M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2020年1月25日更新
この記事は、約5分で読めます。

兵庫・神戸のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

兵庫県は企業の経営者にとって、非常に魅力的な土地です。さらなる企業の発展を望める場所でもあります。兵庫県で行うM&Aに限らず、M&Aは専門家のサポートがあってこそ、成功する確率が上がります。うまく専門家を活用しましょう。

目次
  1. 兵庫県のM&A
  2. 兵庫県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 兵庫県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 兵庫県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社4選
  5. 兵庫県の公的機関
  6. 兵庫県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 兵庫県のM&A事例
  8. まとめ

兵庫県のM&A

M&Aはあらゆる企業で利用されている経営戦略であり、最近では事業拡大だけでなく、事業承継のような目的でもM&Aが行われるケースが増えました。他方で、M&Aは地方ごとに特色があり、その特色を掴んだうえで行った方が成約できる可能性が上がります。

また、M&Aを行うには煩雑なプロセスをサポートしてくれるM&A仲介会社などといった業者の協力が不可欠です。これも地域に根差した業者であれば、安心して受けられるでしょう。今回は兵庫県のM&A事情に注目し、おすすめのM&A仲介会社についてお伝えします。

兵庫県のM&A・会社売却・事業承継の動向

こちらでは、兵庫県のM&A・会社売却・事業承継の動向についてお伝えします。兵庫県は地方の中でもM&Aの件数が多く、近畿圏では京都府に次いで2位、全国的にもベスト5に入るなど、非常にM&Aが活発に行われています。

兵庫県には、ビオフェルミン製薬や神戸製鋼、伊藤ハム、ワールドなどの有名な企業の本社があり、世界的な基幹産業が集まっています。

さらに、兵庫県は大阪府や京都府といった大都市に近く、神戸空港、神戸港、高速道路網が整備されているため、交通網が充実しているのもポイントです。そのため、商品の輸送がしやすく、主要都市にアクセスしやすくなっています。

加えて兵庫県は、自治体レベルで企業を優遇しているのも特徴です。兵庫県では、不動産取得税の軽減、雇用や設備投資、オフィス賃料の補助をしてくれる業集積条例が施行されています。兵庫県に進出した企業が、経営しやすい環境を整えてくれています。

兵庫県でM&A仲介会社を選ぶ基準

兵庫県でM&A案件を探すには、どういった手段が用いられるのでしょうか。一般的に、以下の方法でM&A案件を探す方が多くいます。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
この章では、1つ目のM&A仲介会社に探してもらう場合、そして2つ目の公的機関を利用する場合の、それぞれのメリット・デメリットを解説いたします。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&A案件を探したり、仲介を行うために、M&A仲介会社を利用される方が多くいます。最もメジャーな方法と言えるでしょう。さっそく、M&A仲介会社を利用するメリットについて見ていきましょう。

  • 管理案件が多く、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

まず、大手のM&A仲介会社やM&A仲介サイトは、全国のM&A案件を管理しています。日本全国に及ぶネットワークを持っているため、管理案件が多く、希望する内容の譲渡案件を見つけられる可能性が高まります。

また、M&A案件を探したり、相談するだけでなく、クロージングまで仲介を一貫して担当してもらえます。そして、M&A仲介会社によっては、弁護士や公認会計士が在籍しており、専門的なアドバイスを受けながらM&Aを進められます。

続けて、M&A仲介会社を利用する場合に考えられる、デメリットについて見ていきましょう。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

かかる費用については、利用するM&A仲介会社によって大きく異なります。完全成功報酬のみの場合もあれば、着手金や月額での費用が必要な会社もあります。なるべく費用を抑えたいのであれば、事前にかかる費用についてしっかり調べることをオススメします。

また、通常のM&Aでは、半年から一年以上かかるとされています。かかる期間についても、M&A仲介会社によってばらつきがありますので、納得できるM&A仲介会社を選びましょう。

M&A総合研究所では、クロージングまで平均三ヶ月~六ヶ月の実績があり、手数料は業界最安値です。上記のデメリットを解消しておりますので、ぜひご利用ください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

公的機関を利用するメリット・デメリット

兵庫県に絞ってM&A案件を探すのであれば、兵庫県内の公的機関も利用できる手段です。こちらのメリットについて見てみましょう。

  • 地域に特化した機関のため、兵庫県の案件を管理している場合がある

公的機関では、その地域ならではネットワークがあり、公的機関でしか見つけられないM&A案件もあります。日本のM&Aは売り手市場のため、利用できるネットワークはなるべく活用しましょう。身近なところに探している案件があった、というケースも少なくありません。

では、公的機関のデメリットもご紹介いたします。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

公的機関は兵庫県の案件を管理していますが、やはり全国規模でネットワークを持つM&A仲介会社と比べ、管理案件が少ない傾向にあります。少ない案件の中からでは、希望するような内容のものを見つけられない可能性があります。

