2022年6月6日更新都道府県別M&A

新潟県の事業承継・M&A!

新潟県の中小企業の事業承継とM&Aの関係性についてまとめました。新潟県の経済状況、後継者不在状況と休廃業数動向の確認、M&Aの必要性、M&Aの事例や実施数の推移、事業承継の公的支援内容、M&A案件の探し方などを解説しています。

目次
  1. 新潟県の事業承継・M&Aの動向
  2. 新潟県の事業承継・M&Aに関する公的支援
  3. 新潟県の事業承継・M&A事例
  4. 新潟県の事業承継・M&A案件の探し方
  5. 新潟県の事業承継・M&Aに強い仲介会社
  6. 新潟県の事業承継・M&Aまとめ

新潟県の事業承継・M&Aの動向

帝国データバンクの「新潟県『休廃業・解散』動向調査(2020年)」によると、2020(令和2)年に新潟県で休廃業・解散が行われた数は、1,047件(個人事業主含む)であり、これにより職を失った従業員の数は1,847人です。

この1,047件の休廃業・解散において着目すべきデータが2つあります。

  • 当期純利益が黒字だった企業または個人事業主の割合:54.4%
  • 代表者の年齢が70歳以上の企業または個人事業主の割合:59.2%

上の2つから推測できるのは、代表者が引退年齢を迎えたものの、後継者がいないために事業承継ができないため、黒字であるにもかかわらず休廃業・解散するしかなかった企業または個人事業主が数多くいるということです。

また、帝国データバンクの「新潟県『後継者不在率』動向調査(2021年)」によると、新潟県の約4,200社の中小企業に行った調査では、後継者不在率は55.8%でした。全国平均は61.5%で、新潟県は全国で12番目に低い結果となっています。

新潟県の後継者不在率を経営者が60歳以上に限ってみると33.7%となっており、経営者が事業承継の準備を始める年齢、または引退時期が迫りつつある年齢の会社のうち3社に1社は後継者がいないということです。

これでは、後継者不在率が全国平均より低いといっても、このペースで休廃業・解散が続けば、新潟県の経済や社会に大きなダメージが及ぶことも考えられます。

そのようなケースで有効な策となるひとつは、M&Aによる事業承継です。M&Aで会社や事業を売却すれば、その買い手が後継者(新たな経営者)となって事業承継が実現し、従業員の雇用も守ることができます。

新潟県の経済状況

新潟県の発表によると、2021(令和3)年12月1日現在の推計では、新潟県の人口は2,173,530人です。人口が約248万8千人だった1995(平成7)年以降、毎年減少しています。一方、2018(平成30)年度の新潟県の県内総生産額(名目)は、9兆1,222億円でした。

新潟県発行の「平成30年度 県民経済計算の概要」によると、県内総生産額の産業別の構成比は以下のとおりです(合計値が100%になりませんが資料のまま掲載しています)。

  • 製造業:22.7%
  • 不動産業:13.4%
  • 卸売・小売業:11%
  • 保健衛生・社会事業:8.2%
  • 建設業:6.4%
  • 専門・科学技術、業務支援サービス業:5.2%
  • その他のサービス業:4.5%
  • 運輸・郵便業:4.4%
  • 公務:4.4%
  • 教育:4.1%
  • 電気・ガス・水道・廃棄物処理業:3.6%
  • 金融・保険業:3.4%
  • 情報通信業:2.9%
  • 宿泊・飲食サービス業:2.7%
  • 農林水産業:1.8%
  • 鉱業:0.9%

この構成比を全国平均と比較すると、新潟県では以下の特徴があります。
  • 鉱業、不動産業、農林水産業の比率が高い。
  • 製造業のうち、食料品製造業とはん用・生産用・業務用機械製造業の比率が高い。
  • 専門・科学技術、業務支援サービス業、情報通信業、運輸・郵便業の比率が低い。

新潟県企業のM&A件数の推移

「M&A Online」の調査によると、新潟県の過去3年のM&A件数は以下のように推移しています。ただし、この数は、上場企業が公表したもののみの集計です。また、企業グループ内の組織再編M&Aはカウントされていません。

