2023年9月26日公開都道府県別M&A

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島県では後継者不足問題が顕著に現れています。後継者不足問題を解決するM&Aも盛んに行われているわけでもありません。そこで本記事ではそんな広島県のM&A事業や動向を徹底リサーチしていきます。成功事例やメリット・デメリットも解説します。

目次
  1. 広島のM&Aの事情や動向とは?
  2. 広島でM&Aを行う方法
  3. 広島のM&Aのメリット
  4. 広島のM&Aのデメリット
  5. 広島でM&Aを成功させるポイント
  6. 広島のM&Aの成功事例
  7. 広島では後継者問題や攻めのM&Aが進む
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

広島のM&Aの事情や動向とは?

まずは、広島県のM&A事情や動向をみていきましょう。

M&A事情や動向を確認することで、広島県でM&Aを行うにはどうすればいいのかを理解することができます。

広島の産業の特徴

広島県は、製造業が非常に多い構造となっています。

広島県が属する中国地方では、山陽エリアと山陰エリアに分かれており山陽・瀬戸内海では工業地帯があるように製造業が盛んです。例えば、マツダのような自動車メーカーなどが山陽エリアに集結しています。

逆に山陰エリアでは農業が盛んです。

後継者不在の企業が増加

どのエリアでも言えることですが、広島県でも後継者不在の問題があります。

帝国データバンクの後継者不在率調査によると、中国地方では5県とも全国平均である61.5%を上回る割合で後継者が不在です。鳥取や島根などでは70%を超えており、圧倒的な後継者不足が叫ばれています。これには「県民性」が関係していると考察する専門家が多くいます。

例えば、広島の方は保守的であり仲良くなるまで時間がかかるケースが多いですが身内と判断されれば仲良くなるまでが早いという特徴があると言います。M&Aの事例からも分かる通り、広島に隣接している県の企業がM&Aで出ていく事例はほとんどありません。

広島でM&Aを行う方法

ではここからは広島でM&Aを行う方法を解説していきます。
 

  • 公的機関や金融機関に相談する
  • M&A仲介会社などの専門家に相談する
  • M&Aマッチングサービスを利用する

それぞれM&Aを行う方法をみていきましょう。

公的機関や金融機関に相談する

まずは、公的機関や金融機関に相談する方法です。

公的機関・金融機関ではM&Aの相談を受け付けているところが多く、資金調達に悩む経営者が多く相談しています。
特に金融機関の場合は地元の人脈を活用し専門家を紹介してくれるケースもあるため、M&Aを行う際には積極的に相談してみるのが良いでしょう。
知見・ノウハウの部分も一般企業よりは蓄積されており、M&Aに関するアドバイスも貰えます。

M&A仲介会社などの専門家に相談する

続いて、M&A仲介会社などの専門家に相談する方法です。

先ほどの公的機関・金融機関も大きな相談先ではありますが、よりM&Aに特化した相談先としてM&A仲介会社があります。M&A仲介会社はその名の通り、M&A全般のサポートをしてくれるだけでなく1からM&Aを進めていく際の味方になってくれます。案件探しから契約成立までを一貫してサポートしてくれるため、M&Aに特化したサポートを受けたい方はM&A仲介会社に相談することをおすすめします。

M&Aマッチングサービスを利用する

続いて、M&Aマッチングサービスを利用する方法です。

近年では公的機関・金融機関やM&A仲介会社よりM&Aマッチングサービスを利用するという企業が急増しています。M&Aマッチングサービスが運営しているサイトには多くの案件が掲載されており、中小企業や個人事業主までもがM&Aをしたい案件を自由に探すことが可能です。ただ、M&A仲介会社のようにサポートがついているわけではなく自身でM&Aを最後まで進める必要があるため、知見やノウハウを保有している企業が積極的に利用しています。

もし、M&Aマッチングサービスで見つけた案件でM&Aをしたい場合は同時にM&A仲介会社に相談してみるといった方法も可能です。

広島のM&Aのメリット

広島でM&Aを行うメリットは以下の3つがあります。

 

  • ​​​​​​​事業拡大が期待できる
  • コストを削減できる
  • 従業員の雇用を維持できる

事業拡大が期待できる

まずは、事業拡大が期待できる点です。

M&Aを行うことにより自社の事業規模が拡大します。例えば、全くノウハウや知見がない領域に展開していく際に1から事業を立ち上げるのは現実的ではありません。既にその領域で成功している企業をM&Aで買収してしまい、一気に事業展開をしていく方が合理的でありより売り上げを上げることができる方法です。

さらに、自社が既に展開している領域での競合を買収する方法もあります。より市場を独占したい場合は競合企業をM&Aで買収してしまうこともおすすめです。

コストを削減できる

続いて、コストを削減できる点です。

M&Aを実施するにあたり多額の資金が必要になるため、短期的に見るとコストを削減できているようには見えません。しかし、M&Aは買収先とのシナジー効果を生み出すことができ、長期的に見るとコスト削減につながっています。例えば、生産ラインを統合したり物流を最適化したりなど多くのコストを削減することが可能です。

企業が抱えている従業員もM&Aで引き継ぐことができる場合は人材採用費の削減にもつながります。

従業員の雇用を維持できる

続いて、従業員の雇用を維持できる点です。

M&Aを行う資本力がある企業は一般的に「大手資本グループ経営」といわれます。大手資本グループの経営傘下に入ることで安定した経営ができ、従業員の雇用を維持することにつながります。倒産して従業員が路頭に迷うことなく大手資本グループに囲ってもらえるメリットもあります。

広島のM&Aのデメリット

一方で広島のM&Aのデメリットもあります。
 

  • 売り手・買い手双方が納得するまで時間を要する
  • 既存の顧客から契約を打ち切られる可能性がある
  • 会社に魅力がないと条件で不利になる

売り手・買い手双方が納得するまで時間を要する

まずは、売り手・買い手双方が納得するまで時間を要する点です。

M&Aは売り手と買い手の双方が納得して初めて行われるものであり、スムーズに進むことは滅多にありません。DD(デューデリジェンス)を実施し企業に欠陥が発覚するケースがあったり、そもそもM&Aの金額で齟齬があったりなど色々な理由で決裂してしまうことが多いです。納得するまでにも時間がかかりますし、納得するかどうかも不安定な取引がM&Aの悪い特徴でもあります。

既存の顧客から契約を打ち切られる可能性がある

続いて、既存の顧客から契約を打ち切られる可能性がある点です。

M&Aを実施するにあたり事業担当者が変更になることで、既存顧客から契約を打ち切られる可能性があります。例えば、A社から契約をもらっていた場合、「この事業担当者だから契約を継続していた」というケースも少なくありません。このケースだと事業担当者が変更になるに伴い、契約が終了してしまう可能性が高いです。

会社に魅力がないと条件で不利になる

続いて、会社に魅力がないと条件で不利になる点です。

そもそもM&Aは会社の魅力をみて金額が決まりますので、魅力がないと条件面で不利になってしまいます。売却対象会社は特に魅力がないと買収企業が現れてくれません。キャッシュフローがプラスになっているなど基本的なところでしか強みを出せないと、M&Aで弱い立場に立たされてしまいかねません。

広島でM&Aを成功させるポイント

では、広島でM&Aを成功させるポイントを以下の3つで解説します。
 

  • M&Aのタイミングを逃さない
  • M&A後のシナジー効果を考える
  • 自社の価値・評価を理解する

M&Aのタイミングを逃さない

まずは、M&Aのタイミングを逃さないことです。

例えば、以下の点を留意しておく必要があります。

  • 広島県のM&A事情・市場はどうなのか
  • どんな企業がM&Aに積極的なのか
  • どんな企業が売り・買いに出されているのか

情報をすぐにキャッチするためには専門家のアドバイスが欠かせません。必要なタイミングで必要な動きができるように常に情報を収集し、体制を整えておきましょう。

M&A後のシナジー効果を考える

続いて、M&A後のシナジー効果を考えることです。

M&Aは「実施して終わり」ではなく、実施してから事業繁栄にどう活かしていくのかがポイントになってきます。シナジー効果が発生すると買い手の既存事業へ良い影響を与えるだけでなく、売り手の企業にも良い影響を与えます。お互いにメリットを享受できる形になるため、シナジー効果が見込まれるかどうかはM&Aを行う上での重要な判断基準となります。

シナジー効果があるかどうかだけでM&Aを実施する企業も少なくありません。

自社の価値・評価を理解する

続いて、自社の価値・評価を理解することです。

M&Aにはある程度の相場があり、知っているか知らないかで損をするか得をするかが変わります。ただ、地域によってM&Aの相場は異なるため広島県のM&A相場に詳しい専門家へ事前に相談しておくことをおすすめします。時価によっても左右されることが多く、自身で調べながらM&Aも行うというのは現実的ではありません。

できればM&A仲介会社にアドバイスをもらいながら相場を理解して交渉しましょう。

広島のM&Aの成功事例

では最後に広島のM&Aの成功事例をご紹介します。

 

  • イズミによるユアーズのM&A
  • 第一交通産業による広島合同タクシーのM&A
  • ローツェによるアイエス・テクノロジー・ジャパンのM&A
  • ダイクレによる広島メタル&マシナリーのM&A
  • 青山商事によるWTWのM&A
  • 福山通運によるキタザワのM&A
  • 丸加ホールディングスによるウシオ工産のM&A

イズミによるユアーズのM&A

まずは、イズミによるユアーズのM&Aです。
 

  • 実行時期:2015年10月
  • スキーム:第三者割当増資
  • 取引価額:非公開
  • 目的:経営統合によるスケールメリットの獲得

中国・四国地方を中心にショッピングセンター・スーパーマーケット事業を展開するイズミ。1979年創業の広島県や岡山県などでスーパーマーケット事業を展開するユアーズを第三者割増増資により買収・子会社化しました。

第一交通産業による広島合同タクシーのM&A

続いて、第一交通産業による広島合同タクシーのM&Aです。
 

  • 実行時期:2019年2月
  • スキーム:株式譲渡
  • 取引価額:非公開
  • 目的:事業拡大

タクシー・ハイヤー事業・不動産関連事業を展開している第一交通産業の子会社である第一交通サービス株式会社。広島合同タクシーの全株式を取得し、グループ企業4社合計で255台のタクシーを保有することになりました。

ローツェによるアイエス・テクノロジー・ジャパンのM&A

続いて、ローツェによるアイエス・テクノロジー・ジャパンのM&Aです。

ローツェ株式会社はアイエス・テクノロジー・ジャパン株式会社を完全子会社化しています。アイエス・テクノロジー・ジャパン株式会社が保有する事業をグループの中核へ持っていくためのM&Aであり、企業を成長させるために欠かせない判断だとしています。

関連会社株式の追加取得(完全子会社化)に関するお知らせ

ダイクレによる広島メタル&マシナリーのM&A

続いて、ダイクレによる広島メタル&マシナリーのM&Aです。

グレーチング業界大手のダイクレは、地域経済活性化支援機構が支援している特殊鋼ブルームの製造・販売を手がける広島メタル&マシナリーを買収しました。出資に関しては以下の通りです。
 

  • ダイクレ:過半数
  • 広島メタル&マシナリーの現経営陣・広島銀行・もみじ銀行・HMM:残り

現在は広島メタル&マシナリーがHMMを吸収合併しています。

青山商事によるWTWのM&A

続いて、青山商事によるWTWのM&Aです。

青山商事はセブン&アイ・ホールディングスの持ち分法適用会社であり、インテリアショップ「フランフラン」を展開するバルスが2月に全額出資により設立したWTWを買収しました。WTWはライフスタイルショップ「URBAN.SURF.NATURAL」事業を展開していましたが、全株式を取得しM&Aにより買収されました。

青山商事はWTWが保有するブランド力や商品開発力を取り込んでいます。

福山通運によるキタザワのM&A

続いて、福山通運によるキタザワのM&Aです。

2018年に福山通運は貨物運送業を展開しているキタザワを買収しました。既存株主から51%の株式を取得した形であり、同社は売り上げ11億8,800万円を誇る企業です。

元々首都圏を中心に拡大を続けており、福山通運は引越し事業の拡大を常々検討してきました。キタザワよりノウハウや情報の提供を受け、事業売り上げのさらなる拡大を目指しています。また、営業車両や引越し資材などを共同購入することによりコスト削減も図っています。

