M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 3分で読めます。
batonz(アンドビズ)は小規模事業承継のサービス!口コミや評判は?

batonz(アンドビズ)は小規模事業承継のサービス!口コミや評判は?

M&A仲介の現状

M&Aを行う際、M&A仲介会社からサポートを受ける経営者は多いですが、最近はM&Aマッチングサイトを活用するケースも増えています。M&Aマッチングサイトも様々な種類なものがありますが、その中でも高い利用率を誇るサイトの一つがbatonzです。

元々batonzは「アンドビズ」というM&Aマッチングサイトでしたが、リニューアルに伴い、社名やサイト名を変更。中小企業の事業承継M&Aに役に立つM&Aマッチングサイトに生まれ変わっています。今回はbatonzがどんなM&Aマッチングサイトなのか、サービス内容や口コミ・評判などを網羅的にお伝えしていきます。

batonz(アンドビズ)とは

batonzとはどのようなM&Aマッチングサイトでしょうか?

サービスの概要

batonzは日本M&Aセンターグループが運営するM&Aマッチングサイトであり、主に事業承継M&Aのマッチングのサポートを行っています。batonzに登録したユーザーは自身の条件に見合った買い手・売り手を自由に探せるようになっており、理想的な相手が見つかればそのままM&Aの交渉を行うことができます。さらに必要があれば事業承継アドバイザーが直接サポートしてくれるため、より円滑にM&Aを進められるようになります。

batonzのサービスの最大の特徴は事業承継に特化しているという点でしょう。そもそも事業承継は昨今の中小企業にとって最も重要な課題の一つだといえます。高齢化によって中小企業の経営者は次々と引退を迎えようとしていますが、そんな状況に反して後継者不在の企業が多くなっています。そのため、事業承継が出来ず、結局経営者の引退と同時に企業を廃業するケースが続出しています。

そんな中、従来の後継者への事業承継に代わって注目を集めているのがM&Aによる事業承継です。M&Aならば買い手となる企業に経営を委託することによって事業を存続できるうえに、経営者は売却益を手に入れることができます。

しかし、M&Aは成功率が3割~5割程度だといわれているものであり、決して簡単ではありません。中には条件が合う買い手を見つけることすらできないまま、M&Aが失敗してしまうことも珍しくありません。ただ、batonzは事業承継のサポートを第一としているM&Aマッチングサイトであるため、事業承継を望む売り手と会社買収を考えている買い手をしっかりマッチングしてくれます。

batonz(アンドビズ)のサービス内容

ここではbatonzのサービス内容についてお伝えしていきます。
batonzのサービスの内容は大きく分けて2つあります。

マッチング

やはりM&Aマッチングサイトである以上、batonzの最大のサービスはマッチングです。batonzは膨大な情報量がウリであり、登録するだけで2万件以上の買い手の情報を閲覧できるようになります。M&Aマッチングサイトの価値は情報量と言っても過言ではありませんが、batonzは高水準の情報量を持つM&Aマッチングサイトだといえるでしょう。

また、運営しているのがM&A仲介会社大手の日本M&Aセンターグループなのもあって、膨大なネットワークを持っていることもbatonzの特徴です。batonzは日本全国の様々な金融機関のネットワークを活かし、登録者を強力にバックアップします。

M&Aの支援

M&Aを実際に行う際、batonzは事業承継アドバイザーのアドバイスやサポートを受けることができます。

基本的にbatonzはマッチングされた買い手と売り手が直接交渉することができますが、売り手と買い手それぞれが理想的なシナジー効果を得るには専門家のサポートが欠かせません。そのような時のために、batonzでは事業承継アドバイザーによる無料相談を行っており、有益なアドバイスを受けながらM&Aを進めることができます。また、M&Aの進行を事業承継アドバイザーに委託することもできるため、M&Aの成功率をさらに引き上げることも可能です。

batonzの特徴

batonzの特徴は以下のようにまとめられます。

運営企業が大手M&Aグループ

さきほども触れましたが、batonzは大手M&Aグループである日本M&Aセンターグループが運営しています。日本M&Aセンターグループは東証一部上場を果たしており、M&A仲介会社の中でも規模が大きい部類に入ります。

