M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
M&A実績の豊富な仲介会社

M&A実績の豊富な仲介会社

目次

    M&A実績の豊富な仲介会社

    M&Aを円滑に進める目的で、M&A仲介会社やアドバイザリーを利用します。

    しかし、M&A仲介会社にどの様な違いがあるのかは意外と知られていません。

    仲介会社の選定における判断材料として実績は重要になります。

    この記事では主要なM&A仲介会社の実績を、財務面や成約件数の観点からご紹介します。

    M&A仲介会社のサポートと概要

    まず最初に、M&A仲介会社に関する基礎知識をご紹介します。

    ⑴M&A仲介会社のサポート内容

    M&A仲介会社は、売り手と買い手とのM&Aをマッチングをサポートしています。

    売り手企業の情報を基に、シナジー効果を発揮出来そうな相手にM&Aを打診します。

    多くのM&A仲介会社は、マッチングのみならずその後のM&Aプロセスもサポートしています。

    公認会計士や税理士、弁護士等の専門家を抱える仲介会社もあり、デューデリジェンスやバリュエーションの実績も豊富です。

    M&A業務実績の豊富な仲介会社を起用すれば、M&Aの成功可能性が高まるでしょう。

    ⑵M&A仲介会社を利用するメリット

    M&A仲介会社を利用するメリットを3つご紹介します。

    ①M&Aの相手先をスムーズに探せる

    自力でM&Aの相手を探す場合、一社一社声をかけるケースが基本です。

    M&Aでは非常に大きな金額が動くため、簡単にM&Aの実行は決められません。

    数社にM&Aを打診するだけで、多大な時間と労力がかかる上に、M&Aを承諾してくれるとは限りません。

    自力で探すと非常に非効率ですが、M&A仲介会社の多くは全国各地にネットワークを持つ為、スムーズに相手を探せます。

    ②円滑なM&Aを実現できる

    M&A仲介会社には、M&Aに関する経験や知識が豊富なアドバイザーが多数在籍しています。

    知識や経験が豊富なM&Aアドバイザリーにサポートして貰えば、円滑にM&Aを実施できます。

    ③適正価格でM&Aを実施できる

    高値で売却したい売り手と安値で買収したい買い手とでは、妥当なM&A価格を決定することは難しいです。

    公正な立場であるM&A仲介会社が間に入ることで、買収価格の話し合いをスムーズに進めることができます。

    ⑶M&A仲介会社を利用するデメリット

    M&A仲介会社の利用に際して、大きなデメリットはありません。

    強いて言えば、サービス利用に関して費用が発生する点です。

    成功した時点で費用が発生するだけでなく、着手金として数百万円もの費用を要する業者も存在します。

    他にも様々な費用が発生し、全て合わせて数千万円〜数億円もの費用がかかる恐れがあります。

    せっかく得た売却代金が、全て費用で消えるケースもあります。

    M&A仲介会社を利用する際は、あらかじめ予算と費用を比較検討する事が必要です。

    ※関連記事

    M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

    M&A仲介会社の費用と料金

    この項では、M&A仲介会社の費用(料金)について解説します。

    M&A仲介会社を利用すると、主に下記の費用が発生します。

    ⑴着手金

    着手金とは、M&A仲介業者と契約を締結した時点で生じる費用です。

    人件費や資料作成費等を賄う目的で生じる料金であり、M&Aが失敗しても返還されません。

    着手金の金額は、100万円から500万円程度となります。

    予算に余裕が無い場合は、着手金が無料のM&A仲介業者を選びましょう。

    ⑵リテイナーフィー

    リテイナーフィーとは、仲介業者との契約期間内で毎月発生する料金です。

    月額50〜200万円程度の費用が発生する為、期間が長期化するほど負担が増します。

    リテイナーフィーが無料のM&A仲介会社も存在します。

    ⑶中間報酬

    中間報酬とは、M&Aの相手と基本合意書を締結した時点で生じる費用です。

    成功報酬の1〜2割が料金相場となっており、取引が決裂しても返還されないのでご注意ください。

    ⑷成功報酬

    成功報酬とは、M&A契約が正式に締結された段階で支払う料金です。

    費用額はレーマン方式により算出されるケースが一般的です。

    レーマン方式では、取引金額に一定料率を掛ける事で、成功報酬の金額を計算します。

    一般的なレーマン報酬の料率は、下記となります。

    ・5億円以下の部分→5%

    ・5億円超〜10億円以下の部分→4%

    ・10億円超〜50億円以下の部分→3%

