2020年4月9日更新会社・事業を売る

M&Aアドバイザーのランキング【必見】

M&AではバリュエーションやデューデリジェンスなどM&Aアドバイザーのサポートは欠かせません。今回は「ブルームバーグ」が公表している資料を基に、M&Aアドバイザーのランキングをお伝えします。財務アドバイザーランキング、法務アドバイザーランキングも解説!

目次
  1. M&Aアドバイザーとは
  2. M&Aアドバイザーの種類と業務
  3. 財務アドバイザーランキング
  4. 法務アドバイザーランキング
  5. M&Aアドバイザーをお探しなら
  6. M&Aアドバイザーの無料相談に行く際のポイント
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&AをサポートするM&Aアドバイザーは、世界各地に数多く存在します。

大小様々なM&Aアドバイザーが存在しており、どのM&Aアドバイザーに依頼すれば良いか迷う方は多いと思います。

しかし、M&Aを成功させるためには、M&Aアドバイザー選びが非常に重要です。

今回は「ブルームバーグ」が公表している資料を基に、M&Aアドバイザーのランキングをお伝えします。

M&Aアドバイザーをうまく選び、あなたの希望通りのM&Aを成功させましょう。

M&Aアドバイザーとは

M&Aアドバイザーとは

最初に、M&Aアドバイザーに関する基本的知識を解説します。

まずは基本的なM&Aアドバイザーについての知識を押さえて、あなたに最適なパートナーを選ぶ助けにしましょう。

M&Aアドバイザーについてよくご存じない方は、この項をご参考にしてから、M&Aアドバイザーのランキングをご覧ください。

M&Aアドバイザーの概要は?基本的な知識を押さえよう!

M&Aアドバイザーとは、M&Aプロセスで生じる様々な業務を支援・助言する専門家です。

M&AのスペシャリストでもあるM&Aアドバイザーは、「M&Aコンサルタント」や「M&Aアドバイザリー」と呼ばれる事もあります。

M&Aアドバイザーは、主に「仲介形式」もしくは「アドバイザリー形式」のいずれかの方法により、M&A業務を支援する存在です。

仲介形式とは、売り手と買い手の間に介入し、互いの利益を最大化する為に行動する形式を言います。日本M&Aセンター等の仲介会社も、広義の意味ではM&Aアドバイザーと言える存在です。一方でアドバイザリー形式は、売り手・買い手のいずれかに起用され、起用した側の利益を最大化する為にM&A業務を行います。

M&Aアドバイザーと言う場合には、アドバイザリー形式を指すケースが多いです。ちなみに、最近は会計士事務所や税理士法人が母体になっているM&Aアドバイザーも増えています。

例えばM&A総合研究所は会計士事務所が母体になっており、それもあって公認会計士がアドバイザーを務めているのです。このように公認会計士や税理士といった専門家がM&Aを支援してくれます。

専門家が多く在籍しているM&Aアドバイザーの会社は、知識が豊富なので安心して相談ができるでしょう。

M&Aアドバイザーの種類と業務

M&Aアドバイザーの種類と業務

ここからは、M&Aアドバイザーの種類と業務を見ていきます。

「そもそもM&Aアドバイザーに違いはあるのかな?」「M&Aアドバイザーはどのような業務をするのだろう?」という人は、ぜひ参考にしてください。

それでは、M&Aアドバイザーの種類から確認していきましょう。

(1)M&Aアドバイザーの種類

M&Aアドバイザーを細分化すると下記3種類のアドバイザーに分けられます。

  • 財務アドバイザー(FA)
  • 法務アドバイザー
  • 税務アドバイザー

FAとも呼ばれる財務アドバイザーは、マッチングからクロージングに至るまで、全ての業務を一貫して遂行するM&Aアドバイザーです。バリュエーションを始めとして、FAには幅広い知識が求められます。

法務アドバイザーは、M&Aで作成する様々な契約書類を作成したり、法務デューデリジェンスを執行するM&Aアドバイザーです。

M&Aを成約させる為には契約書作成は必須であるため、法務アドバイザーは不可欠な存在だと言えます。主に税理士が担当する税務アドバイザーは、税務分野に関するアドバイスを主な業務とするM&Aアドバイザーです。

以上が、M&Aアドバイザーの種類でした。

必要に応じて最適なM&Aアドバイザーに相談することがポイントです。多くのM&Aアドバイザーの会社では、M&Aのステップに応じて力のあるアドバイザーが話をしてくれるでしょう。

ここからは、より具体的にM&Aアドバイザーの主な業務について見ていきます。

(2)M&Aアドバイザーの主な業務

M&Aアドバイザーが遂行する業務は多岐に渡ります

バリュエーションやデューデリジェンス、契約書作成、会計や法務に関する専門知識を要する業務がメインです。M&Aのマッチングや交渉の仲介役など、高いコミュニケーション能力や交渉能力が必要とされる業務もあります。