もちろん上場しているだけあって社会的信用性も高く、業界の中でも人気があるM&A仲介会社の一つです。そのため、batonzは安心して使えるM&Aマッチングサイトだといえます。

ユーザー数

情報量が多いだけでなく、batonzはユーザー数が多い点も特徴です。batonzのユーザー数は2万人を超えており、その数はM&Aマッチングサイトの中でもトップクラスです。

また、batonzのユーザーは身元が明るいユーザーのみであるため、悪質なユーザーや怪しいユーザーと接触する恐れがありません。そのため身元や実名を明かしてM&Aを交渉する際も安心して臨むことができます。

地方自治体との連携

batonzは地方自治体との連携も行っており、地域に密着したサポートを実施しています。実際地域の中小企業の事業承継をサポートするためにいくつもの自治体がbatonzと連携しており、お互いのネットワークを組み合わせることで事業承継支援をより良いものにしています。

公的機関である自治体と連携できるということは、batonzがそれだけ実績を認められている証でもあります。そのため、地方の企業にとってbatonzは心強い味方になってくれるでしょう。

電話で無料相談WEBから無料相談

batonz(アンドビズ)の利用方法

batonzの利用方法は以下のようになっています。

ユーザー登録

まずはbatonzでユーザー登録を行います。最初にbatonzで名前や生年月日、メールアドレス、携帯電話番号などといった基本情報を登録します。ユーザー登録自体はこれだけで終わります。その後は「売りたい方」と「買いたい方」のいずれかを選び、それぞれのルートで必要な作業を行います。

売り手の場合

売り手の場合、「売り情報を新規登録する」を選びます。ここで法人あるいは個人事業であるかの公開設定や、本人確認やビジネスモデル、財務情報などの登録を行います。ビジネスモデルや財務情報の登録は任意ですが、これらの情報が詳細であるほどに買い手からのマッチングの可能性が高まります。

もちろんbatonzでの売り情報の公開はユーザーの自由であり、公開する情報の範囲もユーザーの采配です。しかし、公開されている情報が詳細であるほど売り手としての信頼性が高まるので、できることならより詳細な情報を公開することがおすすめです。

買い手の情報

「買いたい方」を選んだ場合、本人確認を完了させれば好きな売り情報を閲覧したり、マッチングの申し込みができるようになります。買い手の場合、売り情報の登録がないため、登録の手間はあまりかかりません。

batonz(アンドビズ)の利用料金

batonzの利用料金はどのようになっているのでしょうか?

売り手の利用料金

売り手の場合、batonzは原則無料で利用することができます。ユーザー登録はもちろん、マッチングや交渉の管理なども無料でできるうえに、M&Aが成功した場合に何かしらの報酬を支払う必要もありません。

また、事業承継アドバイザーの紹介や相談も無料です。ただ、事業承継アドバイザーにM&Aの交渉を委託した場合は報酬を支払う必要が出てきます。この場合、基本合意時に20万円、譲渡契約を行った際に承継価格の1割+100万円が報酬になるため注意してください。

他にもオプションサービスである企業価値評価を利用した場合は3万円、不動産評価を利用した場合は5万円、事業承継アドバイザーに契約書を確認してもらった場合は10万円以上の料金が発生します。

買い手の利用料金

買い手の場合、売り手とは料金体系が異なっています。買い手は登録等を無料で利用できますが、M&Aが成約し、譲渡契約を締結したのであれば、譲渡価格の5%、最低25万円が報酬として発生します。また、売り手と同様に事業承継アドバイザーにM&Aの交渉を委託すれば同じ報酬を支払う必要が出てきます。

加えてオプションサービスである事業承継アドバイザーの契約書チェックやデューデリジェンスを利用した場合、それぞれ10万円以上かかるため注意してください。

アドバイザーの利用料金

アドバイザーがbatonzを利用した場合、その利用料金は売り手・買い手と異なっています。アドバイザーが事業承継アドバイザーとして登録する場合、登録料が10万円発生します。さらに月額料金が1ヶ月につき9,800円(2アカウント以降は5,000円)発生し、またアドバイザリー契約を締結した際にも報酬を支払わなければなりません。