    ・50億円超〜100億円以下の部分→2%

    ・100億円超の部分→1%

    上記の料率に加えて、取引金額の中身も重要となります。

    仲介会社ごとに取引金額の設定が異なっており、設定次第で費用の額が大幅に変動します。

    「譲渡金額」「移動総資産」「企業価値」のいずれかが用いられますが、譲渡金額である場合が最も費用額は少ないです。

    数百万円以上の違いが生じる為、極力は「譲渡金額」を設定している仲介会社を選びましょう。

    M&A総合研究所の実績

    これ以降は、主要なM&A仲介会社の実績をご紹介します。

    まず最初に、M&A総合研究所の実績をご紹介します。

    ⑴M&A仲介会社としての特徴

    M&A総合研究所は、設立間もないものの多方面から期待されている仲介会社です。

    その背景には、「専門性の高さ」と「圧倒的な料金体系の安さ」という二つの強みがあります。

    M&A総合研究所は、公認会計士・税理士の有資格者が運営するM&A仲介会社です。

    高度な専門知識を活かし、M&Aの実務を全面的にサポートしてくれます。

    実務面での専門性に加えて、公認会計士や税理士との幅広いネットワークもM&A総合研究所の強みです。

    全国から幅広くM&Aの相手候補を探せる為、M&Aを効率的に進める事が可能です。

    専門性や独自のネットワークがある為、3〜6ヶ月間でM&Aを実行可能です。

    M&A総合研究所のもう一つの強みは、業界トップクラスに安い料金体系です。

    大半のM&A仲介会社とは違い、M&A総合研究所では着手金、中間報酬、リテイナーフィーを完全無料としています。

    着手金無料の仲介会社は存在しますが、中間報酬やリテイナーフィーまで無料のM&A仲介会社は殆ど存在しません。

    着手金や中間報酬が無料である点に加えて、成功報酬も業界最安値レベルでお手頃です。

    M&A総合研究所では、レーマン方式−1%の料率を用いて、成功報酬を算出しています。

    業界最安値で公認会計士の専門的なサポートを得られる点で、M&A総合研究所は非常にオススメのM&A仲介会社です。

    ⑵財務・成約件数での実績

    M&A総合研究所は、設立されて間もないM&A仲介会社です。

    大手のM&A仲介会社と比べると実績こそ不足するものの、料金面や専門性ではM&A総合研究所が上回っています。

    設立間もないにも関わらず多方面から期待されており、今後急速に実績を積み上げていくと予想されます。

    料金・サービスの質共に業界トップクラスのM&A総合研究所では、只今キャンペーンを実施中です。

    2019年7月末までの期間限定で、売り手側は何と一切の手数料が無料となります。

    つまりM&Aの相手探しから最終的な契約成立まで、完全無料でM&Aを実施出来ます。

    質の高いサポートを完全無料で受けられるので、M&A総合研究所を仲介会社として選ぶことをオススメします。

    日本M&AセンターのM&A実績

    まず初めに、日本M&Aセンターの実績をご紹介します。

    ⑴M&A仲介会社としての特徴

    数あるM&A仲介会社の中でも、日本M&Aセンターは業界のリーダー企業として名高いです。

    成約件数と売上高共に抜きん出た実績を誇る日本M&Aセンターは、全国に幅広いネットワーク持っています。

    商工会議所や税理士・会計士事務所、ベンチャーキャピタル等と連携している為、自社に適したM&A相手を探してくれます。

    近年は子会社による匿名マッチングサービスも展開しており、リーダー企業として幅広いM&Aサポートを提供しています。

    業種や事業規模関係なく、フルカバレッジのサービスを提供している点が日本M&Aセンターの強みです。

    ⑵財務面での実績

    財務面では抜きん出た実績を誇る日本M&Aセンターは、2018年3期の時点で約246億円もの売上高をあげました。

    営業利益も約116億円を記録し、財務面では他の追従を許さない実績となっています。

    数字だけ見ても圧倒的な実績であり、日本M&Aセンターの凄い点は財務状況の上昇度合いです。

    8期連続で当初の予想を上回る実績を記録している上に、9期連続で最高益を更新しています。

    M&A業界自体が成長市場であることは確かですが、その中でも日本M&Aセンターは圧倒的な実績を出しています。

    2019年3期の予想では、売上高・営業利益共に過去最高となる見込みです。

    ⑶成約件数の実績

    財務面のみならず、成約件数も他の追従を許さない実績を誇ります。

    2013年時点では207件だったのが、その後右肩上がりに増加し、2018年には649件まで増加しています。

    5年で成約件数が約3倍まで増加し、M&A仲介業界のリーダーとして確固たる地位を築いています。