M&Aの成功率を高める上で、PMIの支援に関する業務もM&Aアドバイザーにとって重要です。

日本M&Aセンターや株式会社ストライク等の大手仲介会社は、マッチングのみならずバリュエーションやデューデリジェンスも実施しています。また、M&A仲介サイトを提供していることも多いです。

中小企業の場合には、証券会社や外資系企業には案件を引き受けて貰えない可能性が高いです。仲介会社をM&Aアドバイザーとして起用することをオススメします。

例えば、M&A総合研究所では買収ニーズを登録すれば、1~2週間で条件の合った売却案件とマッチングしてもらえるようになっています。効率よくM&A候補の会社を探すことが可能です。

M&A総合研究所は中小企業や中堅企業のM&Aを専門的に取り扱っています。業界最安値の水準の報酬で支援をしてくれるため、リーズナブルにサポートを受けることが可能です。

>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事

M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

ここからは、M&Aアドバイザーのランキングを見ていきましょう。

財務アドバイザーランキング

財務アドバイザーランキング

この項以降は、M&Aアドバイザーに関してさまざまな観点からランキングします。

最初に、2017年度の日本における財務アドバイザーのランキングを、「金額順」と「案件数順」に分けて見ていきましょう。

それではまずは、財務アドバイザー(FA)の金額順ランキングを見ていきます。

(1)財務アドバイザー(FA)の金額順ランキング

財務アドバイザーのランキング(金額)を紹介します。

  1. 野村ホールディングス
  2. ゴールドマン・サックス
  3. モルガン・スタンレー
  4. クレディ・スイス・グループ
  5. センタービュー・パートナーズ
  6. 三井住友フィナンシャルグループ
  7. JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
  8. バンクオブアメリカ・メリルリンチ
  9. エバコア・パートナーズ
  10. ラザード

国内最大手M&Aアドバイザーである「野村ホールディングス」が、金額順ランキングのトップに入りました。野村と三井住友を除き、軒並み外資系M&Aアドバイザーがランクインしている点が特徴的です。

このランキングから、外資系M&Aアドバイザーはクロスボーダーや超大型案件を中心に取り扱う事が読み取れます。

(2)財務アドバイザー(FA)の案件数順ランキング

財務アドバイザーのランキング(案件数)は下記になります。

  1. 三井住友フィナンシャルグループ
  2. みずほフィナンシャルグループ
  3. 野村ホールディングス
  4. 大和証券グループ本社
  5. デロイト トゥシュ トーマツ
  6. モルガン・スタンレー
  7. 東京フィナンシャル・アドバイザーズ
  8. 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  9. マクサス・コーポレートアドバイザリー
  10. ゴールドマン・サックス

金額順ランキングでは外資系が上位を独占している一方で、案件数ランキングでは上位を日本のM&Aアドバイザー企業が占めています。

上記のランキングから、「外資系M&Aアドバイザーと比べて日本企業は、一件あたりの規模(取引金額)よりも案件の数量を重視する」という傾向が特徴的です。M&Aアドバイザーを起用する企業側の視点に立つと、外資系M&Aアドバイザーの知名度は低い為、認知度の高い日本企業を起用する傾向があると予想されます。

国内資本のM&Aアドバイザーが上位を占めているものの、「ゴールドマン・サックス」や「モルガン・スタンレー」等、日本も含めて世界的に有名な外資系企業も10位以内に入っています。

以上が、財務アドバイザーのランキングでした。

ここからは、法務アドバイザーのランキングについて見ていきましょう。

法務アドバイザーランキング

法務アドバイザーランキング

この項では、日本における法務アドバイザーのランキング(2017年)を、上記と同様「金額」と「案件数」に分けて解説します。

結論から述べると、財務アドバイザーのランキングと類似した傾向が読み取れるはずです。

それでは、まずは法務アドバイザーの金額順ランキングを確認していきましょう。

(1)法務アドバイザーの金額順ランキング

法務アドバイザーのランキング(金額)は下記になります。

  1. モリソン・フォースター
  2. 長島・大野・常松法律事務所
  3. シンプソン・サッチャー・アンド・バート
  4. アキン・ガンプ・ストラウスハウアー・アンド・フェルド
  5. 金・張法律事務所
  6. Dechert
  7. ピルズベリー・ウィンスロップ・ショー
  8. スカデン・アーブス・スレート・メーガー・アンド・フロム
  9. 森・濱田松本法律事務所
  10. デービス・ポーク・アンド・ウォードウェル

財務アドバイザーと同様に、金額順のランキングでは外資系M&Aアドバイザーが上位を占めています。1位の「モリソン・フォースター」を始めとして、外国法に精通している弁護士が在籍する事務所が多い点も特徴です。