  • 2019(令和元)年:9件
  • 2020(令和2)年:11件
  • 2021(令和3)年:12件

この数値に、公表されていない非上場企業が行ったM&Aも加味して考えると、新潟県ではM&Aが盛んに実施され、その数も増えてきていると推測されます。

【関連】新潟県のM&A・会社売却・事業承継!譲渡案件も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

新潟県の事業承継・M&Aに関する公的支援

ここでは、新潟県で事業承継・M&Aの相談が行える公的機関を紹介します。

新潟県事業承継・引継ぎ支援センター

新潟県事業承継・引継ぎ支援センターは、新潟県の中小企業の事業承継について総合的に支援を行っている公的機関です。中小企業庁からの委託事業として各都道府県に設置されていますが、新潟県では公益財団法人にいがた産業創造機構が運営しています。

これまでは、新潟県事業引継ぎ支援センターと新潟県事業承継ネットワークという2つの公的機関がありましたが、2021年4月に新潟県事業承継・引継ぎ支援センターとして統合されました。具体的な支援内容は、以下のとおりです。

  • 事業承継計画の策定支援
  • 親族内承継の場合は、外部専門家の派遣などによる支援
  • 後継者不在の場合は、譲受希望企業とのマッチング、後継者バンクによるマッチング、M&A仲介会社の紹介
  • 経営者保証の解除支援

後継者バンクによるマッチングとは、事業承継という形での創業を希望する起業家を名簿登録しておき、後継者不在企業の要望に応じて、適する後継者候補を引き合わせる支援サービスです。

新潟県信用保証協会

新潟県信用保証協会は、中小企業の経営者が金融機関から事業資金を借り入れる際、公的な保証人となり借入の幅を広げます。

金融をスムーズに行うことで、中小企業の支援を行うために設立された信用保証協会法に基づく公的保証機関です。

新潟県信用保証協会は、中小企業の事業の維持、発展、創造、そして中小企業の必要性に応じた質の高い信用保証の提供に努めています。

また、創業や経営再生など幅広く経営全般の相談も受けつけているので、事業承継の相談も可能です。

【関連】商工会議所が支援する事業承継とは?セミナー情報や評判を解説| M&A・事業承継の理解を深める

新潟県の事業承継・M&A事例

ここでは、新潟県の企業が関わった実際のM&A事例を紹介します。

  • メイホーエクステック×有坂建設
  • 綿半ホールディングス×夢ハウス
  • 亀田製菓×タイナイ

メイホーエクステック×有坂建設

2021年10月、岐阜県岐阜市吹のメイホーエクステックは、新潟県上越市の有坂建設の全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は2億7000万円です。1950(昭和25)年に設立された有坂建設は、新潟県内で建設業を行っています。

メイホーホールディングスの完全子会社であるメイホーエクステックは、グループ内で建設事業を行う企業の経営管理を行う中間持株会社です。メイホーエクステックとしては、スケールメリットやシナジー効果によって、さらに建設事業を発展させるとしています。

綿半ホールディングス×夢ハウス

2021年8月、長野県飯田市の綿半ホールディングスは、新潟県北蒲原郡聖籠町の夢ハウスの全株式を25億6,800万円で取得し完全子会社化しました。綿半ホールディングスは、小売事業、建設事業、貿易事業などを行うグループの持株会社です。

夢ハウスは、戸建木造住宅の販売、設計施工、加盟店約400社の運営、戸建施工、木材・建材輸入、プレカット材・建材製造販売などを行っています。綿半ホールディングスとしては、既存グループ会社との協業により、各社の企業価値向上を図る考えです。

亀田製菓×タイナイ

2021年7月、新潟県新潟市の亀田製菓は、新潟県新潟市のタイナイの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されてません。亀田製菓は、菓子の製造販売事業を行っています。

タイナイは、青果物の卸売・小売業、 米パン粉・米粉パンの製造・販売業を行っている企業ですが、亀田製菓への株式譲渡前に青果物の卸売・小売事業を会社分割し、米パン粉・米粉パンの製造・販売事業が残った状態で株式譲渡しました。

亀田製菓としては、米粉パンの製造販売事業の将来性は高いと判断しており、現状の製造規模の引き上げのためにM&Aを実行しています。

【関連】北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!動向や案件の探し方をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

新潟県の事業承継・M&A案件の探し方

新潟県でM&A案件を探す方法としては、以下の5つが考えられます。

  • M&A仲介会社に相談する
  • 士業などに相談する
  • 公的機関に相談する
  • 地元の金融機関に相談する
  • M&Aマッチングサイトなどを活用する

M&A仲介会社に相談する

M&A仲介会社はM&Aの専門家であり、独自のネットワークで多くの案件情報を持っているので、M&A案件を探す方法として最もおすすめです。

M&A仲介会社にM&A案件探しを依頼するということは、必然的にM&A成約までの仲介業務も依頼することになります。

まずは、無料相談を活用して複数のM&A仲介会社の話を聞き、自社に適したところを選んで依頼しましょう。

士業などに相談する

近頃は、税理士法人や会計事務所、弁護士事務所などもM&Aの仲介を行うようになりました。M&A案件探しとして、有望な相談先です。ただし、全ての税理士、公認会計士、弁護士がM&Aに精通しているわけではありません。

案件探し後、仲介業務まで依頼するかどうかはそれぞれのM&A仲介実績がどの程度あるのか、よく調べてから決めましょう。

公的機関に相談する

本記事でも紹介した新潟県事業承継・引継ぎ支援センターや新潟県信用保証協会以外にも、新潟県よろず支援拠点、各地域の商工会・商工会議所、各自治体役所などが事業承継の相談を受けています。

後継者不在企業の情報があるのでM&A案件探しが可能ですが、ただし、M&A仲介会社などと比べると案件数は限られています。また、公的機関ではM&A仲介業務は行っていません。

地元の金融機関に相談する

中小企業の場合、取引先金融機関に対し経営相談の一環で事業承継の相談をしているケースもよくあります。

各金融機関でもM&A案件情報を持っており、さらに各支店間のネットワークもあることから、思わぬ案件情報が得られるかもしれません。

また、最近は、金融機関の組織内にM&A仲介部門を設けているケースも増えてきましたが、仲介業務を依頼する前に、M&A実績がどの程度あるかを確認しておくとよいでしょう。

M&Aマッチングサイトなどを活用する

このところ急増しているのが、M&Aマッチングサイトです。無料会員登録することで、売り手・買い手ともに登録された情報の閲覧ができます。M&A案件の有無や相場感など、簡単に調べられて便利です。相手と交渉したい場合には、各サイトで規定が異なります。

また、M&Aマッチングサイトは、基本的に当事者間の直接交渉・手続きです。契約書の作成やチェックなどもあり不安な場合は、別途、手数料が発生しますが専門家に仲介業務を依頼できます。

【関連】M&Aは個人でもできる!小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介| M&A・事業承継の理解を深める

新潟県の事業承継・M&Aに強い仲介会社

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱い、全国の案件に対応している仲介会社です。事業承継・M&Aの知識・支援実績豊富なアドバイザーが、相談時からクロージングまで丁寧にサポートいたします。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

随時、無料相談をお受けしておりますので、新潟県で事業承継・M&Aをご検討の際は、お電話・Webよりお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

新潟県の事業承継・M&Aまとめ

新潟県では事業承継ができずに廃業する中小企業が続出する中、手厚い支援が受けられる体制作りに尽力しています。公的機関や金融機関だけでなく地域に根差したM&A仲介会社も支援を行うため、M&Aによる事業承継を行う際はそれらをぜひ活用しましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、それは四国地方でも同様です。本記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継動向を分析するとともに、案件の探し方や相談...

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

近年は全国的にM&A・会社売却・事業承継の成約件数が増加しており、この動向は関西地方も同様です。本記事では、関西地方のM&A・会社売却・事業承継について、案件の探し方やスモール(...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継についてまとめました。中国地方および各県のM&A・会社売却・事業承継動向や、個人でも実施可能なスモールM&Aの情報、中国地方で実際に行...

近畿地方のM&A・会社売却・事業承継!動向、仲介会社情報、個人向け案件も解説

近畿地方のM&A・会社売却・事業承継!動向、仲介会社情報、個人向け案件も解説

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多いですが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加する傾向にあるでしょう。この記事では、近畿地方におけるM&A・会社...

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!仲介会社、案件の探し方を紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!仲介会社、案件の探し方を紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に活用してきた地域です。今後は、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。本記事では、北陸...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)