    近年は上昇度合いも急激となっており、今後の実績が大いに期待できるM&A仲介会社です。

    ※関連記事

    M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

    株式会社ストライクのM&A実績

    次に、株式会社ストライクの実績をご紹介します。

    ⑴M&A仲介会社としての特徴

    株式会社ストライクは、会計のスペシャリストである公認会計士が主体となって創立したM&A仲介業者です。

    公認会計士や金融関係者中心である為、専門性の高いサービスを強みとしており、専門的なM&A実務の実績も豊富です。

    専門性のみならず、インターネットを利用したM&Aサービスも強みとしています。

    M&Aの相手をインターネット上で検索できる「SMART™」と呼ばれるサービスを提供し、インターネットでのマッチングにおいても多くの実績をあげています。

    M&A市場SMARTには無料で自社の情報を掲載できるので、費用を抑えてM&Aを実現することも可能です。

    ⑵財務面での実績

    株式会社ストライクは、2018年8月期の時点で売上高約28億円、営業利益約10億円という実績をあげました。

    日本M&Aセンターと比べると少ないものの、売上高は前年比+40%、営業利益は前年比+29%と業績は上昇しています。

    M&A市場全体の成長と共に、ストライクも順調に財務状況における実績を伸ばしていることが伺えます。

    近頃コンサルタントの増員等の施策を施した為、来期も順調に実績を伸ばすと予想されます。

    ⑶成約件数の実績

    成約件数を見ても、順調に実績を積み重ねています。

    2014年8月期には26件に留まっていましたが、2017年8月期には67件まで成約件数を伸ばしています。

    3年間で約2.6倍成約数を伸ばしており、上昇率だけ見ると日本M&Aセンターと遜色ない実績を残しています。

    地域での営業を強化させている事もあり、財務面のみならず成約件数面での実績上昇も期待出来ます。

    ※関連記事

    M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

    M&AキャピタルパートナーズのM&A実績

    最後に、M&Aキャピタルパートナーズの実績をご紹介します。

    ⑴M&A仲介会社としての特徴

    M&Aキャピタルパートナーズは、他の業者と比べると手数料システムが顧客にとって良心的です。

    着手金やリテイナーフィー、企業価値算定を無料としており、費用の観点では非常に魅力的なM&A仲介業者です。

    M&A案件を独自のネットワークから調達している点も強みとしており、買い手側は他では発見できない案件と出会えます。

    在籍しているM&Aアドバイザリーの質も高く、業界ごとに適したサービスを受けることが可能です。

    ⑵財務面での実績

    財務状況では、2017年9月期時点で売上高約83億、経常利益は約36億円となっています。

    売上高・経常利益共に順調に実績を伸ばしており、特に2016年→2017年にかけて急激に業績が伸びています。

    今年度(2018年)の第三四半期時点では、レコフによる前年度の大型案件成約が無い影響で、現時点では昨年度を下回る実績となっています。

    M&Aキャピタルパートナーズ単体で見た場合には、前年比で約3%売上高がアップしている為、会社としての力が衰えた訳ではありません。

    ⑶成約件数の実績

    成約件数を見てみると、他のM&A仲介会社と同様に右肩上がりの実績を見せています。

    2011年には13件でしたが、2017年には111件までM&Aの成約実績を伸ばしています。

    特に2016年から2017年にかけては、2倍弱も増加しています。

    第三四半期時点での成約件数は今年度(2018年)過去最高を記録しており、急激に実績を伸ばしている事が見て取れます。

    2016年にM&A業界における老舗会社である「レコフ」を買収した事が、近年の大躍進に繋がっていると考えられます。

    ※関連記事

    M&Aの動向

    まとめ

    今回は、主要なM&A仲介会社の実績を紹介しました。

    M&A仲介業者は様々存在しますが、特色や強み、これまでの実績が異なります。

    M&A仲介会社を選ぶ際には、特徴や実績を判断材料とする事がオススメです。

    実績が無くても素晴らしいM&A仲介会社は存在します。

    少しでもM&Aのリスクを減らしたい場合、実績のある業者を選ぶ方がよいでしょう。

    今回ご紹介したM&A仲介会社は申し分ない実績を持っており、是非とも参考にしてみてください。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら