2020年3月18日更新都道府県別M&A

兵庫県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

兵庫県は空路や航路などにも恵まれている地域で、中小企業も多く点在しています。そのような中で、高齢化や後継者不足による円滑な事業承継が進まない企業の経営者が廃業を選択しており、今後の兵庫県内の経済にも影響を与える可能性が高くなっています。

目次
  1. 兵庫県における事業承継とは
  2. 事業承継の流れや進め方
  3. 事業承継の方法
  4. M&Aを活用した事業承継
  5. 兵庫県の公的事業承継支援
  6. 兵庫県で事業承継に強いM&A仲介会社5選
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

兵庫県における事業承継とは

兵庫県は、川崎重工や神戸製鋼所などがあり製造業が盛んな地域ですが、近年は製造業が減少し、サービス業などが増加傾向にあります。 兵庫県内では中小企業の割合が高いですが、減少が著しく今後の県政にも大きな影響を与える可能性があります。

兵庫県の事業承継の現状とは

帝国データバンク神戸支店がまとめた集計によると、2019年の兵庫県の倒産件数は、前年比 15.4%増の487件と増加傾向にあります。負債額1億円未満の倒産が全体の78.2%を占めており、小規模事業者の倒産が目立っています。

また兵庫県の経営者が経営や事業を自主的に畳むなどで2019年に「休廃業・解散」 に至った企業(個人事業主を含む)は880件、「倒産」件数は487件となりました。

米中貿易問題を発端に景気後退が明らかになるなか、人件費や原材料の費用上昇が中小企業の収益を圧迫してしまい、先行き不安からの「休廃業・解散」を選択する経営者が増えつつあります。2019年の「休廃業・解散」の企業は、近畿において3,354件と2.6%増加しました。

これは社長の高齢化と後継者不足による円滑な事業承継が進まない企業や、事業の将来性が望めない企業を中心に負債が膨らむなどして倒産する前に、自ら事業を畳む「アクティブ型」の休廃業を選択せざるを得ない企業が増加していることが要因です。

後継者問題

現存する企業についても、経営者の平均年齢は上昇の一途をたどっています。後継者不在問題は、明らかに企業を市場退出に導いています。

社長の年齢別にみると、リタイアの当たる70代が235件と一番多く、次いで60代が149件、80代が118件となっています。平均年齢は 67.2歳で、調査をはじめてから過去最高を更新をしました。

事業承継の目安となる60代が3年連続減少しており、団塊世代(1947年~1949年生まれ)を含む70代が増加しています。70歳を超えているという現状から、後継者不足によって事業承継が困難となっていることが見てとれます。

参考URL:帝国データバンク「兵庫県休廃業・解散動向調査(2019 年)」

※関連記事
中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説

事業承継の流れや進め方

事業承継を実行するには、適切な計画を立てる必要があります。 それには、まず現経営者が事業承継することを認識しなければなりません。 超高齢社会の中、60歳を過ぎても元気に現役を続ける経営者も多くいますが、いずれは引退し後継者に事業を引き継がなければなりません。

事業承継の準備期間は5〜10年

事業承継においては、経営者の交代をすればよいというものではなく、事業承継は人(経営)、資産、知的資産の承継をしっかりと実施しなければなりません。

また、事業承継は一般的に後継者教育も含めると10年程度の期間がかかるといわれています。 現経営者が60歳であれば実行する頃には70歳になっていると考えても良いでしょう。 スムーズに事業承継ができたとしても5年の期間は準備期間とした方が理想的です。

そのためにも、できるだけ早く事業承継の準備に取り掛かった方が良いでしょう。 中小企業の経営者は、会社のすべての決定権を持っている場合も多く、何かと忙しい立場にあります。

そのため、事業承継については後回しになってしまう傾向があるので、会社の役員や金融機関の担当者、公認会計士や税理士などから助言してもらうことで事業承継を考える機会を作るべきです。

事業承継の流れ

事業承継を流れは、5つのステップに分けて考えることができます。

事業承継に向けた準備の必要性の認識

ステップ1は、事業承継に向けた準備の必要性の認識です。 先にも述べたように、中小企業の経営者は日々会社のさまざまな事柄に追われているような状態です そのため、事業承継への意識が低くなっている可能性があります。

現経営者もいずれは、現役を引退して後継者へと事業を引き継ぐことになることを認識させる必要があります。 社内の役員などが助言できない場合は、会計士や税理士、中小企業診断士などが「事業承継診断」などを活用して、事業承継の準備が必要であることを自覚してもらいます。

この段階で、現経営者が何歳になったら現役を退くのか、だいたいの年齢を示しておくと事業承継の準備に取り掛かりやすくなります。

経営状況・経営課題などの把握(見える化)

ステップ2は経営状況・経営課題などの把握(見える化)です。 事業承継は、経営権を後継者に譲り渡せばよい、というものではありません。 会社の資産や知的資産、負債などの状況をしっかりと把握して、課題となる点を明確にしておく必要があります。

資産については、株式や経営資源、設備などを明確にします。 株式については、現経営者が保有している株式や現経営者の配偶者や親族が保有している株式を把握しておきます。

事業承継するときには、できるだけ後継者に株式を集中させて議決権を持たせた方が良いので、親族が保有している株式をどのようにするか明確にしておきます。

会社の経営資源については、貸借対照表などの財務諸表を基に、どのくらいの資産があって負債があるのか把握しておきます。 負債はできるだけ現経営者が在任中に減らすようにしましょう。

不動産については、経営者個人が所有者になっている場合もあるので、経営者個人のものか会社が所有しているものなのかはっきりと分けておくようにします。 

その他、会社が持つ知的資産についても、見える化を実施して会社の強みとなる部分はより伸ばしておき、弱みとなる部分は現経営者が在任中に改善する必要があります。 会社の見える化を実施した後に、後継者の有無について確認をしておきます。

後継者候補がいる場合は、事業承継をする意思があることを確認しておく必要があります。 そのうえで、能力や適性、年齢、意欲などを確認しながら、適任の後継者であるか検討します。 適任の後継者候補がいない場合は、社外の第三者に事業承継する可能性について検討します。

事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)

ステップ3は、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)です。 経営改善と磨き上げには、会社の業界内での競争力の強化や経営体制の整備、知的資産の構築などがあります。 中小企業の多くは、赤字経営で債務超過の状態といわれています。

しかし事業承継の準備を進めていく中で、業績改善や経費削減などを行い、できるだけ業績を上向きにして、債務超過の状態から回復できるようにしておく必要があります。

その他にも、自社の商品やブランド力の強化、優良な顧客、金融機関や株主との良好な関係、優秀な人材の確保、流出を防ぐなど、知的財産権や許認可の確認、業務上のノウハウや技術、法令遵守の体制など多岐にわたるります。

そのため、経営者だけで磨き上げをするのではなく、効率的に進めるために、専門知識がある弁護士や会計士、税理士などに協力してもらいながら進めていくのが良いでしょう。

親族や役員、従業員に承継する場合は事業承継計画の策定

ステップ4は、親族や役員、従業員に承継する場合は事業承継計画の策定になります。 社外の第三者に事業承継する場合は、M&Aを実施するために仲介会社の選定をします。 事業承継計画は、現経営者が実際に引退する年齢を加味して策定します。

一般的には10年前後の期間を要しますが、現経営者の年齢や会社の状況などを踏まえて、5年から10年の間で実行できるように計画を策定します。 内容は、できるだけ具体的に自社を取り巻く環境を考慮して策定します。

社外の第三者への事業承継の場合は、M&Aを実施することになるのでM&A仲介会社を選定します。 M&A仲介会社は、M&A業界をけん引しているような大手企業もありますし、中小企業を中心にM&Aを実施している仲介会社や税理士法人などがあります。

事業承継の実行またはM&Aの実施

ステップ5は、いよいよ事業承継の実行またはM&Aの実施です。 ステップ1から4までを踏まえて、計画通り事業承継を進めていき、後継者へと事業承継を実行します。

弁護士や司法書士、税理士などの専門家の協力を得て、税負担や法的な手続きをします。 M&Aの場合は、最終的な契約を結ぶことになります。

M&Aを検討している経営者の方は、その都度M&A仲介会社、アドバイザリーに実務をサポートしてもらうのがベストです。M&A総合研究所は完全成功報酬制となっておりますので、M&Aをご検討される際には気軽にご相談ください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継、役員や社員へ承継する従業員承継、社外の第三者への承継の3つがあります。 それぞれ紹介しています。

親族内承継

親族内承継は、娘や息子などの親族に会社を継がせる方法です。親族内承継の場合は、従業員や取引先、取引のある金融機関などにも理解されやすく、事業承継をした後も継続的にお付き合いができるというメリットがあります。

また、株式や資産の譲り渡しの面においてもわかりやすく、複雑な手続きがあまり必要ない点もメリットといえます。しかし現経営者の子供に事業を引き継ぐ意思がない場合などは、親族内承継が難しくなるので、事前に意思確認をしておく必要があります。