丸加ホールディングスによるウシオ工産のM&A

続いて、丸加ホールディングスによるウシオ工産のM&Aです。

有限会社ウシオ工産は丸加ホールディングス株式会社へ株式を譲渡しました。鋼製の建築要件具等の製造業を展開している有限会社ウシオ工産は後継者不在の悩みを抱えており、M&Aでの買収先を検討していました。そこで機械部品加工業の持株会社である丸加ホールディングス株式会社が買収をしています。

丸加ホールディングス株式会社が買収をした理由は事業拡大です。

広島では後継者問題や攻めのM&Aが進む

広島では、後継者不足問題が後を絶ちません。

中国地方全体で後継者不足問題が顕著に現れているため、攻めのM&Aを行う企業が必要とされています。これから先は攻めのM&Aができる企業こそが生き残っていけるでしょう。

まとめ

今回は、広島県のM&A事業・動向をリサーチしました。

成功事例をみても製造業が多いことがわかりますので、製造業関連の事業展開を検討している企業はぜひ広島県のM&Aに挑戦してみてください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

九州のM&Aの動向や産業の特徴は?成功事例や注意点も徹底解説!

九州のM&Aの動向や産業の特徴は?成功事例や注意点も徹底解説!

九州は、福岡県や長崎県を中心に多くの産業が盛んになっていますが、近年では人口減少が深刻化しており多くの中小企業が後継者不在や廃業リスクを抱えている状況です。 今回はそんな九州の産業の特徴やM&...

兵庫県のM&Aの動向や事例を徹底解説!成功させるためのポイントは?

兵庫県のM&Aの動向や事例を徹底解説!成功させるためのポイントは?

兵庫県は、商業施設や観光地の多い神戸市を中心にさまざまな産業が盛んな地域で、多くの企業が盛んに活動しています。 しかし、近年は少子高齢化や人口減少による後継者不足が問題になっています。 今回...

埼玉のM&Aの動向を徹底解説!産業構造や事例・成功するためのポイントは?

埼玉のM&Aの動向を徹底解説!産業構造や事例・成功するためのポイントは?

埼玉県は、製造業が盛んで工場が多い地域ですが、人口減少によって倒産してしまう企業が増加傾向にあります。 そのため、M&Aを行う企業が多くなっています。 ここでは、埼玉のM&A...

茨城県のM&Aの傾向や産業構造を徹底解説!事例やメリット・デメリットは?

茨城県のM&Aの傾向や産業構造を徹底解説!事例やメリット・デメリットは?

茨城県は、農業や製造業を中心に産業が活発になっていますが、最近では人口減少による後継者不在問題を抱えている企業も多いです。 そのため、茨城県ではM&Aを行う企業やM&Aを進める...

東北地方のM&A事情や動向は?メリットやデメリットから成功させるポイントも解説!

東北地方のM&A事情や動向は?メリットやデメリットから成功させるポイントも解説!

本記事では東北地方のM&A事情や動向、産業構造から成功事例・注意点まで徹底解説します。東北地方では後継者不足が大きな問題となっており、M&A支援に取り組む地方自治体が多くあります...

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島県では後継者不足問題が顕著に現れています。後継者不足問題を解決するM&Aも盛んに行われているわけでもありません。そこで本記事ではそんな広島県のM&A事業や動向を徹底リサーチし...

新潟のM&Aの動向を調査!産業の特徴や事例・メリット・注意点は?

新潟のM&Aの動向を調査!産業の特徴や事例・メリット・注意点は?

後継者問題を抱える新潟エリアでは、多くの企業がM&Aで課題解決を目指す動きが活発です。当記事では、過去に行われた売却・買収事例を交えながら新潟のM&A事情を解説します。産業の特徴...

千葉のM&Aの動向は?産業の特徴から成功事例・注意点まで分かりやすく解説!

千葉のM&Aの動向は?産業の特徴から成功事例・注意点まで分かりやすく解説!

千葉県は、東京都の隣に位置しており東京都にある企業との取引が多いです。 さらに、千葉県はM&Aを行う企業が多くなってきているため、これから千葉県でM&Aを検討している企業はM&...

東京のM&Aの動向を徹底チェック!成功事例やメリット・デメリットは?

東京のM&Aの動向を徹底チェック!成功事例やメリット・デメリットは?

東京都は、多くの企業が集中しておりM&Aも盛んに行われている都市です。 最近では、後継者不足や事業拡大を目的にM&Aを行う企業も増加しているため、東京都でM&Aを行う場...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)