です。

そのうえで業者と協議し、最終的な価格を決定します。

基本的にWEBサイトやWEBサービスの価格は「月々の平均利益×12ヶ月前後の月数」であることが多いです。

しかし、中には1年半分の月数で価格を決定することもあります。

交渉

売却するWEBサイトやWEBサービスの買い手が見つかったのであれば、そのまま交渉が開始されます。

このプロセスは一般的なM&Aと同じようなものだと考えてもいいです。

ただ、このプロセスではM&Aのような綿密なデューデリジェンスはなく、シンプルに売却するWEBサイトやWEBサービスをどれだけの価格で売買するかが決定されます。

交渉がまとまり、売却が決定したのであれば、M&Aのように契約を締結するのです。

移管作業

この「移管作業」のプロセスは、WEBサイトやWEBサービスの売却独自のものといえます。

移管作業は、売却するWEBサイトやWEBサービスの管理権を相手に移譲する作業のことです。

この移管作業は、大きく分けて二つの段階があります。

最初に行うのは「ドメイン譲渡」です。

WEBサイトやWEBサービスのドメインを買い手に譲渡するプロセスは、以下2種類の方法があります。

  • 「ドメインの管理会社を買い手に移管したうえで名義変更を行う」
  • 「同じドメインの管理会社を用いたまま名義変更を行う」

一般的には同じドメインの管理会社のままにした方が、手間がかからないので、この方法が推奨されることが多いです。

また、ドメイン譲渡は仲介業者にやってもらうことが多いですが、早ければ5分程度で完了します。

コンテンツ譲渡

続いては「コンテンツ譲渡」です。

コンテンツ譲渡は文字通りWEBサイトやWEBサービスそれ自体を譲渡するプロセスになります。

コンテンツ譲渡の方法は、以下の2種類です。

  • 「コンテンツを管理しているサーバーの名義変更を行う」
  • 「コンテンツを構成するファイルやデータベースを別のサーバーに移行する」

コンテンツ譲渡の場合、サーバーの名義変更をした方がはるかに簡単に手続きを終えられますが、これはサーバー会社次第であるため、事前に確認しておくことがおすすめです。

ただ、売り手が同じサーバーで複数のWEBサイトやWEBサービスを管理している場合は、名義変更ができなくなるので注意しておきましょう。

また、同じサーバー内にある別のアカウントにWEBサイトやWEBサービスを移行すると、一定期間が表示されなくなることがあるため、これも注意しておいてください。

「ドメイン譲渡」と「コンテンツ譲渡」が完了したならば、最後にネームサーバーの変更を行えば、移管作業は終了します。

WEBサイトやWEBサービスの売却における5つの注意点

これまで、WEBサイト売却におけるポイントやメリット・デメリット、流れについて紹介してきました。
しかし、いくつか注意点もあるので、よく確認した上でサイト売却を検討してください。
サイト売却の注意点は、主に以下の5つです。

  • クレーマーへ売却しないようにする
  • 納得がいかない価格で売却しない
  • 売却のタイミングを見極める
  • 買い手が見つからなかった
  • 売却をすると税金がかかる
1つずつ、見ていきましょう。

注意点1.クレーマーへ売却しないようにする

あなたが成長させたWEBサイトだからこそ、譲渡後もきちんと運営をしてくれる買い手に売却したいと考えるでしょう。

しかし、M&A仲介会社へ依頼したり、個人的に売却する場合を除いて、マッチングサイトやオークションサイトを利用した売買は買い手の人柄まで知ることは難しいです。

もし、売却相手がクレーマーだった場合、正式に売却が完了した後もサポートと称してサイト運営をさせられることもあります。

マッチングサイトやオークションサイトでのサイト売却は、売却相手の判断が難しいです。

したがって、M&A仲介会社に依頼をしてサイト売却を目指す方が安全と言えます。

注意点2.納得がいかない価格で売却しない

現実として、無料査定サービスを謳って相場より圧倒的に低価格をつける悪質なサイト売却サービスが存在するのは事実です。
もし、あなたにとって不本意な価格をつけられてしまったら、その売却サービスを利用しないことをおすすめします。