また、後継者としての教育だけでなく、社内教育や社外教育などを活用して、社会人としての教育も必要となり、事業承継を実行するまでに教育期間が長期間必要になります。

従業員承継

従業員承継は、会社の役員や社員を後継者とする方法です。 この場合、会社の事業内容や経営方針、理念などはすでに理解しているので、後継者としての教育だけで済む場合が多く、教育期間を短縮できます。

しかし親族内の株主などに異議を申し立てられる場合もあり、事業承継がスムーズに進まないこともあります。そのため、従業員承継を実施するときは、現経営者の親族に納得してもらう必要があります。

また、従業員承継の場合は現経営者から株式を買い取る時に資金が不足するなどの問題が発生する場合もあります。 この場合は、金融機関から融資を受けたり持株会社を設立したりして対応します。

第三者への承継

社外の第三者に引き継ぐ時は、M&Aを活用します。 M&Aは、合併と買収という意味がありますが、中小企業の場合はほとんどが買収先を見つけて買い取ってもらう方法になります。 これによって、会社は買収した会社や個人のものとなり、事業承継されることになります。

※関連記事
事業承継対策のポイント

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、株式を他の会社や個人に譲り渡す方法と、会社の事業を他の会社や個人に譲り渡す方法があります。 一般的には、株式を他の会社や個人に譲り渡す方法が多くみられます。

株式を譲り渡すことを「株式譲渡」といい、現経営者が保有している株式を他の会社や個人に売却します。 この場合は、株主が変わったというだけで会社名が変わったり、従業員の雇用関係がなくなったりするわけではありません。

M&Aの場合も株式譲渡が多く、自社株式を買い取ってもらい会社はそのまま存続する形になります。 このようにすることで、実質的に第三者の会社や個人に事業承継されたことになります。

M&Aを活用した事業承継には、事業だけを譲り渡す「事業譲渡」という方法もあります。 事業譲渡の場合は、事業の全部を譲渡する場合と、事業に一部だけを譲渡する場合があります。

M&Aを活用した事業承継では、計画・調査などをする準備段階と実行段階、M&A後の3つの段階に分けられます。 M&Aを実行するには、経営者自身の力だけでは進められないことも多いので、仲介会社を利用して実施するのが一般的です。

兵庫県の公的事業承継支援

中小企業庁は、「事業承継ネットワーク」を全国の都道府県ごとに構築しました。そして、その中核組織として「事業引継ぎ支援センター」が設置されたのです。

兵庫県では、2018年6月に「兵庫県事業承継ネットワーク」が立ち上がりました。そこでは、事業承継診断を行っており、それぞれ事業者の課題を見つけ、商工団体・金融機関・士業団体・公的機関など、構成機関の枠を越えて事業承継支援を行います。

兵庫県事業承継ネットワーク

兵庫県事業承継ネットワークの構成機関は、以下のとおりです。

【商工団体】

  • 兵庫県商工会議所連合会、および兵庫県内各地区18の商工会議所
  • 兵庫県商工会連合会、および兵庫県内各地区28の商工会
  • 兵庫県中小企業団体中央会
【金融機関】
  • 日本政策金融公庫
  • 商工組合中央金庫
  • 三井住友銀行
  • みなと銀行
  • 但馬銀行
  • 兵庫県信用金庫協会
  • 神戸信用金庫
  • 姫路信用金庫
  • 播州信用金庫
  • 兵庫信用金庫
  • 尼崎信用金庫
  • 日新信用金庫
  • 淡路信用金庫
  • 但馬信用金庫
  • 中兵庫信用金庫
  • 西兵庫信用金庫
  • 但陽信用金庫
  • 兵庫県信用組合協会
  • 兵庫県信用組合
  • 淡陽信用組合
【士業団体】
  • 兵庫県弁護士会
  • 近畿税理士会
  • 日本公認会計士協会 兵庫会
  • 兵庫県中小企業診断士協会
  • 兵庫県行政書士会
【その他/公的機関】
  • 近畿財務局 神戸財務事務所
  • 近畿経済産業局
  • 中小企業基盤整備機構 近畿本部
  • 兵庫県
  • 神戸市産業振興財団
  • 兵庫県信用保証協会
  • 兵庫県事業引継ぎ支援センター
  • 兵庫県中小企業再生支援協議会
  • 兵庫県よろず支援拠点
  • ひょうご専門人材相談センター
  • ひょうご産業活性化センター

商店街事業承継支援事業

商店街事業承継支援事業とは、後継者不足で悩んでいる企業の事業継続を支援するための事業です。商店街の活性化プラン等に基づいて、商店街が推し進めている「商店街づくり」の条件に合致する事業承継を行うお店を支援していきます。