一般的に成約金額の大きいM&Aは、クロスボーダー案件であるケースがたくさんあります。

クロスボーダーM&Aに対処できる事務所(M&Aアドバイザー)は、比較的年間成約総額が大きくなると推測されているので押さえておきましょう。

(2)法務アドバイザーの案件数順ランキング

法務アドバイザーのランキング(案件数)は下記になります。

  1. 森・濱田松本法律事務所
  2. 長島・大野・常松法律事務所
  3. アンダーソン・毛利・友常法律事務所
  4. 西村あさひ法律事務所
  5. モリソン・フォースター
  6. ジョーンズ・デイ
  7. アレン・アンド・オーヴェリー
  8. 日比谷中田
  9. レイサム・アンド・ワトキンス
  10. 金・張法律事務所

案件数順に法務アドバイザーのランキングを確認すると、財務アドバイザーと同じく国内資本のM&Aアドバイザー(弁護士事務所)が多くランクインしています。

「アンダーソン・毛利・友常法律事務所」や「西村あさひ法律事務所」といった国内最大手の弁護士事務所を始め、国際案件に強い「森・濱田松本法律事務所」などもトップ10に食い込んでいるのです。

財務アドバイザーと同様に、国内資本のM&Aアドバイザーは一件あたりの金額よりも担当する案件数を重視していると予想できます。

以上が、法務アドバイザーのランキングについてでした。

もしもM&Aの件数についてもっと詳しく知りたいのであれば、以下の記事を読んでみてください。

※関連記事

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

M&Aアドバイザーをお探しなら

M&Aアドバイザーをお探しなら

M&Aアドバイザーをお探しなら、まずは無料相談に行くのが良いでしょう。

多くのM&Aアドバイザーは、最初の相談は無料で受けています。無料相談を受けてみて、「この人になら何でも相談できそう」というM&Aアドバイザーを見つけてください。

M&Aを理想通りに成功させるためには、頼りやすい専門家を見つけることが大切です。

M&Aアドバイザーは、すでにご紹介した通り、財務や法務、税務などのさまざまな業務があります。幅広い業務について強いM&Aアドバイザーの会社を選べば、安心して相談できるはずです。M&Aについてアドバイザーを選ぶ際は、安心して何でも話せる相手を時間をかけてでも見つけてください。

もしもお悩みなら、まずはM&A総合研究所に相談するのがオススメです。

M&A総合研究所には経験や知識が豊富なアドバイザーがたくさん在籍しています。料金も業界最安値水準なので、気楽に話を聞きに行ってみてください。

最後に、M&Aアドバイザーの無料相談に行く際のポイントを確認しておきましょう。

M&Aアドバイザーの無料相談に行く際のポイント

M&Aアドバイザーの無料相談に行く際のポイント

M&Aアドバイザーの無料相談に行く際のポイントは、以下の3つのようなものがあります。

  1. 料金体系をしっかり確認する
  2. 専門用語を多用しないか確認する
  3. 知識や経験が豊富かを確認する
これらのポイントを意識しながら、M&Aアドバイザーの無料相談を受けるのが良いでしょう。

ポイント1.料金体系をしっかり確認する

料金体系をしっかり確認することは、必ず意識しておきましょう。

ホームページなどを見て料金体系についてよくわからない部分があるなら、無料相談の際に聞くべきです。M&Aの大まかな希望が決まっていれば、自社の規模を伝えることで簡易的な見積もりを出してもらえることもよくあります。

料金については、何も疑問がないくらいまで聞くようにしてください。

ポイント2.専門用語を多用しないか確認する

M&Aアドバイザーを選ぶなら、専門用語を多用しないかも意識して聞いておきましょう。

専門家によっては、説明の際に専門用語を多用することも少なくありません。話をしていてわからないことがあったとき、簡単な言葉で言い換えてくれる専門家に頼ったほうが安心して相談できます。

ポイント3.知識や経験が豊富かを確認する

M&Aアドバイザーを契約する前には、知識や経験が豊富かも確認しておきましょう。

特に、自社の規模と同じような会社のM&Aを扱っているM&Aアドバイザーなら、安心して任せられるはずです。

以上が、M&Aアドバイザーの無料相談に行く際のポイントでした。

すべてのポイントを意識して、あなたに最適なM&Aアドバイザーを選んでください。

まとめ

今回は、M&Aアドバイザーのランキングをお伝えしました。

M&Aではバリュエーションやデューデリジェンスなど、高度な専門知識を要する業務が多いので、M&Aアドバイザーの助力は欠かせません。クロスボーダーや大型案件になると難易度が高まる為、M&Aアドバイザーの働きによって成功が左右されると言っても過言ではありません。

金額ランキングでは外資系M&Aアドバイザーが上位を占める一方、案件数ランキングでは国内のM&Aアドバイザーが上位に入ってきます。

金額と案件数それぞれのランキングから、外資系M&Aアドバイザーは一件あたりの金額、日本企業は案件数を重視する傾向が理解できるはずです。

M&Aアドバイザーを起用する際は、ランキングも判断材料の一つとすることをオススメします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)