また、大きなデメリットとして、公的機関ではM&Aの仲介を行っていない場合が多いのです。M&A案件を探し、仲介が必要となれば、必要に応じてM&A仲介会社を紹介するという流れです。この場合、最初からM&A仲介会社を利用する場合と比べ、手間や時間はかなりかかります。

こういったデメリットを防ぐためにも、M&A総合研究所を是非ご活用ください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

兵庫県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社4選

ここでは、兵庫県でオススメのM&A仲介会社を、4つご紹介していきます。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. ミツキタアドバイザリー株式会社
  3. 株式会社アシスト合同事務所
  4. 株式会社フォーバル

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、兵庫県を含めた、日本全国のM&A案件を取り扱っています。都道府県によっては、大企業だけではなく、規模の小さい企業がM&Aを実施する場合が多くあります。M&A総合研究所では、そのようなスモールM&Aでも実績があります。

M&A総合研究所の魅力は、業界最安値の手数料、そしてクロージングまでの速さです。M&Aプラットフォームと日本最大級のM&Aメディアを保有しており、それらを活用したM&A仲介を行います。平均3~6ヶ月の短期間でマッチングを実現し、人件費を削減することで、他社よりも低価格でM&Aを成立させます。

M&A総合研究所には公認会計士や弁護士が在籍していますので、専門的なアドバイスも受けられます。安心してM&Aのサポートを任せられます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 兵庫県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②ミツキタアドバイザリー

ミツキタアドバイザリー

出典: https://www.mitsukita.com/

兵庫県神戸市に拠点を構えるミツキタアドバイザリーは、中小企業のM&Aを専門にしているM&A仲介会社です。ミツキタアドバイザリーは、中小企業が廃業する社会的損失や雇用の喪失を防ぐため、中小企業が存続できるように、事業承継や事業戦略として、M&Aをサポートしてくれます。

ミツキタアドバイザリーは、様々な業種の企業のM&Aを実践してきた実績があります。経済紙に掲載されるなど、非常に注目されているM&A仲介会社です。企業の存続に悩んでいる中小企業の経営者にとって、ミツキタアドバイザリーは非常に頼りになる存在になり得るでしょう。

会社名 ミツキタアドバイザリー株式会社
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 兵庫県中心
報酬体系 完全成功報酬型
公式ホームページ https://www.mitsukita.com/

③アシスト合同事務所

アシスト合同事務所

出典: http://assist-one-stop.com/

大阪府に拠点を置くアシスト合同事務所は、兵庫県、京都府、奈良県といった、関西圏の企業が行うM&Aをサポートしているグループです。アシスト合同事務所の最大の特徴は、やはり複数の専門家のサポートを、ワンストップで受けられる点でしょう。

アシスト合同事務所のグループには、税理士事務所や行政書士事務所などの専門家の事務所があり、必要に応じ、それぞれの専門家のアドバイスやサポートが受けられる体制になっています。

M&Aはデューデリジェンス等のプロセスでは、専門家のサポートが必要不可欠です。アシスト合同事務所のような仲介会社を利用することで、安心してM&Aに臨むことができるでしょう。

会社名 株式会社アシスト合同事務所
得意な業種 非特化型
対応地域 関西圏中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://assist-one-stop.com/

④フォーバル

フォーバル

出典: https://www.forval.co.jp/

フォーバルは、全国規模のネットワークを持ち、中小企業の事業承継やM&Aに特化しているM&A仲介会社です。フォーバルは、創設以来、グループで20,000社を超える実績があります。その圧倒的な経験値と、豊富な知識で、クライアントを徹底的にフォローしてくれます。

また、フォーバルは、中小企業はもちろん、零細企業のM&Aにも対応してくれるなど、M&A案件の規模を選ばずにサポートしています。

会社名 株式会社フォーバル
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 兵庫県を含む、日本全国
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.forval.co.jp/

兵庫県の公的機関

①兵庫県事業引継ぎ支援センター

兵庫県事業引継ぎ支援センターは、兵庫県内の中小企業・小規模事業者の事業承継等を支援している公的機関です。情報・知識の提供や、マッチング支援などを行っています。

お電話やメールで問い合わせを行い、面談の日程を決定すると、専門相談員のヒアリングやアドバイスを受けられます。兵庫県でM&Aを行う際は、兵庫県事業引継ぎ支援センターも活用しましょう。

兵庫県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

事業承継支援センターは、兵庫県を含めた各都道府県に設置されており、政府も活用するように推奨しています。少子高齢化の影響もあり、近年、後継者不在で事業の存続に悩みを抱えている経営者が増加しています。国が支援を行っている事業承継支援センターでは、そのような後継者を支援しています。

しかし、事業承継支援センター等の公的機関にて、相談したりM&A案件を探すことはできても、M&Aの仲介を行ってくれるとは限りません。仲介が必要となる段階で、M&A仲介会社を紹介する、という形を取っています。記事前半のメリット・デメリットの部分でもご紹介したように、このような場合は多大なコストや手間がかかります。