注意点3.売却のタイミングを見極める

サイト売却におけるマッチングサイトには掲載期間が決められています。

したがって、必ずしも買い手が欲しいタイミングと売却のタイミングが合致するとも限らないのが現状です。

かといって、出品を繰り返してしまうとサイトの価値を落としてしまうことになりかねません。

なので、サイト売却を行う際は、タイミングを見極める必要があります。

注意点4.買い手が見つからなかった

納得の行く買い手が見つからなかったり、個別商談が失敗したりなどの理由でサイト売却に失敗することもあります。

サイト売却ができなかった場合、適切なタイミングを逃してしまったなどの要因がありますが、買い手に対してあなたのサイトの魅力が伝わりきらなかったということも考えられます。

サイト売却に失敗した場合、あなたのサイトの価値を改めて見直しましょう。

その際は、第三者からの意見を募れば、自分では気づけなかった新たな魅力を発見することもあります。

注意点5.売却すると税金がかかる

WEBサイトの売却後には譲渡益が発生するので、税金がかかります。

税金をいくら支払うのか予め計算しておかなければ、高額で売却した際に想定外の税金を支払うことになります。

初めてサイト売却をする人はもちろん、慣れた人でも税金の支払いには注意を怠りがちです。

しかし、M&A仲介業者に依頼すれば、正確な納税額の算出や手続き、さらには税金対策についてのアドバイスも貰えます。

ぜひ、利用を検討してみてください。

WEBサイトやWEBサービスの売却を行う際には専門家の協力を得よう

前章で触れましたが、WEBサイトやWEBサービスの売却を行うなら専門家の協力を得ておきましょう。

サイトM&Aが浸透しつつある昨今、個人のWEBサイトやWEBサービスの売却でも気軽に対応している業者が増えています。

このような業者はITやソフトウェアの知識で売却をサポートしてくれるだけでなく、売り手や買い手のマッチングも可能です。

なので、WEBサイトやWEBサービスの売却が成功する確率を引き上げてくれます。

ただ、気を付けておきたいのが業者によって買い手や売り手の傾向が異なることが多い点です。

業者によっては個人や中小企業でのサイトM&Aを専門にしているところもあれば、IT業界やソフトウェア業界の企業向けのサイトM&Aを専門としていることもあるなど、業者が変わればサイトM&Aの質も変わります。

もちろんサイトM&Aの質も変われば、当然取引価格も変わってきます。

例えば、数千万円単位のサイトM&Aを行いたいのであれば、ちゃんと企業の買い手をマッチングしてくれる業者を探さなければなりません。

そのため、業者にサポートを依頼する場合には、その業者の評価や実績はもちろん、取り扱っている案件の取引価格の傾向も調べる必要があります。

また、WEBサイトやWEBサービスの査定についても業者によって料金形態が異なるので、チェックしておくようにしましょう。

サイト売却を検討しているのであれば、M&A総合研究所にお任せください。

M&A仲介会社は報酬が高額になるイメージがありますが、M&A総合研究所は着手金や中間金が不要で成功報酬のみしかかかりません。

なので、料金は業界最安値基準となっており、気軽に相談できます。

電話やWEBでの無料相談も実施しているので、サイト売却を考えているのであればM&A総合研究所に仲介をお任せください。

電話で無料相談WEBから無料相談

まとめ

WEBサイトやWEBサービスの売却、つまりサイトM&Aは徐々に浸透しつつあり、この先も件数がどんどん増えてくることが予想されています。
しかし、サイトM&Aは一般的なM&Aと違うことが多く、また確実に売却するためには相応の準備が必要です。
確実にWEBサイトやWEBサービスを売却するためにも、必要な準備や情報収集は怠らないように心がけておきましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)