ひょうご産業活性化センターの商店街振興担当が指導や助言をし、個別にマッチングいたします。

兵庫県事業引継ぎ支援センター

兵庫県事業引継ぎ支援センターは、兵庫県内にある中小企業や小規模事業者の事業承継の支援を行っている組織です。後継者の育成に関する相談や、株式・財産の分配について悩まれている経営者の方など、事業承継に関わる情報の提供と、アドバイスをしています。

また、兵庫県事業引継ぎ支援センターでは、全国の企業情報である「事業引継ぎ支援データバンク」を活用して、企業情報のマッチングを行うことが可能です。

※関連記事
事業引継ぎ支援センターに相談するのは危険?仲介会社との違いは?

兵庫県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他社よりも低い価格でM&Aの成立を目指します

通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。そのため、安心してM&Aのサポートを受けられるでしょう。

M&A仲介会社であるM&A総合研究所は・専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&Aをサポートいたします。電話やWebでの相談は無料で行っています。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

小藤貴雅会計事務所

小藤貴雅会計事務所

出典:https://www.shotokaikei.jp/

小藤貴雅会計事務所は、兵庫県三木市に拠点を構える会計事務所です。 会計事務所なので、決算業務、各種税務申告業務なども実施していますが、経営相談、コンサルティングも実施しており、相続対策、相続税申告なども実施しています。

日本M&Aセンターの理事会員でもあるので、全国のM&A案件にも対応しています。 事業承継に関する相談やコンサルティングを実施しているので、事業承継におけるM&Aの相談にも乗ってくれます。

事業承継に関する相談をする中で、M&Aが必要であると判断した場合はM&Aの仲介もしっかりとしてくれるので安心して依頼できるでしょう。

ミツキタアドバイザリー

ミツキタアドバイザリー株式会社

出典:https://www.mitsukita.com/

ミツキタアドバイザリーは、兵庫県神戸市を拠点に中小企業や個人事業主を中心にM&A仲介やアドバイザリーを実施しており、会計や人事労政コンサルティングも事業内容としています。

日本M&Aアドバイザー協会、神戸商工会議所、神戸事業引継ぎ支援センターにも加盟しており、安心してM&A仲介を依頼できる会社です。

主要メンバーには、米国公認会計士や司法書士、M&Aアドバイザーがおり、中小企業M&Aの特化したコンサルティング会社です。 事業承継におけるM&Aについても対応しており、会社の価値の算出や会計・労務のアドバイザリーも実施しています。

規模の小さい会社でもM&Aを実施しているので、事業承継や事業戦略を考えている経営者は一度相談してみると良いでしょう。

日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンター

出典:https://www.nihon-ma.co.jp/

日本M&Aセンターは、東京都に本社を構えていますが、大阪にも支店を持ち関西地方のM&A案件、中小企業のM&Aの実績もあります。全国の地方銀行や信用金庫、会計事務所とのネットワークがあるため、兵庫県に所在をおく会社でも十分にサポートを受けられるM&A仲介会社です。

日本M&Aセンターは、M&A業界でもリーディングカンパニーとしての存在であり、年間770件のM&Aを成立させ、会社設立以来、累計で5,000件以上のM&Aを成立させています。

特徴的なのは、M&A成約後のフォロー体制にありM&A成立後の会社に統合や発展についても計画的に進めていきます。 M&Aを単なる会社の合併や買収と考えず、新しいステージとしてフォロー体制を確立しています。

エーエム・ワークス

有限会社エーエム・ワークス

出典:https://www.amworks.jp/index.html

エーエム・ワークスは兵庫県西宮市に事務所を構えホテルや旅館、リゾートなどのホスピタリティ関連施設に特化したM&A仲介会社です。

もともとホスピタリティ業界の経営コンサルティングや開発支援などを実施している会社なので、兵庫県内にあるホテルや旅館業をしている会社に向いているM&A仲介会社になります。

売り手と買い手の間に立ち、マッチングを実施して、事業デューデリジェンスや適正資料の作成、投資家・テナントオペレータ発掘、契約条件交渉、クロージングを専門的な知識を持って実施してくれます。

まとめ

兵庫県は空路や航路などにも恵まれている地域で、中小企業も多く点在しています。 そのような中で、廃業を選択しようとしている経営者が多く、今後の兵庫県内の経済にも影響を与える可能性が高くなっています。

親族内承継や従業員承継が難しい場合は、M&Aを実施して会社の存続を期待する選択肢もあることを周知していく必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)