当社の強み

経営者の方から様々な項目で、
No1の評価いただいております。

M&A総合研究所の強みは以下の4つになります。
①業界最安値水準の仲介手数料 / ②最短3ヶ月のスピード成約 / ③様々な業種におけるM&A実績 / ④専門家によるフルサポート

「月間相談数」「仲介手数料」「相談したい会社」実績1位

M&A総合研究所は「M&A仲介会社のブランド認知度に関する調査」(2019年11月:大手調査会社によるリサーチ)完全成功報酬制のM&A仲介会社で「月間相談数」「手数料満足度」「相談したい会社」の全ての実績1位を達成しました。年間相談件数は3000件を超えております。

①業界最安値水準の仲介手数料

最安値水準の理由

M&A総合研究所は、M&Aが成約した時のみ仲介手数料をいただく完全成功報酬のM&A仲介会社になります。また、その成功報酬額に関しても業界最安値水準になっております。仲介手数料が安い理由は、2つあります。

  • M&A総合研究所は成果にこだわるM&Aエキスパートの精鋭組織であり、アドバイザー1人あたりの年間成約数が非常に多く、通常のM&A仲介会社に比べて生産性が高いため、手数料を減額が可能となっています。
  • また、当社は日本最大級のM&Aサイトを運営しており、日々大量の売買ニーズを取得しています。当社、独自データベースから過去データの解析・分析を繰り返し、マッチングを1週間以内することができ、従来のM&A仲介会社はすべて手作業でやっているため、圧倒的な業務効率化が可能となっております。
Img fee

このような生産性の向上と業務効率化を行なっているため、最安値水準の仲介手数料を提供することができております。

料金体系を見る

②完全成功報酬制

多くの仲介会社では、売り手様だけでなく買い手企業からも着手金を取っています。買い手企業は、着手金を払いたがらないため、ほとんどの場合は交渉することを諦めてしまいます。
M&A総合研究所では、買い手からも着手金を取る事はありませんので、より多くの買い手に提案することが可能です。

多くのM&A仲介会社の場合M&A総合研究所の場合

③最短3ヶ月のスピード成約

通常のM&A会社であれば、着手してからM&A成約まで最低でも半年、平均で10ヶ月〜1年程度かかります。
M&A統合研究所であれば、独自のネットワークを使い最短3ヶ月でクロージング致します。

スピード成約が可能な理由

  • Reason1

    ナレッジ・ノウハウの共有

    多くのM&A仲介会社出身社が集い、ナレッジ・ノウハウを共有することで、M&A仲介業界が抱える非効率な業務を徹底的に排除しているため

  • Reason2

    マッチング時間の短縮

    運営する日本最大のM&Aサイトのデータを使った、独自のAIマッチングシステムにより即座に譲受企業を探すことができます。(※特許申請中)

  • Reason3

    交渉時間の短縮

    M&A専門の公認会計士、弁護士とM&Aアドバイザーの三位一体で企業価値算定、デューデリジェンス、契約書作成などの交渉時間を最小限に短縮いたします。

M&Aの流れの一例

M&Aの流れの一例

④様々な業種におけるM&A実績

様々な業種でのM&A仲介実績があります。また、業界知識を有した、業界専門のM&Aアドバイザーがいるため安心して相談することができます。

直近のM&A成約実績

様々な業種、規模、地域、スキームでの成約実績がございます。売り手様のご要望に合わせてM&Aの支援をさせていただきます。

成約実績について詳しく見る

⑤専門家によるフルサポート

通常のM&A仲介会社の場合、M&Aや会計に関する知識・経験の豊富なアドバイザーが担当しないこともあります。
また、M&A成約だけを考えて、希望に沿わない譲渡や残された従業員を顧みずにM&Aを強引に進めるアドバイザーも多く存在します。

M&A総合研究所では、譲渡企業様のお気持ちを第一に優先し、経験豊富なM&Aアドザイザーがフルサポートを致します。

M&A総合研究所に所属しているメンバーは、豊富な経験・実績があります。
日本全国のM&A仲介会社からの転籍者も多く、M&Aに関する知識、経験値、ノウハウが共有され日本トップクラスのサービスを提供することが可能になっております。

Img support

メンバー紹介

  • Original

    取締役

    矢吹 明大

  • Original

    企業情報第一部 部長

    辻 亮人

  • Original

    企業情報第一部 部長代理

    山口 大樹

  • Original

    企業情報第一部 主任

    小林 雄太

  • Original

    企業情報第二部 部長

    向井 崇

  • Original

    企業情報第二部 主任

    丸山 悠太

  • Original

    企業情報第二部 主任

    狐塚 瑛一郎

  • Original

    企業情報第三部 部長

    鎌田 実築

  • Original

    企業情報第三部 主任

    猪狩 有智

  • Original

    企業情報第三部 主任

    栗原 章充

  • Original

    企業情報第四部 部長

    長嶺 勇希

  • Original

    企業情報第四部 主任

    西口 颯人

  • Original

    法人部 部長代理

    室井 佑太

  • Original

    法人部 主任

    立花 槙次郎

  • Original

    法人部 主任

    小西 悠平

  • Original

    法人部 主任

    田中 稚拓

  • Original

    法人部 主任

    小川 滉哉

メンバーについて詳しく見る

M&A総合研究所の安さの理由など料金について詳しく知りたい方はこちら

料金体系について詳しく見る

よくある質問

  • 各企業様の事情により大きく変わりますが、M&A仲介会社との契約後、約3〜6ヵ月程度の期間を要すのが一般的です。

    短期間でM&Aが成立することもあれば、利害関係者の問題で長い期間を要するケースもあります。

    M&Aはタイミングが大事になりますので、少しでもM&Aを検討している場合は情報収集での相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

  • 提携しているM&A仲介会社様が全国に拠点を持っています。

    幅広い仲介会社様がいるため、御社の希望をヒヤリングしまして、希望に沿います、信頼できるM&A仲介会社をご紹介します。

    ご安心いただきお問い合わせください。

  • M&A後は、基本的には連帯保証人からはずれ、担保提供の必要もありません。

    一般的には株式譲渡時に、買い手である新株主が金融機関に返済し、解除が図られます。

    注意が必要な部分として、オーナー様の連帯保証、個人資産担保は、株式譲渡によって買い手企業様に自動的には引き継がれません。

    よって、連帯保証人の書き換えを行わなければなりません。

    このタイミングは、代表者の変更登記完了後、新規の登記簿謄本が取得できるようになってから申請可能になります。

よくある質問を見る
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)