こういった状況を回避するために、ぜひM&A総合研究所をご活用ください。

②兵庫県よろず支援拠点

兵庫県よろず支援拠点は、中小企業の経営者や、小規模事業者、個人事業者の相談を受け付けている窓口です。相談料は、何度でも無料です。兵庫県下にサテライト相談所を設置し、個別相談会も行っています。

中小企業診断士や、エネルギー管理士、マーケティング・アドバイザーなど、様々な専門知識を持ったアドバイザーが在籍しています。経営に役立つセミナーも開催していますので、兵庫県でM&Aを行う際に、役立てられる可能性があります。

兵庫県よろず支援拠点のホームページ

③兵庫県商工会議所

兵庫県商工会議所は、兵庫県各地に設置されている28の商工会議所の集まりです。商工会とは、地域の商工業者が業種に関係なく会員となり、お互いの事業の発展や、地域の経済活発化のために活動している団体です。

コンサルタント等とも連携しており、セミナー等も開催していますので、兵庫県でM&Aを行う際に役立てられるでしょう。

兵庫県商工会議所のホームページ

④兵庫県信用保証協会

兵庫県信用保証協会は、信用保証協会法に基づき、中小企業・小規模事業者を金融面でサポートする公的機関です。主に公的な保証人となり、お金を借りやすくなるように支援しています。

事業承継に関する情報誌も発行していますので、兵庫県でM&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

兵庫県信用保証協会のホームページ

兵庫県近郊のM&A譲渡案件例

エステ店のM&A

こちらは、セレブの街として有名な芦屋市で営業しているエステ店のM&A譲渡案件です。美肌エステの他に、美肌脱毛、子ども向け脱毛を提供しています。国道2号線沿い、JR芦屋駅から3分の好立地です。すぐに営業できる、エステに関する設備も整っています。

売上高 2,500万円
売却希望額 500万円
譲渡希望理由 後継者不在、選択と集中

ビアバル店のM&A

こちらは、外観もこだわったおしゃれなビアバル店のM&A譲渡案件です。コの字のカウンターが有り、落ち着いた雰囲気の店内です。現在は夜のみの営業ですが、ランチの需要が高い地域のため、昼間も営業することで売上増が十分見込めます。大型の冷蔵ショーケースもあります。

売上高 非公開
売却希望額 500万円
譲渡希望理由 体調不安

外国籍人材を派遣する、派遣会社のM&A

こちらは、主に外国籍の人材を派遣・紹介している企業のM&A譲渡案件です。VISAの種類に応じて、人材の提案を行っています。仕入先・取引先の継続を希望しています。譲渡後にも連携できる法人への譲渡を希望しています。

売上高 非公開
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 選択と集中

兵庫県のM&A事例

梱包資材卸売業界のM&A(シモジマ・ミタチパッケージ)

2019年9月に、シモジマは、ミタチパッケージの株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。シモジマグループは、梱包資材の卸売を行っており、販売体制や利益基盤の強化に取り組んでいます。

ミタチパッケージは、1970年に創業され、姫路を拠点に梱包資材卸売を行っています。今回のM&Aにより、シモジマグループが得意としている小売・流通分野だけでなく、ミタチパッケージが得意な工業・物流分野の開拓を行いたいとしています。

梱包資材の製造・卸売業界のM&A(レンゴー・樽谷包装産業)

2019年8月に、レンゴーは樽谷包装産業の発行済株式の50%を取得することにより、子会社化すると発表しました。レンゴーは、ダンボール製品の製造・販売や、その他重包装製品の製造・販売など、様々な梱包に関する製品を取り扱っています。

樽谷包装産業は、クラフト紙袋や、木製パレットの製造・販売、そしてフレキシブルコンテナなどを取り扱っています。樽谷包装産業の子会社のタルタニパックは、兵庫県加古川市を拠点とし、ダンボール事業を行っています。

今回のM&Aにより、レンゴーはさらなる事業の拡充を図りたいとしています。

酒(日本酒・ワイン)業界のM&A(白鶴酒造・八田)

2019年6月に、白鶴酒造は株式会社八田の株式を100%取得することにより、子会社化したと発表しました。白鶴酒造は、兵庫県神戸市に本社を置いている日本酒メーカーであり、清酒「白鶴」を中心に製造しています。

八田は、こだわりのヨーロッパワイン等を輸入している販売会社であり、ワイン誌等に掲載され、評価の高い会社です。今回のM&Aにより、白鶴酒造は八田の事業を通じ、食文化の向上に向けて活動するとしています。

まとめ

兵庫県は企業の経営者にとって非常に魅力的な土地であり、さらなる企業の発展を望める場所です。そのため、兵庫県はM&Aを駆使し、進出する価値があります

兵庫県で行うM&Aに限らず、M&Aは専門家のサポートがあってこそ、成功する確率が上がるものです。M&Aは成功率が3割~5割程度といわれており、専門家のサポートは必要不可欠です。M&Aを行う際には、自分の企業に合った、優秀な専門家をパートナーにしてから臨むようにしましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)