この報酬はbatonzを通じて行ったかどうかによって金額が変わります。もしbatonzを通じて締結した場合は25万円、batonzを通じて締結しなかった場合は成功報酬の30%~50%が報酬になります。

また、日本M&A協会理事会員、金融機関、地方自治体などアドバイザーの立ち位置によっては別途料金が発生することがあるので注意してください。

batonz(アンドビズ)の口コミ・評判

batonzの口コミ・評判はどうなっているのでしょうか?batonzには以下のような口コミ・評判が集まっています。

スピーディーに情報公開ができる

batonzのスピーディーに情報公開できる点は非常に評価が高いです。さきほどお伝えしたように、batonzのユーザー登録、売り情報の登録は非常に簡単であり、10分程度で完了させることができます。

他のM&Aマッチングサイトは登録に手間がかかることも珍しくなく、パソコンが不得手なユーザーだとやきもきしてしまうこともあるでしょう。しかしbatonzは登録の作業がシンプルなうえに、必要があれば無料で登録代行を使うこともできます。この手軽さがbatonzの強みになっているといえるでしょう。

信頼できる専門家のサポートが手厚い

信頼できる専門家のサポートが手厚いこともbatonzの口コミ・評判では多く触れられています。東証一部上場の日本M&Aセンターグループが運営しているだけでも心強いですが、batonzには日本M&Aセンターグループが提携している専門家のサポートが受けられる体制が整っています。

通常M&Aマッチングサイトというと、良くも悪くもユーザーが自由に使える一方で専門家のサポートが得にくいケースもあります。しかし、batonzでは中小企業のM&Aの経験や知識が豊富なうえに、事業承継をこれまでいくつか実現してきた専門家が多いため、充実したバックアップを受けることができます。

batonzの運営企業

ここではbatonzの運営企業である株式会社バトンズについてお伝えします。

企業情報

株式会社バトンズは日本M&Aセンターグループの中核である日本M&Aセンターの@net事業部が前身です。

元々株式会社バトンズは「アンドビズ」という名前で提携金融機関向けにサービスを行っていました。それから2017年に一般事業者向けに公開され、サービスを開始すると、半年で成約件数が100件を突破。さらにユーザー数も1年半で2万人を超えました。

このようにbatonzは急速に成長を続けているM&Aマッチングサイトだといえます。

求人・採用情報

株式会社バトンズの求人・採用情報はどうなっているのでしょうか?

現在株式会社バトンズではWEBエンジニアの求人を行っています。M&Aマッチングサイトを運営しているのもあって、株式会社バトンズはIT分野に強い人材を求める傾向があり、現在も積極的に採用しているようです。その他の職種に関しては現在求人を行っていませんが、今後何らかの形で採用を行う可能性はあるでしょう。

日本M&Aセンター

株式会社バトンズ、そしてbatonzの大元となっている日本M&Aセンターは日本M&Aセンターグループの大元であり、日本でも有数のM&A仲介会社です。日本M&Aセンターは東証一部上場を果たしているM&A仲介会社であり、中堅・中小企業のM&Aを専門的に取り扱っています。

日本M&Aセンターは広範に渡るネットワークを有しており、全国地方銀行の9割、信用金庫の8割、900近くの会計士事務所と連携することによって膨大な情報を集めることができます。加えて在籍しているスタッフもM&Aの玄人揃いであり、事業承継M&Aも得意としています。

それもあって日本M&Aセンターは年間制約支援が約770件、累計成約実績も4,500件を超えるなど、M&Aに関してはトップクラスの実績を誇っています。また、日本M&Aセンターは日本各地で積極的にセミナーを行っており、M&Aや事業承継に関する知識や最新の情報を数多くの経営者に提携しています。

まとめ

事業承継M&Aを考えている経営者にとって、batonzは非常に優れたM&Aマッチングサイトだといえるでしょう。登録の手軽さはもちろん、優れた事業承継アドバイザーもいるため、手厚いサポートを受けることができます。

上手く活用できれば、事業承継M&Aが成功する可能性が飛躍的に上がるでしょう。M&Aの中でも事業承継に特化したM&Aマッチングサイトは珍しいため、ぜひbatonzを活用してみてください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら